イケメンダンスボーカルグループのオススメ13選

教えて下さい。
今年の6月分の給料明細に住民税が引かれていました。いつも通り天引きだと思いました。
そしたら、区役所から普通徴収の通知書がきました。
これはおかしいと思い区役所に確認したところ、
今年から会社が特別徴収から普通徴収に変更したとの事。その依頼に基づき普通徴収にしたと言っていました。
会社に確認したところ6月の給与までは天引きで住民税を支払うと話しています。


そこで質問です。
(1)6月分の給与が5月出勤した分の給与だと、こういう事がありえるのか?
(2)6月分の給与が6月出勤した分の給与だと、こういう事がありえるのか?
※自分が(1)と(2)かはどちらか覚えていません。

(3)会社が特別徴収から普通徴収に本人の許可なく変えることは問題ないのか?なぜ変えるのか?変えるメリットが会社にあるのか?

参考:今の会社は2年以上働いていてその間は給与天引き(特別徴収)でした。

宜しくお願いします。

A 回答 (5件)

NO.1です。


昨年の給与明細と昨年の今頃もらっているはずの住民税の計算書は保存されていますか?
昨年の4月・5月・6月・7月・8月の明細で住民税の額はどうなっていますか。
一般の会社では4月・5月が同額でそれまでが前々年分の所得、6月以降が前年分で6月分は7月・8月分と同額か、少し多めの額になります。
もしかしたら 質問者様の会社では1ヶ月ずれていませんか?
ここで、いろいろ言うより会社の事務担当の方に確認したほうが早いとは思いますが、ちゃんと説明してくれないようでしたら、会社に講義したほうがいいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本日、再度会社の経理に確認させたところ、やっぱり経理の勘違いで今年の6月分の住民税は引くべきではなかったと認めました。
みなさんの貴重なご意見の裏付けがあって抗議する事ができました。
ありがとうございます。

会社の経理が完璧だと思い込むと大変な事になりますね。

みなさんもお気をつけ下さい。

僕の場合は経理がズサンなのですべての事について疑いを持っています。

お礼日時:2006/07/03 18:34

すみません。

講義⇒抗議です。
    • good
    • 0

>会社に確認したところ6月の給与までは天引きで住民税を支払うと話しています。


 推測ですが、会社は7月以降分を特徴できないという理由で、普徴に切り替えてほしい旨の異動届を区役所に提出しているのではないでしょうか。
一見、二重請求の様に見えますが、たまたま異動届の提出時期が早く区役所からの普徴への切替通知書の発送が今の時期になっているのだと思います。
 再度、区役所にmksuir様のの年税額はいくらなのか、また普徴に変更されたのは何月分からなのかを確認してみてください。

 年税額-6月天引分=普徴納付書の金額
であれば、会社及び区役所の事務は正しく行われています。

 年税額=普徴納付書の金額
であれば、会社が悪意を持ってかどうかは分かりませんが、しなくてよい天引をしてしまったのかもしれません。
(7月分から普徴に切り替えなければならないのに、区役所が誤って6月分から切り替えてしまったという可能性も有り)

 ご質問(1)及び(2)については、会社の事務処理の仕方によるところが大きいと思うので、何とも申し上げられません。
(3)については、要するに特徴の事務をしたくないということでしょう。
同意は必要でないと思いますが、会社も普通徴収に切り替えるのであれば、mksuir様に一言くらい言ってくれてもいいと思いますがね・・・
    • good
    • 0

特別徴収の場合、会社の都合で、差し引く時期を変えたり、金額を調整したりすることはできません。



前回の分は特別徴収なら、去年の六月ころに貴方本人にも、職場経由で、賦課決定通知書がきているはずです。そこには、何月の給料から~円それ以外の給料から★円差し引くとあるはずです。

会社はそのとおりにしているはずだと思いますが。・・・

ただ、会社がうっかり差し引くのを忘れて、立替払いにしていて、その理由で、給料から差し引く時期がずれている可能性はありますが・・・・

なお、特別徴収から、普通徴収にするのに、本人の同意は条件ではありません。

この回答への補足

ありがとうございます。
会社がうっかり差し引くのを忘れて、立替払いにして・・・とありますが、
昨年は給与明細書には住民税が引かれていて、給与振込もその金額(住民税が引かれた)になっています。
今年の6月の給与で住民税が引かれている理由が明確にわかりません。
尚、区役所では未納、滞納など一切ないと確認しました。

補足日時:2006/07/02 20:33
    • good
    • 0

6月の給与から引かれた住民税はおそらくおととし つまり2004年の所得に対しての住民税で 本来ならば5月分としての徴収と思われます。

その額は5月の給与から引かれた額と同一ですか?それならば 5月分です。そして普通徴収で届いた納付書は2005年の所得に対する住民税です。納付書で確認してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

2004年の所得は2005年の6月から2006年の5月までが支払い期間ですよね?
それが今年2006年の6月分に徴収されるのはおかしくないですか?
区役所で確認したところ未納や延滞は一切ないと文書で確認しました。

ちなみに今年6月に引かれた住民税は今年5月に引かれた額と同一です。

僕自身住民税の事はよくわかりませんが、僕の会社(経理も含む)がずさんな管理しているので徹底的に調べたいと思います。

お礼日時:2006/07/01 19:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「住民税」二重徴収、、??

会社に勤めて2年経ちます。
「んんー?」と気がかりなままうやむやにしていたことを質問させて下さい。

わたしは会社から「市町村民税」が天引きされています。
いっぽうでときどき「特別区民税・都民税」なるものが請求され、振り込んでいます。

天引きされている「市町村民税」と、
請求され振り込む「特別区民税・都民税」とは別の税金でしょうか。
二重に支払っているわけじゃない、、ですよね、、?

ときどき思い出しては不安になりつつ、今に至っています。
どうか教えて下さい。

Aベストアンサー

>二重に支払っているわけじゃない、、ですよね、、?
その可能性ありますね。
両方とも住民税ですが、通常、同じ年に二か所から課税されることはありません。

貴方は住民票を今の住所に異動させてないんじゃないですか。
バイトなどしていて、確定申告してませんか。
会社への届けてある住所と住民票の住所が違うと二重課税になることあります。
会社は届けてある住所地の役所に「給与支払報告書」を提出し、役所はそれをもとに住民税を計算し課税します。
そして、確定申告してその住所を住民票の住所を記載すると、税務署からその住所地の役所にその内容が通知され、役所ははそれをもとに住民税を計算し課税します。
つまり、二重課税です。
逆のケースもあるでしょう。

Q転職時に、市民税を重複して払った場合について

似たような質問は他にもありましたが、
自分にうまく当てはめれなかったので、どなたか詳しい方、教えて下さい。

3月末に会社を退職し、9月1日に再就職しました。
前社を退職後、平成24年度住民税の納付書が届いたため
第1期~第3期分までを支払いました。

納付の際に、私は4月~12月分を払ったつもりだったのですが
再就職先で「9月分まで納付されてるので、10月分から給与天引きします」とのことで
おそらく1~3月分を重複して払ってしまった(前職で3月分まで天引かれていた)んだ、とわかりました。

この場合、市役所に問い合わせたら返金してもらえるかな、と思いますが
具体的には、どのような手続きと方法をとるのでしょうか?
仕事を始めて、日中手続きに行けないのですが、市役所の窓口へ行かなくても大丈夫でしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>3月末に会社を退職し…
所得税は「年」単位で課税ですが、住民税は「年度」です。
給与所得者の場合、住民税は6月から翌年5月の1年間で給料から天引きされます。
会社員でない人(自営業など)は、納付書により、通常、6月から翌年2月の間に年4回に分けて納めます。

3月退職の場合、本来なら5月までに納めるべき住民税(平成23年度分)を、3月の給料から3か月分まとめて天引きされます。
なので、その時点で「平成23年度分」の住民税は完納されます。

>平成24年度住民税の納付書が届いたため
今年6月に届いたんですね。

>第1期~第3期分までを支払いました。
前に書いたとおりで、今年1~3月に納める分は「平成24年度住民税」には含まれません。

>再就職先で「9月分まで納付されてるので、10月分から給与天引きします」とのことで
「今年度(平成24年度分、6月納期分からの分)が9月納期分まで納付されているので」ということです。

>おそらく1~3月分を重複して払ってしまった(前職で3月分まで天引かれていた)んだ
いいえ。
重複していません。
前に書いたとおりです。

>具体的には、どのような手続きと方法をとるのでしょうか?
前に書いたとおりです。
何も間違いないし、することもありません。

>3月末に会社を退職し…
所得税は「年」単位で課税ですが、住民税は「年度」です。
給与所得者の場合、住民税は6月から翌年5月の1年間で給料から天引きされます。
会社員でない人(自営業など)は、納付書により、通常、6月から翌年2月の間に年4回に分けて納めます。

3月退職の場合、本来なら5月までに納めるべき住民税(平成23年度分)を、3月の給料から3か月分まとめて天引きされます。
なので、その時点で「平成23年度分」の住民税は完納されます。

>平成24年度住民税の納付書が届いたため...続きを読む

Q住民税の二重払い

最近結婚したのですが、夫の住民税について質問があります。
給与明細を見ると住民税が天引きされているのに、市役所からも納税通知書が届いたので
おかしいと思い調べたところ、二重に住民税を支払っていたようです。

彼の実家は、小金井市なのですが、市川市で一人暮らしをしていました。
住民票は小金井市のままにしてあったので、今まで実家に小金井市の納税通知書が届き、
親がそれを支払っていたようです。
しかし、給料からも住民税が天引きされ、会社は市川市に住民税を支払っていたようです。
この場合、市川市には支払うべきではなかったと思うのですが、
今まで支払った分は返還してもらえるのでしょうか?
おそらく、2年分くらいになると思います。

今年6月分からの市川市からの住民税の決定書はありますが、
以前のものは見当たりません。
市川市に言えば返還してもらえるのか、どのように返還してもらえるのか教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

原則はその年の1月1日現在、住民基本台帳に記載されている市町村、つまり住民票がある市町村が課税しますが、このように住民票を移さないで、他の市町村に住んでいる場合は、その実際に居住している市町村がその人が住民基本台帳に記載されているものとして、住民税を課税することとされています。

ですので、貴方のご主人の場合、実際に市川市に住んで、その益もうけていたわけですし、市川市に住民税を納めるのが本来です。
返してもらうなら、小金井市のほうでしょう。
通常、このようなケースでは市川市が小金井市の市長あてに「こっちで課税するからね」という文書を出すのが普通です。
あくまでも、住民票が小金井市にあるとわかった場合ですが…。

なお、税金は課税の誤りであることがわかれば、5年前までさかのぼって還付されます。
小金井市の税務課に事情を話し、還付について相談されることをおすすめします。

Q住民税が二重に請求された

今日、家に市民税の徴収票が届きました。
先日は会社で特別徴収の知らせも届いております。
会社で天引きされるのに、個人で払うわけがないですよね?
家に届いた分は年収もおかしいです。

18年4月からA社で勤務、12月に退社
19年1月からB社で勤務開始、8月からC社でWワーク(アルバイト)開始

と言う状況です。
19年はA社で働いた分の市民税を、個人で納めていました。
なので、この分が間違ってまた来てしまったのかなと思っていますが
そんな事考えられるのでしょうか?

家に届いた普通徴収の紙に記載されている年収は290万。→請求は月6000円程度
B社に届いた特別徴収の紙に記載されてる年収は260万。→請求は月8000円
この年収の差額は一体何なのでしょうか。
副業前年度の収入は多く見積もっても20万です。
ただ、確定申告をし忘れていたため、会社の特別徴収に副業分も入るかと
思っていたら入っていませんでした。(その分普通で来た?)
確定申告は用紙が届くのかと思ってそれを待っていたのですが
結局届かず、そのまま忘れてしまったという状態です。
これは自分で用紙を取りに行くべきだったのでしょうか?

話が面倒で申し訳ございません。まとめると…
1 差額の謎
2 どちらで払えばよいのか
3 確定申告
4 その他アドバイスなどございましたらよろしくお願いします。

今日、家に市民税の徴収票が届きました。
先日は会社で特別徴収の知らせも届いております。
会社で天引きされるのに、個人で払うわけがないですよね?
家に届いた分は年収もおかしいです。

18年4月からA社で勤務、12月に退社
19年1月からB社で勤務開始、8月からC社でWワーク(アルバイト)開始

と言う状況です。
19年はA社で働いた分の市民税を、個人で納めていました。
なので、この分が間違ってまた来てしまったのかなと思っていますが
そんな事考えられるのでしょうか?

家に届いた普通徴収の...続きを読む

Aベストアンサー

>1 差額の謎…

お書きの情報だけでは判断できません。
(1) 税金は「年収」で決まるわけではなく、「課税される所得」が基になりますので、その数字が分からないと何とも言えません。
(2) 住民税は、月額を先に決めるのではありません。1年分はそれぞれいくらと書いてあるのですか。

>2 どちらで払えばよいのか…

前年に副業があったのなら、両方とも払う必用がある場合も考えられます。
ただし金額については、それでよいかどうかは何とも言えません。

>3 確定申告…

日本の税制度は、自主申告・自主納税を建前としています。
前年も確定申告をした人以外は、だまっていて申告用紙が送られてくることはありません。
自分で取りに行くなり、Web 上で入手するなりしなければなりません。

副業も「給与」であるとして、用紙を印刷するだけなら、
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/01.pdf
Web 上で入力まで済ましてから印刷するなら、
https://www.keisan.nta.go.jp/h19/ta_top.htm

>副業前年度の収入は多く見積もっても20万です…

本業で年末調整を受けているなどいくつかの条件はありますが、20万以下の副業は申告しなくても良いことになっています。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900.htm

とはいえ、これは「所得税の確定申告」(国税) だけであって、「市県民税の申告」は必用です。
市県民税の申告を正しくしていないので、何らかの齟齬 (そご) を生じたのでしょう。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>1 差額の謎…

お書きの情報だけでは判断できません。
(1) 税金は「年収」で決まるわけではなく、「課税される所得」が基になりますので、その数字が分からないと何とも言えません。
(2) 住民税は、月額を先に決めるのではありません。1年分はそれぞれいくらと書いてあるのですか。

>2 どちらで払えばよいのか…

前年に副業があったのなら、両方とも払う必用がある場合も考えられます。
ただし金額については、それでよいかどうかは何とも言えません。

>3 確定申告…

日本の税制度は、自主申...続きを読む

Q市民税の2重支払いを確かめる方法

今住んでいる市をA市。
実家の方をB市としてお話させていただきます。

自分は仕事をはじめたときから実家をでてA市にずっと住んでいます。
ただ色々あって、住所が転々としそうだったため(A市内で)、住民票は実家のB市のままにしてあります。
働き出して2年目にA市、B市両方から納税通知書が届き、そのときすでにA市に払っていたため、B市の市役所に行きその旨を伝えました。
その後今までずっとA市で払い続けています。
昨年になって住所がおちつきそうだったので、とりあえず実家に行っていた手紙類を今の住所に転送になるようにしたところ、先日実家のB市から納税通知書が届きました。
それには平成21年度となっていたので、もしかしたら今までも親が払っていたのではないかと思い聞きましたが払っていないと思う。。。といいます。
しかし払っていないのなら督促状が届きそうですが、普通に通知書です。
自分はA市でずっと払いつづけているので、もしかして親がきづかづに払っていて、2重支払いをしていたのでは?と思うのですが、そういうのを確認する方法はあるのでしょうか?
分かる方いらっしゃいましたらどうかお答えお願いします。

今住んでいる市をA市。
実家の方をB市としてお話させていただきます。

自分は仕事をはじめたときから実家をでてA市にずっと住んでいます。
ただ色々あって、住所が転々としそうだったため(A市内で)、住民票は実家のB市のままにしてあります。
働き出して2年目にA市、B市両方から納税通知書が届き、そのときすでにA市に払っていたため、B市の市役所に行きその旨を伝えました。
その後今までずっとA市で払い続けています。
昨年になって住所がおちつきそうだったので、とりあえず実家に行っていた手紙類を...続きを読む

Aベストアンサー

居住(勤務)地:A市
住民登録地:B市

市町村は課税資料に基づき住民税を課税します。
サラリーマンの場合の課税資料とは、
1)給与支払報告書・・・会社が従業員の居住する市町村に提出
2)確定申告書・・・納税者が税務署に提出
3)他の法定調書・・・生命保険などの支払者が税務署・市区町村に提出
です。

あなたが勤務先に届け出ている住所をA市としている限り、会社はA市に給与支払報告書を提出しますので、B市が課税を行うことはありません。源泉徴収票の1/1居住地欄の市町村課税が基本です。

あなたが還付のためにB市の住所で確定申告を行うと、A市は管轄税務署に提出された申告書を回収(転写)し1/1居住地欄を確認し、A市以外の市町村記載があれば当該市町村に転送するので、B市の記載がなされていたとすればB市が課税します。
このように、A市は給与支払報告書において課税、B市は確定申告書において課税といった二重課税がおこる可能性はあります。

法定調書・・こちらも住所地が課税。

>平成21年度となっていたので

新年度ほかほかですが、過去の課税分の通知も「平成21年度(平成○○年度課税分)」などと記載されますので、納税通知書の中身をよくご確認を。

居住(勤務)地:A市
住民登録地:B市

市町村は課税資料に基づき住民税を課税します。
サラリーマンの場合の課税資料とは、
1)給与支払報告書・・・会社が従業員の居住する市町村に提出
2)確定申告書・・・納税者が税務署に提出
3)他の法定調書・・・生命保険などの支払者が税務署・市区町村に提出
です。

あなたが勤務先に届け出ている住所をA市としている限り、会社はA市に給与支払報告書を提出しますので、B市が課税を行うことはありません。源泉徴収票の1/1居住地欄の市町村課税が基本です。

あ...続きを読む

Q住民税は、およそでいいのでいくらなのか教えて下さい

閲覧ありがとうございます。

住民税について質問があります。

私は今まで住民税払ったことがないです。30代後半まで。

今まで親の扶養に入っていたから?だと思うのですが、
世帯分離して国民健康保険に加入したのですが

住民税は発生するのでしょうか?

最近、国保に加入して、どれくらい出費があるのか、考えていたら

年金と健康保険とあと住民税かな?と思いまして
ですが住民税っていくらなのかパッとしないので、
ネットであちらこちらと閲覧してみたところ、
個人差があり年間10万払ってる人と30万払ってる人がいるようです。

国民年金が全国一律15240円だったと思います、年間約18万円
国民健康保険が私の市だと、月16000円くらいで、年間約19万円

この2つだけで年間37万円も払わなければならないです。

住民税というのが、いくらかかるのか全くわからず
ネット上では年間10万以上は払うように書かれているのですが

ということは、年金、健康保険、住民税を合計すると年間50万以上
必要のように思えてしまうのですが、これは本当なのでしょうか?

私は年収200~230万位で 
年金は銀行引き落とし、健康保険は払い込み用紙で毎月払う形
住民税は毎月払うのでしょうか?

毎月払えれは、楽なのかと思いきや、年収200万くらいで
年間10万~30万 高い人は50万くらいだそうなんですけど

自由になるお金減りすぎますよね。

あと40歳になると、介護保険料 というのが発生するみたいなんですが・・

年収からこれらを全部引いてしまうと、手取り150万くらいになってしまうのですが
こんなんで、ひとり暮らしは可能なのでしょうか?

月の収入で見ると

月給 180,000円
年金  -15,000円くらい
健康保険-16,000円くらい
所得税 -7000円くらい
住民税 -???円(仮に10,000円として)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄手取り 132,000円 

醜い数値が出ました。

ひとり暮らしをしたら

知人の話では家賃4万円で光熱費いれるとトータル6万円くらいだそうです。
食費が、節約を常に考えても、1日1000円でも月3万円
この時点ですでに9万円です。 
残りは42000円、これで生活できるのでしょうか・・

閲覧ありがとうございます。

住民税について質問があります。

私は今まで住民税払ったことがないです。30代後半まで。

今まで親の扶養に入っていたから?だと思うのですが、
世帯分離して国民健康保険に加入したのですが

住民税は発生するのでしょうか?

最近、国保に加入して、どれくらい出費があるのか、考えていたら

年金と健康保険とあと住民税かな?と思いまして
ですが住民税っていくらなのかパッとしないので、
ネットであちらこちらと閲覧してみたところ、
個人差があり年間10万払ってる人と30万払...続きを読む

Aベストアンサー

年収210万円とした場合の住民税
住民税は「所得割」と「均等割」の2つの課税があります。
所得割
1360000円(所得)-370000円(社会保険料控除)-330000円(基礎控除)=660000円(課税所得)
660000円(課税所得)×10%(税率)=66000円
これに、均等割5000円がプラスされ71000円が税額です。
なお、給与所得の場合、「収入」から「給与所得控除(年収によってきまります)」を引いた額を「所得」といいます。

71000円÷12=5900円/月
が、毎月の給料から天引きされます。

なお、所得税は7000円も引かれません。
4000円くらいですし、最終的には引かれた所得税の一部が年末調整で還付されます。
年末調整のとき、1年間に払った年金と国保の保険料申告することを忘れないですることです。

Q給与所得のみ(源泉徴収)なのに、普通徴収の納税通知書と納付書が届いたのはなぜ?

