前に合宿の時に読み聞かせていただいた本なんですが
探しても見つかりません(涙)
覚えてるのはその時に聞いたお話に関係(?)する
歌で「は~なさき~山を作ろう~皆の~力で~」
って所しか覚えていません。
後は、絵本で切り絵の挿絵だったような覚えがあります。
手がかりが少なくて申し訳ないのですが、
知ってるようでしたら教えていただきたいと思います。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

たぶん、これだと思います。

表紙画像があるので確認してください。

「花さき山」
(ものがたり絵本 20)
斎藤 隆介作
滝平 二郎絵


http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_detail.cg …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

これです!まさにこれです!
うわぁ~ありがとうございました~w
思い出がいっぱいあるので読みたいと
思ってたんです。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2002/02/27 18:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q色鉛筆でアニメイラスト

色鉛筆だけでこのような
デジタル風のイラストを書くことは出来ますか?

Aベストアンサー

デジタルで色鉛筆風に描くことはできますが、色鉛筆だけで添付画像のようなイラストを描くことはできません。

デジタルで色鉛筆風に描かれたイラストをアナログの色鉛筆だけで描くことはできますが・・・

Q絵本を探していますが手がかりがなく困っています。

うろ覚えなのですが「水の子旅川」というタイトルの絵本を探しています。ストーリーは山に雨として降った「水の子」が川を旅して海にたどり着くという単純な話で、薄い絵本だったと記憶しています。絶版になっている可能性も大なのですが、数年来探しています。どうしても自分の子どもに読ませてあげたくて、できれば手に入れたいので情報お持ちの方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。
ご希望に添える書き込みではないのですが。
色々と検索しても見つからないので、たぶん絶版になっていると思います。

情報だけ出しておきますね。
前川かずお著
『みずのこのたびかわ』学習研究社、1969年

どこかで出会えるといいですね。

Qイラスト(手紙などに書くポップな落書き程度)の色鉛筆

手紙や手帳に落書き程度のポップなイラストを色鉛筆で書きたいのですが、
発色の良い色鉛筆が見つかりません。
こちらでよく名前が挙がっている
ステッドラやファーバーカステルの試し書きをしてみましたが、
パキッとした発色が見られませんでした。(特に黄色!)
(色鉛筆にパキッとしたものを求めるのが無理なのかもしれませんが…)
プリズマカラーはクレヨンのような書き味らしいので、気になっています。
クレヨンのようなということで、擦れたりしないか心配です。
(手帳に書いた際、ページに写って欲しくないのです。)
マジック系のペン、絵の具以外で手軽に使えるようなもの、
発色のよい色鉛筆があったら教えて下さい。

Aベストアンサー

ご希望に添う発色かはわかりませんが、
水彩色鉛筆(描いたものが水で溶ける色鉛筆)は発色がいい印象を受けます。
様々な会社から出てますので、画材屋さんなどで描き味を試してみてはいかがでしょうか。

また、黄色などの発色についてですが、12色セット、
24色セットなどに入っている一般的な黄色では明るすぎて、
niotastoneさんの求めている色ではないのかもしれません。
(極端ですが、黄色ではなく山吹色とかの微妙な色の方が
 見た感じにパキっとは見えますよね。)
大きめの画材屋さんですと、黄色ひとつとってもたくさんの色が
一本ずつバラ売りしており、しかも試し書きができます。
メーカーさんにこだわって一式を揃えるのではなく、
そういった売り場で「このメーカーさんの山吹色は求めているイメージに近い」とか「ここのメーカーさんの赤が好き」とか
自分の理想の発色に近いものを一本ずつ 決めていくとうのはどうでしょうか?

Qウォルター・クレインの挿絵が載っている絵本の邦題を探しています

「絵本の父」と呼ばれるウォルター・クレイン氏の挿絵が使われた絵本の邦題一覧を探しています。
「花の宴」や「シェイクスピアの花園」は邦訳されて発売されていますが、その他は大手の本屋に行っても画集も発売されていません。

http://www.booksandwriters.co.uk/writer/C/walter-crane.asp
http://www.buriedantiques.com/19th_century_authors/walter_crane.htm

上のリンクはクレイン氏が手がけた絵本、その他に描いたイラストの英題一覧です。中には「美女と野獣」などメジャーな作品もありますが、検索したり訳しても邦題がわからない作品も多くあります。特に知りたい邦題はオーロワ夫人という方が書いた「Princess Belle-Etoile」です。探しても邦題が見つからず、困っています。
もし邦題一覧が載っているページ、もしくは知っている、という情報があれば教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

 こんにちは。あまり参考にならないかもしれませんが。
貼ってあったサイト拝見させて頂きましたが、英語に挫折しました(^_^;)。以下一応検索した結果です。
http://www.maar.com/books/11/mothergoose/index.html
http://www.kosho-shimoigusa.jp/catalogue/zzzehon.htm(大変高価ですが、商品番号?44107以降に載ってます)
http://www.books.or.jp/ResultDetail.aspx?IdString=0%2cMAIN%2cNODE%2c712083&searchtype=1&isbn=488750&showcount=20&startindex=0
http://www.excite.co.jp/cinema/dvd/ASIN_0486418588/(DVDですが)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0486402746/illustramble-22
http://pinkchiffon.web.infoseek.co.jp/secretgarden.htm 
 また「Princess Belle-Etoile」ですが、17世紀の女流作家オーノワ夫人の事だと思います。「青い鳥」や「森のめじか」等を読んだ事がありますが、残念ながらオーノワ夫人の著作をざっと調べてみましたが「白い猫」以外は特に出版されていないようです。「Princess Belle-Etoile」をウィキで調べてみたらどうやら、妖精物語集のようですが、唯一出版されていたオーノワ夫人の「妖精物語」は現在絶版になっていますので、絵がウォルター・クレイン氏によるものかも分かりません。
http://en.wikipedia.org/wiki/Princess_Belle-Etoile
http://www.fukkan.com/fk/VoteDetail?no=6240
 あまり参考になりませんでしたがm(__)m。

 こんにちは。あまり参考にならないかもしれませんが。
貼ってあったサイト拝見させて頂きましたが、英語に挫折しました(^_^;)。以下一応検索した結果です。
http://www.maar.com/books/11/mothergoose/index.html
http://www.kosho-shimoigusa.jp/catalogue/zzzehon.htm(大変高価ですが、商品番号?44107以降に載ってます)
http://www.books.or.jp/ResultDetail.aspx?IdString=0%2cMAIN%2cNODE%2c712083&searchtype=1&isbn=488750&showcount=20&startindex=0
http://www.excite.co.jp/cinema/dvd/ASIN_04...続きを読む

Q色鉛筆イラストのサイト探してます

趣味で色鉛筆で絵を描いているものです。日々、自分の描いた絵と格闘しながら上達の糸口を探って悶々としております。

芸術の秋といわれるように、もっと気合を入れて取り組んでみようと思い、人の描いた絵を研究しようと色鉛筆イラストのサイトを探しています。

基本的に制限はありませんが、できればリアルな絵を描かれているサイトを見たいと思っています。ご存知でしたらぜひ教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。はじめまして(o^^o)
私が個人的に好きなサイトです。
個人の方のサイトですが、見ていると楽しい気分になります。いかがでしょうか・・・。

参考URL:http://www010.upp.so-net.ne.jp/akino-kozaiku/hpnote1index.html

Qこの絵本のタイトルをご存知でしたら教えてください。

以下の内容の絵本を探しています。
小鳥が春を探しに出かけ、最後に太陽のかけらを手にするが、死んでしまう・・・というような内容なのですが、、、詳しいことが不明なのですがなにとぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

私も#1の方と同じストーリーを思い出しました。

それでしたら斎藤隆介作「天の笛」ですね。
鳥はひばりです。
http://www.kosei-shuppan.co.jp/kodomonohon/sagasu/srch_series/01/14.html
一番下で紹介されています。

参考URL:http://www.kosei-shuppan.co.jp/kodomonohon/sagasu/srch_series/01/14.html

Qイラストに色鉛筆(?)..

イラストに色鉛筆(?)..
それとも...


最近趣味でアニメキャラを
書いています
下書きまでは上手い具合に
書けるんですが
どうも..._
それ以降の色塗りが
上手くいかず、
失敗してしまいます。

金銭面的に
コピックは不可能のため
水彩色鉛筆や
クレヨン/クレパスや絵の具
様々使いましたが
上手くいきません
多分...塗り方が
下手くそなんだと思います
コピックみたく
ハッキリとした色で
塗りたいんですが
どうやって塗ったら
良いでしょうか?
後、塗る時に下書きの上から
塗っても良いんでしょうか?

Aベストアンサー

水彩で、鉛筆書きのまま彩色する場合、
水彩紙を使い、
まず、色を塗る範囲に水だけをつけた筆で水を塗り、
その後、カラーインク等を薄めて筆で塗ると割りと均一に塗れて失敗が少ないです。
発色もかなり良いです(経年劣化というか光に弱そうですが)。
ただし、陰影をうまくつけようとすると、慣れというか経験が必要です。

ほか、リキテックスとかアクリルガッシュなどのアクリル系の絵の具を
使うと、一度塗った後の上塗りができ、微調整が可能です。
リキテックスは透明水彩なので、下書きは鉛筆でも
乾いた後なぞれば何とかならないこともないです。
ペン入れした方がいいとは思いますが。
リキテックスも発色はいいです。最初から自分好みの色だけ買って
揃えると良いです。

アクリルガッシュは不透明水彩なので、下書きの線は見えなくなります。
ポスターカラーみたいな色付けにしたいなら、
こちらの方が乾いた後に修正できる分良いかもしれません。

Q絵本を探しています。1、ワニの絵本 2、オレンジの灯りの絵本

二冊の絵本を探しています。
一冊目はワニの絵本です。
ワニは鮮やかな緑色で書かれており、ディフォルメされています。
内容は雪を食べてみたいワニが北国に行き、念願の雪を食べようと雪の降る中、口をあけて目を閉じていたら凍ってしまい流氷になって海を漂っていたら、友達のバナナみたいなくちばしをした南国の鳥に助けられるストーリーだったと思います。

二冊目は多分日本の作品で、絵本だったか児童書だったか定かではありません。
海の底のほうに、灯り亭、みたいなお店があって、貝殻の中に青い灯りや赤い灯りなど色とりどりの灯りがあって、その中にひとつだけオレンジ色の灯りをともす貝殻があり、それは主人公のための灯りだからもっておいき、と手渡してもらえるお話です。

どちらも1980年代に読んだ本です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

自信がないので書店で確認をしてみてくださいm(_ _)m
「わにのアリゲーきたのしまへ」カズコ・G・ストーン作

Qイラストを色鉛筆で上手く描くにはどうすればいいですか

さいきん、よくコンセプトアートを描くのですが、最近やっとカラー化しようと決心し、カラー化したのはいいのですが、ひとつ難しい(というか、想像がうまくできない)ことがありまして、
色鉛筆で、手前のぼかし(例:桜の花びらが散る時に手前に見えるぼやっとした花びらみたいな)
が、どうしてもうまく表現できません。
これをマスターすれば、恐らくアクション系のイラストも描けるようになるのでは…と考えているのですが、何かいい方法がありましたら教えてください

Aベストアンサー

使いたい色鉛筆の芯を小皿か紙の上でけずり
ガーゼかティッシュに、その粉をつけて
最初はかるく、だんだんと濃く塗るようにしてみたら
いかがですか

細かいところでしたら
先が丸いものに同じようにガーゼかティッシュを巻き付けて
塗ってみる

Qこの古い絵本知りませんか?魚の絵本

ちいさなころ読んだのですが、
魚が主人公の本です。
弱虫でちいさい魚だったきがします。
ほかの魚たちにいじめられる感じの
キャラだった気がします。。

外国のものの作品で
日本語訳として出ていたものだった
きがします。

絵は、まさに外国の絵本の典型って感じで
ポップでカラフルで、けっこう細いとこまで
描いてるイラストだったきがします。
ペン画で、色つけて・・って感じだったような。
ほかにも、いろいろな種類で
魚とは関係ないので本があったきがします。

どんなことでもかまいませんので
タイトルなどの、情報おまちしてます。

Aベストアンサー

パッと思い浮かんだのは

「スイミー」

です。
小さい魚が集まって大きな魚の形になって・・・

という話です。
主人公の魚は赤かったので目のところにいました。

参考URL:http://www.kogakusha.com/leo/leo001.htm


人気Q&Aランキング