うそぶく心理についてです。私のようにちょっとひねくれた人間しか思わないことかもしれませんが、経験上、どんな気持ちから出てきますか?

●Q1●
基本的に「別にぃ・・・」に続く、いろいろな言葉。まずは否定形。

子供などに特に多いような気がしますが、大人(私含む)でも時々おられますよね。
やせ我慢(ハードボイルド?)とでも言うのでしょうか。

本当はしたいのに、興味あるのに、欲しいのに、
「別にぃ~、したくないよ~」
「別にぃ~、興味ないよ~」
「別にぃ~、欲しくないよ」

実際、本当に興味ないときもあると思うのですが、
そうではなくて、本心とまったく違ったことを言う心理。

そのくせ、後になってから、
「実は・・・」ってんで訂正してくる。
最初から素直になっていれば良いのに、なぜか素直になれない、というような。
これは、なぜこんな風な行動に出てしまうのでしょう。
自分の本心を知られたくない、何かを隠したい心理でしょうか、
はたまた、自分の掲げる理想像があって、それには相応しくないと感じるからでしょうか、
それとも、本心を言った途端、何かよからぬことが起きるかも、という得体の知れない恐怖心からでしょうか。
皆さんの経験ではいかがですか?

●Q2●
逆に、肯定形はあまり見かけないのですが、こちらはどうでしょう。

本当はやりたくないのに、「したい!したい!」
本当は欲しくないのに、「欲しい!欲しい!」
本当は興味ないのに、「見せて!見せて!」

ちょっと否定形の場合と心理的に違うと思うんですが、こちらは、少し”心理的に病んだ”感じを受けます。
相手の注意を引きつけておきたいため、
何か相手に後ろめたさや、”借り”の気持ちがあるため、
こんな場面ではないかと思うのですが、こちらも実情として、どんな気持ちから出てくるのでしょう。

以上、お付き合い、よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

●Q1●


・俺はお前とは違う価値観を持っている
・俺はお前の思い通りの人間ではない
・俺は俺のやりたい時にやる、指図は受けない
・俺はお前には理解できない人間だ

こういった表面的な抵抗をすることで自己を維持し、自分の存在を安定させたい心理ではないでしょうか。

特に相手が圧倒的に心理的優位にたっていたり、押しの強いコミュニケーションを迫ってきてプレッシャーを感じている時などに、とりあえず、この作戦をとってしまう事はあります。

バカみたいですが、緊急避難としては筋が通っていますし、効果もあると思います。自分なりの意見をまとめる時間もかせげますし。


●Q2●
否定の場合と同じ理由でこういった行動に出ることもあると思います。
ただ否定とは違って、それ以外の様々な理由も考えられますね。質問者さんの言われてるような理由とか。

相手のご機嫌をとりたい時とか、結構みんな使ってるんじゃないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのご回答ありがとうございました。
Q1については、やはり何か自分の中で守りたいものがあるから、という感じでしょうか。
>>特に相手が圧倒的に心理的優位にたっていたり、
思わず「そうそう」と思ってしまいました。(^^
Q2の裏返しを含めると
何かを守りたいからうそぶく否定
何かを得たいから嘘の肯定
ディフェンスと、オフェンスの関係?なんて、
ご回答を拝読しているときに、そんなことが頭に浮かびました。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/07/01 02:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング