需要の価格弾力性は需要曲線の傾き、これは間違いです。需要の価格弾力性=-ΔX/Δp・p/Xとあらわせ、-ΔX/Δpは直線の需要曲線の傾きの逆数で定数であり、p/Xは0から∞まで変化しますので、需要の価格弾力性は0から∞までの値をとります。では何なのだ?と問われたときに的確に説明できる何かアドバイスを頂きたいです。例えば、グラフや図の中で説明できたりしますか?よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

需要の価格弾力性=-ΔX/Δp・p/X =-(ΔX/X)/(Δp/p)



であり、分母は価格変化の割合、分子は需要変化の割合に相当します。

したがって、需要の価格弾力性は、価格が 1 %変化したときの需要の変化する割合のことをさします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、ありがとうございました!

お礼日時:2006/07/07 05:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q産業連関表「最終需要」の意味

最終需要の意味を調べますと、

「ある産業が、最終的に消費されるモノやサービスをどれだけ家計や政府機関などに販売したかを表します」

と書かれていました(三重県HPより)

一方で、ある問題の中で「第i産業製品を、最終需要として、最も多く消費している…」と書かれていたとします。

最終需要は、消費+投資+αと表記されると思います。
このことからも考えて、
下の問題の中の、「消費」とは、「最終需要全て」を意味しているのか、または「最終需要の中の消費」を意味しているのか、どちらなのでしょうか。

もしご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

最終需要の中の消費を指します。

最終需要とは、GDPに一致します。
ここでは、県レベルにおける産業連関分析だと推測しますが、その場合、三重県の県のGDPということになります。

したがって、消費というのは、三重県のGDPに占める消費支出ということになります。

Qミクロ経済・需要曲線と弾力性の問題で困っています。

ミクロ経済・需要曲線と弾力性の問題で困っています。

ミクロ経済・需要曲線と弾力性の問題で困っています(英文・選択問題)。

現在以下の問題を解いているのですが、(選択問題)
どうしてもbとcが同じに見え、どちらを選んだらいいか迷っています。

A straight-line demand curve would

a/have the same elasticity along its entire length.
b/have a higher elasticity of demand near its top than near its bottom.
c/have a lower elasticity of demand near its bottom than near its top.
d/be relatively inelastic at high prices, but relatively elastic at low prices.

この場合、どれが正解なのでしょう・・・私はbかcだと思うのですが。
もし違いましたら、説明もして頂けると幸いです。

分かる方、どうぞよろしくお願い致します。

ミクロ経済・需要曲線と弾力性の問題で困っています。

ミクロ経済・需要曲線と弾力性の問題で困っています(英文・選択問題)。

現在以下の問題を解いているのですが、(選択問題)
どうしてもbとcが同じに見え、どちらを選んだらいいか迷っています。

A straight-line demand curve would

a/have the same elasticity along its entire length.
b/have a higher elasticity of demand near its top than near its bottom.
c/have a lower elasticity of demand near its bottom than near its top.
d/be re...続きを読む

Aベストアンサー

下で答えたSHIBIKIです。

需要関数のQ=a?bP はQ=a-bPの間違いです。

Qマクロ経済学 LD(労働需要)=LD(労働需要)W/P の式の意味

 LD(労働需要)=LD(労働需要)W/P
という式が出てきたのですが、
W名目賃金
P物価
つまり実質賃金W/Pは必ず1となるということでしょうか
意味がよくつかめません

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

ED=ED(W/P)を勘違いしてみているのでしょう.

この意味は,ED=f(W/P)ですね.f’>0.
つまり,労働需要は実質賃金率の増加関数であるという意味です.

右辺のEDは関数を表す記号です.

Q【ミクロ経済学】供給曲線と需要曲線の定義

今年から経済学の勉強を始めたのですが、
勉強すればするほど、「供給曲線」と「需要曲線」の意味が分からなくなってきました。

◆質問1
供給曲線と需要曲線のそれぞれについて、意味の定義や式の定義はあるのでしょうか?
例えば、価格P=f(X)みたいな式で表すと決まっている、とか。
あるいは、縦軸には△△を、横軸には○○を使って表すと決まっている、とか。

◆質問2
質問1とも関連しますが、完全競争市場の
「価格P=平均収入AR=限界収入MR=限界費用MC」
という式は、供給曲線と呼んでいいのですか?
「供給曲線とは、価格Pが式に入っていて、生産者の供給量を決める式」
だと私は勝手に思っているのですが、仮に上記の式からPを削除して、
「平均収入AR=限界収入MR=限界費用MC」
としたら、この式は供給曲線と呼んでいいのですか?

どなたかご教授頂けると助かります。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

たとえば、物理学では
F=MA
という運動方程式があり、重力の大きさは
F=-GmM/R2
という式で決まり、太陽を原点とする座標系で表すと地球の軌道は楕円になって・・・

というように、基本となる式があってそれによってどういう運動をするかが計算されます。

しかし、経済学のグラフは、これとは全く意味が異なります。

◆質問1

市場にはいろいろな供給者がいます。
「オレんとこは、少しぐらい価格が安くなってもびくともしないぞ」
という企業もあれば、
「ええ、こんな安くちゃやっていけないよ。もうやめようかな。」
という企業もあり、
「うちの会社は社会に必要なものを作っているんだから、少しぐらい赤字でもやめるわけにはいかんのだ。」
と言って赤字でも頑張る企業もあります。

こういった企業がいる結果、市場全体としては、価格が高くなると、供給者が供給しようとする量が増え、価格が安くなると、供給者が供給しようとする量が減ります。この価格と供給量の関係をグラフにしたものが供給曲線です。
多くの、それぞれが自分の都合で作る量を増やしたり減らしたりする供給者がいる結果、ある量が供給される、というだけですから、決まった公式などはありません。

需要曲線も同じです。
高くても欲しいという消費者もいれば、そんなに高いんならいらない、という消費者もいます。その結果、ある価格になった時の市場全体の需要量が決まり、これを価格と需要量とを軸にしたグラフにしたものが需要曲線です。ですから、これも当然、決まった公式などあるはずがありません。

慣例として、縦軸は価格、横軸は供給量または需要量とすることになっています。


◆質問2

価格と供給量の関係を調べて、ある商品の価格が1000円の時に市場全体で供給量はどれだけか、1001円の時の供給量はどれだけか、1002円の時は、1003円の時は、というように調べてグラフ用紙にプロットして出来上がるのが供給曲線です。

「価格P=平均収入AR=限界収入MR=限界費用MC」

という式はグラフではありませんよね。ですから供給曲線ではありません。

上にも書きましたが、市場にはいろいろな供給者がいます。安くてもいいから売ろうとする人もいれば高くなきゃ売りたくないという人もいます。
もし供給業者が、自社の利益を最大にするために最も合理的な方法を取ろうとしたら、どういう供給量で販売するでしょうか?
完全競争市場は、商品の差別化が存在せず、価格のみで勝負をする市場です。売り上げを増やすためには、他者より安く売る以外に方法がない、というのが完全競争市場の前提条件です。しかし、価格を下げすぎると、利幅が少なくなりますから、売り上げは増えても利益は少なくなってしまいます。どのくらいの価格で何個売ったら利益が最大になるでしょう?
この条件が
「価格P=限界費用MC」
という式です。
生産量が少ないうちは、生産量を増やすと数の経済性が働き、高率が良くなってゆきます。ですからたくさん作った方が儲かります。しかし、生産量が増えすぎると数の不経済が生じるようになり、たくさん作ると利益が減るようになります。その境目で利益が最大になります。それが上の条件です。価格P=限界費用MC となるような生産量の時に利益が最大になるわけです。

たとえば、物理学では
F=MA
という運動方程式があり、重力の大きさは
F=-GmM/R2
という式で決まり、太陽を原点とする座標系で表すと地球の軌道は楕円になって・・・

というように、基本となる式があってそれによってどういう運動をするかが計算されます。

しかし、経済学のグラフは、これとは全く意味が異なります。

◆質問1

市場にはいろいろな供給者がいます。
「オレんとこは、少しぐらい価格が安くなってもびくともしないぞ」
という企業もあれば、
「ええ、こんな安くちゃやっていけないよ。...続きを読む

Q需要の所得弾力性の意味

需要の所得弾力性って、需要の変化率と所得の変化率の比ですよね?そこまではよいのですが、意味としての、「1%の所得の増加に伴って需要量が何%変化するかを表す指標」というのがいまいちよくわかりません。なんで%なんですか?

Aベストアンサー

単に「円」などの数字で表してもかまいませんが、%等の比率で表したほうが、増減率を把握しやすいからです。

増加額が1000であっても、元の数値が100000か10000かで、増えた1000の価値が違いますが、%で表せば増減の幅が把握しやすいからです。

Qミクロ経済学の価格弾力性について。

あるケーキに対しての限界評価がA君は一個目700、二個目600、三個目400、四個目200、五個目100であり
B君は600、250、100、50、0であり
C君は800、400、200、100、50であったとします。
(1)このケーキの価格が300[円/個]から150[円/個]に下がったとき、この3人からなる市場需要の価格弾力性を求めなさい。また、このとき個人の需要の価格弾力性が最も大きいのは誰か

という問題の解き方が分かりません。
教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

1 300円のとき、A君、B君、C君がそれぞれ何個買うか。
2 3人の合計で何個買うか。
3 同様に、150のとき、それぞれ何個買うか。3人の合計で何個買うか。
4 前に質問で州大さんが答えている価格弾力性の定義をつかって、3人それぞれ、及び3人合計の価格弾力性を求めます。

Q「株価インパクト」と「売り需要」の意味がよくわかりませんでした。

フィスコのページにあった「株価インパクト」「売り需要」の意味がよくわかりませんでした。

ここのフィスコの「来週の売り需要」の項目です。
http://charge.biz.yahoo.co.jp/vip/news/fis/050428/050428_vbiz022.html

利用している方いらっしゃいますか?

Aベストアンサー

こんな数値があるとは知りませんでした。

それにしても、どうやって使えばよいのだろう。
普通、期日まで持ってる人っていない。

なぜ、今頃になってニュースを出すのか判らない。
もしかすると、株価を下げさせようとする、フィスコの下心の表れか?

Q直線の需要曲線のときの価格弾力性について

需要曲線 P = -aX + b についての需要の弾力性のとき、以下が成り立つとある。
(1) 縦軸切片における弾力性は ∞,横軸切片における弾力性は 0
(2) 原点と横軸切片の中点における弾力性は 1
(3) 中点より左側では弾力性は 1 より大きく,右側では 1 より小さい

ここで、価格弾力性は、需要の変化率÷価格の変化率 ということは理解できているのですが、
上記の直線の需要曲線のとき、なぜ、中点より左側が弾力性が1より大きく、右側が1より小さいと言えるのでしょうか?

図の ac/ab で求められるという意味がわかりません。
 

Aベストアンサー

需要の価格弾力性の定義は、

(*)   ε = -(ΔX/X)/(ΔP/P) = -(ΔX/Δ P)/(P/X)

で与えられます。ここで、ΔPは価格Pの変化量、ΔXはPがΔPだけ変化したときのXの変化量です。あなたの図は、一次関数の係数a,bと図の位置を示す記号が同じアルファベットの小文字で示されているので混乱しやすいので、図のaのところはA、bのところはB、cのところはC、縦軸上のb/2のところはD、横軸上のb/2aのところはGで表わすことにしましょう。それから、A点はかならずしも線分BC上の中点ではなく、任意の点としましょう。すると、Gも点もA点に対応する点なので、かならずしも線分OCの中点でではないことになる。A点における価格弾力性の値は、

   -ΔX/ΔP = 一次関数(P = -aX + b)の傾きにマイナスを付けたもの逆数= 1/a = GC/AG

となることを確かめてください。また
   
    P/X = AG/OG

であるから、これらを定義式(*)の右辺に代入すると

    ε= (GC/AG)(AG/OG) = GC/OG

となる。図をよくみてください。⊿CGAと⊿COBは相似であることに注意してくさい(なぜ相似形?)相似形の性質より
   
  GC/GO = CA/AB

よって、
    ε= CA/AB

とあなたの質問の答えが得られた。なお、⊿BDAと⊿BOCが相似であることから、CA/BA = OD/DBとなるので、弾力性は

    ε = OD/DB

も成り立つことに注意。
最後に、B点が線分BCの中点、すなわち、OG =b/2a、GA = OD = b/2ならば、GC =OGであり、CA = ABであり、OD = DB
が成り立つので、上の弾力性の公式から

    ε=1

となる。したがって、A点が線分BC上で中点より左側にあるなら、CA>ABとなるので、ε>1であるし、A点が線分BC上で中点より右側にあるなら、CA<ABとなるので、ε<1となることが直ちに導かれる。
    

需要の価格弾力性の定義は、

(*)   ε = -(ΔX/X)/(ΔP/P) = -(ΔX/Δ P)/(P/X)

で与えられます。ここで、ΔPは価格Pの変化量、ΔXはPがΔPだけ変化したときのXの変化量です。あなたの図は、一次関数の係数a,bと図の位置を示す記号が同じアルファベットの小文字で示されているので混乱しやすいので、図のaのところはA、bのところはB、cのところはC、縦軸上のb/2のところはD、横軸上のb/2aのところはGで表わすことにしましょう。それから、A点はかならずしも線分BC上の中点ではなく、任意の点としましょう。すると、...続きを読む

