凶悪犯罪の弁護をされる弁護士の方について疑問があります。よくニュース等で「本人も反省している」「法的責任が」といった言葉が飛び交っていますが、凶悪犯罪を行う「行為能力」はあっても「責任能力」が無いというのはかなりの詭弁のように感じます。又、「反省し更正の機会を」といった言い方にはかなり無責任な感じがします、特に刑務所から出所してすぐに別の犯罪を犯すというケースが近頃増えてきているよーで、その前の裁判の時に担当弁護士が何と言っていたのかをハッキリさせてほしいとすら思います。弁護士はこうした場合には何の責任もないのでしょうか?弁護士が「減刑」作戦による弁護をしていなければ次の被害者を出さずに済んでいたのかもしれない、とは思わないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

確かに詭弁だと思います。

反省するだけならサルでもできるなんて昔CMで言っていましたけど、本当に心から悔いているというよりはむしろ、「これだけ反省してやってるんだから、いい加減許せよ!」みたいな態度のように見えて仕方ありません。

現行の法律では、再犯時の弁護士に対する責任は問えません。まあ、この辺は難しいですよね。仮に出所後の元犯罪者が社会復帰したとしても、世間はなかなか受け入れるとも思えません。そんな時、弁護士が再犯時に責任を負うことが法的に決まっているとしたら、弁護士がその元犯罪者に脅迫・恐喝されることも予想されます。「金を出さないと、凶悪犯罪を犯して、おまえも道連れにしてやる」とか。そんなことが続いたら、弁護士のなり手がいなくなるかもしれないでしょ?

弁護士と被疑者の関係が、強いものであるならともかく、結局はビジネスですからね。そんな関係では弁護士に罪を問うのは、気持ち的には理解できますが現実には無理でしょうね。弁護士が被疑者を弁護するのは、その人への慈愛の心ではなく、商売だということですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
弁護士ってのも結局ビジネスなんですよね。でももうちょっと被害者や一般の善人のことも重視してほしいようなきもします。本職の弁護士さんはその辺のことを真剣に考えてくれているのかな?

お礼日時:2002/03/02 15:43

僕は弁護士ではありませんが、回答させていただきます。



何かの容疑が掛けて警察に連れて行かれると、
警察の留置所に約1ヶ月間閉じ込められ、
取調と称して毎日のように刑事(警察)の暴力的で執拗な詰問に攻め立てられます。
検察官や裁判官は刑事の言いなりになって拘留延長を簡単に認めます。
そして検察官が起訴すれば後日になって裁判が始まります。判決が出るのはさらに後日です。
罪人だから警察に逮捕されるのだとお思いでしょうか。しかしそれは違います。
いや、中には貴台のおっしゃるところの「凶悪犯罪」をほんとうにおこなって捕まった者もいるかもしれない。
しかし、ほんとうにそうなのかは簡単には区別できないのです。
むしろ区別してはならないのです。
そうである以上、助ける人が必要です。弁護士の登場です。

警察や検察官や裁判官は、連れてこられた者をすべて罪人に仕立てるように行動します。
警察の捜査とは、連れてこられた者(被疑者と呼びます)をいかに罪人に仕立て上げるに
役立つような材料を何でもいいから探し出し(プライバシーなど糞食らえの精神)、
警察はあたかもその者がどうしようもない犯罪者であるかのごとく、
刑事の独断と偏見による嫌らしい文書を書き上げ、サインと拇印を強要します。
そして分厚い調書を作成します。たとえ冤罪で連れてこられたのであっても
ほんとの事を言っても警察は聞く耳なんか持ってません。
一度警察に逮捕されてみればわかると思います。
大変な精神的&肉体的苦痛をおぼえるはずです。
何かの機会で警察が貴台に「話を聞くから来て下さい」と言ってきたら、
その警察官について行ってみてはどうでしょう。
警察に着いてみて、どうも態度がおかしいと思ったが後の祭り、
実は逮捕された事になっていたりします。そのあとは、上述の通りです。

犯罪者と判っている者をなぜあえて弁護するのかとのことですが、
先ほど述べたとおり、区別してはならないという考え方があります。

ほんとうに弁護士が減刑作戦による弁護をしたことで新たな被害者が出たと考えますか?

