ミスチルの大名曲の数々が配信決定!! 31日間無料!!【PR】

以前に経験した民事裁判でのことなんですが、不明な用語があったのでご教示ください。

裁判中、現地での視察をすることになり、そのときに裁判官が「現地和解」と言う言葉を使っていました。

裁判では現地視察のことをこのように呼ぶことがあるのでしょうか?

当時の弁護士さんに確認すればよかったのですけど、忘れてしまい、今頃になって気になってます。

どなたかご存知の方、ご教示いただけると喜びます。

A 回答 (1件)

「現地和解」というのは,現地で和解の交渉を行う建前のことです。



民事裁判には「視察」という手続はありません。
裁判所が不動産の状況や事故の現場などを直接見る手続としては,「検証」という手続があります。
ただ諸々の事情で裁判所は現地での検証をあまりやりたくないんです。境界確定などでは特に。
検証までする必要はないけど現地を見ておきたい場合に,「現地で和解の交渉をしましょう」とか「現地で当事者を尋問しましょう」とか言う名目で現地に行くのです。

ある意味では「現地視察」のことを「現地和解」と呼んでいるというのは当たっています。

この回答への補足

2週間たちましたので締め切りたいと思います。
kanarin-yさん、ありがとうございました。

補足日時:2006/07/16 17:50
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
「現地和解」をネットで検索しても全然ヒットしないので、半分諦めておりました。

民事に「視察」の手続きがないというのは勉強になりました。便宜上「現地和解」という言葉を使っているのですね。
大変参考になりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2006/07/02 00:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング