ID登録せずに、無料で質問できる♪ 教えて!gooアプリ>>

こんにちは。
私は現在正社員としてSEをやっているものです。
気になったのですが、
SEの雇用形態にはいくつかの種類があり、
それぞれSE達の手取り額は違うと思います。
例えば、
個人事業主>契約社員>正社員
と言った感じでしょうか?

正社員が給料が低い理由は”税金等の事務的処理の手数料と会社の利益”を引かれている。ですよね?

単純にそれらを引かない金額をもらえるのが個人事業主だと
考えているのですが、(利益を出すために多少は引かれていると思いますが。)
そうすると会社の利益は社員SEと比べてあまり多くない気がします。

しかし実際はSEを雇う企業としては雇用形態による
会社の利益は大して変わらないものなのでしょうか?

その辺りの経験者の方、ぜひよろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

契約社員というのはかなりグレーな存在で、正社員寄り契約社員もいれば、個人事業主寄りの契約社員もいますので一概には言えないと思います。

というわけで、個人事業主と正社員を比べてみることにします。

大手の場合はともかく、小さい会社の正社員は退職金やボーナスもなかったりするので、各種保険の会社負担分以外では、仕事がない期間の給与を保証するためというのが、一番大きいのではないでしょうか?
個人事業主の場合、仕事がない期間は、基本時には契約が切れることが多く、その間は報酬が発生しません。つまり、仕事がある間の月収は高くても、ときどき無報酬の期間が発生するので、平均すればそれほど高収入ではなくなる場合もあるわけです。

また、正社員の給料は、実際に顧客からの入金がなくても、締めから1ヶ月以内には支払われます。つまり、その間、会社は立替払いをしているようなものなので、もし売掛金を回収できなかった場合のリスクが大きくなります。
ところが個人事業主の場合、(例外はありますが)顧客からの入金があってから数日以上後に支払われることが多く、正社員に比べればリスクがやや小さくなります。

ところで、正社員と個人事業主では、報酬の計算方法が異なる場合があります。正社員の場合、残業をすれば、概ね25%増しの残業手当が支払われますが、個人事業主の場合、典型的には月160時間から180時間の間は報酬額が同じで、160時間より少なければ、時間当たり月単価/160の減額、180時間より多ければ、時間当たり月単価/180の増額といった方法がとられます。つまり、残業すればするほど、正社員より報酬的には不利になります(正社員がサービス残業をするのは、また別の問題です)。

なお、正社員であれ、個人事業主であれ、その人の売り上げ分から会社の利益や経費を賄うのは同じです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても詳しい回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/07/08 20:57

フリーランスSEとして業務に従事するものです。



一つのシステム開発プロジェクトだけ見ると確かに社員SEを使って開発をしたほうが原価は安いでしょう。
ですがその社員の方が一人前に作業できるようになるまでの教育費など会社全体として考えるとどうでしょうか?
また恒常的に開発案件がある場合ならともかく、断続的に開発案件が発生する場合、やることのない社員を維持する義務が会社には生じます。

全体としてどっちがより大きい利益を生むことができるか?
それはやはり会社次第ということになるでしょう。
システム開発を本業とし開発案件が常にあるような会社だと正社員SEを自社で確保するほうが最終的には利幅は大きいと思いますが、常に開発案件があるわけではないような会社であれば必要に応じてフリーSEなり契約SEを使ったほうが最終的には原価は安く抑えれるでしょう。

実際、大手のSIerは自社で人材の確保をしようとしています。
1000人規模で新卒採用してる企業も少なくありません。
これはもちろんそのうち数割は辞めることを前提としているのでしょうが(やはりIT業界は過酷なので)大きな会社になればなるほど自社で人材を確保している方が最終的な利益になるということだろうと個人的には考えています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても詳しい回答ありがとうございました。
最終的には会社次第で変わってきそうですね。
長い目で見ればさらに違いが出てくるでしょうし。

お礼日時:2006/07/08 20:58

追加


正社員の場合、ボーナスや退職金の支給にかかる費用が
必要
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かにそうです。

お礼日時:2006/07/08 20:56

>正社員が給料が低い理由は”税金等の事務的処理の


>手数料と会社の利益”を引かれている。ですよね?

正社員の場合、上記だけでなく社員自身の各種保険料の
会社負担分、設備費(PCやコピー機等の事務機器の購入
レンタル費、事務所の賃貸料等の費用、自社ビルなら
建設費)消耗品・光熱費や直接利益を得る事のできない
事務・経理部門の社員の給料分が按分される事になり
ます。
「会社の利益」というより「会社の利益+会社負担分」
となります。
個人事業主や契約社員の場合には、会社負担分が必要
なくなるので企業にとっては利益が大きいものになり
ます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、会社負担分(事務社員の給与等)がありましたね。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/07/08 20:55

雇用形態による差はあまりないんじゃないかと。

だって個人事業主は自分で保険やら税金やら払うわけだから、会社から貰った金がそのまま給与になる訳じゃありません。

正社員の給料が低いとしても、その代わり会社が守ってくれます。失敗しても周囲がフォローします。でも個人事業主ならば「はい、サヨウナラ」になるだけです。その後の業務契約にも影響出るでしょう。裏を返せば正社員以外は、必要に応じていつでも切り離せる存在ですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそく回答ありがとうございます。
でも、差があるかどうかの部分を明確にしてみたいと思います。

お礼日時:2006/07/01 10:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q契約社員、プログラマー、システムエンジニアについて質問

現在就職活動中です。
職安に行って求人票を見ているとプログラマーやシステムエンジニアという職で契約社員というのがありまして現在電話をかけようか迷ってます。(会社としては結構大手の会社のなかにある販促企画をしてる部署なんですが。)今まではデザイン系の仕事をしていたので、またそのような仕事に就きたいとは思っているのですが、なかなかいい求人がないまま時間ばかりが過ぎていくので、求人票でよく見るプログラマーやシステムエンジニアという仕事に応募してみようかなと思っているのですが、、、。

1.プログラマーやシステムエンジニアという仕事は今までやったことも知識も全然ないのですが経験がなくてもそれなりに覚えることはできますか?
2.仕事的には残業がかなり多かったりとキツいと聞きますがその通りなのでしょうか?あと40歳ぐらいになると転職する人が多い聞きますが、、?
3.なおかつ契約社員ということで先が保障されてないようで不安です。(正規への登用は無いそうで、、)
4.契約社員だと、どんなデメリットがあるのですか?一応ボーナス、昇級、社会保険などはきちっとあるみたいなのですが。結構契約期間が終了するとスパっと辞めさせられたりするんでしょうか、、??

自分としては、やっぱり安定した職を望んでるもんですから契約社員って聞くだけで不安で、、。あとプログラマーなんてできるのかなって、、。全然わからないもんですからみなさんの回答お待ちしてます。。。
お願いします。

現在就職活動中です。
職安に行って求人票を見ているとプログラマーやシステムエンジニアという職で契約社員というのがありまして現在電話をかけようか迷ってます。(会社としては結構大手の会社のなかにある販促企画をしてる部署なんですが。)今まではデザイン系の仕事をしていたので、またそのような仕事に就きたいとは思っているのですが、なかなかいい求人がないまま時間ばかりが過ぎていくので、求人票でよく見るプログラマーやシステムエンジニアという仕事に応募してみようかなと思っているのですが、、、...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。

あなたのご年齢がわからないのでハッキリとしたご返事ができない部分もありますが、ご容赦ください。

わたしは、個人でコンピュータ関係の仕事をやっている45歳の男性です。今はある会社と直接契約をさせて頂いています。
(1)について
 あなたが若くて(20歳台)ならば、PGの方は経験が無くてもOKでしょう。
SEの方は諦めてください。PGのなれの果てがSEなので経験者というのが前提になりますから。
 30歳台であればPGでもかなり難しくなります。30歳台のPGに要求されるのはやはり即戦力ですから。
 やる気さえあれば、できる業界ではあります。それは本人の努力次第です。
(2)について
ハッキリ言ってYesです。バブルの頃はさておき、この頃は仕事は、短納期で単価安めって仕事ばかりですから。それに労働基準局からも、特定業種なんたらかんらという法律で、通常の会社より制約がかなり少ない業種なんですね。
40歳位になると、社内での地位も上がってきますので課長とか、次長と管理職につく方が多くなってきます。40歳までPGしかやってないような方は、能力がない判断されて…。です。
(3)ついて
派遣会社ではないのですね?契約社員とは、保険のおばちゃんみたいに準社員あつかいになります。契約期間は仕事の内容やその会社の都合できめられます。3ヶ月~6ヶ月~1年間という期間が一番ポピュラーみたいです。この契約期間が終わるまでは急に辞めるような事にはなりません。会社の方から言い出すとペナルティですから。あなたが余程の不始末をしでさかない限り契約期間中は大丈夫です。(犯罪はダメですよ。即刻クビです。)
>契約期間が終了するとスパっと辞めさせられたりするんでしょうか
あなたしだいです。あなたがその会社とってメリットがあるのなら再契約してくれるでしょう。なければ…×です。
(4)について
準社員扱いなので、社員さんとの差はほとんどありません。あるとしても忘年会の会費を現金で支払うみたいな、社員会みたいものには入れませんから。

>自分としては、やっぱり安定した職を望んでるもんですから契約社員って聞くだけで不安で
ごもっともですが、雪印がつぶれるご時世です。社員になれば安泰とは限りません。

はじめまして。

あなたのご年齢がわからないのでハッキリとしたご返事ができない部分もありますが、ご容赦ください。

わたしは、個人でコンピュータ関係の仕事をやっている45歳の男性です。今はある会社と直接契約をさせて頂いています。
(1)について
 あなたが若くて(20歳台)ならば、PGの方は経験が無くてもOKでしょう。
SEの方は諦めてください。PGのなれの果てがSEなので経験者というのが前提になりますから。
 30歳台であればPGでもかなり難しくなります。30歳台のPG...続きを読む

Q契約社員か個人事業主か、どちらが良いか

仕事を退職後、かねてより交流のあった企業より、契約社員として6ヶ月の有期雇用の話がありました。
良い話だと思い、この件を進めております。
ただふと考えたのですが、その企業との契約を、契約社員ではなく、個人事業主として契約できないかと考えました。

その際の
・税務署等への届け出から受理までの期間
・その他メリットデメリット
を教えて頂ければ幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

長いですがよろしければご覧ください。

>その企業との契約を、契約社員ではなく、個人事業主として契約できないかと考えました。
>・税務署等への届け出から受理までの期間

ここは少し誤解があります。
「開業届が提出されているかどうか?」と「個人事業主」は無関係です。

(法人ではなく)「個人で事業を営んでいる」のが「個人事業主」ということです。

『個人事業の開廃業等届出書は、出さないと怒られる?』
http://kojinjigyou.columio.net/

つまり、hotcakemanさんとその企業の契約は、「お互いが納得のうえ」自由に決めて良いものです。

『給与か外注か? その判断基準は』
http://iwayan.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-8876.html
『事業所得と給与所得』
http://t-kuriyama.com/taxinfo/%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E6%89%80%E5%BE%97%E3%81%A8%E7%B5%A6%E4%B8%8E%E6%89%80%E5%BE%97/

結果として、「請負契約」となった場合は、世間的には、hotcakemanさんは、その時点から「個人事業主(自営業者)」です。

---
契約が「請負」の場合は、「(法人)事業主」と「(個人)事業主」ということになり、単なる「発注者」と「受注者」の関係になります。
「税法上」は、hotcakemanさんに支払われる金銭は「給与」ではなく「外注費」扱いで、いわゆる「報酬」となります。

「報酬」の場合は、「事業所得」か「雑所得」で申告することになりますので、「給与所得 控除」は適用になりません。(「家内労働者等の必要経費の特例」には該当する場合もあります。)

『No.1410 給与所得 控除』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm
※「給与所得 控除」は、「給与から差し引ける必要経費」に相当するものです。
『家内労働者の必要経費の特例』
http://iwayan.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/post-1c89.html
『必要経費―家内労働者等の場合―所得税法上の取扱い』
http://shotokuzei.k-solution.info/2007/06/_1_151.html

また、【税金とは無関係ですが】「雇用主と使用人(労働者)」「事業主と従業員」などではありませんので、「労働保険」や「厚生年金(&健康保険)」も無関係です。

『職域保険(被用者保険)』
http://kotobank.jp/word/%E8%81%B7%E5%9F%9F%E4%BF%9D%E9%99%BA

---
一方、契約が「雇用」の場合は、その企業は、hotcakemanさんに支払う金銭を「給与(所得)」として経理処理する必要があります。(「給与所得 控除」が適用になります。)

また、事業主は、要件を満たせば、従業員を「職域保険」に加入させなければなりません。(正社員か契約社員かは無関係です。)

『[PDF]雇用保険に加入されていますか~労働者の皆様へ~』
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/koyouhoken/pdf/roudousha01.pdf
『適用事業所と被保険者』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=1962

