司法書士を取りたいと考えています。しかし、これだけでは独立できないという話しを多々耳にします。
また、通関士にも魅力を感じるのですが、これは実務経験が無いと資格の持ち腐れになる恐れがあり・・・と聞きます。
通関士を取得した場合、空港や港付近で働くことになるんだと思いますが、都心などで開業、または勤務されている方はいないのでしょうか?
また、司法書士を取得した場合、即開業なんてことはまず無いと思うのですが、開業につながるようにするためには、他にどのような経験を積むべきなんでしょうか。
こういうことは資格を取ってから考えなさいと言われそうですが、どちらに専念しようかとても迷っています。

皆さんの経験や知っていることを参考にさせていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
(どちらか片方の情報でも構いません)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

実務経験を積んでいない人が司法書士試験に合格しただけでは現実的にはなかなか独立できないと思います。

何故なら実際の実務が分からないからです。最初から司法書士事務所で補助者として勤務していた者が合格した場合は別ですが...。
但し、そのために日本司法書士会連合会が行う新人研修(約14日間)などがあったり、どこかの事務所で見習いをしある程度実務がわかった上で開業する人も多くいらっしゃるようです。見習の期間は人それぞれでしょうから分かりません。
 つぎに通関士ですが、これは独立系の資格ではありません。通関業者に対し通関士の設置義務があるために業者がこの資格をもっている人を雇ったり、自分の会社に勤務している人にこの資格をとらせるという訳です。で、業務は輸入申告書を作ることですから当然、港や空港の近くに事務所があるという訳です。都心に事務所があっても客がいませんからね。もちろん、就職については、試験に合格しただけの人より、実務経験者を優遇するでしょう。後からその人に合格させればいい話なので。全く通関士がいない通関業者は別ですが、そういうところはなかなかないと思います。
最後に合格率は司法書士の方は2%程度、通関士の方は15%程度となっているようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

両方のご回答ありがとうございます。
大変よくわかりました。
通関士については、完全に解釈を誤っていたようです。

司法書士についても、資格取得後の対策がなんとなくですが掴めました。
そもそも司法書士を取ろうと考えていた上で、通関士の資格が目に付いたのでこのような質問をしたのですが、最初の考え通り司法書士を取る方向でがんばろうと思います。

お礼日時:2002/03/11 08:55

司法書士に関してのみ、回答させていただきます。


まず、「これだけでは独立できない」という情報には、
「すぐには開業できない。」という意味が込められていたのではないかと推測します。

「昨年、司法書士の免許を取得しました○○です。」という営業員が訪問に来るのと
「○○司法書士事務所に△年勤務しております□□です。」という営業員が訪問に来るのでは、
どちらに安心感を抱き、仕事を託そうと思うか・・・という意味であったのではないでしょうか。
従って、「これだけでは独立できない」→「すぐに開業すべきではない」の意味だったのではないでしょうか。

司法書士も自分で仕事を取って来なければ「お金」とならない以上、
テキパキと仕事をこなす,臨機応変さだけではなく、ある程度の実務が必要だ・・・
そのような意味だったのではないでしょうか。

よって、私個人から見ますと、
資格を取得した後,すぐに独立開業するのではなく、
どこかの開業事務所に勤務し、実務を積むことがよろしいのではないかと思います。

ご健闘をお祈りしております。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

説得力のあるご回答ありがとうございます。
確かに、経験を積まずに独立するのはどの業界においても難しいことですよね。納得です。

実際に司法書士の方にお世話になった時に、両親が「司法書士は忙しいでしょう?ひっぱりだこではありませんか?」と聞いたとことろ「業界では有資格者が余っている、これからの独立は難しいのではないか」ということをおっしゃっていたそうなので、実際のところどうなのか、広く聞いてみたいなと思ったのです。

考え方一つのところもあるようですね。
まずは、資格を取ることに専念しようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/28 16:46

>司法書士を取りたいと考えています。

しかし、これだけでは独立できないという話しを多々耳にします。

司法書士と行政書士を勘違いされているのではないかとちょっと思います。
 現在はバブル期ほどではないのですが、しかし、司法書士はそれなりの仕事量はあると考えられます。(新規開業顧客開拓が難しいのはどの資格でも同じですが。。。)

 司法書士という資格や仕事をよく理解されていないような印象を受けるので、まず、そのあたりを調べることからはじめてください。
 それと、もし、弁護士や会計士などよりやさしそうだからという理由で司法書士ならと思っていらっしゃったら、大間違いですよ。今は司法試験(弁護士など)に匹敵するくらい難しくなっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
司法書士と行政書士の違いは、わかっています。
誤解されがちな文面を書いてしまって申し訳ございません。
司法書士の2次試験(択一)に匹敵する程度の難しさの試験だと言うことも承知しております。
その上で、司法書士でも開業するには難しいという話しを聞いたので実際の現状を知りたいと思ったのです。

お礼日時:2002/02/27 09:40

司法書士も、「仕事を自分で取ってくる」ことができないと意味がありません。


そのため、普通は、手数料を安くして、建築・不動産会社や金融機関と取引したり、法務局近くに事務所借りています。資格取得の過程で、成功している人の仕事の取り方も勉強することです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

営業力が必要だという話は、聞いたことがあります。
確かに、事務所を構えて待っているだけではお客様はいらっしゃらないですよね。

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2002/02/26 09:34

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q司法書士への報酬費用

何度かアドバイス頂き、先日「司法書士の無料相談会」に行って来ました。
最終的には司法書士を通じての債務整理の方向で進めようかと思っています。

そこで質問なのですが司法書士への報酬費用の相場を教えて下さい。
無料相談で相談した司法書士曰く、
「1社につき@40,000/減額実績の20%」との事でした。

少しでも「安くて信頼できる」司法書士にお願いしたいと思います。
上記金額は平均的な相場なのでしょうか?

都内でお薦めの司法書士等いらっしゃれば併せて紹介頂ければ幸いです。
(23区内であれば場所は問いません)

Aベストアンサー

1社につき42000円(税込み)はどこも大体同じです。
減額成功報酬20%は高いですね。
ない所もある位です。

さくら中央法律事務所(四谷)
あゆみ法務司法書士事務所(高田馬場)

ネットで調べて見て下さい。
電話相談は無料ですから先に「減額成功報酬」をとるのかどうか聞いてみて下さい。

2つとも電車の広告に出てますので、怪しくはないと思いますよ。

Q司法書士資格取得を目指すのですが

司法書士の資格を取りたいと考えています。予備校などに説明聞きに行くのですが、その学校の良い点ばかりを取り上げ、入学するように誘導してくるのでなかなか客観的な判断ができません(向こうも商売なので当たり前ですが・・・)。

素人にはかなり難しい資格になると思うのですが、経験談、失敗談、その難しさ、アドバイス、費用などを客観的に教えて頂ければと思います。

私は法律関係の大学も行っておらず、仕事もまったく畑違いです。司法書士の前段階として宅建の勉強をし、それは合格しています(それもけっこう苦労したとは思います)。  朝10時から夜8、9、10時ぐらいまでは勤務で、土日祝日は原則休みです。

勉強方法は予備校へ通学し、2~5年くらいで決着を付けたいと考えています。

アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

学生時代からずっと勉強していました。
畑違いとおっしゃってますが、私は法学部でしたが、多少知ってるなと思えることはありましたが、そんなに有利だとも思わなかったです。法学部の学生が知っているであろう知識くらいなら、すぐに勉強できると思います。

東京法経学院に通学で通った時は、確か50万ちょっとにプラス模範六法や問題集などの費用、答錬の別費用諸々。この時の先生達は、実際に合格された方達ばかりだったし、まあ悪いとは思わなかったです(合格率は別として)。

別の年にLecの一発合格講座を受講しました。こちらは通信で申し込んだのですが、通信で申し込んでいたら、生講座にも追加費用無しで出席できました(3~4年前の話)。実質、同じ値段で実際の講座録音テープ+生講座だったので、お得感はしました(計55万位)。しかしテープがあるからと、サボり気味になったのが悪かったです。

どこの学校に通われても、講座費用が55万~60万前後で、それプラス過去問や答錬の費用で、なんだかんだと合計80万強はいるのではないかと・・・。

経験上、どんなことがあっても、学校に実際に通って、そこでその間だけは勉強を必ずする事が必要ではなかったのかと思います。私は家でする時間を重視しすぎて、怠ける時間が増えてしまいました。で、結果、失敗しました。

宅建と比べてみると、問題ばかり解いて、ひっかけに慣れるという手では対処できず、そのレベルではないです。

学生時代からずっと勉強していました。
畑違いとおっしゃってますが、私は法学部でしたが、多少知ってるなと思えることはありましたが、そんなに有利だとも思わなかったです。法学部の学生が知っているであろう知識くらいなら、すぐに勉強できると思います。

東京法経学院に通学で通った時は、確か50万ちょっとにプラス模範六法や問題集などの費用、答錬の別費用諸々。この時の先生達は、実際に合格された方達ばかりだったし、まあ悪いとは思わなかったです(合格率は別として)。

別の年にLecの一発合格講...続きを読む

Q司法書士への報酬は

私の土地の 十分の一を長男に 十分の一を長女に

贈与して登記する場合の 司法書士への 報酬と

私の土地の 十分の二を 長男に 贈与して登記する場合の司法書士への

報酬とで 差は あるでしょうか。

Aベストアンサー

現在司法書士の報酬は定められた報酬の上限額以内であればいくらにしても良いこととなっているそうです。
つまり応談ということです。

質問の主旨とは異なりますが、もし相続税対策や贈与の控除内で持分を少しずつ分けていこうとされるなら、これは将来大変むつかしいことを発生させる要因になることがありますので書かせていただきます。

まず子供さんたちが未成年の場合・・権利の変動(登記を要する)がある場合には裁判所で特別代理人の選定が必要になります。

成人の場合・・たとえば嫁いだ長女さんの担保提供がなければ、長男さんは住宅ローンは組めません。また長女さんは長男さんの連帯保証人を求められる場合も発生します。お互いに連帯責任が生じるため家が建たないということもあります。

 次に相続発生の三年前まではさかのぼって贈与分が相続財産に加算されることはご存知でしょう。円満に相続分割できれば良いのですが、一物を複数が所有することのデメリットは計り知れません。

短い文面からでもこのような杞憂でないことをおもいました。

Q1.弁護士資格を取れば、司法書士・行政書士・弁理士の仕事を(登録などで

1.弁護士資格を取れば、司法書士・行政書士・弁理士の仕事を(登録などで)出来る。 他に出来る国家資格の仕事ありますか?

2.公認会計士の資格を取れば、税理士・行政書士の仕事を(登録などで)出来る。 他に出来る国家資格の仕事ありますか?

3.社会保険労務士と宅地建物取引主任者は何か上位資格取れば出来るんですか? それともこの二つはそれぞれの資格のみ?

4.司法書士を取ったら他に出来る国家資格の業務はありますか?

5.同じく、行政書士・弁理士・税理士は?

Aベストアンサー

(1)弁護士(司法修習修了)資格であれば「税理士」「社労士」登録も
出来ます。また、海事保佐人になることもできます。さらに「海事代
理士」業務をすることができます。
(2)公認会計士を取得、または科目合格していれば「不動産鑑定士」の
該当科目の受験免除申請が出来ます。
(3)司法書士、行政書士を取得し、「登録まで」していれば「弁理士」
試験の「論文式筆記試験の選択科目」の受験免除申請ができます。
(4)公認会計士は業務に付随する司法書士・社会保険労務士の業務の一
部をすることができます。
(5)弁理士、税理士も「行政書士」登録ができます。

あと、よく勘違いされることですが「司法書士」を取得しても「行政
書士」登録はできません。「行政書士」登録できる他の士業は「弁護
士、弁理士、公認会計士、税理士」だけです。また「弁護士」を取得
しても「司法書士」「海事代理士」の「業務」はできても「登録」ま
ではできません。
最後に「宅建」には、現状では上位(包含する)資格はありません。
但し、一定の実務経験があれば、講習を受け、本試験で5問免除申請を
することができますよ。

(1)弁護士(司法修習修了)資格であれば「税理士」「社労士」登録も
出来ます。また、海事保佐人になることもできます。さらに「海事代
理士」業務をすることができます。
(2)公認会計士を取得、または科目合格していれば「不動産鑑定士」の
該当科目の受験免除申請が出来ます。
(3)司法書士、行政書士を取得し、「登録まで」していれば「弁理士」
試験の「論文式筆記試験の選択科目」の受験免除申請ができます。
(4)公認会計士は業務に付随する司法書士・社会保険労務士の業務の一
部をすることができま...続きを読む

Q司法書士さんの報酬について

お世話になります。
司法書士さんの報酬について質問なんですが、
中古マンションを購入する場合、金額は3,500万円でローンなしだとすると所有権移転登記のみだと思うのですが(間違っていたらすみません)
この場合の司法書士さんの報酬はいくらぐらいになるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

不動産屋ですので司法書士を使うことは多いですが、請求される金額は司法書士によって色々です。地域によっても違ったりします。
おっしゃる通り、仕事としては所有権移転だけですが、所有権移転の報酬だけ請求してくる人もいれば、所有権移転の報酬の他に、日当、立会料、交通費などたくさんの項目で請求してくる人もいます。登記事項証明書を取る手数料を請求してくる人もいます。また、我々のようなプロ相手の場合と一般の方を相手の場合とでは、請求の内容が違う人もいます。
安い時で数万円、高い人は10数万円というのを聞いた事もあります。(登録免許税は除いてです)
あまり回答になってませんが、長年この商売をやっていても司法書士の報酬についてはいまだによくわかりません。

Q税理士・会計士・司法書士・弁護士などの独立できる資格を目指されている方

税理士・会計士・司法書士・弁護士などの独立できる資格を目指されている方にお聞きします。

1)なぜ、その資格を目指そうと思ったのですか?

2)頑張って合格できたとしても、それから先自分が成功できなかったらどうしようと不安になる事ってあ  りませんか?

