現在勤めている会社は、専務が実権を握っているのですが、社員が通常のサラリーマンと同じように給料をもらっているのに対し、専務は青色申告だと先輩から聞きました。社員が業績によって、給料カットされている現状に対して、「専務は相当もらっている」という噂なのですが、青色申告にしている利点というのは、社員にいくらもらっているか分からないようにするためでしょうか?他に利点があるのでしょうか。また、こういう会社って多いのでしょうか、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「青色申告」じゃなくて「確定申告」のことですよね。


つまり、多くのサラリーマンが年税額を「年末調整」で確定するのに対し、専務さんはそれをやらずに、自分で申告している、と。

普通は、他の収入(不動産所得とか別会社からの給料とか)が有ると考えるべきでしょう。(収入源が1箇所でないと年末調整できないため)
年末調整ができない年収2000万円超である可能性も無いでは無いですが、社長さんの事情から察するに、それは無さそうですし。

> また、こういう会社って多いのでしょうか、
「こういう会社」が「青色申告」や「確定申告」をする会社を意味するのでしたら、
普通に多いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有り難う御座います。すっきりしました。
毎年のことらしいので、おそらく家賃収入なりなんなり、そういったものがあるんだろうと思います。

お礼日時:2006/07/02 18:35

他に事業をやっていて合算したうえで申告されているのではないですか?



参考URL:http://www.nca.or.jp/shinbun/20040206/s_zeikin04 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、そう考えれば当たり前だと考えられますね、有り難う御座います。

お礼日時:2006/07/02 18:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング