今、ものすごく物語が読みたいんです。
私は専願だったので、受験も終わり趣味に没頭
しようと思ってます。受験の間本を読むのを控えて
いたので、とてつもなく読みたいのです。
そこで、面白い本を求めています。感動するとか
っていうよりほんわかした感じの物語が読みたいん
です。でも、ハリポタとかダレン・ジャンのように
有名すぎるのはあまり好きではないのです(我侭
ですいません)
お勧めがあったらぜひぜひ教えてくださいませ。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

hosicoさん、こんにちは~。



向山貴彦さんの「童話物語」はいかがですか?

クローシャという架空の国が舞台で、一人で生きていくという過酷な生活のため、心が頑なになってしまったみなしごのペチカが、妖精のフィツと出会い、旅に出て、愛情や友情に包まれながら笑顔を取り戻していく。というようなお話です。

なかなかほんわかしたお話だと思います。
感動もしますが・・・。ちょっと泣いちゃいました。

ハードカバーだとけっこうな厚みのある本ですが、最近、文庫でも出たようです。
有名といえば有名な本ですが、ハリポタまではいかないので、オススメしちゃいまーす。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うわぁ~なんか聞いてる(読んでる)だけで
ほんわかしてきましたw
ぜひとも本屋さんで探してみます。
ありがとうございましたw

お礼日時:2002/02/26 16:36

受験終了おめでとうございます。


私も受験が終わったときは、無性に本が読みたくなりましたね。
こんなときは、大作に挑戦するのはいかがでしょう。もう一生こんなチャンスはないかもしれませんからね。
で、ほんわかものということでは、
北杜夫の『楡家の人々』なんかいいですよ。筋がありそうでなさそうで、読み終わるのがもったいないようなほんわか感です。
北杜夫が気に入れば、トーマス・マンに進むのもいいでしょう。
あと、『カラマゾフの兄弟』なぞも印象より怖くないです。
それじゃなければ、『百年の孤独』もとっても面白いです。
古い?
でも、人生でこんな時期はもうないかもしれないから、いいじゃないですか。それに、古典で評価の定まっている作品は、やはり面白いですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

受験終了ありがとうございます(笑)
古典的というか昔からある本とかって
いいのいっぱいありますよね。
ぜひとも挑戦してみたいです。
長編にも挑戦してみたいと思ってましたので
ぜひ探してみます。
ありがとうございましたw

お礼日時:2002/02/27 18:56

ほんわかした感じと言うと、既出ですが、北村薫、お勧めです。


とてもきれいな文章で、清々しい読後感です。

・ロアルド・ダールの『チョコレート工場の秘密』シリーズ
・ケネス・グレアム『川べにそよ風』(旧タイトル『楽しい川辺』)
など、児童文学作品にはほんわか、にっこり、できるものが揃ってますね。
古くから読みつがれている、ちょっと長めの児童文学作品に、hosicoさんが探されているようなものが潜んでいますよ。

ご希望とは外れますが、『蒼穹の昴』浅田次郎とか『アルジャーノンに花束を』ダニエル・キースは、定番中の定番ですが、心がやわらかいうちにぜひお勧めしたいものです。そのうち、手にとってみて下さいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございましたw
本屋さんで探してみます。
北村さんの本はちょっと読んでみたいなー
と思いながら見てませんでした(笑)
これを期に手にとってみたいと思います。
ありがとうございましたw

お礼日時:2002/02/27 18:52

>ほんわかした感じ


それならば川上弘美の「センセイの鞄」をお薦めします、って、ああ?
No.1で紹介されてしまったか!
ということで?「センセイの鞄」もいいですが
イチオシはデビュー作の「神様」です。
「センセイの鞄」は、飲み屋で再会した「センセイ」とわたしが過ごした
あわあわと、そして色濃く流れゆく日々を描いた長篇恋愛小説。
「神様」は「くまにさそわれて散歩に出る。川原に行くのである。」で、始まる
四季おりおりに現れる、不思議な"生き物"たちとのふれあいと別れ。
心がぽかぽかとあたたまり、なぜだか少し泣けてくる
うららでせつない九つの短編集。
川上弘美の小説を読むと、お腹がすきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。川上さんという方の本は
とても読みたくなりますw
お腹がすくんですか?どうしましょう(笑)
でわ、本当にありがとうございましたw

お礼日時:2002/02/26 16:39

hosicoさん、こんばんは。



面白い、ほんわかした本、で有名すぎないもの。
私の思いついたのは、川上弘美さんの「センセイの鞄」です。
ほのぼのして、良い本でした。

また、hosicoさんは、受験が終わられたとのことなので、
きっと10代の終わりですよね。(もしかして中学生さん?)
私が何年か前に読んで、「高校生の時にこの本があったら~」
と思った本を紹介しますので、よかったら読んでみてください。
北村薫さんの「スキップ」です。今は新潮文庫になっていると
思います。(NHKでドラマになったからちょっと有名かな)

本がお好きだったら、北村薫さんが書いておられる推理小説も
ほんわか、というか「ほっ」とする良い本です。
主人公が、最初は大学に入ったばかりで、だんだんシリーズが
進むにしたがって成長していく物語(でも推理小説!?)で
「日常の謎」(ミステリィだけど人が死んだりとかでない本)
で、私はすごく好きです。今、5冊くらい出ていると思います。
まずは「空飛ぶ馬」(創元推理文庫)からチャレンジしてみて
ください。物語の中に、いろんな本が紹介してあっていろいろ
読みたくなりますよ・・・。

あと、ほんわか、というと江國香織さんの本もおすすめですが
ちょっと有名すぎますね・・・。
(ほんわか路線の本というと「流しのしたの骨」かな?)

最後に、受験、合格されるとよいですね!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい回答ありがとうございます~w
「センセイの鞄」は本屋さんで見て読んで
みようかなーと思ってたのです!
ぜひとも今度見てきますです。
他のもすごい面白そうで今全てメモしました。
それと、受験は受かったのですよ~w
ちなみに中学生です。もしかしなくても(笑)
では本当にありがとうございましたw

お礼日時:2002/02/26 16:34

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qハリポタ第七巻について

ハリーポッターの七巻の英国版の予約が始まったそうですが、題名が英語になっていて意味がよく分かりません。
「HARRY POTTER and Deathly Hallows」というらしいのですが、英語が得意な人で意味が分かったら教えてください!!!(≧人≦)

Aベストアンサー

ハリー・ポッターと死の秘宝(仮題)

Deathly
1 死のような.
2 致死の; 致命的な.
http://www.excite.co.jp/dictionary/english_japanese/?search=Deathly&match=beginswith&dictionary=NEW_EJJE&block=36707&offset=1840

Hallow
〈…を〉神聖なものとしてあがめる; 神聖なものとする
http://www.excite.co.jp/dictionary/english_japanese/?search=Hallow&match=beginswith&dictionary=NEW_EJJE&block=38518&offset=1156

Qハリポタの新作で・・・

あわててしまい、おかしな質問をしてしまい申し訳ありません。ハリポタの第5作で大切な人が亡くなる、書いているときに作者は泣きながら書いた・・と聞きました。誰が亡くなるのか・・・・教えてください。

Aベストアンサー

教えてしまってよいものなのでしょうか?
読みたくない人、知りたくない人は質問文のあたりでやめると思うので、あえて書いてしまいます。


とりあえずはヒントから
1)ハリーにとっては間違いなく大切な人でしょう
2)大人です。ハリーと同世代ではありません
3)登場巻は3巻からです
4)変身しますよ・・・


以上のヒントだと思い当たる人は2人になりますが。
5巻でお亡くなりになるのはネズミを殺したと疑われた人です。
読んだ時は「やっぱり」という思いと、何とも言えない喪失感でいっぱいでした。

Q三国志を読むなら、やはり、先ずは、映画の三国志を観て、漫画の三国志を読み、吉川英治氏とかの三国志演義

三国志を読むなら、やはり、先ずは、映画の三国志を観て、漫画の三国志を読み、吉川英治氏とかの三国志演義を読み、最後に、北方謙三氏とかの三国志正史を読めば、分かり易いですかね?

※しかしコミックは長くて尚且つ気が遠くなりそうなので、映画と小説だけでも良いかなと。

Aベストアンサー

>三国志を読むなら
ここで言っているのが二十四史の三国志なら殆ど意味はない。三国志演義の原書を読みたいのなら少しは役立つかもしれない。

Qオススメの本を教えてください!私は20代後半で、本を読むのが好きです。入門編としてちくま日本文学を読

オススメの本を教えてください!私は20代後半で、本を読むのが好きです。入門編としてちくま日本文学を読むことが多いです。好きな作家は太宰治です。今まで読んだ中でおもしろかったのは、尾崎翠、林芙美子、青い山脈、ジャンルが飛びますが、もの食う人びとなどです。松谷みよ子さんのモモちゃんシリーズや、岡田淳さんの扉のむこうの物語、灰谷健次郎さんの兎の眼も好きです。川端康成は雰囲気は好きですが、失礼かもしれませんが、特に何も起こらないな…と感じました。志賀直哉はつまらなく感じました。今流行りの作家や、平積みしてある本は苦手です。今読んでいるのは森鴎外のヰタ・セクスアリスです。気になるのは岡本かの子と稲垣足穂ですが、私に合う感じはしますでしょうか?たくさんオススメの本を教えてください!よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

なんとなく文学的アナーキー冒険譚路線を薦めたくなりました。
子どもの心を持ったまま大人になった作家達の大人ための冒険譚なので、純粋さが素直に現れず、何重にも捩じれたあげくに訳が分からなくなってる作品が多いですが、おもしろいです。

もしまだなら、石川淳はどうでしょうか。
「焼跡のイエス」はまだ純粋さが率直に現れてるので国語の教科書にも採用されたりしますが、少し捩じれてくると「白頭吟」あたり。
http://bookmeter.com/b/4061960601
アナーキー度更にアップなら「狂風記」もお薦めです。

もし石川淳が気に入ったら、最近の作家ですが町田康も読んでみたらいいと思います。

ちくま日本文学全集を読んでおられるのなら、佐藤春夫はもう読まれましたか?「のんしゃらん記録」のような、「田園の憂鬱」からは想像もつかない作品も書いてます。

Q今買いたい漫画が30冊ほどあるのですが私は2、3回読んで満足になったらもう読まない人間です。 買った

今買いたい漫画が30冊ほどあるのですが私は2、3回読んで満足になったらもう読まない人間です。
買ったら買ったでやっぱりお金の無駄になりますよね。。だからといって本で中古はちょっと、、って思います。
友達から借りるか、
満足したらフリマアプリで売るか、どちらかを考えているのですがどちらがいいでしょうか?

ちなみに今欲しいのは
エロマンガ先生
政宗くんのリベンジ
俺とヒーローと魔法少女
Fate/GrandeOrder アンソロジーです(^^)(^^)

Aベストアンサー

手元に残しておく必要がないのであれば、漫画喫茶で読むのも1つの手かと思います。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報