前に合宿の時に読み聞かせていただいた本なんですが
探しても見つかりません(涙)
覚えてるのはその時に聞いたお話に関係(?)する
歌で「は~なさき~山を作ろう~皆の~力で~」
って所しか覚えていません。
後は、絵本で切り絵の挿絵だったような覚えがあります。
手がかりが少なくて申し訳ないのですが、
知ってるようでしたら教えていただきたいと思います。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

たぶん、これだと思います。

表紙画像があるので確認してください。

「花さき山」
(ものがたり絵本 20)
斎藤 隆介作
滝平 二郎絵


http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_detail.cg …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

これです!まさにこれです!
うわぁ~ありがとうございました~w
思い出がいっぱいあるので読みたいと
思ってたんです。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2002/02/27 18:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q絵本を探していますが手がかりがなく困っています。

うろ覚えなのですが「水の子旅川」というタイトルの絵本を探しています。ストーリーは山に雨として降った「水の子」が川を旅して海にたどり着くという単純な話で、薄い絵本だったと記憶しています。絶版になっている可能性も大なのですが、数年来探しています。どうしても自分の子どもに読ませてあげたくて、できれば手に入れたいので情報お持ちの方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。
ご希望に添える書き込みではないのですが。
色々と検索しても見つからないので、たぶん絶版になっていると思います。

情報だけ出しておきますね。
前川かずお著
『みずのこのたびかわ』学習研究社、1969年

どこかで出会えるといいですね。

Qウォルター・クレインの挿絵が載っている絵本の邦題を探しています

「絵本の父」と呼ばれるウォルター・クレイン氏の挿絵が使われた絵本の邦題一覧を探しています。
「花の宴」や「シェイクスピアの花園」は邦訳されて発売されていますが、その他は大手の本屋に行っても画集も発売されていません。

http://www.booksandwriters.co.uk/writer/C/walter-crane.asp
http://www.buriedantiques.com/19th_century_authors/walter_crane.htm

上のリンクはクレイン氏が手がけた絵本、その他に描いたイラストの英題一覧です。中には「美女と野獣」などメジャーな作品もありますが、検索したり訳しても邦題がわからない作品も多くあります。特に知りたい邦題はオーロワ夫人という方が書いた「Princess Belle-Etoile」です。探しても邦題が見つからず、困っています。
もし邦題一覧が載っているページ、もしくは知っている、という情報があれば教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

 こんにちは。あまり参考にならないかもしれませんが。
貼ってあったサイト拝見させて頂きましたが、英語に挫折しました(^_^;)。以下一応検索した結果です。
http://www.maar.com/books/11/mothergoose/index.html
http://www.kosho-shimoigusa.jp/catalogue/zzzehon.htm(大変高価ですが、商品番号?44107以降に載ってます)
http://www.books.or.jp/ResultDetail.aspx?IdString=0%2cMAIN%2cNODE%2c712083&searchtype=1&isbn=488750&showcount=20&startindex=0
http://www.excite.co.jp/cinema/dvd/ASIN_0486418588/(DVDですが)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0486402746/illustramble-22
http://pinkchiffon.web.infoseek.co.jp/secretgarden.htm 
 また「Princess Belle-Etoile」ですが、17世紀の女流作家オーノワ夫人の事だと思います。「青い鳥」や「森のめじか」等を読んだ事がありますが、残念ながらオーノワ夫人の著作をざっと調べてみましたが「白い猫」以外は特に出版されていないようです。「Princess Belle-Etoile」をウィキで調べてみたらどうやら、妖精物語集のようですが、唯一出版されていたオーノワ夫人の「妖精物語」は現在絶版になっていますので、絵がウォルター・クレイン氏によるものかも分かりません。
http://en.wikipedia.org/wiki/Princess_Belle-Etoile
http://www.fukkan.com/fk/VoteDetail?no=6240
 あまり参考になりませんでしたがm(__)m。

 こんにちは。あまり参考にならないかもしれませんが。
貼ってあったサイト拝見させて頂きましたが、英語に挫折しました(^_^;)。以下一応検索した結果です。
http://www.maar.com/books/11/mothergoose/index.html
http://www.kosho-shimoigusa.jp/catalogue/zzzehon.htm(大変高価ですが、商品番号?44107以降に載ってます)
http://www.books.or.jp/ResultDetail.aspx?IdString=0%2cMAIN%2cNODE%2c712083&searchtype=1&isbn=488750&showcount=20&startindex=0
http://www.excite.co.jp/cinema/dvd/ASIN_04...続きを読む

Qこの古い絵本知りませんか?魚の絵本

ちいさなころ読んだのですが、
魚が主人公の本です。
弱虫でちいさい魚だったきがします。
ほかの魚たちにいじめられる感じの
キャラだった気がします。。

外国のものの作品で
日本語訳として出ていたものだった
きがします。

絵は、まさに外国の絵本の典型って感じで
ポップでカラフルで、けっこう細いとこまで
描いてるイラストだったきがします。
ペン画で、色つけて・・って感じだったような。
ほかにも、いろいろな種類で
魚とは関係ないので本があったきがします。

どんなことでもかまいませんので
タイトルなどの、情報おまちしてます。

Aベストアンサー

パッと思い浮かんだのは

「スイミー」

です。
小さい魚が集まって大きな魚の形になって・・・

という話です。
主人公の魚は赤かったので目のところにいました。

参考URL:http://www.kogakusha.com/leo/leo001.htm

Qアメリカの絵本と日本の絵本の違いについて

アメリカで幼少期の子どもに読み聞かせる絵本にはどういうものがありますか?日本の絵本とではどういう点が違いますか?色使いや、絵の感じなど何でも結構です。気付いたことがあれば教えてください。

Aベストアンサー

洋書でも、良質のものは日本に翻訳されて入ってきていますよね。
いろいろ読んだことのあるものもあるのではないでしょうか。

そしてむかーし読んだ本で、日本で出版するときに色が減っていると聞いたことがあります
今はどうなのか、と調べてみましたところ…。

「ゆきのひ」
http://www.ehonnavi.net/ehon00.asp?no=1923
http://www.ehonnavi.net/ehon00.asp?no=2695
色の数、鮮やかさが違うのがわかりますでしょうか。

「あおくんときいろちゃん」
http://www.ehonnavi.net/ehon00.asp?no=615
http://www.ehonnavi.net/ehon00.asp?no=3272

鮮やかさがやはり違います
デジタル化するときの問題かと思いましたがどのサイトも
日本語版は渋い色でした。
また、家の色が三色のところを、国内版では一色だそうです。

入ってきた当時の技術的なもんだいなのか
日本ではあまりにカラフルな色になじみがなかったからなのかはわかりません。
葉っぱのフレディなんかは、原書は写実的な渋い絵なのに
日本ではシンプルな絵に差し替えられていますね

絵本も、描く人のトーンによって渋いもの、ポップなものありますから
それぞれだとは思いますがやはり欧米には日本にはない色使い、組あわせもあるので
カラフルな絵が多いイメージはあります。

日本でも島田ゆかさんなんかは、欧米的な色使いに感じます。
レモンイエローの壁にミントグリーンの飾り板。
真っ赤や真っ青な家具…あまり日本にはない色使いなので。

輸入本については原書と比較してみると面白いと思います。

最近有名なアメリカ人の絵本といえば
ターシャ・テューダーなんかもいますよね。
「しろいうさぎとくろいうさぎ」なんかも読んだことあるんじゃないでしょうか。
結構アメリカの絵本も日本人にはなじみがあるものもあります。

洋書でも、良質のものは日本に翻訳されて入ってきていますよね。
いろいろ読んだことのあるものもあるのではないでしょうか。

そしてむかーし読んだ本で、日本で出版するときに色が減っていると聞いたことがあります
今はどうなのか、と調べてみましたところ…。

「ゆきのひ」
http://www.ehonnavi.net/ehon00.asp?no=1923
http://www.ehonnavi.net/ehon00.asp?no=2695
色の数、鮮やかさが違うのがわかりますでしょうか。

「あおくんときいろちゃん」
http://www.ehonnavi.net/ehon00.asp?no=615
h...続きを読む

Q絵本と童話の違い(創作絵本を描いています)

今、創作絵本を描いています。
物語を書いてから絵を描いていっているんですが、物語によっては
長い文章になってしまい、童話のようになります。
絵本と言うと、16ページ、24ページ、32ページとなる、だいたい
短いお話というイメージです。
でも40ページとか48ページになるような絵本ってあるんでしょうか?
ここまで行くと童話になってしまいそうな。
最近やり始めたので、よく分かりません。
恥ずかしながら、創作絵本や童話を書いている方教えて下さい。

Aベストアンサー

40ページの絵本というのはそれほど珍しくないと思いますよ。
昨年度の講談社出版文化賞絵本賞をとった「ルリユールおじさん」(いせひでこ作絵・理論社)は56ページの絵本です。
ガブリエル・バンサンの「アンジュール」は64ページ、同「セレスティーヌ」はなんと180ページもあります。例外的かもしれませんが、これらも絵本です。
また60~70ページの童話の本で、文章量が比較的少なく、オールカラーまたは一部カラーのイラストが毎ページに入っているものが「絵童話」と呼ばれることもあるようです。
ページ数の問題というより、No.2の方の回答にあるように、絵と文のどちらをメインにして表現するか、ということではないでしょうか。
「文章だけでも成り立つのが童話」「文と絵を合わせて初めて成り立つのが絵本」というとらえ方もあります。
書店や図書館でいろいろな本を参考にされると良いと思います。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報