以上を踏まえまして、

>税務署等への届け出から受理までの期間

「青色申告の特典」を受けたいのでなければ、「事前の届出」は「必須」ではありません。

※税法上は、「青色申告」ではない「事業所得(など)の申告」を「白色申告」と呼んで区別しています。

『No.2070 青色申告制度』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2070.htm
『青色申告のメリットはなんですか?』
http://fukuoffice.com/kaigyou5.html

>その他メリットデメリット

「給与所得控除」など、「給与所得」ならではのメリットもあれば、必要経費が実費計上できる「事業所得」ならではのメリットもあるなど一概にどちらが良いとはいえません。

なお、「社会保険」に関しては、「自営業者」より「被用者」の方が手厚いと言えるでしょう。

『社会保険』
http://kotobank.jp/word/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E4%BF%9D%E9%99%BA?dic=daijisen

---------
(参考情報)

『国税に関するご相談について』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/sodan/denwa_soudan/index.htm
※税務相談はいつでも可能ですが、「2/16~3/15」は非常に混雑します

『~年金が「2階建て」といわれる理由~』
http://nenkin.news-site.net/kiso/kiso03.html
『第1号被保険者』(と関連リンク)
http://www.nenkin.go.jp/n/www/yougo/detail.jsp?id=152
『傷病手当金とは』
http://www.onyx.dti.ne.jp/~kinotaka/jouhou/syoute.html

『労働保険とはこのような制度です』
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/howtoroudouhoken/index.html

※間違いのないよう努めていますが、最終判断は【必ず】各窓口に確認の上お願い致します

長いですがよろしければご覧ください。

>その企業との契約を、契約社員ではなく、個人事業主として契約できないかと考えました。
>・税務署等への届け出から受理までの期間

ここは少し誤解があります。
「開業届が提出されているかどうか?」と「個人事業主」は無関係です。

(法人ではなく)「個人で事業を営んでいる」のが「個人事業主」ということです。

『個人事業の開廃業等届出書は、出さないと怒られる?』
http://kojinjigyou.columio.net/

つまり、hotcakemanさんとその企業の契約は、「お互いが...続きを読む

Q契約社員で個人事業主になれますか?

私は週3でデザイン会社に契約社員で勤めています。
社会保険などはなしです。
月に10万の給料で、源泉税はひかれています。

契約社員のほかにフリーランスでデザイナーをしています。
フリーランスで得られるお金が給料よりも増えて来たので
個人事業主になろうかと考えています。

しかしまだフリーランスの収入が安定しているわけではないので
デザイン会社の契約社員も続けたいのです。

個人事業主で契約社員は可能ですか?

またそうなった時、確定申告では契約社員としての給料を
どう書いたら良いのでしょうか?

教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

>個人事業主で契約社員は可能ですか?

はい、可能です。

というよりも、910067さんは、すでに「個人事業主(自営業者)」で【なおかつ】「契約社員」です。

*****
(詳しい解説)

世間一般の言い方では、910067さんは「会社勤めもしつつ、自営の仕事もしている人」ということになるでしょう。
古い言い方では、「二足のわらじを履いている」などとも言います。

なお、ご質問の趣旨に即して「税金の制度」での言い方にすると、「事業所得と給与所得の2つの所得がある【個人】」ということになります。

---
ちなみに、「個人事業主で契約社員」ということに問題があるとすれば、「契約社員として雇ってくれている雇い主」が、「自営の(フリーの)仕事をすることを認めてくれない」というケースです。

しかし、今現在「契約社員のほかにフリーランスでデザイナーをしています。」ということですから、その点は問題がないということかと思います。

---
「個人事業主(個人事業者、自営業者)」などと言うと、「商店経営者」のようなイメージを持たれることも多いですが、「フリーランス、フリーランサー」などと呼ばれる人も「誰かに雇われてるわけではない」という点ではまったく同じです。

※「フリーランス、フリーランサー」は、「業務委託契約(請負契約など)」のような契約を結んで仕事をします。(なかには、910067さんのように、平行して雇用契約を結んで仕事をする人もいます。)

そして、「個人」が「事業(商売)」を始める際には何の手続きもいりません。

あくまでも、「事業(商売)」を始めた【後で】、「私は事業(商売)を始めました。」と税務署などに届け出るだけです。

なかには、届出をしていない人もいますが、きちんと税金を納めてさえいれば「国」や「地方公共団体(地方自治体)」も特に何も言いません。

※もちろん、「有資格者しかできない仕事」などは勝手に始めると法に触れますので、あくまでも「税金の制度」に限った話です。

---
ちなみに、「個人」ではなく、【法人】を設立して「事業(商売)」を始めるとなると、いろいろな手続きが必要なので「個人事業主(自営業者)」のようなわけにはいきません。

(参考)

『業務委託契約とは何か?|ランサーズ事務局』
http://www.lancers.jp/magazine/5331
『個人事業の開廃業等届出書は、出さないと怒られる?|個人事業の開業の届出 やり方』
http://kojinjigyou.columio.net/
『開業届っていつまでに提出|福島宏和税理士事務所』
http://fukuoffice.com/kaigyou01.html
『自治体への届出|個人事業のアレコレ』
http://www.mt-tommy.com/start/localgovernment.html

>…そうなった時、確定申告では契約社員としての給料をどう書いたら良いのでしょうか?

「契約社員としての給料」、つまり「雇用契約を結んで(労働者として)受け取った報酬」は、【税法上】は「給与所得」というものに区分されます。

そして、雇い主からは【必ず】『給与所得の源泉徴収票』が交付されますので、その内容をそっくり「所得税の確定申告書」に書き写すだけです。

具体的には、以下の「記載例」のような感じです。

『[PDF]確定申告書の記載例>申告書B(第一表・第二表)|国税庁』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kisairei2013/pdf/shinkoku_b.pdf

※「記載例」なのでごちゃごちゃと書かれていますが、910067さんは、「事業所得」と「給与所得」の2種類しか所得がないのでもっとシンプルになるはずです。

---
ちなみに、「所得税の確定申告」は、「所得税の過不足の精算手続き」のことです。

つまり、

・1年間の【すべての】儲け(所得)の金額から所得税の額を【自分で】計算する
  ↓
・源泉徴収などで強制的に前払いさせられている所得税との差額を【自主的に】国に納める、あるいは国から返してもらう

ということです。

(参考)

『所得の区分のあらまし|国税庁』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1300.htm
『確定申告|国税庁』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2020.htm
>>所得税の確定申告は、…1年間に生じた所得の金額とそれに対する所得税の額を計算し、源泉徴収された税金…などがある場合には、その【過不足を精算する手続き】です。

---
なお、「所得税の確定申告書」を税務署に提出した場合は、市町村に「個人住民税の申告書」を提出する必要はありません。

(参考)

『市・府民税(個人住民税)の申告について|泉佐野市』
http://www.city.izumisano.lg.jp/kakuka/somu/zeimu/menu/sizei/sizei_kojin/1329096024124.html
『Q8 住民税や事業税の申告はどうなるのですか。|国税庁』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/02.htm#q08



*****
(その他、参照したWebページ・参考リンクなど)

『個人事業主|Wikipedia』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%80%8B%E4%BA%BA%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E4%B8%BB
>>…つまり、自営業者とは、会社経営者でもサラリーマンでも公務員でもアルバイトでも無職でもない者の総称と言うことである。
---
『所得金額の計算|新潟市』
https://www.city.niigata.lg.jp/kurashi/zei/siraberu/kojin/shotokukingaku.html
※「所得税」でも「個人住民税」でも「所得の種類と所得金額の計算方法」は同じです。
---
『必要経費になる?ならない?「必要経費」の考え方|All About』(更新日:2012年10月16日)
http://allabout.co.jp/gm/gc/14618/
『第1回 税務署に疑われない「必要経費」の区分|アットマーク・アイティ』(2009/2/4)
http://jibun.atmarkit.co.jp/lcareer01/rensai/kakutei/01/01.html
---
『所得から引かれる「控除」、仕組みを理解して節税を!|All About』(更新日:2013年08月09日)
http://allabout.co.jp/gm/gc/424898/
---
『腹が立つ国税局の税務相談室|税理士もりりのひとりごと』(2009/07/15)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-365.html
『税務署が親切|こっそりと。』(2007/03/11)
http://blog.livedoor.jp/stock_value/archives/50363449.html
『税務署は意外と親切|家族を幸せにする自営業家庭の家計管理』
http://dorobune.chips.jp/?p=155
『納税者支援調整官を設置している国税局・税務署のご案内|国税庁』
http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeicho/kiko/nozeishashien/index.htm
---
『「税理士」というお店にはちゃんとした商品を並べなあかんやろ|税理士もりりのひとりごと』(2012/ 03/23)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-1264.html
『リンク集|日本税理士会連合会』
http://www.nichizeiren.or.jp/link.html
---
『起業・独立開業の相談相手は、商工会議所・商工会が一番!!|商工会議所・商工会徹底活用ガイド』
http://www.shoko-navi.com/kaigyou/soudan
※「民主商工会(民商)」は【別団体】です。

※間違いのないよう努めていますが、最終判断は各窓口に確認の上お願い致します。
※なお、ご紹介したサイトの信頼性についてはご自身でご判断ください

>個人事業主で契約社員は可能ですか?

はい、可能です。

というよりも、910067さんは、すでに「個人事業主(自営業者)」で【なおかつ】「契約社員」です。

*****
(詳しい解説)

世間一般の言い方では、910067さんは「会社勤めもしつつ、自営の仕事もしている人」ということになるでしょう。
古い言い方では、「二足のわらじを履いている」などとも言います。

なお、ご質問の趣旨に即して「税金の制度」での言い方にすると、「事業所得と給与所得の2つの所得がある【個人】」ということになります。

---
...続きを読む

Q月収40万以上の方、仕事は何をなさっていますか?

月収40万くらいは最低でもほしいなぁなんて思っていたら、もらっている人ってどんな仕事をしているのかなぁと思い出してきました。これくらいもらっっている方、参考にできればどんな仕事か教えてください。もちろん本業と副業あわせて、というのも含めてです。可能であれば一週間の勤務時間もお願いします。

Aベストアンサー

一応、額面で月額40万以上の者です。30代前半の女です。

私の仕事は広告制作業です。雑誌や新聞に載せられる広告やカタログ、ポスター、パンフ類、またテレビCMなどの制作にも関わります。
一週間の勤務時間ですが、平均すると朝10時から夜は終電ぎりぎりまで働きますので、大体13~14時間くらいでしょうか。早ければ夜は9時~10時くらいに会社を出られますが、更に遅くなると午前3時~4時になることも珍しくはありません。

こんな重労働でも当然残業代は一円も出ません。それを考えると、月40万の給料は決して十分とは言えませんね…。
個人的には、給料は今より低くても構わないので、人間らしい生活ができるようにして欲しい!と会社にお願いしたいです…。

Q個人事業主から契約社員になった場合の経費

教えてください。
これまで個人事業主として、確定申告で家賃,光熱費,通信費の一部と交際費,消耗品,書籍費等を経費として計上してきました。
顧客の事情により本年7月より請負契約から契約社員となることになりました。
契約社員も何時切られるかわかりませんので個人事業主の廃業届を出すつもりはありません。
この場合、
1) 7月以降、給与所得のみとなった場合にその期間の上記経費は認められるのでしょうか?
2) 給与所得と同時期に少額でも事業所得があった場合はどうでしょうか?
3) 7月以降の事業所得と経費で赤字となった場合は給与所得からその損失分を差し引くことはできるのでしょうか?
以上、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

No.5です。

>収入がないのに経費だけ計上はダメです。

???

不況な時期や不採算の事業では、売上が少ないのに、ひどい場合は売上がないのに、従業員の給料や光熱費などの経費だけが発生して大赤字、という状況は充分にあり得ます。

会計にも税法にも、収入がない場合は経費を計上できないというルールはありません。知ったかぶりの回答者に惑わされないでください。

多分、ないと思うが、もし万が一、税務調査で、請負の仕事がない期間の事業経費の計上について問題にされたら、
「個人事業を廃業する予定はなく、契約社員の仕事を始めてからも、引き続き受注活動を行っておりました」と、強い気持ちを持って対応して下さい。

税務調査では、理論的に正当性を主張することが大事です。
・所得税法には、収入がない場合は経費を計上できないという条文は見当たりません。
・受注活動を行う場合は、それに伴う経費が発生するのは当然です。
・休日や夜間を利用すればSE請負の仕事をすることができます。

「収入がないのに経費だけ計上はダメ」だろうな、などと、最初から弱気では、税務調査では確実に負けますよ。弱気になるようなら、最初から、収入がない期間の経費は計上しない方がよろしい。以上です。

No.5です。

>収入がないのに経費だけ計上はダメです。

???

不況な時期や不採算の事業では、売上が少ないのに、ひどい場合は売上がないのに、従業員の給料や光熱費などの経費だけが発生して大赤字、という状況は充分にあり得ます。

会計にも税法にも、収入がない場合は経費を計上できないというルールはありません。知ったかぶりの回答者に惑わされないでください。

多分、ないと思うが、もし万が一、税務調査で、請負の仕事がない期間の事業経費の計上について問題にされたら、
「個人事業を...続きを読む

Q常駐、派遣、SESについて(IT業界に詳しい方へ)

就職活動でSE(システムエンジニア)を
志望している者です。

常駐、派遣、SES(システムエンジニアリングサービス)の違いがよく分かりません。

派遣とSESは給料を支払うのが他社か自社かの違いだけで、働き方としてはどちらも変わらないように思えるのですがどうなのでしょうか?仕事の重要度によって、派遣とSESの違いが生まれたりなどするのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

#1です。メールのやり取りのようになっていますね^_^;

会社にもよりますがSESは保守・運用だけでなく開発もあります。こっちの方が多いのでは?
顧客の開発環境が様々で自社で用意するのが大変だし、コストもかかので、マシンも作業場所も提供してもらうパターンが多いと思います。。また、顧客の方も近くにいてもらった方が話が早いと言った点もあります。

派遣とSESの違いを書きましたが、実態はあまり変わらないと思います。
自社で働いていた方が気分的には楽だという人が多いです。客先で働いていた方が好きと言う人もいますけどね・・居心地のいい会社もあるから。^_^;

現状は大手で無い限りSESが多いのはしょうがないと思います。

Q個人事業主と契約社員

初めて投稿させていただきます。
Nosioと申します。

お分かりになる方がいればお教えいただきたく投稿しています。

私は現在、フリーのプログラマーで生計を立てており、個人事業の開業申請も済ませています。
まだ開業してから2ヶ月ほどなのですが、付き合いのある会社から「よければうちの契約社員になって欲しい。その上で他の会社の仕事を請けてもいいし、うちの契約社員になれば社会保険なども入れるので悪い話ではないと思うが」という申し出を受けました。

先方としては、私にもっと自社の業務に深くかかわってもらいたいようです。(えらそうに聞こえたらすみません。)

私としては、保険などの保障がついてくるのは大変ありがたい話だと思っています。
しかし、個人事業主として活動しているので、さらに他社の契約社員になることができるかわからないので返事は保留にしています。

この件について、お分かりになる方がいればお教えいただければ幸いです。何卒よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 法的には個人事業主がその営業を継続したまま、他社の契約社員になることは差し支えありません。例として個人事業(一人親方)の左官屋さん、大工さん等が、業務の閑散期に他の建設会社の社員として働くことがあります。

 ただ、注意が必要なことを少し。
まず、(1)社員として関わった顧客が、ご質問者に直接発注したいと言い出して個人で受けた場合、『客の横取り・引き抜き』となり、大口顧客の場合には紛争の元となります。また (2)万一の事故の場合、契約書、タイムカードの打刻等がはっきりしていないと、事故の発生時に労働者or個人事業主として被災したかが不明確になります。特に午前中は労働者として働き、午後から個人事業主として活動し、夕方に打ち合わせのため会社に戻る間の通勤災害などでは、経路が重複した場合、見分けが難しくなります。

 個人の手帳をしっかりつけて、契約関係の事蹟を残していくことが必要かも知れません。予め、事業主、労働基準監督署等と相談して、詰める必要があると考えます。

Q「ご質問があります」「ご回答いたします」 この「ご」はいるの?

先日、メールのやりとりの中で、「いくつかご質問があります。」という一文がありました。相手が、私に対して質問したいことがあるという状況です。
自分が質問したい場合に、そのことをさして「ご質問があります」は、なんだか違和感があるな、と思ったのですが正しい用法なのでしょうか?
また、そういったご質問に対して、「"ご"回答いたします。」と自分が回答することに対して「ご」をつけるのは正しいでしょうか?
仕事のメールでしばしば見かけるし、私も曖昧な使い方をしているかもしれないと思って、不安になってきました。まスマートな表現をお教えいただけましたら幸いです。

ちなみに私は下記のようにしています。
質問があるとき「下記の事項についてお教え下さいますでしょうか」「ご教示下さい」「質問があります」
回答するとき「ご質問頂きました件につき、下記の通り回答いたします」もしくは、質問事項(引用)に回答を付記する。

Aベストアンサー

こんにちは(^^
この件、昔上司と議論になったことがあります(汗。

基本的には、敬語はNo.2のkeydaimonが仰る通り、「尊敬」「謙譲」「丁寧」の3種類に分かれます。

では、この「ご」はどれに当たるかというと・・・この3種類、どの用法でも使われます。(Goo辞書「ご」で調べてもそうありますね)。

ですから、文法的には「ご回答いたします」はアリです。
たとえばNo.5のStella_Marisさんが出していただいた例「ご案内いたします」や、ビジネスの場だとよく出てくる「ご紹介いたします」などと用法的には全く一緒です。

