ID登録せずに、無料で質問できる♪ 教えて!gooアプリ>>

 現渡しの仕組みは分かっているつもりですが、これは矛盾した行為をしているのではないでしょうか。つまり、現渡しは現物を持っていなければなりませんから、その銘柄について空売りをして、万一、思惑に反して株価が上昇した場合に、現渡しで決済するのだと思います。そうなると元来、現物を持っているということは、値上がりするのを期待するわけですが、その銘柄を空売りするのですからこれは矛盾した行為ではないでしょうか。それなのになぜするのでしょうか。 要するにその銘柄に関しては株価が上昇しようが、下落しようが利益は±0となりますので、余り株式投資をやる意味がなく、証券会社に手数料を払うだけの行為だと思いますが、いかがでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

現物を売却する場合と、現物を保有したまま空売りする場合の最大の違いは、現物の売却益に税金がかかることです。


現物を持ったままつなぎ売りをする人は、現物は長期保有しており、値上がり益よりも配当などのインカムゲインを重要視しています。値上がり益に払う税金に比べれば、空売りの手数料はしれたものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 なるほど。分かりました。その観点からは今まで思いもよりませんでした。要するに、現物はずっと保有していてインカムゲインを狙い、空売りの場合は短期の値下がり益を狙い、万一、思惑はずれて上昇してしまった場合には現渡しをして値上がりした分の損失を免れるということですね。これは使えます。本当にありがとうございました。

お礼日時:2006/07/01 23:03

>#2の回答に対する補足に私見を述べさせて下さい。



質問者さんのお考えは合理的で理論的にすべて正しいと思います。
実戦において1000円で買った株(1億として本人にとってきつい投資額とします)を1800円現物売りの1700円買戻しができるかどうかです。
私の場合は弱い人間ですからそのまま利益確定して手仕舞いしてしまいます。そうなれば当初の2000円で手仕舞いと違ってきます。

買値からかなり高い位置にある株の押し目をひらうのはかなり難しいものです。その点(5、5)のポジションであればこの株が下がれば、買いと売りの両方に利益がのっており売りをはずしやすいと言うことです。したがって(5、5)のポジションは気持ちの弱い人間には必要であって強い人間にとっては必要ないと思います。

人間にはいろいろな性格の人がいて株のやり方にもいろいろあると言うことだと思います。
ようは実戦で理論通りできるかどうか、自分がどのような性格かを知ることだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再び、ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/07/02 08:24

もう十分ご理解なさっておられるので書く必要もないかとおもいますが私なりに思っていることを説明させてください。



1(現物5、信用5)から(現物3、信用3)への一部現渡しは戦線の縮小。現金を他の銘柄に振り替え。
2(現物5、信用5)からノウポジに。手仕舞い

1、2、とも作戦の失敗をいみします。いわば現渡しは敗戦処理だと思っています。

>要するにその銘柄に関しては株価が上昇しようが、下落しようが利益は±0となりますので、余り株式投資をやる意味がなく、証券会社に手数料を払うだけの行為だと思いますが、いかがでしょうか。

(現物5、信用5)のポジションを持たない状態は下がりを取りに行くのではなくあくまで現物のヘッジです。下がりを取りに行くのなら(現物5、信用7)などとなります。

>やる意味
その人の性格によって意味のある人とない人に分かれると思います。

1000円で買った現物を2000が天井(売る予定)だと想定します。
1800円まで上昇しかし1700まで下がりそうな時現物売りの買戻しが出来る人はヘッジの必要はないと思います。

したがって意味がないと言えば意味がないと思います。

        私見です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「敗戦処理」素晴らしい言葉だと思います。現渡しの意味はこれに尽きると思います。ありがとうございました。

お礼日時:2006/07/02 08:16

>配当利回りが高い銘柄にも利用できそうですね。


残念ながら配当金は配当調整されてしまいます。
もしこれができるならみんなやりますよね。また株主優待も株主優待主力の航空株を中心に配当落ち日前に逆日歩が付くので旨みは減りましたね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。そうなると現渡しの意味はNo4の方が言われたこと以外は余りないということですね。そうすると個人の場合は、ほとんど利用できませんね。

お礼日時:2006/07/02 08:07

現物保有で短期の値下がり幅を狙う場合、信用の空売りですよね。



ところが思惑外れて値上がり。

仕方ないので現物渡して利益確定。
これで追証損失無しにできます。

信用売りした値段=現物売却したねだんと出来ます

この回答への補足

 ご回答ありがとうございました。しかし、それですとその時点(空売りをかける時点)で、現物株を売却するのと同じことではないでしょうか。ですから、その時点で空売りする意味はないのではないでしょうか(短期の値下がり幅を狙うといっても現物分の利益も減っていますので、±0です。)。それに空売りしている分、信用枠がそれだけ減りますから、その分を他の銘柄に回した方が良いのではないでしょうか。

補足日時:2006/07/01 22:37
    • good
    • 0

長期上昇トレンドにあると思う銘柄の現物を所有していたが、


短期的に急上昇したため、短期下落(調整)を予想して空売り、
予想に反して上昇を続けてしまったため、
決済の手段として現渡しというのはあると思います。

予想通りうまくはまれば、短期調整の下落分も空売りで儲けに
変えられる方法ですね。

この回答への補足

 ご回答ありがとうございました。しかし、こういう場合なら、現物株を売却だけすればよいのではないでしょうか。そして、予想に反して上昇し続けたとしても、利益がそれ以上上がらないだけで一応利益確定をしているのですから、諦めるべきと思います。そして、予想通り下落した場合は、下落したところで現物株を買い戻せばよいのではないでしょうか。
 短期調整の下落分で空売りしている分儲けになるといわれますが、一方ではそのまま現物を保有しているわけですから、その損失分があり、結局±0です。さらに、下落するのを確信しているのなら、現物株を売却すると同時に、空売りをかけるべきだと思います。いずれにしろ売買益を狙うなら現物を保有している銘柄を空売りして、現渡しに備えるというのは矛盾だと思いますが、いかがでしょうか。

補足日時:2006/07/01 21:55
    • good
    • 0

権利落ち日に現物買いと空売りを同時にかけて株主優待をもらう方法がありますね



あとは現物を持っていて売りたくても売れない人が先に空売りをかけるとか
(株を証券間で移動させているとか、誰かに貸してるとか)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、株主優待をもらう方法ですか。そうですね。それなら分かります。配当利回りが高い銘柄にも利用できそうですね。資金に余裕があって、上昇するか下落するか何とも言えず、且つ、株主優待や配当利回りが高い銘柄の時、やってみます。ありがとうございました。

お礼日時:2006/07/01 21:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QFXでの空売りについて

 株取引経験者です。株では同一銘柄でツナギ売買を主として取り引きしています。FXの勉強をしていまして、大体株取引の知識に似ているなぁ、と感じています。その中で、株と同じように同一銘柄(?)でツナギ売買が応用できないかと思っているのですが、「スワップ」が引っかかっています。FXでの「空売り」は株でいう「逆日歩」に比べてコストが多いように感じます。FXでの「空売り」はあまり利用価値がないのでしょうか?それとも超短期(デイ~スイング程度)での「空売り」利用に徹した方がよいのでしょうか?どうもFXは「買い方有利」に思えるのですが・・・。

Aベストアンサー

株は現物取引のみ経験がある者です。信用取引は知識のみです。FXは、1年9月ほど小規模にやっています。ほとんど買いからですが、たまに売りから入ることもします。

つなぎ売りですが、FXには現物取引がありません。レバレッジをかけないように買い建てすることはできます。FX会社によっては、両建てできないところがあります。
スワップは金利差の調整あるいは受渡しですので、逆日歩と違ってどの通貨ペアにもついて回ります。

そういうことで、スワップを見ると、USD1万ドルで1日150円前後、為替差損益にして0.01pips程度であり、為替変動に比較しては大きなものではないと思います。
売りから入る場合は、短期決戦になることが多いですが、買い建てだとして、為替差損をカバーできるほどスワップは大きくありません。
トレンドを見て、売るほうが適当と判断すれば、売りで入ると良いと思います。
ごく平凡な答になってしまいました。

Q現引き・現渡しと節税について

以前、信用取引は建玉を反対売買で決済するよりも現引き・現渡しにした方が
節税になると聞いたことがあります。

これはいまの証券税制でも当てはまるのでしょうか。
また、当てはまるとすれば、いったい
どういう理屈なのでしょうか。

いまは馬鹿正直に売り建ては買い戻し、
買い建ては売りと反対売買のみ用いているのですが、
急に不安になってきてしまいました。

Aベストアンサー

 昨年までは現物株の場合、源泉徴収がありましたので、それが可能でした。
 しかし、今の税制では信用も現物も関係なく売却益に10%の税金がかかります。
 もうその節税法はなくなってしまいました。
 安心して、反対売買なさって下さい。

Q空売りについて

貸借銘柄以外の空売りは、だれが
どのようにして行っているのでしょうか?
一般個人は貸借銘柄以外は空売りができません
しかし、制度信用銘柄、また、制度信用以外でも
空売り残がある銘柄が多数あります
だれが、どのようにして???

そもそも、証券会社自己はなんでもできるのですよね
例のジェイコムの誤発注のときも空売りでか?
証券自己は、信用買い、空売りもするのですか?
金利はどうしているのでしょうか?
証券自己は、現物は手数料なしですよね
でも、信用持ち越しは?

また、証券自己は売り禁銘柄でも空売りできるのでしょうか?
売り禁銘柄で、空売りが増えたりする場面が多々あります
両建ての人が信用買いをはずして、食い合い分の空売りが
相対的に増えて空売り増となるのはわかりますが
その増減高から、それ以外の要素が含まれているように
思えて仕方ありません

また貸借銘柄以外で、ここを売れば大天井で翌日から
下落と感じるときがありますが、個人は空売りでき
なくて、証券自己だけが
空売りできるのは、なんとなくフェアじゃないと思います
空売りには色々とわからないところが多くて勉強中です
よろしくお願いします

貸借銘柄以外の空売りは、だれが
どのようにして行っているのでしょうか?
一般個人は貸借銘柄以外は空売りができません
しかし、制度信用銘柄、また、制度信用以外でも
空売り残がある銘柄が多数あります
だれが、どのようにして???

そもそも、証券会社自己はなんでもできるのですよね
例のジェイコムの誤発注のときも空売りでか?
証券自己は、信用買い、空売りもするのですか?
金利はどうしているのでしょうか?
証券自己は、現物は手数料なしですよね
でも、信用持ち越しは?

また、証券...続きを読む

Aベストアンサー

確かに売禁銘柄でも関係なく売り浴びせてますよね。
日証金の貸借倍率がとんでもない状態(0.1以下)で高い逆日歩が付いていても全くお構いなく売り残を積み上げ、株価が売りの重みに耐え切れず崩落するまで徹底的に売ってきます。

私たち個人投資家は、制度信用取引の仕組みを利用して証券会社から株を借りて貸借銘柄に対してのみ空売りできるのに対して、一部の大口機関投資家は当該銘柄の一般の安定株主(生保など)から名目的に株を借りて空売りしてくるので、制度信用銘柄かどうかは関係ナシです。

また貸している安定株主側も貸し株で手数料収入を得ることを業務化している部署を置いているところもあるらしく、貸し株による手数料収入は増加するが、空売りで保有株式の時価が下落して含み損が増えると言う利益相反関係を生み出している問題がおきていると、今日ラジオ日経で記者が解説していました。

昨年11月株価対策の一環としてネーキッドショート(株式を確保せずに行う空売り)の禁止策が取られましたが、それまでは株を借りていない状態で青天井に空売りを仕掛けていたヘッジファンドもあったみたいです。
全く都合のいい話です。

ただ直近の株式市場は信用売り残高が株数ベースで記録的に積みあがった状態にあり、加えて年度末に向けて正規の株主に借りている株を返す必要があることから、ショートカバー(買戻し)が発生しやすい相場環境にあって、しかもかなり大規模な踏み上げ相場となる可能性もあるとの示唆があります。

確かに売禁銘柄でも関係なく売り浴びせてますよね。
日証金の貸借倍率がとんでもない状態(0.1以下)で高い逆日歩が付いていても全くお構いなく売り残を積み上げ、株価が売りの重みに耐え切れず崩落するまで徹底的に売ってきます。

私たち個人投資家は、制度信用取引の仕組みを利用して証券会社から株を借りて貸借銘柄に対してのみ空売りできるのに対して、一部の大口機関投資家は当該銘柄の一般の安定株主(生保など)から名目的に株を借りて空売りしてくるので、制度信用銘柄かどうかは関係ナシです。

...続きを読む

Q現引き・現渡しの、反対売買よりもメリットのある点を教えてください

信用取引きの決済で現引き・現渡しか反対売買にするかが選べますが、現引き・現渡しが、反対売買で決済する場合よりもメリットのある点を教えてください。

また逆に反対売買でも決済でのメリットのある点を教えてください。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

信用売りたてをして値段が下がってきて
現渡しをして現金を得る方法よりも
現引きをして、差額の評価益を得ると同時に
十分に底値と考えれば、今度は現物株としての値上がり益を狙えると思います。
底値を切り上げながら上昇すると思われる優良株は
チャートを良く読んで信用で得た資金で
現物を増やしながら株数を伸ばしていくには好都合だと思います。

念のために、補足すれば
こういった利点の反対に読み間違えれば
逆のリスクもあることはいうまでもありません。
ご検討をお祈りします。

Q利益処分

 利益処分というものをよく判っていない為、どう解答して良いのかわかりません。そこで、解答を見てから考えようと思いました。ヒントだけでも結構ですので教えてください。お願いします。
 
1. 資料から判明する、第1期から第3期の利益処分時の仕訳、決算振替仕訳
(未処分利益勘定と繰越利益勘定を使用)。
2. 第3期末における貸借対照表の未処分利益の金額。

(資料)
     当期利益    当期に行われた利益処分
              配当金 利益準備金積立 残額
 第1期 10,000     -      -        -
 第2期  8,000    8,000     800       ?
 第3期  6,500    7,000     700       ?
(注) 配当金は便宜上、直ちに現金預金勘定で支払われたものとする。
  

Aベストアンサー

(1)どうやら質問文に書かれた(資料)の私の読み方は、stylishさんのお考えになった内容と食い違っているようです。

会社が作成する利益処分案は当該期の決算案と同時に公表されるという実務経験から、ご質問の第1期~第3期として書かれた表への私の理解は、第1期決算分の利益処分はなく、第2期の行に書かれた配当8,000は第2期決算分として第3期中に処分されるものと解釈して回答を書きました。
いままでのお話ですと、第2期の行に記載された配当8,000は第1期決算分の処分として第2期中に実行されるという解釈でお答えしなければいけないようですね。
もしそうであれば、2度の私の回答は第2期以降の計算が1期づつずれていることになります。
そのように解釈を修正した上でもう一度整理しますと以下のようになります。

期末現在B/S未処分利益の額は、

第1期.....当期利益の額がそのまま計上されて10,000となります。

第2期.....前期繰越利益10,000-8,800=1,200、当期利益8,000で合計9,200

第3期.....前期繰越利益9,200-7,700=1,500、当期利益6,500で合計8,000

となります。

(2)2度目の私の回答への補足について

1.総勘定元帳上の勘定科目では「損益」「閉鎖残高」にしないと、不正解にならないでしょうか? 決算振替仕訳と聞いてますし。.....>総勘定元帳では「当期利益」ではなく「決算整理」等の表示をするようです。
先にも書きましたように当期利益は計上された損益勘定全体を集合させた結果の差額ですから、勘定科目であってないようなもので、通常は伝票を起こすことはなく、強制的にB/Sの未処分利益に移記します。
ですから強いて仕訳を起こすとすれば前回の回答のような考えになるのかなということです。

2.なぜ「利益処分決定時」の仕訳をしているのでしょうか?.....>このコメントで私のご質問文の読み方が1期ずれていることがわかりました。
私が書いた「利益処分決定時」というのは、第1期決算分として期末から3ヵ月後の第2期中に決定されるという意味で、つまりご質問文(資料)の第1期~第3期の行の「当期に行われた利益処分」とは、それぞれの期に発生した未処分利益の処分額であると解釈したからです。

3.利益処分は期首日から3ヶ月以内に開催される株主総会で決議されるので、その時の仕訳処理を先に解答しないと.....>多分このコメントも上に書いたように私が1期ずれた回答をしたための疑問だと思います。

何事も、思い込みは大きな間違いを招いてしまうという教訓を得ました。
私のつたない回答で混乱させてしまったことをお詫びしたいと思います。

(1)どうやら質問文に書かれた(資料)の私の読み方は、stylishさんのお考えになった内容と食い違っているようです。

会社が作成する利益処分案は当該期の決算案と同時に公表されるという実務経験から、ご質問の第1期~第3期として書かれた表への私の理解は、第1期決算分の利益処分はなく、第2期の行に書かれた配当8,000は第2期決算分として第3期中に処分されるものと解釈して回答を書きました。
いままでのお話ですと、第2期の行に記載された配当8,000は第1期決算分の処分として第...続きを読む

Q現渡しについて

信用初心者です。
(1) 現物100円×1000株購入
(2) 150円になったので、1000株売建て(つなぎ売り?)
(3) 200円になったので、現物を現渡しにて決済

上記の場合、5万円の利益確定といった
考え方でよろしいのでしょうか?
(((3)-(1))+((2)-(3))=5万 )

Aベストアンサー

それで良いでしょう。特定口座内のことなら。
カブドットコムのQ&Aです。

信用取引の品受け又は品渡しの場合、どのような取扱いとなりますか?

特定口座において信用取引で買建てた建玉を、特定口座の中で品受けする場合には買建てた時における取得価額及び取得の日をもって管理されます。 一方、信用取引で売建てた建玉を、特定口座の中で品渡しする場合には、品渡し時に譲渡をしたこととなります。 (源泉徴収を選択された特定口座の場合には、品渡し時に源泉徴収が行われます)

Qスタバの魅力

スタバの魅力

スタバを良く利用される方に質問です。

スタバのコーヒーは美味しいですか?
スタバのどんなところが好きですか?

私は、基本的にコーヒーはブラックで飲みますが、スタバのコーヒーが飛び抜けて美味しいとは思いません。
決して不味いわけではありませんが、すごく美味しいとも思いません。
また、スタバは人が多くてザワザワしていて落ち着かない印象があり、ちょっと休憩する時にたまに利用します。
スタバよりも、コーヒーカップに淹れて出してくれるドトールの方が好きです。
(マイカップがあればまた別かもしれませんが)

スタバの魅力を教えて下さい。

Aベストアンサー

スタバもドトールも利用します。
遠出したときは、タリーズに入ることもあります。(地元にはない)

私も基本的にはブラックで飲みますので、コーヒー自体が美味しいことは絶対条件ですね。
どのお舗も、それぞれに美味しいと思って飲んでいます。
確かに、相対的に見てスタバは人が多い(とくに学生さんや女の人など、長居してお喋りしているようなお客さんが多い)印象があり、いつもザワザワしています。
客層が違うせいかもしれませんが、ドトールは比較的落ち着いていますよね。
これは、一人で入っている方が多いせいかもしれません。
雰囲気は断然ドトールのほうが好きです。
サイドメニューも、ドトールの方が好みに合ってはいるんですよ。
ただ、私は元喫煙者で禁煙した者なので、喫煙席があるのが辛いんです。
コーヒーを飲むと、どうしても喫いたくなってしまうので。
喫っていたころはドトールを選んで入っていましたが、最近はスタバ優先ですね。
スタバのいいところ、ひとつには「全面禁煙」かなぁと思います。
元喫煙者や嫌煙家、あるいは「コーヒーを愉しむのに煙草の煙は邪魔でしかない!」というコーヒー奉行(?)にはありがたいんじゃないでしょうか。

あと、モカフラペチーノやキャラメルマキアートなどの甘い飲み物を求める人は、スタバに入るのかも。

スタバもドトールも利用します。
遠出したときは、タリーズに入ることもあります。(地元にはない)

私も基本的にはブラックで飲みますので、コーヒー自体が美味しいことは絶対条件ですね。
どのお舗も、それぞれに美味しいと思って飲んでいます。
確かに、相対的に見てスタバは人が多い(とくに学生さんや女の人など、長居してお喋りしているようなお客さんが多い)印象があり、いつもザワザワしています。
客層が違うせいかもしれませんが、ドトールは比較的落ち着いていますよね。
これは、一人で入っている方...続きを読む

Q現渡しの使い方

信用は5年ほど信用買いをメインで続けておりますが、
いまだ現渡しを行使したい状況がどういう時であるかわかりません。

現引きは、信用建てして、権利獲得のために現渡ししたり、ちょっと低迷気味なので、利息もかかるために現渡ししておくか等、日常的に利用しているのですが、

現渡しがどういう状況で使うのでしょうか?
信用売りも使いますが(両建てはしない)、アドバイスいただけたら嬉しいです。

権利獲得日が近づいています。優待目的の為に、現引きを行いたいのですが、すでに現物を枠一杯持っているため、現物を売却してから現引きを行うものだと思っておりますが、

現渡しを用いて「信用」と「現物」を入れ替えるようなことができるのでしょうか?
現物所持銘柄を信用売り→現渡し、と考えてもそれがどういう状況の時に行えばいいのか悩んでいます。

Aベストアンサー

現渡しは、現物を持っていて信用売りを行い、売建玉の値段以上に上がった時に
行使するのが一般的な使い方だと思います。
私がよく使う方法は、現物を所有し株価が上昇した時に分割して売上がっていき
ます(信用売)。
売建玉から下がれば、差金決済して現物のコストダウンをはかり、上がれば現渡
しして利益を確定します。
現渡しはつなぎ売買をするときに有効な方法だと思っています。

Q[]内の英語を訳してみました。添削をお願いします。 ビジネスの世界に経済の既得権を最も持つの利益団体

[]内の英語を訳してみました。添削をお願いします。
ビジネスの世界に経済の既得権を最も持つの利益団体の存在は言うまでもなく、大きな慣性もここに存在する。これらの支配的勢力をよそに、オープンアクセスのジャーナルに転換することは加速的に発展し、様々なモデルも生じてきた。

Aベストアンサー

添削ということではなく、私の訳です。

ビジネスにおいて世界経済で最も利益を上げている部門を守ろうとする既得権益は言うに及ばず、現状を維持しようとする巨大な慣性が存在する。しかし、そのような諸勢力にもかかわらず、オープンアクセスジャーナルへの転換は加速しており、様々な異なったモデルへの発展を遂げつつある。

Q信用取引の現渡しについて

よろしくお願いします。
信用取引の買い・売りで含み損が出たときは、現渡しで逃げる方法があると本に書いてあったのですが、現渡しをするということは、どういう意味なのでしょうか?
又、損失はどうなるのでしょうか?
お教えください。

Aベストアンサー

あなたがA社の株を1000株、500円の時に買って持っていたとします。

1ヶ月後株価は600円に値上がりしました。そこであなたは1000株
株券を借りて売却(信用売り)しました。

さて、6ヶ月以内に借りた物は返さなくてはなりません。しかし、6ヶ月後
株価はさらに値上がりし700円になっていました。

ここで、あなたは株を新たに購入して決済することもできますし、
現在所有している現物の1000株を渡して決済することもできます。
後者が現渡しです。

さて新たに株を調達する場合、
まず現物購入で-50万、信用売りで+60万
決済のための購入で-70万で現金がトータル-60万。
そして手元に時価70万の株が残っています。

現渡しの場合、
まず現物購入で-50万、信用売りで+60万
決済ではお金は動いていないので現金がトータル+10万。
手元に株は残っていない。

ということになります。つまり含み益まで考えるとどちらの方法でも損得は
ないが、現渡しの場合には利益・損失が確定してしまうということになります。

あなたがA社の株を1000株、500円の時に買って持っていたとします。

1ヶ月後株価は600円に値上がりしました。そこであなたは1000株
株券を借りて売却(信用売り)しました。

さて、6ヶ月以内に借りた物は返さなくてはなりません。しかし、6ヶ月後
株価はさらに値上がりし700円になっていました。

ここで、あなたは株を新たに購入して決済することもできますし、
現在所有している現物の1000株を渡して決済することもできます。
後者が現渡しです。

さて新たに株を調達す...続きを読む


人気Q&Aランキング