需要の価格弾力性は需要曲線の傾き、これは間違いです。需要の価格弾力性=-ΔX/Δp・p/Xとあらわせ、-ΔX/Δpは直線の需要曲線の傾きの逆数で定数であり、p/Xは0から∞まで変化しますので、需要の価格弾力性は0から∞までの値をとります。では何なのだ?と問われたときに的確に説明できる何かアドバイスを頂きたいです。例えば、グラフや図の中で説明できたりしますか?よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

需要の価格弾力性=-ΔX/Δp・p/X =-(ΔX/X)/(Δp/p)



であり、分母は価格変化の割合、分子は需要変化の割合に相当します。

したがって、需要の価格弾力性は、価格が 1 %変化したときの需要の変化する割合のことをさします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、ありがとうございました!

お礼日時:2006/07/07 05:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q直線の需要曲線のときの価格弾力性について

需要曲線 P = -aX + b についての需要の弾力性のとき、以下が成り立つとある。
(1) 縦軸切片における弾力性は ∞,横軸切片における弾力性は 0
(2) 原点と横軸切片の中点における弾力性は 1
(3) 中点より左側では弾力性は 1 より大きく,右側では 1 より小さい

ここで、価格弾力性は、需要の変化率÷価格の変化率 ということは理解できているのですが、
上記の直線の需要曲線のとき、なぜ、中点より左側が弾力性が1より大きく、右側が1より小さいと言えるのでしょうか?

図の ac/ab で求められるという意味がわかりません。
 

Aベストアンサー

需要の価格弾力性の定義は、

(*)   ε = -(ΔX/X)/(ΔP/P) = -(ΔX/Δ P)/(P/X)

で与えられます。ここで、ΔPは価格Pの変化量、ΔXはPがΔPだけ変化したときのXの変化量です。あなたの図は、一次関数の係数a,bと図の位置を示す記号が同じアルファベットの小文字で示されているので混乱しやすいので、図のaのところはA、bのところはB、cのところはC、縦軸上のb/2のところはD、横軸上のb/2aのところはGで表わすことにしましょう。それから、A点はかならずしも線分BC上の中点ではなく、任意の点としましょう。すると、Gも点もA点に対応する点なので、かならずしも線分OCの中点でではないことになる。A点における価格弾力性の値は、

   -ΔX/ΔP = 一次関数(P = -aX + b)の傾きにマイナスを付けたもの逆数= 1/a = GC/AG

となることを確かめてください。また
   
    P/X = AG/OG

であるから、これらを定義式(*)の右辺に代入すると

    ε= (GC/AG)(AG/OG) = GC/OG

となる。図をよくみてください。⊿CGAと⊿COBは相似であることに注意してくさい(なぜ相似形?)相似形の性質より
   
  GC/GO = CA/AB

よって、
    ε= CA/AB

とあなたの質問の答えが得られた。なお、⊿BDAと⊿BOCが相似であることから、CA/BA = OD/DBとなるので、弾力性は

    ε = OD/DB

も成り立つことに注意。
最後に、B点が線分BCの中点、すなわち、OG =b/2a、GA = OD = b/2ならば、GC =OGであり、CA = ABであり、OD = DB
が成り立つので、上の弾力性の公式から

    ε=1

となる。したがって、A点が線分BC上で中点より左側にあるなら、CA>ABとなるので、ε>1であるし、A点が線分BC上で中点より右側にあるなら、CA<ABとなるので、ε<1となることが直ちに導かれる。
    

需要の価格弾力性の定義は、

(*)   ε = -(ΔX/X)/(ΔP/P) = -(ΔX/Δ P)/(P/X)

で与えられます。ここで、ΔPは価格Pの変化量、ΔXはPがΔPだけ変化したときのXの変化量です。あなたの図は、一次関数の係数a,bと図の位置を示す記号が同じアルファベットの小文字で示されているので混乱しやすいので、図のaのところはA、bのところはB、cのところはC、縦軸上のb/2のところはD、横軸上のb/2aのところはGで表わすことにしましょう。それから、A点はかならずしも線分BC上の中点ではなく、任意の点としましょう。すると、...続きを読む

Q完全競争市場下での価格需要の価格弾力性

完全競争市場下では価格弾力性が無限大になるのはわかるのですが、
なぜそうなるかがさっぱりつかめません。
先生には
「完全競争市場下では起業は自分で価格は決められないから」
といわれたのですが、それだけでは理解が出来ても納得ができません。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

完全競争化では企業はプライステイカーとして行動します。

これは、ある企業に対する需要量に関らず、価格が一定であることを意味します。つまり、企業の需要曲線がx軸と平行になります。(=弾力性が無限大)

逆に、
あるとてつもなく大きい企業だと、その企業の商品に対する需要量はその商品の市場全体にも影響し、その商品の価格にも影響します。これは、そのとてつもなく大きな企業の直面する需要曲線が、右下がりになることを意味します。つまり弾力性は無限大になりません。

Q需要曲線ー供給曲線では、なぜ、縦軸が価格で横軸が数量になっているのですか?

経済学の「今更人に聞けない疑問」です。需要曲線ー供給曲線では、なぜ、縦軸(y軸)が価格で横軸(x軸)が数量になっているのでしょうか?

需要曲線ー供給曲線では、縦軸(y軸)が価格で横軸(x軸)が数量になってますよね。でも、普通、「価格が変動するに従い取引される物やサービスの数量が増減する」のなら変数は価格になるように思うのです。

でもって、もしそうなら、普通、変数(価格)の方をx軸に置いて、Y=f(x)にするのが普通ではないでしょうか。つまり、縦軸(y軸)が数量で横軸(x軸)が価格にるのが自然ではないでしょうか。

もちろん、Y=f(x)はX=g(y)に書き換えられるでしょうから数学的には問題はないのでしょう。また、ものの本にはマーシャル以来そう記すのが伝統とか書いてありますが、何となく気持ちが悪いんですけど。どなたか、詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

 需要曲線ー供給曲線は、ご指摘のように、価格と数量のグラフ上にかかれます。
 価格と数量と、どちらが原因かを考え、それをx軸にとります。

>「価格が変動するに従い取引される物やサービスの数量が増減する」のなら
これが正しい一面もあります。値段が高ければ、作る数も増えますから。
 しかし、農作物や魚介類の一次産品は、値段を決めて、収穫量を設定するわけではありません。米の出来すぎ、魚は獲り過ぎだと値段が下がり、不足だと上がる、すなわち、数量が原因です。暴落によって、段ボール代も出ないりでキャベツを畑で潰すなどは、価格設定が原因であればありえません。
 工業製品は、価格設定をして、生産量を調整できます。しかし、儲かるとなると、似たような製品が出回る、すなわち数量が増え、値段がさがります。昨日、4GBのフラッシュメモリーが1500円でしたから、飛びつきました。
 もしも価格が原因なら、高い価格を勝手に設定できます。まあブランド品がありますが、日常的には例外で、そんな物を買う人は少ないでしょう。ですから、原因は価格ではありえず、従って、数量が横軸になります。

 需要曲線ー供給曲線は、ご指摘のように、価格と数量のグラフ上にかかれます。
 価格と数量と、どちらが原因かを考え、それをx軸にとります。

>「価格が変動するに従い取引される物やサービスの数量が増減する」のなら
これが正しい一面もあります。値段が高ければ、作る数も増えますから。
 しかし、農作物や魚介類の一次産品は、値段を決めて、収穫量を設定するわけではありません。米の出来すぎ、魚は獲り過ぎだと値段が下がり、不足だと上がる、すなわち、数量が原因です。暴落によって、段ボール代...続きを読む

Qマーシャルの需要曲線とヒックスの需要曲線について

「縦軸に第1財の価格、横軸に第1財の数量を計り、第1財のマーシャルの需要曲線とヒックスの需要曲線を描く。マーシャルの需要曲線の傾きの絶対値がヒックスの需要曲線の傾きの絶対値より大きくなるのはどのような場合か説明しなさい。」

マーシャルの需要曲線とヒックスの需要曲線の違いは理解しているのですが、このような議論はしたことがなく解けなくて困っています。

どなたか宜しくお願い至します。

Aベストアンサー

マーシャルの需要曲線は代替効果と所得効果両方とも、ヒックスの需要曲線は代替効果のみを考慮に入れているので、その違いは所得効果の違いにあります。傾きを変えているのは、所得効果の方向にある(すなわち上級財か下級財か)が鍵だと思います。

Qミクロ経済・需要曲線と弾力性の問題で困っています。

ミクロ経済・需要曲線と弾力性の問題で困っています。

ミクロ経済・需要曲線と弾力性の問題で困っています(英文・選択問題)。

現在以下の問題を解いているのですが、(選択問題)
どうしてもbとcが同じに見え、どちらを選んだらいいか迷っています。

A straight-line demand curve would

a/have the same elasticity along its entire length.
b/have a higher elasticity of demand near its top than near its bottom.
c/have a lower elasticity of demand near its bottom than near its top.
d/be relatively inelastic at high prices, but relatively elastic at low prices.

この場合、どれが正解なのでしょう・・・私はbかcだと思うのですが。
もし違いましたら、説明もして頂けると幸いです。

分かる方、どうぞよろしくお願い致します。

ミクロ経済・需要曲線と弾力性の問題で困っています。

ミクロ経済・需要曲線と弾力性の問題で困っています(英文・選択問題)。

現在以下の問題を解いているのですが、(選択問題)
どうしてもbとcが同じに見え、どちらを選んだらいいか迷っています。

A straight-line demand curve would

a/have the same elasticity along its entire length.
b/have a higher elasticity of demand near its top than near its bottom.
c/have a lower elasticity of demand near its bottom than near its top.
d/be re...続きを読む

Aベストアンサー

下で答えたSHIBIKIです。

需要関数のQ=a?bP はQ=a-bPの間違いです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報