下記のような推理小説が好みの私です。これ以外で、できれば男性が探偵役の本格モノを教えてください

高田崇史「QEDシリーズ」  篠田真由美「建築家探偵桜井京介」
藤木稟「朱雀十五」      森 博嗣  「犀川と萌絵」
栗本 薫「伊集院大助」    法月綸太郎
有栖川有栖の長編       綾辻行人  「館シリーズ」
霧舎 巧 「開かずの扉シリーズ」

すみません海外ミステリーは苦手です。
単発でもOKです。(一覧はシリーズものが多くなってしまいました。同じ系統だと安心できるのでつい)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

お奨めしたい作家のほとんどはもうお名前が挙がっているか、すでにお読みになっているか、のようなのですが、京極夏彦さんの「妖怪?シリーズ」がまだ出ていませんね。


色々読まれているようなので、京極堂の薀蓄にもお付き合いできる方と思います。嵌ったらこの薀蓄話が面白くなってきますよ。
軽いものからの方がよろしければ、同シリーズの番外編というか、おちゃらけ編?(笑)の「百器徒然袋」シリーズをお奨めします。「妖怪?シリーズ」にも出てくる奇想天外なキャラ「榎木津礼ニ郎」が主役のシリーズです。こちらは本編に比べて事件も軽く明るい雰囲気ですが、謎解きはしっかりしています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

京極堂シリーズは興味があって読んでみたいと思ってました。ただすごく長い話が多くて手が出ませんでした。番外編の楽しみはまず、本編を読んでからですね。この夏挑戦したいです。

皆様へ>わがままなお願いに回答いただきましてありがとうございます。同じ嗜好の方がいらっしゃってうれしかったです。

お礼日時:2006/07/03 10:31

倉知淳「猫丸先輩シリーズ」


短編中心で、例に挙げられている作品に比べるとちょっと軽い感じですが、唯一の長編『過ぎ行く風はみどり色』は読み応えあり。

石持浅海『アイルランドの薔薇』『月の扉』
シリーズものではないですが、どちらも閉鎖状況でのミステリで、ハラハラさせられます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

倉知さんは「星降る・・・」とかいう作品読んだことあります。このシリーズは知りませんでした。石井さんは初聞きの名前でした。探してみます。
ありがとうございました。

↓すみません竹本さんのそれは賛否両論の作品のようですね。
一度挑戦してみようと想います

お礼日時:2006/07/01 20:42

おっ、新本格派指向ですね。

私の好きなシリーズが並んでます。
島田荘司とそのチルドレンのあたりはお詳しいようなので、もう少し前の幻影城世代と言うところで・・・

都筑道夫 物部太郎シリーズ 「最長不倒距離」「七十五羽の烏」他
 →「論理のアクロバット」を自称する作者の隠れた名作。提供される謎が魅力的なものばかりで読ませます。短編集でもよければ、変な外人探偵キリオンスレイのシリーズ、なめくじ長屋捕り物帳シリーズもばりばりの本格ぞろいでお勧めです。

泡坂妻夫 亜愛一郎のシリーズ、奇術師曽我佳城のシリーズ
 →やはり短編集ですが、この人も面白い謎にこだわり続ける作家です。亜愛一郎のシリーズはどこかブラウン神父物のような味わいがあって好きです。

最後に「超」本格なので番外扱いですが、竹本健治「匣の中の失楽」。推理の迷宮を思う存分さまよえます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます
都筑道夫さんですか・・・読んでみます
泡坂妻夫さんも昔読んだ気もするのですがもう一度読んでみます