僕はそうは思いません。
再犯は本人の問題です。
弁護士がその責任までをもかぶる必要があるとは思いません。

むしろ冤罪や微罪であっても上記のような執拗な取調をおこなう警察のほうに問題があると思います。
簡単に警察の言いなりになって拘留延長を認めたり、起訴を決めたりする検察官や裁判官にも問題があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
「減刑」作戦で新たな犯罪者が出たとは言えませんが、実際の裁判の報道を見ていると「量刑」を裁判の話題にしたり「犯罪者の心情」とやらを持ち出したりで「犯罪」そのもののことや「本当に冤罪ではないのか?」といったことを弁護の材料にしていないようにも感じられます。
再犯者の責任を弁護士に!というのは確かに過激な発想だったかもしれませんが、被害者や次の被害者のことをもっと真剣に見つめてほしいものです。「弁護士」の仕事は減刑や犯罪者の言訳ではなく「犯罪の事実」そのもののはずでは?と感じてしまいます。

お礼日時:2002/03/02 15:48

 どんな大罪人であろうとも、人間としての尊重と尊厳を守られる権利を有しております。


 日本では、基本的人権で守られているというか、権利なのであります。それを法的に弁護して守るのが、弁護士であります。弁解、弁明の権利です。
 ただ、被害者の事を考えると、許し難いこともあるでしょうが、それは検事に任せているわけです。
 よく、冤罪ということがありましたが、これは判事が検事の証拠を取り過ぎた結果でしょう。弁護士は、ちゃんと諦めず、控訴したから、良かったのです。
 法律は、両天秤です。吊り合わないと偏見となり、偏った判断しか出来なくなります。
 仏法から云うと、被害者と加害者とは業故の縁があるとされ、過去世では、逆転していたかもしれません。
 過去の罪業なのです。
 罪を憎んで、人を憎まずで、我が身の罪を知るべきでしょう。如何でしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
確かに、人権っていうのは守っていかなきゃいけない大事な問題ですよね。でも、今の日本全体のシステムから見るとやっぱり、被害者や「将来の」被害者のことが軽視され易い環境でもあるんですよね。素朴に思うのは、犯罪者って本当に更正しているのかな?
実際に自分自身や自分の周りの人が被害者になっていたら、罪を憎んで人を憎まずって言えないよーな、、、僕のこころが狭いからですかね?

お礼日時:2002/03/02 15:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q責任能力のない人間

損害賠償金を払えない人間は、何をやっても許される世の中なのですか?
書類送検等され、罰金刑となったが支払う能力のない人間は、1日5000円で刑務所に入ることになります。
犯罪には至りませんが、損害賠償責任を負うものが支払能力のない場合には、同じく刑務所に入るべきだと思います。
払えないからと、許されてしまうのはどうなんでしょうか?

民法、刑法、憲法等の法律が云々ではなく、人として考えてください。

それと、こういう体験をした(している)加害者の回答もお断りします。
というのは、常識のある方に回答してほしいからです。

Aベストアンサー

責任能力(心神喪失など)のない人間は、処罰されません。<刑法第39条第1項>

>損害賠償金を払えない人間は、何をやっても許される世の中なのですか?
許されません。
罪で問えるのであれば罰し、問えなくとも、加害者の人生に響き、加害者の周辺は加害者の観る目が変わります。

>書類送検等され、罰金刑となったが支払う能力のない人間は、1日5000円で刑務所に入ることになります。
労役場の収監は2年が限界ですので、罰金5億円であれば1日100万円となります。
どこが平等なのでしょうか…

>犯罪には至りませんが、損害賠償責任を負うものが支払能力のない場合には、同じく刑務所に入るべきだと思います。
私も強く思います。
私自身も、犯罪を問えず、加害者に金がないため賠償もされなかったことがあります。
富を持つ者からであれば金を取れますが、犯罪を起こしやすい貧困者からであれば金さえ取れずに泣き寝入りになります。

しかし、高額な供託金・選挙費用を投じて政治家になり、超党派で変えない限り、変わらないでしょう…

Q詭弁の撃退法

相手が自分の虚言を、尤もらしい文献名や史料名を持ち出し虚飾して正当化しようとする場合、
これを打ち負かす有効な手段はあるでしょうか。

Aベストアンサー

 詭弁の特徴は論理が一貫していないことなので、どこに矛盾があるか見抜くことが大事です。さしあたり、下記URLなどを参照してはどうでしょう。
http://iwatam-server.sakura.ne.jp/software/giron/giron/x552.html

Q建築士に必要な技術、知識、能力を教えてくださいm(__)m

建築士に必要な技術、知識、能力を教えてくださいm(__)m

Aベストアンサー

二級若しくは一級建築士の資格です。

また、その有資格が必要とする、法令(建築基準法、都市計画法、消防法、その他)・
デザイン(設計、CAD操作、構造計算、積算)能力・付帯設備(電気、空調、設備機器、
配管、窓、室内建具、家具など)の知識・コミニュケーション能力・インテリアやカラー
コーディネーションの知識・などがあげられます。

その他、測量技術は必要とする場合もあります。これは、外注可能ですが。

※一般に建築士とは、上記有資格者の事ですので、チーフデザイナーの下で資格を
持たずに図面を書いている人の事は、建築士とは呼びません。

Q弁護士(司法書士)相談は地元? 遠くても現場?

私と母を置いて出ていってしまい、20年以上も会っていない父が亡くなりました。
その父の遺産相続の問題で司法書士または弁護士に相談しようと思っています。
父の同居人(父の姉)に遺産を隠されているので遺産調査をしなければならないと思いますが、
それも依頼したいと思っています。

そこで、どちらの住所地で相談すべきか迷っています。
父が住んでいた(現在は父の姉だけ住んでる)住所地は東京。私は栃木(かなり埼玉寄り)です。
私の地元で相談すれば楽だとは思うのですが、あまりお金がないので高額な相談料になると困
ってしまいます。

東京での遺産調査等もあると思うので地元(栃木)で相談してしまうと司法書士(または弁護士)に
支払う費用が高額になってしまうのではないかと思って躊躇してるのですが、どうでしょうか?
やはり費用にはかなりの差が出るものでしょうか?

どうかよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

No.1の方がおっしゃるように、複数の弁護士に費用を見積もってもらっていいと思いますよ。

それと、弁護士は移動した際の交通費を報酬とは別に100%請求してきますから、東京、栃木、どちらのほうが効率的か考えたほうがいいですね。訴訟になればどちらの裁判所を使うかも交通費に関係してきます。

また、弁護士には得意な分野というものがあります。同じような案件の経験が豊富かどうかは確認したほうがいいでしょう。「普段企業の案件ばかりやっているので遺産関係は初めてなんです」みたいな人もいます。たとえ安くても、不慣れだと時間がかかったり説明が不十分であったりして困ることがあります。ご参考まで。

Q量刑のバランスが崩壊しても犯罪が凶悪化しない日本国

日本において、強姦罪と飲酒交通事故は殺人と同等ぐらい厳しい刑罰でそれらに対応しています。
すでに量刑のバランスは崩壊していますが、それで凶悪犯罪が増えているかといえば数も割合も増えていません。
これはなぜですか。
左翼が言う厳罰化の弊害とは何だったんでしょうか?

Aベストアンサー

厳罰化の弊害というものはよくわかりません。

しかし、量刑のバランスは明らかに崩れています。
まずは、殺人事件とそれ以外について量刑の体系を分けるべきです。
人の命より大切な物はなく、失ったら帰ってきません。

飲酒運転の罰則を強化して飲酒運転は減りました。
しかし、ばっさくが強すぎて、飲酒運転後のひき逃げが増加しています。
ひき逃げも同等以上の罰則にしないと意味が無いのです。

また、強姦についても近年はかなり重い刑罰になっています。
こういう事を核と女性差別だと言われてしまいますが、
40歳の主婦を強姦するのと13歳の中学生を強姦するのでは
罪は全く違うと思います。
相手が処女だった場合は、せいぜい致傷罪が着いて、刑期が1年伸びる
くらいです。
また、強姦前後に脅迫があるかどうかでも、被害者の意識が違うでしょう。

今の刑罰は被害者の目線には立っていないと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報