Q需要(者)と供給(者)の意味と使い方について

恥ずかしながら、この使い方が理解できていません、説得力ある回答がいただければ、うれしく思います。

ケーススタディとして、電力の供給者は誰なんでしょうか?、需要者はそれに対する方となると思うのですが??。(東電と利用者とした場合)
供給不足が心配・・・・とあると供給者は東電に思うのですが・・その対語は利用者になるのかと。
需要者とか、被供給者とも・・表現していないと思われますし、また、単に需要と供給となると・・その逆になるように思えてしまいます。
うまく、表現できなくて、恐縮ですが、お願いします。

Aベストアンサー

<例>の場合、

供給者は「電気を発電し、顧客に提供する」側ですから、
電力会社です。

で、電力会社が作った電気を使う側のことは「需要者」ではなく「需要家」という言葉を使います。

ですから、「供給者」と「需要家」となります。

Q「ミクロ経済学の力」という参考書で経済学を勉強しています。準凹関数とは等高線(無差別曲線にあたるもの

「ミクロ経済学の力」という参考書で経済学を勉強しています。準凹関数とは等高線(無差別曲線にあたるもの)の上側の集合が凸集合である。との記述がありましたが、意味がわかりません。

どなたかご教授ねがいます。

Aベストアンサー

>簡単に要約すると、この「上側」なるものは無差別曲線の東北側を指し、縦軸に効用をとった場合の効用が高い方向(等高線の比喩でいうと山の頂上の方向)を「上側」と表現しているわけではない、ということですか

・はっきりいってこの文章がよく理解できません。

・縦軸に効用Uをとったら、2財の消費量x1とx2はどこにとるんでしょうか?2財の世界では、x1, x2, そしてUと、3つの変数があるので、3次元の平面が必要になる。横軸にx1、縦軸にx2、そしてx1-x2平面とは垂直の軸にUをとって効用関数U=u(x1,x2)をその3次元平面に描き、そうして描いた3次元のグラフを、U=100なら100の垂直軸で水平に切ったときの断面がU=100に対応する無差別曲線だ。

・等高線は比喩ではありません。無差別曲線とは等高線そのものです。等高線とは、高さを縦軸にとったものではありません。地図をごらんなさい。たとえば、富士山が地図の上でどのようにあらわされているか?2次元の紙の上に海抜100mの地点を結んだ曲線、海抜200mの地点を結んだ曲線、・・・・・、海抜3000mの地点を結んだ線等々を書き入れることで出来ている。同じように、無差別曲線も、2財の世界を考えると、財1の消費量(x1)を横軸に、財2の消費量(x2)を縦軸にとった2次元平面に、同じ効用水準(たとえば、U=100)を持つ財1と財2の消費量の組(x1,x2)を結んだ曲線がU=100に対応する無差別曲線だ。U=200の無差別曲線はU=100の無差別曲線の北東方向に位置する別の無差別曲線だ。高さ100mの等高線と高さ200mの等高線が交わらないように、U=100 の無差別曲線とU=200の無差別曲線は決して交わることはなく、U=100の無差別曲線より北東方向にあるすべての消費の組はU=100よりは大きい効用水準をもつx1とx2の組だ。
・縦軸に効用Uをとったら、2財の消費量x1とx2はどこにとるんでしょうか?2財の世界では、x1, x2, そしてUと、3つの変数があるので、3次元の平面が必要になる。横軸にx1、縦軸にx2、そしてx1-x2平面とは垂直の軸にUをとって効用関数U=u(x1,x2)をその3次元平面に描き、そうして描いた3次元のグラフを、U=100なら100の垂直軸で水平に切ったときの断面がU=100に対応する無差別曲線だ。

>簡単に要約すると、この「上側」なるものは無差別曲線の東北側を指し、縦軸に効用をとった場合の効用が高い方向(等高線の比喩でいうと山の頂上の方向)を「上側」と表現しているわけではない、ということですか

・はっきりいってこの文章がよく理解できません。

・縦軸に効用Uをとったら、2財の消費量x1とx2はどこにとるんでしょうか?2財の世界では、x1, x2, そしてUと、3つの変数があるので、3次元の平面が必要になる。横軸にx1、縦軸にx2、そしてx1-x2平面とは垂直の軸にUをとって効用関数U=u(x1,x2)をそ...続きを読む


人気Q&Aランキング