お礼日時:2006/07/01 20:37

だいぶ古いですが、


横溝正史「犬神家の一族」他多数 探偵:金田一耕助
映画化もされますね。一度は読んでおくのもいいのではないかと。

歌野晶午「安達ヶ原の鬼密室」探偵:信濃譲二
時代も背景も異なる3つの物語が、ある瞬間を契機に一気にひとつの流れに集約し、解き明かされて行きます。

二階堂黎人「人狼城の恐怖」探偵:二階堂蘭子
女性の探偵です。第一部/ドイツ編~第四部/完結編まで原稿用紙4000枚以上。世界最長の本格探偵小説だそうです。

島田荘次「斜め屋敷の犯罪」探偵:御手洗潔
密室ミステリー。島田の初期代表作。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
横溝正史は映画化の前に知ってました。私は獄門島がよかったです。
島田さんの「斜め屋敷・・」は読みました
二階堂蘭子シリーズは以前読み始めてなにか合わなくてやめてしまいました。また見てみます。歌野さんのは読んだかもしれませんが憶えていません。もう一度読んでみます

お礼日時:2006/06/30 22:47

どちらかと言うと技巧的な作品がお好きなようですね。



島田荘司「御手洗潔シリーズ」「吉敷竹史シリーズ」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
やっぱり島田さん来ましたね。「占星術殺人事件」は読みました
そのあと数冊は読んだ記憶があるのですが・・・
また読んでみます

お礼日時:2006/06/30 22:42

高木彬光の神津恭介シリーズはおすすめです。


ちょっと古典かな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
神津シリーズは読みました「人形はなぜ殺される」「能面殺人事件」がよいですね

お礼日時:2006/06/30 22:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QMRI INTERNATIONAL,INC.

って、ちゃんとした会社なんでしょうか。

広告メールが届いて、内容を見ると、投資商品としてすごく良さそうなことが書かれているのですが、今のご時世、あまり良い話に飛びつくと痛い目に合う気がするので、皆様のご意見を伺いたいと思います。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

MRIのパンフレットが私の家にも送られてきました。しかも3度ほど。私なりに知らべた範囲では余りお勧めできません。ただ、海外ファンドにそれなりの経験があり、かなりの英語力があれば別ですが。下記を参照してください。
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=15093

Q現代の海外の本格推理小説でおすすめを教えて

日本の推理小説もいいのですが、たまには海外の推理小説、とくに本格ものを読みたいと思っています。

先日ネットで調べて、評判のよかったYの悲劇やアクロイド殺しなどを読んでみたのですが、どうにもしっくりきませんでした。半分くらい読むと、なんとなくトリックがわかってしまうのです。

たぶん古典の本格推理は、のちの推理小説の基礎となっているのだろうと思います(独断&偏見ですが)。現代日本の推理小説をある程度読んでしまうと、二度刷り、三度刷りのトリックをどうしても見かけてしまうわけで、元祖の古典本格推理のトリックにだまされなくなってしまう気がするのです。そう思うと魅力に欠けてしまいます(違っていたなら、ご指摘お願いします^^;)

あと、正直、読みづらいなとも感じました。
時代がかっているのもイヤなんです(じゃ読むなという謗りはごもっとも)

そこで、古典ではなく現代、海外ではどんな本格推理小説があるのか(もしくは本格推理自体マイナーなのかもしれませんが)おすすめ作品を教えてください。
あくまで現代(70年代以降くらい)の本格モノでお願いします。

ちなみに、私の好きな日本の作家は、笠井潔、法月綸太郎、京極夏彦など。爆発力のあるトリックで一撃必殺(占星術殺人事件など)といった作風よりも、地味だけれども網の目のような構成で(パズラー的な)、探偵の推理のキレで魅せてくれる種類のほうがいいです。登場人物が格好いいとなおいいですけれども。

では、お願いします。

日本の推理小説もいいのですが、たまには海外の推理小説、とくに本格ものを読みたいと思っています。

先日ネットで調べて、評判のよかったYの悲劇やアクロイド殺しなどを読んでみたのですが、どうにもしっくりきませんでした。半分くらい読むと、なんとなくトリックがわかってしまうのです。

たぶん古典の本格推理は、のちの推理小説の基礎となっているのだろうと思います(独断&偏見ですが)。現代日本の推理小説をある程度読んでしまうと、二度刷り、三度刷りのトリックをどうしても見かけてしまうわけで...続きを読む

Aベストアンサー

警官を主人公にするなど現実味を加えた分
本格推理的な要素が若干減退しているのが、
現代の推理小説かと思います。
その意味では、笠井、法月あたりを期待するのはちょっと難しい。

1970年代以降で考えると……

コリン・デクスター
いろんな仮説を比較検討するところが面白いというやや特異なタイプです。
駄目だとわかった場合は、一から別の仮説を組み直します。
『ウッドストック行き最終バス』『キドリントンから消えた娘』あたり。

P・D・ジェイムズ
地味です。重厚です。でも結構トリッキーな面もあります。
『わが職業は死』『ナイチンゲールの屍衣』『黒い塔』あたり。

レジナルド・ヒル
結構分厚いですが、読みにくくはなくユーモアもあります。
『薔薇は死を夢見る』『子供の悪戯』あたりは楽しめると思います。

この他に、1960年代ですが、
ハードボイルドの皮をかぶった本格推理的な小説として
ロス・マクドナルドがあります。
『さむけ』『ウィチャリー家の女』『一瞬の敵』あたり。

さらに時代を遡って1940~50年代になりますが、
きっちりした伏線で切れ味の鋭い作家に
クリスチアナ・ブランドがいます。
『はなれわざ』『ジェゼベルの死』なんていいですよ。
別に古典ほどの古さは感じさせません。

警官を主人公にするなど現実味を加えた分
本格推理的な要素が若干減退しているのが、
現代の推理小説かと思います。
その意味では、笠井、法月あたりを期待するのはちょっと難しい。

1970年代以降で考えると……

コリン・デクスター
いろんな仮説を比較検討するところが面白いというやや特異なタイプです。
駄目だとわかった場合は、一から別の仮説を組み直します。
『ウッドストック行き最終バス』『キドリントンから消えた娘』あたり。

P・D・ジェイムズ
地味です。重厚です。でも結構トリッキ...続きを読む

Q"KAISHAMEI Inc."と"KAISHAMEI, Inc."はどちらが正しいのか。

Inc.な会社な英文表記についての質問です。 会社名と"Inc."の間にコンマを入れている会社と入れてない会社があります。 eg. CANON INC.

一度気になりだしたら、気になって仕方がないので、どちらが正式なのか教えてください。

Aベストアンサー

規定はないので、慣習として、カンマを入れている場合が多いようです。
社名ですから、まあ、そのように決めたらそうなのだということもあるようです。

こんなサイトが参考になります。
http://www.bitcoffee.com/jp/Column/sakuma/company.html
http://tottocobkhinata.cocolog-nifty.com/bizieizakkicho/2005/07/co_ltdinc_7132.html
http://eng.alc.co.jp/newsbiz/hinata/2005/07/co_ltdinc.html

参考URL:http://www.bitcoffee.com/jp/Column/sakuma/company.html

Q作者と同名の探偵役が出てくる推理小説

作者と同名の探偵役が出てくる推理小説には誰のものがありますか?海外だとエラリー・クィーン、国内だと法月倫太郎と氷川透という人が自分と同名の探偵役が出る小説を書いているようですが、他にはいないでしょうか?作者と作品名だけで良いですが、ワトソン役とか登場人物の1人に過ぎないというのは挙げないでください。

Aベストアンサー

栗本薫(作者は女性ですが、作品の中では男性で登場しますが)
4冊くらい出ていたと思います。(「僕らの時代」とか「猫目石」というタイトルだったと思います)

QAmazon.com Int'l Sales, Inc.?

ネット通販のアマゾンで家電製品を注文しました.注文時,同一商品で金額が1割程値段の安いAmazon.com Int'l Sales, Inc.というのがあったのでそちらで注文しました.Amazon.com Int'l Sales, Inc.のほうも商品は新品だったのですが,Amazon.com Int'l Sales, Inc.とAmazon.co.jpは異なる会社なのでしょうか?Amazonという点で同じ会社なのかと思い注文しましたが,実際はどうなのでしょうか?もし同じ会社(系列?)でしたらどうして値段が異なってくるのでしょうか?ご存知のかたがいればお教えください.お願いします.

Aベストアンサー

wikipediaから。

Amazon.co.jpが取り扱う商品の販売主は、米国ワシントン州法人であるAmazon.com Int'l Sales, Inc.(アマゾンドットコム インターナショナル セールス インコーポレイテッド)である。但し、マーケットプレイスおよびMerchants @ amazon.co.jp(出店型出品とも呼ぶ)の売主についてはその限りにあらず、商品ページや注文確認時にそれぞれの売主が表示される。日本法人であるアマゾンジャパン株式会社はシステム運営・顧客サービスを担当するに過ぎない。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/Amazon.co.jp

Q推理(探偵)小説などで

最初はまったく怪しくないと思われていた人物が
最後になって、探偵が出てきて、実はその人物に重大な過去があったという事で、犯人が判るというインチキ小説がありますが、そのような事を何と言うのでしょうか。
意味はちょっと違いますが、後だしジャンケンのような事です。

Aベストアンサー

「アンフェア」もしくは「禁じ手」ですかね?

有名な「ノックスの十戒」と言うのがあります。その(8)に該当します。(5)は意味不明で、(7)(10)はちょっと厳しすぎるように思いますが、とりあえずご参考まで。

(1)犯人は話の最初から出ている人物でなければならない。しかし、読者が疑うことのできないような人物であってはならない。
(2)推理方法に超自然的な力を用いてはならない。
(3)秘密の部屋や通路を用いてはならない。
(4)未知の毒薬や難しい科学上の説明を要する装置を犯行に利用してはならない。
(5)中国人を登場させてはならない。
(6)偶然や第六感で事件を解決してはならない。
(7)探偵自身が犯人であってはならない。
(8)探偵は読者に提出しない手がかりで解決してはならない。
(9)探偵のおろかな友人であるワトスン役は彼自身の判断を読者に隠してはならない。なお、ワトスン役は一般読者よりごくわずか知能のにぶい人物がよい。
(10)双子や一人二役はあらかじめ読者に知らせておかなくてはならない。

Qco.,ltd.とinc.の違い

会社名で良くco.,ltd.とinc.を見かけますが、どういう使い分け方をするのでしょうか?

比較的大きい企業はinc.を使い、小さい株式会社はすべてco.,ltd.を使っているように思います。しかし意味を調べてみるとどう考えてもco.,ltd.は有限会社って意味なんですよね

詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは
以前の質問で参考になりそうな物がありましたので、紹介しておきますね。
一度ご覧ください。
ではでは

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1091419

Q富士見二丁目交響楽団シリーズについて&なぜシリーズ小説の挿絵が途中で変わるのか?

だいぶ前に買った小説です。
著者秋月こお、ルビー文庫、富士見二丁目交響楽団シリーズなのですが、第4部から挿絵が変わってますよね?私は第1部しか持ってないのでわからないのですが、なぜイラストレーターをかえたのでしょうか?このイラストレーターの大ファンなのでがっかりです。

この小説にかぎらず、シリーズもので途中で絵が変わってしまうものってありますよね。ああいうのは何ででしょう?読者としてはイメージが崩されとてもいやなのですが・・・。私の場合、絵を書いてる人のファンでその人のものはつい買ってしまって、小説にもはまるってことがあるのでショック倍増です。
理由ご存知の方、同じように不満を持っている方ご意見ください!
ちなみに絵が変わってがっかりって小説自体も良かったら教えてください。
ちなみに私は「富士見シリーズ」と、「炎のミラージュ?シリーズ(もうなれましたが、最初は嫌でした)」
でした。両方ともだいぶ前に挫折しましたが・・・(絵のせいもあるけど、長すぎて・・)。

Aベストアンサー

 変わる場合について、作者の方のあとがきなどによると・・・・

 1,留学その他で、仕事を引き受けられない事情がある場合
 2,イラストレーターが挿し絵を引き受けたがらなくなる
 3,出版社やレーベルの変更に伴って交代する
 4,特別事情説明なしで不意に変わる

 が、思い当たります。

 1の場合は、引き受けられるようになると、また引き受けられることがあります。(再び、書かれることはごくまれですが・・)藤本ひとみさんの「花織」シリーズが、これに当たります。もっとも、藤本さんも思い入れがあったらしく新作は出ず、「新花織」として、舞台以外を一新して再開されました。

 2の場合で、有名なのは天野喜孝さんでしょうか?アメリカ移住後は、挿し絵や表紙はほとんどされていません。以前からのシリーズもよほど懇意な作家でない限り、新しい方になっています。
 「グイン・サーガ」シリーズは、最初の方が亡くなり(違ったかな?)、2番目の天野さんから現在は3人目か4人目の方が書かれています。(少なくとも二回代わっています。)

 3の場合、田中芳樹さんの「アルスラーン戦記」が、挙げられると思います。以前は角川書店から天野さんのイラストで出ていましたが、今は新しい出版社とイラストレーターで出版されています。

 4は、今月新作がでた、風見潤さんの「幽霊事件」シリーズですね。全く説明がないのでびっくりしました。
 藤本桂介さんの「宇宙皇子」も最初は全ていのまたむつみさんのイラストでしたが、いつの間にか表紙だけになり、最終的には表紙も違う人になっていました。

 例外として、菊池秀行さんの「魔界都市・新宿」を舞台にした小説があります。舞台や登場人物は基本的に大きく変わらないのですが、シリーズがいくつかあり、また同じシリーズでも出版社が違ったりするため、イラストレーターが複数になります。一番有名な登場人物の一人、「メフィスト」を、5人か6人ぐらいの方がイラストとしてかかれています。ですが、似た雰囲気の方で、なおかつそれぞれに個性的なイラストを描かれているので、どれを読んでも違和感を感じることはありません。

 以上、取り急ぎ知っている理由について書き込みました。参考にしてくださいね、これで失礼します。

 変わる場合について、作者の方のあとがきなどによると・・・・

 1,留学その他で、仕事を引き受けられない事情がある場合
 2,イラストレーターが挿し絵を引き受けたがらなくなる
 3,出版社やレーベルの変更に伴って交代する
 4,特別事情説明なしで不意に変わる

 が、思い当たります。

 1の場合は、引き受けられるようになると、また引き受けられることがあります。(再び、書かれることはごくまれですが・・)藤本ひとみさんの「花織」シリーズが、これに当たります。もっとも、藤本...続きを読む

QInc.って?

名刺などで。。
○○○○○株式会社、、を英語になおすとき、
○○○○○,Inc.と表記してあります。
そのInc,とは英語の何の略なのでしょうか?
教えてくださいっ!

Aベストアンサー

Incorporation(会社、法人組織)もしくはIncorporated(法人組織の)
という意味です。
会社をあらわすのに Co.Ltd.(Company Limited)とか Corp.(Corporation)もよく使われます。
株式会社の場合は Co.Ltd.が一般的です。
Inc. というのはどちらかと言うと少数派(あまり自信ないけど)のように思います。

Q推理小説・・・

推理小説で、『コナン・ドイル』と『江戸川乱歩』以外に有名な推理小説家はいませんか?
世界の推理小説家でもいいです!!

Aベストアンサー

質問の意図がよくわかりません。
wikipediaでもこれだけでましたよ↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8E%A8%E7%90%86%E4%BD%9C%E5%AE%B6%E4%B8%80%E8%A6%A7

ちなみに人物を指すのに『』は使いません。
『』は何らかのタイトルに用いたり、どこからかの引用で二重カッコにする時に用います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報