でも、感覚的な問題で「ご質問致します」「ご回答致します」は敬語の使い方としておかしい!と思っている方も多いですから、seven_heavenさんの仰る通り、「ご質問いたします」と書いてくる相手には「ご回答いたします」、そうでない相手には「ご」無しが無難だと思います(^^。

私の場合、質問があるときには、seven_heavenの書かれている例の他、
「いくつかおうかがいしたい点がございます」
も使ったりします。
回答の場合は、(「ご回答」を避けるために)
「ご質問いただきました点につきましては、以下の通りですので、宜しくご確認お願いいたします」
と書いたりします。


ちなみに蛇足ですが「いたします」には「謙譲」「丁寧」の両方の意味がありますが、相手によっては「丁寧」の意味しか無いと思っている場合がありますね~。 これもあいまいなとこです(^^;

こんにちは(^^
この件、昔上司と議論になったことがあります(汗。

基本的には、敬語はNo.2のkeydaimonが仰る通り、「尊敬」「謙譲」「丁寧」の3種類に分かれます。

では、この「ご」はどれに当たるかというと・・・この3種類、どの用法でも使われます。(Goo辞書「ご」で調べてもそうありますね)。

ですから、文法的には「ご回答いたします」はアリです。
たとえばNo.5のStella_Marisさんが出していただいた例「ご案内いたします」や、ビジネスの場だとよく出てくる「ご紹介いたします」などと...続きを読む

QEXCEL2010のハイパーリンク先の一括変更

EXCEL2010のハイパーリンク先の一括変更をしたいのですが、
\\TS-XHL6E6\ だけを削除して、このお尻の部分のリンクを生かしたいのですが、エクセル上で検索して、一括変更するには、どうすればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

リンク先を別のブックに変更したいなら、リンクの編集から操作するのが簡単で確実です。

データタブの「リンクの編集」をクリックし、「リンク元の変更」で新しくリンクさせたいブックを指定してください。

QIT技術者の名刺

フリーでSEやシステム開発の仕事をしている方にお伺いしたいのですが、
名刺に書いてある項目はなんでしょうか?
私は法人ではないですし、屋号もないので、以下のような内容で名刺を作ろうと考えております。

【システムエンジニア】
【氏名】
【氏名ローマ字】
【住所】
【電話番号】
【メールアドレス】

屋号を書かないことは非常識にあたるのでしょうか?
アドバイス頂けますと幸いです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

屋号が有るなら載せた方が良いと思いますが、無ければ個人名だけで良いと思いますよ。
私も個人名だけ載せています。


一点気になるのが、「システムエンジニア」という言葉は人や組織によって定義がまちまちなので、それだけだと何を専門としているのか分かりづらい事です。

最も一般的だと思われる解釈だと、いわゆる上流工程を主に行う技術者、という事になるのでしょうが、人によってはかなり違っていて面食らう事も有ります。
プログラミングを主にやっているけど肩書きはSEだったり、逆にプログラミングやテスト工程の知識を全く持っていなかったり、ネットワークやサーバの設計を主にやっていてソフトウェア開発にはあまり関わっていなかったりと様々です。

個人的な感覚では、SEという肩書きは「コンピュータシステム開発に関する何かをやっている人」というぐらいですね。


ですので、どういうスキルを持っているのか、分かるようなことも載せておいた方が良いかと思います。
例えば、いわゆる技術認定資格が役に立つ数少ない場面でしょう。
2,3の資格が載っていれば、スキルレベルが分かるかどうかはともかく、少なくともスキルの系統は何となく分かりますからね。

屋号が有るなら載せた方が良いと思いますが、無ければ個人名だけで良いと思いますよ。
私も個人名だけ載せています。


一点気になるのが、「システムエンジニア」という言葉は人や組織によって定義がまちまちなので、それだけだと何を専門としているのか分かりづらい事です。

最も一般的だと思われる解釈だと、いわゆる上流工程を主に行う技術者、という事になるのでしょうが、人によってはかなり違っていて面食らう事も有ります。
プログラミングを主にやっているけど肩書きはSEだったり、逆にプログラミングや...続きを読む


人気Q&Aランキング