Aベストアンサー

簡単ですが、こんな感じでしょうか?

1)会社員として「組織の一員として」生きていくのではなく、自分なりの正義感・考え方を持って生きていきたいから

2)合格するだけの努力があれば、その後は何があっても頑張れる、という根拠のない自信がある

個人的には2)よりも、合格しなかったらどうしようか、という不安の方が大きいです。
独立を考えているなら、個人事務所で一度働いてみてはどうでしょう?
実際の業務内容よりも経営や営業に関することの方が勉強になるし、試験とのギャップを強く感じるかもしれませんが、合格後の不安は薄れると思います。

Q司法書士への報酬について

司法書士に対して不動産登記の報酬を支払いました。
請求書には

      登録税・印紙税等    報酬
所有権移転  262,200  25,000
消費税              1,250
源泉税              1,500
となっています。

仕訳は
支払手数料  26,250/現金286,950
租税公課  262,200/預り金1,500

支払手数料  288,450/現金286,950
              /預り金1,500
どちらが正しいのでしょうか

また
支払調書に記載する司法書士への報酬の金額は
26,250円か288,450円のどちらが正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

前者(租税公課の出てくるほう)の仕訳が正しいです。
登記印紙代の262,200円は司法書士への報酬ではなく法務局(国)に支払う手数料ですので司法書士への報酬額は26,250円です。

Q弁護士を取って税理士や司法書士をやる人はいるのでしょうか? 弁護士はやはり訴訟関係が多くなるのでしょ

弁護士を取って税理士や司法書士をやる人はいるのでしょうか?

弁護士はやはり訴訟関係が多くなるのでしょうか?

Aベストアンサー

弁護士を取って税理士や司法書士をやる人はいるのでしょうか?
   ↑
あまりいませんね。
弁護士の資格があれば、税理士や司法書士の
仕事をやることは出来ますが、
弁護士の資格だけをとっても、税務などは、
特別の勉強をしないと、判りません。

だから、責任感の強い弁護士は、税理士を
やらないことが多いです。



弁護士はやはり訴訟関係が多くなるのでしょうか?
    ↑
裁判を見据えての仕事が中心になりますが、
実際に裁判をやることは希です。
なるべくなら裁判などやらないように努めています。

裁判やると長引くので依頼者に不利になるし、
弁護士のコスパも悪いです。

Q司法書士報酬について

過払い金請求の司法書士報酬について。実家が会社経営をしていて5年ほど前、資金繰りに困って3社の金融会社から150万ほど借りたそうです。無事完済しましたが、過払い金を請求できることを知り親戚に紹介された司法書士事務所に相談にいきました。すると180万ほど戻ってくることになり、とても喜んだのですが…

司法書士報酬として25万ほど差し引かれることになりました。もちろん司法書士さんがいなければ1円も戻ってこなかったし、私たち素人にはできないことをしてもらったので言われた通り払うつもりです。でも、そこのホームページの料金表には26,500~と記載されており、明確な金額も事前に言われなかったので25万と言われたときは驚いてしまいました。3社もあるし、金額的にも180万と高額なので妥当なのでしょうか?25万払ったとしても155万は戻ってくることですし、司法書士の方に不満をもっているわけではありません。むしろ感謝しています。ただ金額的にどうなのか聞いてみたいだけです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

26,500~というのは最低金額で
返還される金額によって20%程度の金額を支払うこことになっています
契約時に必ず説明されたか契約書に記載が有るはず
それが司法書士のもうけになります
弁護士でも同じ
報酬が歩合なのでがんばって仕事してくれる訳ですよ

Q司法書士を目指しています。 知人の税理士に司法書士を取るなら土地家屋調査士も取るといいよ。と言われた

司法書士を目指しています。

知人の税理士に司法書士を取るなら土地家屋調査士も取るといいよ。と言われたのですが、ダブル取得するメリットとはなんでしょうか?

Aベストアンサー

司法書士も過当競争の世界なので、開業して来客を待っているだけではやっていけません。

安定的な仕事を確保するためには「お得意先」を何軒か持っておく必要がありますが、一番大口なのはデベロッパー、分譲業者、住宅建設関係などで、これらは土地の地目変更、分筆、所有権移転から始まって、建物の所有権保存登記や名義変更など一連の登記手続きが必要になります。
そしてこれらは司法書士だけでは完結できず、土地家屋調査士の介入も必要になります。

こういった場合、開発業者も使いやすい土地家屋調査士と司法書士がいれば重宝するし、それを一人で兼任できるなら両方の仕事を確保することになります。

こういった仕事以外に、司法書士の主業務としては会社の登記関係や相続手続きなどがあり、ここでも大口顧客(支店をたくさん持つ大きい会社)や弁護士とのつながりがある司法書士は強いです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報