お世話になります。

昨年4月から社会人になったものです。去年から所得があったため、住民税が課税されるようになりました。
現在、会社から給与をもらっているだけ(給与所得のみ)のサラリーマンなのですが、先日、役所から普通徴収の納税通知書と納付書が送られてきました。
私の認識では、給与所得だけの場合は、毎月の源泉徴収および年末調整で、会社側が税金を納めてくれるものだと思ったのですが、このようなことはあるものなのでしょうか?

参考に、納税通知書の内容を下記に記します。(金額は実際と異なります。税額におかしな部分があるかもしれませんがご了承ください。)

給与収入:3,000,000
給与所得:2,000,000
総所得: 2,000,000

所得控除額計:600,000
課税所得額:1,400,000

差引所得割額(区税):84,000 均等割額(区税):1,500
差引所得割額(都税):56,000 均等割額(都税):1,000

年税額:142,500
特別徴収税額:122,500
差引普通徴収税額:20,000

以上です。
年税額-特別徴収額の差額を自分で納めろってことなのでしょうけど、なんで???という状態なので、ご教授ください。

お世話になります。

昨年4月から社会人になったものです。去年から所得があったため、住民税が課税されるようになりました。
現在、会社から給与をもらっているだけ(給与所得のみ)のサラリーマンなのですが、先日、役所から普通徴収の納税通知書と納付書が送られてきました。
私の認識では、給与所得だけの場合は、毎月の源泉徴収および年末調整で、会社側が税金を納めてくれるものだと思ったのですが、このようなことはあるものなのでしょうか?

参考に、納税通知書の内容を下記に記します。(金額は実...続きを読む

Aベストアンサー

>昨年4月から社会人になったものです。
昨年4月に現在の会社に就職したということでよいですか?

で、その前にアルバイトをした、あるいは会社に入ってからバイトをしたということはないですか?おそらくその所得に対する住民税の課税であると考えられます。

>私の認識では、給与所得だけの場合は、毎月の源泉徴収および年末調整で、会社側が税金を納めてくれるもの

そうですね。この毎月の源泉徴収では、ひとつは所得税、もうひとつは住民税になります。住民税はこれまでは引かれていなかったと思います。今年6月から引かれるようになるでしょう。
住民税は昨年1/1~12/31の間の所得に対して課税され、それは今年6月から来年5月にわたって給与から天引きされます。これを特別徴収といいます。
住民税は特別徴収されないものについては、普通徴収といい、6月から4期に分けて納付します。

>年税額:142,500
>特別徴収税額:122,500
>差引普通徴収税額:20,000

これは役所のほうの処理で、現在の会社の給与以外について、気を回して普通徴収にしたと考えられます。
役所では給与支払報告というものを受けているので、現在の会社からの報告ももちろんですが、それ以外のバイトなどでの給与についても報告を受けています。

で、本来は一番初めに書いた現在の会社からの給与も、それ以外の昨年の所得も合算して現在の会社に通知して特別徴収するのですが、副業していることを知られたくない人が、副業分を普通徴収にしてくれと言ってくる場合があり、ご質問の場合には今年3/15までの確定申告をしていないことから(多分していませんよね?本来は昨年に2箇所以上から受け取った場合には合算して年末調整するか、今年3/15までに確定申告することが必要でした)、気を回してその分は普通徴収にして納付書を送付したのでしょう。

もしその分も給与天引きにしたければ、会社経由で手続きはできますけど、金額は少ないので今回はそのまま支払ってしまったほうがよいかと思います。

>昨年4月から社会人になったものです。
昨年4月に現在の会社に就職したということでよいですか?

で、その前にアルバイトをした、あるいは会社に入ってからバイトをしたということはないですか?おそらくその所得に対する住民税の課税であると考えられます。

>私の認識では、給与所得だけの場合は、毎月の源泉徴収および年末調整で、会社側が税金を納めてくれるもの

そうですね。この毎月の源泉徴収では、ひとつは所得税、もうひとつは住民税になります。住民税はこれまでは引かれていなかったと思...続きを読む

Q住民税の普通徴収について

住民税の普通徴収について

生活が苦しく副業を考えていますが、収入が増えると住民税が上がり会社にバレてしまうと聞きました。

そこで、住民税を普通徴収にすれば会社に請求がいかないと聞いたのですが、これは副業で得た収入だけを普通徴収にすることが出来るのでしょうか?

入社して間がないため来年一月までは住民税を普通徴収で支払っています。
一月になれば特別徴収に変わるらしいのですが、そこで「普通徴収のままで」と言っても怪しまれると思います。

副業分だけ普通徴収にすることは可能でしょうか。
皆様の御見解をお願いいたします。

Aベストアンサー

>そこで、住民税を普通徴収にすれば会社に請求がいかないと聞いたのですが、これは副業で得た収入だけを普通徴収にすることが出来るのでしょうか?
できます。

通常、本業の会社からも副業先からも「給与支払報告書」が役所に提出されます。
役所はそれをもとに両方の収入を合算し、住民税を計算し本業の会社に副業分の住民税も合わせて通知し給料から天引きしてもらいます。
そのため、会社の担当者がそれに気づけば副業がばれます。

これを防ぐには、確定申告してその申告書の第二表に「給与所得・公的年金等に係る住民税の徴収方法の選択」という欄があるので、そこで「自分で納付」にチェックを入れれば、副業分の住民税の通知は貴方のところ郵送され本業の会社に行かないのでばれません。

バイトも「給与所得」ですが、ほとんどの役所でこの対応をしてくれます。
心配ならお住まいの役所に電話などで確認されたらいいと思います。
副業が給与所得でなければもちろんどこの役所でもOKです。

>一月になれば特別徴収に変わるらしいのですが、そこで「普通徴収のままで」と言っても怪しまれると思います。
本業の会社は「特別徴収義務者」ですから普通徴収はありません。

>そこで、住民税を普通徴収にすれば会社に請求がいかないと聞いたのですが、これは副業で得た収入だけを普通徴収にすることが出来るのでしょうか?
できます。

通常、本業の会社からも副業先からも「給与支払報告書」が役所に提出されます。
役所はそれをもとに両方の収入を合算し、住民税を計算し本業の会社に副業分の住民税も合わせて通知し給料から天引きしてもらいます。
そのため、会社の担当者がそれに気づけば副業がばれます。

これを防ぐには、確定申告してその申告書の第二表に「給与所得・公的年金等...続きを読む

Q住民税を払っているか確認したい

お世話になります。
昨年度ですが、転職など色々あり、全て住民税を支払っているか確認したいのですが
その場合、1月1日時点の住所のあるところに、課税証明を取るのが一番早いでしょうか?

2回引越しをしていてますが、全て転送届けをしているのですが、
住民税の未納?のお届けがきません・・・私の記憶では1・2ヶ月未納のときがあると
思うのですが。。。すいません是非教えてください!

Aベストアンサー

転送届けってのは「郵便局」に出してるだけの話ですから、住民税の課税や滞納とは別物です。
貴方の現在の住民登録地と、その前の住民登録地の市役所に「税金の未払いがあったら明細を送ってくれ」と伝えれば送ってくれます。
納税証明書が出るわけではないです。
滞納があれば、市とすれば本人から滞納明細を送ってくれと云われたら「はいはい、納めてね」と送るに決まってるからです。
滞納や未納がないときには、本人であることを何かしら確認したうえで「ありませんよ」と教えてもらえて終りです。

Q住民税の二重払い

滞納していた住民税をまとめてコンビニで払ったのですが、
一部二重に払い込んでしまいました。
督促がきていた分だけは先に払っていたのですが、それを忘れていて、
最初にもらった納付書で1年分全部払ってしまったのです。
ダブって払った分は、確定申告しないと戻ってこないのでしょうか?
それとも、役所などに申請すれば、すぐに戻ってくるのでしょうか?

Aベストアンサー

二重納税ならば市役所に連絡してみてくださいね。
ただし、他に未納の税金がある場合、そちらに充当されてしまうでしょう。

滞納していたということですから、延滞税(納付が遅れたことによる利息みたいなものです)とかは生じてませんか?
それの納付は?
まだの場合、充当されたのち、なお余っていれば差額を口座振込などで返してくれるでしょう。
充当しても不足の場合は、帰ってきませんし、不足分の督促が後日届くと思います。

延滞税の有無も含め、電話で確認をするといいと思いますよ。


人気Q&Aランキング