仕事を頑張る人のおしりトラブル対策

明日、ある業者と工事請負契約を結ぶのですが、
その際に民間連合協定の契約約款を使用します。

昨日その約款をいただき一読したのですが、
質問したい点があり、業者に問い合わせたところ
「作成した所(民間連合協定委員会?)へお問い合わせください」との事でした。

でも委員会の方は一向に電話がつながりません。

そこでこの約款における甲・乙・丙についてお聞きしたいのですが、甲は施主(私たち)で、乙と丙は共に業者(丙は正確には業者の検査課)です。

その場合この約款だと業者側だけでいかようにも
操作できる条項があると思うのですが・・。

質問の要点が分かりにくく、申し訳ありません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

no.1です。



第17条(4)のa でいえば、「丙の責において」と考えて良いと思います。
乙(施工者)は、設計図書通りに施工するのが基本で、これから外れた施工をすることは、甲または丙の了承を得たものでなければ、基本的には認められません。
丙は、甲の立場に立って、甲では分からない技術的な部分を監理する立場(監理者)として責任が発生します。
ですので、「丙が指示」した事項というのは、「監理者の責任において指示した事項」と置きかえられると考えられます。

今回は、設計・施工ということですので、設計・監理・施工のすべてにおいて、この業者が責任を持つ解釈すれば、多少は気が楽になるのではないでしょうか。

しかし、契約した業者には、契約書について説明する義務があるので、「旧四会連合(民間連合協定委員会)に聞いてくれ」というのも、無責任だと思いますね。
時間がれば、両者で読み合わせをするのが、本当はベストなんですが、渡して読んでおいてくださいとしてしまうので、現状です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度ご回答いただき、誠にありがとうございます!
第17条についてkgihさんのご回答を読んで、
少し安心いたしました。

その後日本建築学会に電話して、旧四会連合の電話番号はゲットしたのですが、質問にはお一人で答えておられるらしく、電話がつながらないのであきらめておりました。
とても参考になりました。ありがとうございました!

お礼日時:2006/07/03 16:28

民間(旧四会)連合協定工事請負契約約款の解説という本が出ていますので、それをお読みになるとよいでしょう。

この約款の解釈の仕方について説明がなされています。
これはこの約款を作った、民間(旧四会)連合協定工事請負契約約款委員会で出しているものです。

原則は3者が独立していることを念頭に書かれているものの、一部設計監修と工事が同一の場合についても言及しています。ただいま手元に本がないので、ご指摘部分がどのように解説されていたのか定かではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!
そのような本が出版されているのですね。
今からでも探して読んでみようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/07/03 16:30

木造住宅系の契約の仕組みはこういった例が多いみたいですね。

約款、契約用内訳書(明細書)、設計仕様書等々。だまっていると契約日の当日とか前日ぐらいにしか渡してくれません。

すくなくとも契約の当事者である業者が作成したところに問い合わせてくれというのは、不親切極まりないと思われます。契約約款は万一、契約の当事者間で紛争となったときの解決する為のルールな訳ですから業者が回答すべき問題と思われます。

結論からすると民間連合協定約款と相違していなければ、それほど心配することはないと思いますが、1万、2万円の契約とは違うわけですからすべて熟読し納得した上で契約書に押印すべきです。

先にも述べたように、不明な点はちゃんと説明をしてもらたった方がよいと思います。


因みに私が改築したときには、ハウスメーカーが独自に作成したもので施工者よりの内容となっていたので契約時に自ら作成した請負契約約款に優先して適用する覚書書を作成し、締結して契約をしました。
(実際にはかなり嫌がられましたが・・・(笑))


いずれにしても、日弁連が作成してる請負契約約款はかなり中立的につくられているので一度見比べたらいかがでしょうか。

なにぶん今日の明日なんで、あわてて契約するのは避け、場合によったら延期するという選択肢をもってのぞまれたらいかがでしょうか?

参考URL:http://www.nichibenren.or.jp/ja/legal_aid/format …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!
その後、添付の図面を確認しましたら
単位の間違いなど結構不備があったので、
1週間契約を伸ばして仕切りなおしになりました。

日弁連の作っている契約書、拝見しましたが
29条や34条など、確かにこちらの方がいいなあ、
と思う箇所が結構ありました。

とても参考になりました。ありがとうございました!

お礼日時:2006/07/03 16:22

建築会社 営業やってます。



今回は、その業者の設計・施工ですか?

通常、設計者が別にいる場合は、設計者が監理者として丙に名前を連ねるのが通常です。

業者の設計・施工であれば、乙丙共にも業者になるのかなぁと言う感じですね。
設計・施工は、今回の約款に限らず、どうにもできる危険性はあると思います。そこは、信頼関係でやるしかないのですが。

たぶん、委員会に電話しても、明確な回答が得られる疑問です。
気になれば、国民消費者センターに聞いてはどうですか?

ちなみに、どの条項が一番気になってますか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!
設計は業者の設計士さんということになってます。
(本当は外注の建築家さんなのですが、なぜか図面は業者の設計士さんの名前であがってきます)

丙の役目は、実際には現場監督さんと業者の検査課というところが負うそうです。

気になってる条項は、第17条(4)のaで、「丙の指示によるときは図面・仕様書に適合しない施工についても乙はその責を負わない」とあるのですが、じゃあ、その責は誰が負うのか?(丙が負うのか?)
というのが疑問なんです。

でも確かに信頼関係がないと成立しない条項はたくさんありますね。
ご回答、ありがとうございました!

お礼日時:2006/06/30 12:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q民間(旧四会)連合協定工事請負契約約款について

家を建てるにあたり、契約を行う建築会社が「民間(旧四会)連合協定工事請負契約約款」を契約内容の柱とするようなんですが、いかんせん素人には難しそうで(読まず嫌いのところもありますが)、わかりやすく解説されているものはありませんでしょうか?
一応調べたら大成出版社の「民間(旧四会)連合協定工事請負契約約款の解説」というものがあり、さらっと見てみましたが、結構これも難儀なような気がして‥
もしわかりやすい書物(Webサイトでも可)がありましたらぜひご紹介いただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

>民間(旧四会)連合協定幸司請負契約約款

ですが、現在は7つの団体が関わってつくられています。
(日本建築学会、日本建築協会、日本建築家協会、全国建設業協会、建築業協会、日本建築士会連合会、日本建築士事務所協会連合会)施工者サイドの団体とチェックするべく監理側(建築士側)の団体も関わっていますので、最もスタンダードな契約約款といえると思います。内容を解説しだすと紙面が足りませんので、ちょっと大変ですがよく読んで学んでもらうのがやはりいいと思います…。
小さな工務店さんやちょっとした修繕工事などは、こうした約款が付いた契約書ではなく、日本法令の書式などでされる場合もありますが。それに比べればずっとしっかりしたものといえます。
ちなみに、メーカ住宅などの場合だと独自の自社版契約書式によるようです。
いずれにしても、工事請負契約書の署名項目に、「丙・監理者」がありますので、契約時は、設計監理者も立会い同席し、この項目に署名捺印し、工事完了まで、監理者としての責任を果たしてもらうようにしないといけません。
ちなみにですが、日本弁護士会連合会版の「住宅建築工事請負契約約款」というものもあります。
http://www.nichibenren.or.jp/ja/legal_aid/format/iedukuri_yakkan.html
内容的には、より消費者保護的内容となっており、心配な箇所があれば、この内容の条項を約款に三者了承の上、加筆し、契約をしたことがあります。
「欠陥住宅にならないための契約のしかた」
住宅建築工事請負契約約款解説書
あいち産直住宅研究会監修
という本に、日弁連約款の各条項の詳しい説明や、工事請負契約時の注意点など、大変分かりやすく解説されています。参考になるかと思いますよ。

一般に、契約書式は、この契約書と契約約款と見積内訳書書と契約設計(仕様)図書、工事工程表とがセットになります。
つまり、工事金額とその図面、工事工程などの根拠となる一式によって契約を履行するということの儀式ですので。

こうした経験はそうできるものではありませんから、これを機会にちょっと頑張って、勉強してみては。
参考までに。

>民間(旧四会)連合協定幸司請負契約約款

ですが、現在は7つの団体が関わってつくられています。
(日本建築学会、日本建築協会、日本建築家協会、全国建設業協会、建築業協会、日本建築士会連合会、日本建築士事務所協会連合会)施工者サイドの団体とチェックするべく監理側(建築士側)の団体も関わっていますので、最もスタンダードな契約約款といえると思います。内容を解説しだすと紙面が足りませんので、ちょっと大変ですがよく読んで学んでもらうのがやはりいいと思います…。
小さな工務店さんやち...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報