こんばんわ。どなたか教えていただきたいのです。

1.鉄鉱石から製鋼用鉄ができるまでの過程
2.γ固溶体とはどういうものか?
3.炭素含有量0.8%のγ固溶体をゆっくり冷却するとどういう組織になるか?

この3つについてレポートが出されてしまって非常に困っております。
検索とか色々してみたのですが、うまくいきませんでした。
なのでどなたか教えていただけないでしょうか?よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

すこし遅くなったのですが,どなたも回答されていないようなので,私が知っている範囲でお答えします.


ただ,以下の回答は,owen-20さんが,化学の基礎知識(高校化学くらい)を知っているものと
仮定して述べたものですので,よくわからない用語がありましたら,高校の教科書に
載っていると思うので,そちらを参照ください.


1.鉄の精錬過程について
概略は,高校の化学1Bの教科書に載っていると思うので,そちらを参照してください.
ということで,ここでは,関連する反応式だけを列挙しておきます.
どうしてこうなるかは,ご自身で考えてみてください.

<材料>鉄鉱石(Fe2O3),石灰岩(CaCO3),コークス(C)

   CO2 + C --> 2CO
   Fe2O3 + 3CO --> 2Fe + 3CO2
or
   Fe2O3 + C --> 2Fe + 3CO

とまあ,要するにコークス,一酸化炭素による還元反応がベースになっているわけです.


2.γ固溶体について
鉄には,α(~770℃),β(~910℃),γ(~1390℃),δ(1390℃~)の4種類の同素体があります.
γ体とその他のものの決定的な違いは,立体構造にあります.
α,β,δは体心立方格子で,γは面心立方格子です.

したがって,面心立方格子の隙間率は74%,体心立方格子は68%なので,γ鉄は隙間が多いと言えます.
そうすると,γ鉄の隙間には,コークスCが多く入り込むという特徴を持っています.
Cがより多く入り込むことで,鉄は硬くなります.
ちなみに,α鉄には炭素が0.02%までしか入れませんが,γ鉄は最大2%まで入れるそうです.


3.炭素含有量0.8%のγ固溶体をゆっくり冷却するとどういう組織になるか?
これをゆっくり冷やすと,大きく分けて二種類の反応が考えられます.

(1)γ→β→αというように,温度降下に伴って,鉄の一部が同素体変化して,
α鉄と若干の炭素の固溶体が析出します.これをフェライト(初析フェライト)といいます.

(2)残った炭素とγ鉄が,Fe3Cというとても硬い炭化物を形成します.これをセメンタイトといいます.

このような,(1)と(2)が交互に起こることで,得られる鉄は,フェライトとセメンタイトが層状に
重なったものになります.これがパーライトとよばれる組織です.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ume_pyonさん、大変詳しいお答えありがとうございました~。
おかげ様で凄く助かりました。
本当にありがとうございました~、感謝です!

お礼日時:2002/02/28 20:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鉄のフライパンのお手入れ

先日、友人のお家で鉄のフライパンを使用して、洗剤を付けて洗っていたら、
洗剤は、使わないで、タワシとお湯だけで洗って!とのことです。
なんとなく、洗剤を使いたいのですが。。。。それで、錆止めに、薄く油をひいて、保存したいのですが・・・・。
みなさんは、どのようにしていらっしゃいますか?教えて下さい!!

Aベストアンサー

毎日のように使うのなら、お友達の言うようにした方がいいでしょう。洗剤を使うと、せっかく使い込んだのが台無しでいわゆる「油のなじんだ」状態が失われます。薄く油をひいてからしまうのも問題です。毎日使うにしても、ひいた油が酸化するのは避けられず=つまり体に悪い、たまにしか使わないなら、油をひいたせいで汚れやすくなります。タワシとお湯で洗ったら、赤くなるまで火にかけて焼いておく、というのが正しいでしょう。熱くなって片付けるのに時間がかかりますが、毎日使うなら出しっぱなし、という人も多いのでは。

Q固溶体、金属間化合物、合金の違いは?

「固溶体」、「金属間化合物」、「合金」の違いについて、分かりやすく教えて下さい。辞書類でそれぞれについては調べてみたのですが、いまいち違いが良く分かりません。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>メッキ鋼板、ステンレス(鉄にクロム、ニッケルを混ぜた?もの)、チタン合金等は.....
組成が限定されていないと正確なことはいえませんが、大まかには以下のようではにでしょうか?
メッキ鋼板:鋼板部分が(鉄)と(鉄と炭素の固溶体)と(鉄と炭素の化合物:セメンタイトFe3C)の混合物とメッキ部(単体金属/固溶体/金属間化合物?)
ステンレス:基本的には多分固溶体です。(一般的には不純物等による金属間化合物、酸化物、炭化物等も含んでいます。)
チタン合金:組成により、異なります。Ti-Al-V系では固溶体かな?ただ、Ti-Alの間では、Ti3Al等の金属間化合物も存在するので、よくわかりません。

P.S.
金属間化合物にも、化学量論組成からズレたものも存在します。
金属間化合物を作っているか/固溶体かは 相図(phase Diagram)を見れば判ります。(但し、相図は十分な時間経過の後の安定な状態です。急冷等にて作ったものは非安定相が含まれることがあり、この場合は判りません)

Q鉄のフライパンを探しているのですが…。

テフロンのフライパンがダメになってしまったので、長く使える
鉄のフライパンにしようと思っています。
「魔法のフライパン」というものが良いと聞いたのですが、探して
みると、2年も待たないと買えないみたいです。
他に、魔法のフライパン並みに使いやすい鉄のフライパンは
ないものですかね?
手入れをすればどれも同じようなものでしょうか?

Aベストアンサー

ベルフィーナをお勧めしたのは取っ手の付け根がみそ
通常取っ手の付け根ってフライパン本体の縁よりも下に付いてますよね
ところがベルーナの場合縁に対しフラットになっているんです
取っ手の付け根って汚れやすいくせに掃除しにくい場所なので
フラットは非常に良い構造です
そういった細かい所に気配りしているベルフィーナは
マーブルの中でも優秀な方だと勝手に解釈しお勧めしました
魔法のフライパンも一体構造で縁に対しフラットな取っ手で
考えて作ってるなと関心してしまいました

http://fryingpans.jp/index.html

Qコバルト60γ線のスペクトル測定

 マルチ波高分析器でガンマ線のスペクトル測定をしました。その際、ゲイン(増幅度)を変化させると1チャネルあたりのエネルギー幅が変化する原理を知っている方、
お教え願います。
どうしてもレポートが先に進めません。

Aベストアンサー

以下の本に記載がありますでしょうか?
1.放射性コバルト分析法 / 科学技術庁[編]<ホウシャセイ コバルト ブンセキホ
ウ>. -- (BA38948263)
千葉 : 日本分析センター, 1990.7
47p ; 30cm. -- (放射能測定法シリーズ / 科学技術庁[編] ; 5)
注記: 平成2年改訂 ; 第2刷(平成5年1月)による
著者標目: 科学技術庁<カガク ギジュツチョウ>
2.最新 診療放射線技師国家試験 全科重点要目特集
著者:  診療放射線技師国家試験要点検討委員会     B5 /648頁/定価(本体8,100+税)
ISBN4-339-07062-9

ご参考まで。

Q錆びない・熱しやすい・軽い・手入れ簡単なフライパン

   
錆びない・熱しやすい・軽い・手入れ簡単なフライパン を教えてください。

最近まで鉄のごっついフライパンを使ってましたが
・料理の仕上がり、味はまあまあだったと思うが熱伝導が悪いので電気代かかった。
・錆びやすいので手入れが面倒だった。
・重すぎて手首を傷めた。

なため、買い替えを検討しています。

フライパンの材質も、鉄、アルミ、ステンレス、銅と言ったところですがそれぞれの短所で
・鉄 錆びやすい、熱伝導が悪い
・アルミ 焦げ付きやすい
・ステンレス 熱伝導が悪い、高価
・銅 高価、他は?

私としてはアルミが第一候補ですが、手入れをしないとやはり黒ずんだりとかはするようですが
見た目(銀色)の清潔感とかも大事にしたいので。
コンロは電気です。

Aベストアンサー

フライパンや鍋に使用されている金属の物性を見ると何が良いか明らかです。

素材           熱容量 J/g/K(2)・熱伝導率 W/m/K (1)・比重 g/cm3(3)
アルミニウム Al     0.9         237            2.70
ステンレス  SUS304  0.44        83             8
鉄       Fe      0.449        80            7.87
チタン     Ti      0.552        22            4.4

 フライパン・鍋の性能は(1)均一に加熱され(熱伝導率が高く、底が厚いと均一になりやすい)、(2)温度変化が少なく安定した温度で調理できる(熱容量が大きく、厚い)で決まります。(3)更に軽くて扱いやすい(比重が小さい)方が実用的です。もうひとつの最も重要な要素は金属種とは関係ない(4)コーティングの性能です。
 表を見て判ることはアルミニウムが他のいかなる金属と比べても(1)(2)(3)の点で際立って優れていることです。ステンレスと比較して熱容量は205%、熱伝導率は286%、比重は34%です。フライパン・鍋の為に生まれて来た素材とも言えるほどです。省エネのためには小さい熱伝導率でなければならないサッシには使ってはいけない素材なのです。
 なぜ鋳造品が良いか。蓄えられる熱量は重量に比例して増加します。したがって、全体が厚いほど良いですが、特に熱を蓄える底(熱底と呼ばれる)が厚いことは優れたフライパン・鍋の重要な条件です。一般的には6mm~9mmが良いとされています。

コーティングの良し悪しはデンマークの科学技術局認定の表が参考になります。
http://eurokitchen.jp/SHOP/GSTSSP00841.html

フライパンや鍋に使用されている金属の物性を見ると何が良いか明らかです。

素材           熱容量 J/g/K(2)・熱伝導率 W/m/K (1)・比重 g/cm3(3)
アルミニウム Al     0.9         237            2.70
ステンレス  SUS304  0.44        83             8
鉄       Fe      0.449        80            7.87
チタン     Ti      0.552        22            4.4

 フライパ...続きを読む

Q溶線系因子とは?

線溶系因子とは何でしょうか?

タンニンについての情報を集めていましたら、
ある論文を 見つけました。

でも、医学はまったくの門外漢であり、文系ですのでよくわかりません。

そのようなわけで 以下の論文の結果を 素人にわかるような言葉で 説明していただければ うれしく思います。緑茶はthrombinによるfibrinogenのfibrinへの変換をほとんど阻害しなかった。しかしながら緑茶存在下で形成されたfibrinは8M尿素に溶解することや、SDS-PAGEによる解析から、X(3)因子による架橋反応が阻害されていることが明らかになった。また緑茶はplasminogen activator,plasminなどの溶線系因子の活性を阻害する傾向を示した。現在縁茶摂取が血液の流動性に及ぼす影響についてin vivoで解析を行っている。

Aベストアンサー

『素人にわかるような言葉』でご説明できるかどうかは
わかりませんが、ちょっとチャレンジしてみます(笑)。

まず知っておいていただきたいこと。

・血液には凝固系という『血を固めるしくみ』と、線溶
系(この論文では溶線系となってますね)という『凝固
したものを溶かすしくみ』があるということ。
・凝固系・線溶系ともに、複数の因子がドミノ倒しの
ように次々と連鎖反応をして起きている反応であると
いうこと。
・凝固系にかかわる複数の因子は凝固因子と呼ばれ、
I~XIII(ギリシャ数字の1~13です)の番号が振ら
れていること(ご質問中のX(3)というのは、おそらく
XIIIです)。
・fibrin(フィブリン)というのが凝固系の最終産物
で、fibrinが傷口に折り重なって止血しているという
こと。
・fibrinには可溶性のものと不溶性のものがあり、
可溶性のfibrinではちゃんと止血ができないので不溶性
にならなくてはいけないこと。そして、可溶性→不溶性
に変化(架橋結合)させているのがXIII因子だという
こと。
・plasminogen activatorやplasminというのは線溶系
の因子だということ。

#ちょっと説明をはしょっているところや、わかり
#やすくするための『たとえ』的表現で不正確な説明に
#なっている点もあります。

さて、これらの基礎知識を踏まえた上で、論文を読んで
みましょう。

> 緑茶はthrombinによるfibrinogenのfibrinへの
> 変換をほとんど阻害しなかった。

ここは凝固系因子の連鎖反応の話ですね。
凝固系の最終段階のfibrinogen(フィブリノーゲン)
は、thrombin(トロンビン)の働きでfibrin(フィブ
リン)という止血物質に変わります。
トロンビンの働きが阻害されれば止血物質はできない
ので、血は止まりません。
逆にいえば、血は液体のまま(=さらさら)です。

つまり、『緑茶はトロンビンを邪魔してフィブリンを
作らせないことで血をさらさらにしてるわけじゃない』
ということでしょう。

> しかしながら緑茶存在下で形成されたfibrinは
> 8M尿素に溶解することや、SDS-PAGEに
> よる解析から、X(3)因子による架橋反応が阻害
> されていることが明らかになった。

緑茶があってもフィブリンはできるらしいことは前の
話でわかりました。
しかし、フィブリンがあれば血は固まる、つまりさら
さらにならないはずです。
では、なんでさらさらなのか。

それは、できたフィブリンが完全なもの(XIII因子に
よって架橋結合されたフィブリン:不溶性フィブリン)
ではなく、不完全なもの(架橋反応が阻害されたフィブ
リン:可溶性フィブリン)であるためらしいというわけ
です。

> また緑茶はplasminogen activator,plasminなどの
> 溶線系因子の活性を阻害する傾向を示した。
> 現在縁茶摂取が血液の流動性に及ぼす影響について
> in vivoで解析を行っている。

ここの段落のつながりがよくわかりませんが、書いて
あることは

『緑茶は凝固系の邪魔をしているが(前段の「架橋反応
阻害」)、線溶系も邪魔している』ということです。
つまり、緑茶は血の固まるしくみを邪魔しているよう
だが、血が溶ける(=さらさらにする;血が止まり
にくい)しくみも邪魔しているようだ、ということです
ね。

最後の『in vivoで』というのは、『in vitro』(試験
管内での実験)の反対語で、生物の体内で、ということ
です。

#なお、この論文の内容が正しいかどうかについては
#全く検証していません。
#また、しつこいようですが、わかりやすくするために
#一部不正確な表現や説明が混ざっています。
#そこのところ、注意してくださいね。

『素人にわかるような言葉』でご説明できるかどうかは
わかりませんが、ちょっとチャレンジしてみます(笑)。

まず知っておいていただきたいこと。

・血液には凝固系という『血を固めるしくみ』と、線溶
系(この論文では溶線系となってますね)という『凝固
したものを溶かすしくみ』があるということ。
・凝固系・線溶系ともに、複数の因子がドミノ倒しの
ように次々と連鎖反応をして起きている反応であると
いうこと。
・凝固系にかかわる複数の因子は凝固因子と呼ばれ、
I~XIII(ギリシャ数字...続きを読む

Q育て甲斐ある鉄のフライパンを教えて。5000円以下

最近調理に少し凝りだしまして、小道具も少しずつ揃えています。
それで、フライパンを買いたいのですが、鉄がいいらしいので鉄のフライパンを探しています。
鉄は手入れが面倒なようですが、育てると焦げ付きにくく長く使えるそうなので
自分もチャレンジしてみようかと思っています。

5000円以下で育て甲斐のある鉄フライパンを教えてください。
たくさん教えていただけると選ぶ楽しさもあっていいなと思います。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

テフロンは便利なのですが、使えば明らかにだんだん劣化しますからそのようなものを長く使う気にはなれません。でも鉄製は使うほどに味が出て愛着が持てるようになります。ご質問者さんは良いところへ目をつけられました。

「鉄製」でネットを調べてみましたら10店舗以上クリックした後にここに出会いました。
http://www.amazon.co.jp/%E5%B2%A9%E9%8B%B3-24012-%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%91%E3%83%B324/dp/B000IAAE3U/ref=pd_sim_sbs_k_2

ポイントは素材の分厚さと取っ手です。見たところかなり深いので玉子焼きなどでは過剰品質かなとも思えますが、このような取っ手に出会い、納得してお薦めします。パイプを縦割りしたような形状の取っ手とか木製で如何にも使いやすそうなそぶりをしているものなどが圧倒的に多いのですが、持てばさぞ手が痛いだろうなと思ったりやがて炭化するだろうななどと思ってしまいます。私はほとんど素手て取り扱いますから(調理時間が長くない料理だと全く問題ありません)このように取っ手も分厚くてその分比熱が高く熱が伝わって来にくく劣化も少ないものがお薦めです。

この商品を使った上でのお薦めではない事はお断りしておきますね。

実はほとんど毎日フライパンを使っています。自分が使っているフライパンを気に入っている理由は上述のように分厚さと取っ手の断面形状が丸っこくて手に柔らかいからで、もう10年以上使っていますから黒光りしているのと、鍋の内面以外にこってりへばりついた炭化した滓を丁寧に削ぎ落としたのとで愛着は深まるばかりです。反省もあって今は料理が終わればそのままこれだけはすぐにタワシで水洗いしています。熱いうちなら洗剤など不要です。

テフロンは便利なのですが、使えば明らかにだんだん劣化しますからそのようなものを長く使う気にはなれません。でも鉄製は使うほどに味が出て愛着が持てるようになります。ご質問者さんは良いところへ目をつけられました。

「鉄製」でネットを調べてみましたら10店舗以上クリックした後にここに出会いました。
http://www.amazon.co.jp/%E5%B2%A9%E9%8B%B3-24012-%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%91%E3%83%B324/dp/B000IAAE3U/ref=pd_sim_sbs_k_2

ポイントは素材の分厚さと取っ手です。見たところかなり深い...続きを読む

Qポリ袋の溶着

皆様こんばんは。

突然ではありますがさっそく質問させていただきます。

スーパーなどで使われているポリ袋(魚など入れるビニール袋)なんですが、あれを熱を使わずに溶着(接着)することは可能でしょうか?

特にカッターの刃を使って切るだけではなく接着も可能な技術など何かヒントになるご意見お待ちしています。

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

超音波を使って溶着する技術はすでに業務用では実用化されていますが
残念ながら、その技術が民生用に組み込まれたものは、まだみたことがありません。

Qフライパンのお手入れ方法を教えてください!

柳宗理のフライパンを使っているのですが、数回使用したら表面がはがれたようになり、鉄のような臭いがするようになってしまい、その後使用すると焦げ付きやすくなってしまいました。もう使えなくなってしまったのでしょうか?もし、同じものをお持ちの方、また、フライパンのお手入れ方法などに詳しい方がいらっしゃったら教えてください。お願いします!

Aベストアンサー

現物を知らないので何とも言えませんが、どうも鉄製のようですね。お手入れはどうなさっていますか?

もし洗剤を使って洗っているのでしたら、それは間違いです。せっかく油を含んだ表面が洗剤分でだめになってしまします。水分でさびる事もあります。

鉄製のフライパンは調理後、水洗いだけで十分です。たわしか、同様なもので汚れを落としてやれば、次にも油は少量で使えます。

今、鉄さびのようなモノが出ているとすれば、揚げ物をして下さい。別に鉄は害ではありませんから、気になるのなら、さっと洗って火にかけて水分を飛ばしてください。その後、揚げ物をします。そうする事で、フライパンの表面に油膜ができます。

油分がフライパンの外に固まったら、そこをガスの直火で焼き、こそげ落とせばいいです。そしてまた、同様に揚げ物をして、油分を補給します。

水洗いの後で気になるのであれば、薄く油を塗っておけばいいです。

以上、昔コックだった父がしていた話です。お役に立てれば幸いです。

Q焼き入れと炭素含有量の関係について

焼き入れと炭素含有量の関係を学校のレポートで書かなきゃいけないのですが、調べても分からなかったのでどなたか教えてください。

Aベストアンサー

『炭素鋼とは、”たんそこう”と読み(英文では carbon steel)、鉄(元素記号:Fe)と炭素(元素記号:C)の合金(英文では”Alloy”といい、複数の金属元素又は金属元素と非金属元素からなる金属様のもの)のことです。

炭素鋼は、含まれる合金元素のうち、炭素含有量(C含有量)が、最低で0.02%から最大で2.14%まで含有されている合金の一種になります。

鉄鋼材料としては、最も一般的に広く利用されている材料であり、普通鋼とも言われる場合があります。

炭素鋼は、焼入れ・焼戻し・焼なまし・焼ならしなどの熱処理を施すことによって、耐力・引張強さ・伸び・絞り・硬さなどの機械的性質を大幅に改良・改善することができます。

また、炭素鋼は一般に炭素(C)含有量が多くなると、引張強さや硬さがを大きくすることができますが、その反面、伸びや絞りが減少して、切削性などに劣る性質になります。』

http://www.hkpnote.com/kind/kind10.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報