いままでマイルについてあまり考えていなかったのですが、インターネットを調べてみると、日常生活だけでちゃんと貯まりそうですね。

しかし、

1.ANA・JAL・UAのマイルを貯める方法は載っているのですが、なぜ他のアジア系の航空会社等はないのでしょうか?2.にも関係しますが、専用カードがないからでしょうか?もし他の航空会社でも使えそうなものがあれば教えてください。(アジアかハワイ・グアムに行くことが多そうです)

また、
2.たとえばANAはスターアライアンスですが、ANAカードでスターアライアンス加盟航空会社のマイルを貯めるということはできないのでしょうか?

3.スターアライアンス等加盟航空会社間でマイルの移行はできるのでしょうか?

4.現在、マイルがばらけてしまったのですが、何かよい知恵・得策はないでしょうか?詳しい方教えてくださいませ。
・キャセイパシフィック 17000
・チャイナエアライン 1万以下
・ユナイテッド航空 1万以下

以上、よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんにちは。

私は現在、8つの会社のマイレージプログラムでマイルを貯めています。そのうちJALとANAでクレジットカードを作っています。

1. 現在は世界の多くの航空会社がマイレージプログラムを設定しています。アジア系の航空会社でも多くでマイレージプログラムがあります。ただアジア系航空会社のプログラムでマイルを貯めている人は、その航空会社を集中的に利用している人を除いて、日本では多くありません。

JALやANAなど日系航空会社は普段の搭乗の機会もそこそこ多く、加えて提携クレジットカードを作れば日常生活の中でも効率的にマイルを貯められます。またユナイテッドの"Mileage Plus"やノースウエストの"WorldPerks"など北米系航空会社のプログラムは、獲得マイルに有効期限がなく(*1)気長にマイルを貯めることができるので、日本にも多くの会員がいます。
これに対しアジア系航空会社のプログラムは、JALやANAと比べると日本国内の提携会社が少ないので日常生活ではなかなか貯まりませんし、かといって気長に貯めようと思っても大半で獲得マイルに有効期限があります(*2)。さらには国際的な航空連合(Star Allianceやoneworld、SkyTeam)に参加していない航空会社もアジアでは多く、その場合マイル加算の機会がさらに限定されてしまいます。このような理由からまずプログラムの入会者自体が少ないのです。

提携クレジットカードはSkypass, Asiana Club, KrisFlyer, Royal Orchid Plusなどのものが出ていますが、いずれも特典交換に必要なマイルが多めのプログラムです。クレジット利用はたいてい「100円=1マイル」の換算率なので、特典交換に必要なマイル数の大小がまともに効いてきます。
ならば、特典交換に必要なマイル数が比較的少なく、日常生活でも効率的にマイルを貯められるJAL Mileage BankやANA Mileage Club(の提携クレジットカード)を選ぶのは必然でしょう。
日系以外ではMileage Plusの提携カードも人気があります。この場合「セゾンUA」がベストの選択でしょう。年会費は1,575円で「100円=0.5マイル」の換算率ですが、追加で「マイルアップメンバーズ」年会費(5,250円)を払うと「100円=1.5マイル」の換算率になるからです[1]。
WorldPerksはプログラム自体の人気はありますが、提携クレジットカードは「100円=1マイルだが年会費が10,500円のカード」か「年会費は1,575円だが100円=0.5マイルのカード」しかないので、クレジットカードで貯めるのは有利ではありません[2]。

以上のような理由から、クレジットカードでマイルを貯める方法について検索すると「JAL, ANA, ユナイテッド」の情報ばかり出てくるというわけです。

2. ご質問の「ANAカードでスターアライアンス加盟会社のマイルを貯めるということはできないのでしょうか」は、
(a)スターアライアンス他社搭乗分を、ANAカードに貯める
(b)ANAカード(クレジットカード)を利用することで、スターアライアンス他社プログラムのマイルを貯める
の2通りの解釈が可能ですが、どちらでしょうか。
前者であればもちろん可能です。後者であればNo. 1でTrane37さんからご回答のあるように不可能です。貯めたいプログラムのクレジットカードを作ってそれを利用するしかありません(*3)。
ご承知かと思いますがANAマイレージクラブにおいて、「ANAカード」の語はクレジット機能付きの会員カードを指します。クレジット機能のない会員カードは「AMCカード」(ANA Mileage Clubの略)と呼ばれます。

ANAマイレージクラブは日常でも加算できる機会が多い、国内線の利用で何かとボーナスマイルを出すといった長所があります。特典交換に必要なマイル数も全般に少なめです。
これに対し、包括運賃(ツアーや、いわゆる格安航空券)で利用した時の加算率(*4)が50%と悪い、マイルの有効期限が短い(獲得の翌々年12月31日で失効)といった短所があります。

3. いったん加算したマイルを後から他のプログラムに移行することは、提携のあるプログラムとの間でも認められていません。私の知る唯一の例外は、KLMオランダ航空 "Flying Dutchman/Flying Blue"とノースウエスト航空 "WorldPerks"間での移行ですが、これは非常に特殊な例です。「プログラム間のマイル移行は不可」と理解して頂いて結構です。

4. これは困りました。ばらけてしまったマイルを後からまとめることは3. で述べたようにできないので、特典交換に足りるまでマイルを追加で貯めるか、あるいは諦めて捨てるかしかありません。

●キャセイパシフィック航空 "Asia Miles"分
15,000マイルあれば、600マイル(片道距離)までの区間の往復特典航空券に引き換えられます。利用便はキャセイパシフィックに限られず、例えば日本航空の特典航空券への交換も可能です。また25,000マイルまで漕ぎ着ければ、1200マイル(片道距離)までの区間の往復特典航空券が手に入ります。
Asia Milesでは航空券以外の特典(「ライフスタイル特典」)も充実しており、これらは3,000マイルから引き換えられます。ご興味があれば[3]のページで、引き換えられる特典をご覧ください。「香港-マカオの高速船乗船券」「香港のレストランでの食事」など、香港に行かないと利用できない特典が多いのが難点ですが。
Asia Milesのマイルは獲得から3年で失効しますが、以下のような方法を使うと期限を伸ばしたり、有償でマイルを購入したり友人との間で融通したりできます[4]。
(1)アジア・マイル リニューアル
2000マイルあたり10米ドルの手数料を払うと、マイルの有効期限を3年伸ばすことができます。
(2)アジア・マイル トランスファー
予め届け出た「特典交換グループ」内のメンバー間で、互いの口座間でマイルを移行することができます。最低移行単位は1万マイルで手数料100米ドル、それ以上は5000マイル単位で手数料50米ドルです。
移行したマイルの有効期限は移行から3年です。他のメンバーと互いのマイルを有効活用できます。
(3)トップアップマイル
希望する特典に必要なマイル数の70%以上のマイルを保有している場合、不足分のマイルを30%まで「購入」することができます。費用は2000マイルあたり60米ドルです。

●チャイナエアライン "Dynasty Flyer"分
Dynasty Flyerのマイルの有効期限は獲得から6年です。やや長めの部類ですがいずれは有効期限が来ますし、提携航空会社が少ない分マイル加算が難しいです。しかも特典交換に必要なマイル数が多めなので[5]、1万以下ならこのまま捨ててしまうのも一つの選択です。逆に捨てるのがもったいなければ、しばらくはチャイナエアラインを重点的に利用するしかないです。
今から申し上げるのも何ですが、チャイナエアライン利用分を貯めるのは同社のDynasty Flyerより、デルタ航空の"SkyMiles"を勧めます。獲得マイルが実質無期限ですし、提携航空会社の数がずっと多いからです。

●ユナイテッド航空 "Mileage Plus"分
Mileage Plusのマイルの有効期限は「最終の加減算から36か月」です。すなわち36か月以内の間隔で少しずつでも加算すれば無期限で貯められます。クレジットカードを併用すれば、毎月かそれに近い頻度でマイル加算があるでしょうから、無期限は保証されたようなものです。
Star Alliance会社搭乗分は、ANA Mileage ClubでもMileage Plusでもどちらでも貯められます。私は両者を掛け持ちしています。ANA Mileage Clubをメインとして、ANA Mileage Clubでは加算率が悪い包括運賃と、ボーナスマイルが付くことの多いユナイテッド便の時だけMileage Plusに貯めています。

【今後の作戦】
JAL Mileage Bank, ANA Mileage Club, Mileage Plus, WorldPerksの4プログラムには、とりあえず入っておいて損はないでしょう。クレジットカードを作るならJALカード、ANAカード、セゾンUAのいずれかをお勧めします。
・JAL Mileage Bank: 主にJAL搭乗分の受け皿として使います。JALは航空提携グループoneworldへの加盟が決まっており、今後oneworld各社搭乗分も貯められるようになります。ただし同じoneworldのAsia Milesと提携航空会社の重複が生じるので、のちのちはどちらかに一本化した方がよいでしょう。加盟後のプログラム規程がJALから発表された段階で検討下さい。
・ANA Mileage Club / Mileage Plus: Star Alliance各社搭乗分の受け皿とします。掛け持ちをするかどちらかに絞って貯めるか、また絞る場合にどちらにするかは、質問者さんの旅行の頻度、利用航空券の種別、行き先などで判断下さい。
・WorldPerks: ノースウエスト自体のほか、SkyTeam加盟の大韓航空、コンチネンタル、デルタ、エールフランス、KLM、アエロフロートなどの搭乗分の受け皿として使います。またマレーシア航空やガルーダインドネシア航空搭乗分を貯められる数少ないプログラムです。上述のようにクレジットカードは作らず、搭乗マイルとキャンペーンでのみ貯めるのがよいでしょう。WorldPerksはキャンペーンが非常に多く貯めやすいプログラムです(その分、特典航空券の予約が取りにくいですが)。

アジアやハワイ、グアムの旅行なら上記で大体カバーできると思います。これ以外の航空会社を利用する場合に加算できるプログラムは以下の通りです。
・ベトナム航空に乗る 大韓航空"Skypass"かキャセイパシフィック"Asia Miles"に加算
・EVA航空に乗る コンチネンタル航空"Onepass"に加算
・中国東方航空に乗る キャセイパシフィック"Asia Miles"に加算 (チャイナエアライン"Dynasty Flyer"も可)
・中国国際航空に乗る 正規割引運賃以上ならANA Mileage Clubに加算(格安航空券は加算不可) *中国国際航空は今後、スターアライアンスに加盟予定

[1] セゾンUA/マイルアップメンバーズ http://www.saisoncard.co.jp/lineup/ca041.html
[2] http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2189025
[3] Asia Miles http://www.asiamiles.com/jp
[4] http://www.asiamiles.com/jp/site/terms/1,,117609 …
[5] http://www.china-airlines.co.jp/dfp/dfp04.html

*1 実質的無期限のものも含みます。実質的無期限とは「最後の加算・減算から36か月で失効」といった規程のことで、貯め続ければ無期限になります。
*2 アジア系航空会社のうち大韓航空 "Skypass"とアシアナ航空"Asiana Club"では、獲得マイルは無期限有効です。
*3 航空会社以外のクレジットカードを作り、貯めたクレジットカードのポイントをマイルに移行する方法もあることはあります。
*4 搭乗区間マイル数に対し、実際に加算されるマイルの割合を「加算率」と呼ぶことにします。値段の安い航空券では70%、50%と低く設定されていることがあります。

参考URL:http://www.saisoncard.co.jp/lineup/ca041.html,http://www.asiamiles.com/jp,http://www.china-airlines.co.jp/dfp/dfp04.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ものすごいですね!
圧倒されてしまいました!
ご回答ありがとうございます!

専門家のようですね!
十分これだけで商売できそうな情報量とわかりやすさです!感動しました。


●UA

スターアライアンスを利用して、15000貯めて濃くない航空券にしてしまいます。

●キャセイ

ホテルに使うか、サービスがよかったのでまた利用して、航空券ゲットします。

●チャイナ

捨てる方向で。(苦笑)

●ANA

カード作りました!主に陸で貯めていきます!



今回海外に行く用がありUAを利用したのですが、友達がチェックインカウンターでANAカード出すように言うので焦って出してしまい、間違ってANAに貯めてしまいました。しかもマイル半分になっていました。(涙)UAに貯めれば半分にならずに済んだうえに、UAに貯めれば15000ポイント以上になっておりここからANAの国内航空券がゲットできていたのにぃ。(涙)よくわからないときは、後日積載にした方がよいですね。。

本当にありがとうございました!!

お礼日時:2006/08/28 00:53

>ところで、「格安チケットはキャセイにしか付かない


>が」ということですが、格安じゃないチケット買う人も
>多いということですよね?

会社の出張とか、オンライン発券、海外発券チケットなどを利用される方も多いかと思います。

同じエコノミークラス、また同じ格安チケットでも、チケットのクラスは細分化されていて、それぞれ卸売り価格などが異なります。これらの数を混雑具合に応じて調整することで収益性を高めようとしていると思います。

このチケットクラスに応じて、同じエコノミークラス内でも、期日変更、ルート変更や払い戻し規定、ストップオーバーの可否、他社マイレージへの付加条件などが異なっています。サービス面では、アップグレードの優先順位や、割りふられる座席位置なども関係してくると思います。

キャセイの場合、チケットクラスとマイレージの関係がより細分化されていて、チケットクラスによってはアジアマイルにすら、マイレージが付かないものもあるようです。また格安チケットでも、他社(アメリカン航空)にマイレージが付加できるクラス(H)が売り出されていることもあります。この辺は、私もいつも頭が混乱します。

私はワンワールド系は基本的にアメリカン航空で貯めているのですが、JALやキャセイに搭乗する場合、すんなりそのまま加算されないことが多い(JALの国内線・包括、キャセイのB,Y,H以外)ので、どうしてもマイルが多社に分散し困ってしまいます。
    • good
    • 0

>ANA・JAL・UAのマイルを貯める方法は載っているのです


>が、なぜ他のアジア系の航空会社等はないのでしょう?
これらの航空会社に貯めている人が多いからだと思います。
あとはNWが人気ですね。

>2.にも関係しますが、専用カードがないからでしょうか?
他の航空会社の提携クレジットカードもありますよ。
上記の航空会社以外にも、
三井住友カードからは
・シンガポール航空
・アリタリア航空
・アメリカン航空
・エールフランス航空
JCBカードからは
・アリタリア航空
・大韓航空
・エールフランス航空
・コンチネンタル航空
・シンガポール航空
・タイ国際航空
DCカードからは
・大韓航空
・アリタリア航空
UCカードからは
・アシアナ航空
UFJカードからは
・ルフトハンザ・ドイツ航空
・コンチネンタル航空
の提携クレジットカードが出ています。

>3.スターアライアンス等加盟航空会社間でマイルの移行
>はできるのでしょうか?
できません。

>4.現在、マイルがばらけてしまったのですが、何かよい
>知恵・得策はないでしょうか?
残念ですが、キリの良いところまで今の航空会社に貯めて使い切ってから乗り換える方がいいと思います。
特にUAならANAの搭乗、キャセイならJALの搭乗でも貯まりますし。

グアムに行くことが多いのでしたらコンチネンタル航空はいかがでしょうか?
UFJカードの提携カードなら年会費5000円で空港ラウンジも利用可能です。
100円1マイルでUFJカードのポイントも1000円1ポイントで付くので使い勝手はすごくいいです。
マイルの有効期限もないですし。
ただ、東京・名古屋・福岡・札幌・仙台・新潟・広島・岡山以外にお住まいならコンチネンタル航空は就航していませんが・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事が遅く也スミマセン。
ご回答ありがとうございました。

いろいろなカードがあるのですね!
とても参考になりました。詳細にありがとうございます!

お礼日時:2006/08/28 00:38

>1.ANA・JAL・UAのマイルを貯める方法は載っているので


>すが、なぜ他のアジア系の航空会社等はないのでしょう
>か?

やはり、提携カードがほとんど無いので、搭乗以外にマイルを貯める手段が少ないからではないでしょうか。

>2.たとえばANAはスターアライアンスですが、ANAカード
>でスターアライアンス加盟航空会社のマイルを貯めると
>いうことはできないのでしょうか?

できません。搭乗とは異なって、カードによるマイルはその会社のマイレージプログラムのみです。

>3.スターアライアンス等加盟航空会社間でマイルの移行
>はできるのでしょうか?

できません。マイルを使った特典旅行の利用段階で他社便が提携関係によって利用できるだけです。

>4.現在、マイルがばらけてしまったのですが、何かよい
>知恵・得策はないでしょうか?詳しい方教えてください
>ませ。

マイルの会社間の移行は基本的には不可能なので、利用段階で計画的に貯めるしか方法はないと思います。

例えば、キャセイの場合、利用段階で、アメリカンやJALなどの他のマイレージプログラムへの加算を検討する(格安チケットはキャセイにしか付かないが)。

チャイナエアラインの場合デルタ航空への加算も検討する。

ユナイティッドは、実質マイル期限がないので気長に貯める。ANAやシンガポール航空などの他社利用マイルを利用段階でユナイティッドに加算することを考えておく。またセゾンUAカードのマイルアップメンバーになると効率的にカード利用でマイルが貯まります。

くるくるめまぐるしく変わる提携関係をチェックしておくと有利ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

1問1答、的確かつ端的にありがとうございます。

2と3は半分誤解していたので確認できてよかったです。
ありがとうございます。

いつも格安オンリーですし、キャセイはよかったので、気に入っています。香港もタイも好きだし。キャセイはもったいないから、貯めて使うか、他の特典で使い切ります。

ところで、「格安チケットはキャセイにしか付かないが」ということですが、格安じゃないチケット買う人も多いということですよね?

マイルの換算率以外に何か意味あるんですか?エコノミーなら同じエコノミーですよね??アップグレードできるならともかく。格安だと時間のかかる空路だったりするのでしょうか?

UAはカード作って気長に貯めるとよさそうですね。

お礼日時:2006/07/02 03:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング