35年前に祖父から受け継いだ遺産の分割協議のやり直しは可能でしょうか?

父がなくなり相続財産について調査をしていたところ、35年前に祖父が亡くなって父兄弟がおこなった遺産の相続について、その分割方法について疑問が生じました。父兄弟は、5人、父を含め3人はすでに他界しており、その子供が相続しております。疑問というのは、2筆の土地について、当初は各それぞれ5人で共有として相続していたようなのですが、中の1筆の土地とその上の建物については、売却してしましました。詳しい売却の経緯についてはわかりませんが、その建物で営んだ兄の経営の悪化が原因ではないかと、登記簿謄本からよみとれます。また、そこで生まれた債権について、その売却代金で債権者の方に支払を済ませていたのかと思いましたが、債務だけを残し、その土地の売却金を分配せずに他の土地で生活を始め、事業を起こして経営している状態です。父も亡くなるまで、残った1筆の土地で残りの兄弟と会社を営んできましたが、帳簿上では、兄の債権の処理がまだ残っています。どなたかお知恵をおかりできませんでしょうか?また、不明な点は、補足であげさせていただきます。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 兄弟5人で共有というのが、とりあえず、法定相続分どおりに登記していただけなら、遺産分割協議はいまだ行われていないわけで、その場合は、祖父がなくなられて、35年経っていても、遺産分割協議をすることに問題はありません。


 1筆の売却の件については、お兄さん(お父さんのお兄さん?)が、一人で勝手に売却しているのであれば、残りの兄弟に、売却代金5分の4の返還請求権があると思いますが、当初、「売却して、代金はお兄さんのものとする」という話だったのであれば、それは、そういう内容の遺産分割協議であり、「使い方について、錯誤があったので、その遺産分割協議は無効である」という主張を考える余地はあると思いますが、なかなか大変かなと思います。
    • good
    • 0

 今から、分割協議のやり直しは絶望的です。

まず、あなたは直接の相続人ではありませんので、分割の当事者ではありませんので、あなたの父親に不利に取り決められていても、それは父親の意思ですのでどうすることもできません。分割協議がなかったとしても、それぞれの相続人に登記されていますので、善意の時効取得ということになり10年で完成します。会社の債権自体は5年で時効にかかりますので、兄が払うつもりがないのでしたら、会計処理だけでもされたらどうでしょうか。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q弁護士費用支払い時の目安になる経済的利益とは

弁護士費用支払い時の経済的利益とは、遺言による指定遺産分割が本来の法定相続分割を上回ている時に訴えた事で(遺言有効訴訟)得られる利益(指定遺産分割-法定相続分割=差額分)が経済的利益になるのか、又は訴額(指定遺産分割)で決めるのか?どっちが通常だと思われますか?
友人に紹介された弁護士は後者で、前者を提案しましたが「どこでも同じ他を当たってみてから来て・・」知らない人はこれだ・・見たいな云い方されました、離婚の慰謝などはずばり取れた額が利益で何故遺産相続はこうなるのか納得がいかず、メリットが無いのでそのまま何年もたちました、昨日このサイトを見たら経済的利益の説明は前者で驚きました、何を目安に弁護士を選んだら良いのか解らなくなっています。

Aベストアンサー

経済的利益の考え方は弁護士によって違いますし,事件の種類によっても違います。

例えば,交通事故で損害賠償請求をする場合などは,弁護士が受任すると,
当初,加害者側の保険会社が示してきた金額より高い金額で解決する場合がほとんどなのです。

ですから,交通事故の損害賠償請求の場合には,上積みされた金額を経済的利益として,
その何割を報酬にする,という弁護士が結構います。

一方,質問者さんがおっしゃるような,遺言が有効かどうかを確認する訴訟では,必ず上積みがあるとは限りません。
もし,勝訴の見込みが低いと感じたら尚更,弁護士は「上積みの何割が報酬」という条件では受任しないでしょう。

いろいろな弁護士に当たって,その弁護士はどういう方法で経済的利益を算出するか確認し,
一番,自分にとって良さそうな弁護士に委任するしかないですね。

Q父が生前土地を売却していました。その税金が来たのですが

借金だけを残し他界した父が生前土地を売却していました。
先日売却した土地の譲渡所得の申告をして下さい
という書類が送られてきました。
母、姉、私は相続放棄が受理されました。
このような土地を売却した時に来る税金も
払わなくてよいのでしょうか
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

相続放棄が受理されている場合には、支払う必要はありません。
その租税の債務も故人の遺産ですから、相続放棄でその債務も相続していませんので。

相続放棄の事情は税務署にはわかりませんので、税務署に連絡してください。

Q「裁判で負けても相手側の弁護士費用まで負担しなくていい」はホント?

裁判で負けても相手側の弁護士費用まで負担しなくていいというは本当ですか?

現在裁判を起こそうかどうか迷っているものです。

裁判を躊躇してしまう原因は弁護士費用にあります。

自分の弁護士費用まではなんとかできるのですが、敗訴した場合、相手側の弁護士費用まで負担するリスクを考えしまい、裁判を諦めていました。

ところが先日、敗訴しても相手側の弁護士費用まで負担しなくてよいと法律で決まっていると書いている本を見つけました。

この本に書かれていることは本当なのでしょうか?

Aベストアンサー

確かに「訴訟費用」には含まれません。

ただ、なんだかんだ理屈つけて弁護士費用を請求します。たとえば、慰謝料請求の場合だと「損失」の中身として弁護士費用を請求しますし、実際合理的な範囲内だと弁護士費用を「損失」として認定しています。ただ、弁護士強制主義を採っていないわが国では、その「合理的な額」というのも少ない感じがします。ですので、相手が何千万もかけて大弁護団を引き連れて、その結果負けたとしてもその全額払う必要はないはずです。せいぜい一人分といったところでしょうか。

Q父から実家の土地を生前贈与したいと言われました。父から土地を譲り受け、

父から実家の土地を生前贈与したいと言われました。父から土地を譲り受け、私がそこに両親と住む家を建てようかと思うのですが、贈与税が心配です。
住宅を建てる特約みたいなのがあるようですが、
3500万まで不動産で譲り受ける事は出来るのでしょうか?
また、将来父がなくなった場合、相続税に関係してくるのでしょうか?

ちなみに、父は64歳です。

Aベストアンサー

>住宅を建てる特約みたいなのがあるようですが、3500万まで不動産で譲り受ける…

それは現金を受け取る場合の話しであって、土地の名義替えには適用されません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4503.htm

>ちなみに、父は64歳です…

あと 1年待てるなら、普通の「相続時精算課税」が利用できます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4103.htm

>将来父がなくなった場合、相続税に関係してくるのでしょうか…

今は贈与税を払わなくて良いが、いずれは相続税に反映されることになります。
とはいえ、贈与税と相続税とでは基礎控除の額が大きく違いますので、贈与税がかかる額でも相続税なら無税ということがしばしばあります。
贈与税の基礎控除が 110万なのに対し、相続税の基礎控除は、
5,000万 + 1,000万×[法定相続人数]
です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4152.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>住宅を建てる特約みたいなのがあるようですが、3500万まで不動産で譲り受ける…

それは現金を受け取る場合の話しであって、土地の名義替えには適用されません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4503.htm

>ちなみに、父は64歳です…

あと 1年待てるなら、普通の「相続時精算課税」が利用できます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4103.htm

>将来父がなくなった場合、相続税に関係してくるのでしょうか…

今は贈与税を払わなくて良いが、いずれは相続税に反映されることになります。
とはい...続きを読む

Q弁護士費用保障特約と弁護士費用

弁護士費用保障特約を使って弁護士を代理人とした場合、
裁判は行わなかったとして、示談金の中で弁護士費用を負担してもらうことはできるでしょうか。
被害者側では実質的には弁護士費用は発生しなかったとしても費用を保険金から使っただけのことで補償の対象になるようにも思うのですが。
また、特約という経費はかかってもいます。

Aベストアンサー

>弁護士特約を利用して弁護士を雇った場合、相手の保険会社から弁護士費用は出るのかという質問です。

出ないから保険会社はこの特約を販売しているのです。相手からもらえるのであれば、弁護士費用補償特約に加入する必要はありませんよ。

弁護士費用補償特約は、被保険者が事故によって被った損害について加害者側に損害賠償請求を行う際、弁護士費用を負担することとなれば、その弁護士費用を保険金として支払うというものです。

支払い対象となる費用は、弁護士・司法書士・行政書士やADR機関に支払った報酬、裁判所に納付した訴訟費用のほか、これらに対して支払った仲裁、調停、和解に必要として費用と、法律相談の対価として弁護士・司法書士・行政書士に支払った費用です。

つまり、弁護士が代理人として加害者側と交渉し示談できた場合、弁護士に支払う報酬等はこの特約から支払われます。もちろん、調停や訴訟に要した必要も同様です。

しかし、加害者側の保険からこれらの費用が支払われることはありません。
加害者側の保険からこれらの費用が支払われるのは、訴訟を提起し、その判決で裁判所が被害者側の弁護士費用を損害と認め、それを含めた訴訟費用の支払いを命じた場合だけです。

なお、裁判所が被害者側の弁護士費用を損害と認定した場合でも、被害者が実際に支払う弁護士報酬を認定するのではなく、裁判所が妥当と判断した金額で、被害者が実際に支払う金額よりかなり少ないのが通例です。

だからこそ、保険会社は保険契約者・被保険者を守るためにこの特約が必要であるとして販売しているのです。

>弁護士特約を利用して弁護士を雇った場合、相手の保険会社から弁護士費用は出るのかという質問です。

出ないから保険会社はこの特約を販売しているのです。相手からもらえるのであれば、弁護士費用補償特約に加入する必要はありませんよ。

弁護士費用補償特約は、被保険者が事故によって被った損害について加害者側に損害賠償請求を行う際、弁護士費用を負担することとなれば、その弁護士費用を保険金として支払うというものです。

支払い対象となる費用は、弁護士・司法書士・行政書士やADR機関に支払っ...続きを読む

Q父が他界し相続放棄しました。使用者が父名義の車があります。知人に話すと相続だと言われました。もう一度お聞きしたいのですが

父が借金を残し他界しました。
それで、母、姉、私の3人は相続放棄しました。
先日、自動車税の案内が来ました。父名義の案内です。
父は、生前障害をもっていましたので、減税のお知らせです。そこで問題なのですが、私たちは、相続放棄したので、
父名義の税金は払えないのですが、ローンで買った
車があります。ローンで購入しましたので所有者は
自動車販売店、使用者が父名義です。ローンの名義人は
母親名義で購入しました。出来れば使用者である
父の名義を変更して使いたいのですがそうすると
相続にみなされるのでしょうか?
それともローン名義は母親ですが相続放棄をしましたので
所有者である車屋さんが、車を引き上げて行ってしまうのでしょうか?
ぜんぜん見当がつきませんので、税務署も休日で聞けません。詳しい方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

実質的な所有者(購入者)はローンを組んだお母様です。自動車販売店は担保として所有権を保留しているに過ぎません。使用者であったお父様が亡くなったので使用者の変更登記は必要でしょうが、お父様の財産ではありませんので相続には関係ありません。
自動車税は4月1日現在の使用者で課税されるので、その時点でお父様が亡くなっていたのであれば納税者は実質的な所有者であるお母様であり、障害者でなければ減免は受けられないでしょう。詳しくは自動車税事務所に聞いてください。連絡先は通知書に書いてあるはずです。自動車税は都道府県税なので、国の機関である税務署は関係ありません。
使用者の変更登記は車検証を発行した陸運支局又は自動車検査登録事務所で行います。ディーラーや車検場に代理を依頼してもよいでしょうが、ご自分で手続きすることもできます。

Q自動車保険の弁護士費用特約とは・・?

日新火災海上保険の自動車保険に加入しているのですが、更新の際に、弁護士費用特約を付けて更新するように勧められました。

以下の弁護士費用特約というのを確認したのですが、
-------------
弁護士費用特約
交通事故の相手との交渉を弁護士に依頼する場合や、裁判になったときに必要な弁護士費用を補償してくれる特約です。
---------------

自分が被害者になったときのために保険会社が存在するのであって、その際に法的トラブルが生じて、弁護士を雇うことになったとしても、それは、保険会社の本来業務であって、弁護士費用を加入者に請求するのは筋違いのような気もするのですが、この特約は、どういう趣旨で設けられているのでしょうか?

詳しい方、どうぞご回答下さい。

Aベストアンサー

おはようございます。

え~と、チョッと勘違いと言うか、誤解されている部分が有りますが・・・(汗)

>自分が被害者になったときのために保険会社が存在するのであって、云々・・・

基本的に自動車保険は「貴方が加害者」となった時に、被害者から請求の有った損害賠償金を貴方に代わって支払う物です。
ですから「貴方が加害者」になった時は、保険会社は示談交渉などの代行が出来ます。
もちろんこの場合もし裁判になったとしても、弁護士費用などは保険会社が全額見てくれます。

しかし、貴方が被害者になった時は、貴方の契約している保険会社は一切手出し出来ません(非弁活動の禁止)・・・(涙)
なぜなら、貴方に損害賠償する責任が無いからです。
確かに最近は有る程度のアドバイスはしてくれるようですが、弁護士費用などの支払いはしてくれません(する責任&必要が契約上無いから)。

事故の加害者が良い人だったり、相手の保険会社が素直に支払ってくれればいいのですが、そうでは無い場合、示談交渉や裁判をしようとして弁護士に依頼すれば、その費用は全額貴方が負担する必要が有ります。

特に最近は個人の権利意識(この場合もそう言うのかな?)がむやみに拡大解釈されていますし、そもそも無保険(約3割?、バイクや自転車などはもっと多い)の人も増えてますから、なんかの拍子で示談交渉がもつれる事が多々有ります。

弁護士費用特約 とは、このような場合に弁護士費用を300万円(だったかな?、法律相談費用の場合は10万円まで?)まで補填する物です。

最近はもう一歩進んで、日常事故解決費用特約と言う物に変わりつつ有ります。
この場合、本来のもらい事故はもちろんですが、日常生活において加害者や被害者になった場合に、弁護士費用などを見てもらえるようになっています。

ま~、必要が無いと思われれば掛ける必要は有りせんが、そう高くも無い特約(2,000円位?)ですから、掛けられても良いのでは?

では!

おはようございます。

え~と、チョッと勘違いと言うか、誤解されている部分が有りますが・・・(汗)

>自分が被害者になったときのために保険会社が存在するのであって、云々・・・

基本的に自動車保険は「貴方が加害者」となった時に、被害者から請求の有った損害賠償金を貴方に代わって支払う物です。
ですから「貴方が加害者」になった時は、保険会社は示談交渉などの代行が出来ます。
もちろんこの場合もし裁判になったとしても、弁護士費用などは保険会社が全額見てくれます。

しかし、貴方...続きを読む

Q遺産相続(生前贈与の土地の売却)

私の母の弟(叔父)が叔父名義の土地を売却しようとしています。
母はそのことに反対しています。やめさせることはできますか。
私が聞き知っていることを列記します。
今回売却しようとしている土地は、母の父(祖父)が入手しました。
祖父は39年前に他界しました。
祖父は、生前、叔父にいくつかの土地を贈与しました。
今回売却しようとしている土地もそのひとつです。
母の母(祖母)は25年前に他界しました。
母の兄弟姉妹は、兄、母、妹、妹、弟の5名で、祖父の遺産相続人です。
祖父の遺言書はありません。
本来なら、すでに遺産分割され、それぞれ相続されているところですが、
まだ、祖父名義の土地もあり、正式に相続の手続きが行われていません。
母は、実質的に多くの遺産(土地、建物、預貯金など)を握っている
叔父が中心になって、遺産の分割協議をすべきだと考え、いままで何回か
叔父に申し入れしていますが、実行してくれません。
今回、改めて叔父に確認したところ、
叔父名義になっているから売却しても問題ない。
遺産相続は、叔父名義のものは対象外で、
まだ祖父名義のもののみ、母が手続きすればいい。
と勝手なことを言っています。
母は、祖父母が残した遺産がどんどんなくなっていくと心配しています。
売却をやめさせるために、母にできることはありますか。

私の母の弟(叔父)が叔父名義の土地を売却しようとしています。
母はそのことに反対しています。やめさせることはできますか。
私が聞き知っていることを列記します。
今回売却しようとしている土地は、母の父(祖父)が入手しました。
祖父は39年前に他界しました。
祖父は、生前、叔父にいくつかの土地を贈与しました。
今回売却しようとしている土地もそのひとつです。
母の母(祖母)は25年前に他界しました。
母の兄弟姉妹は、兄、母、妹、妹、弟の5名で、祖父の遺産相続人です。
祖父の遺言...続きを読む

Aベストアンサー

生前に贈与された土地なのであればそれは完全にそのおじさんのものなのではないですか。
この事実が贈与されなかった他の遺産の分割に相続分で影響することはあっても、既に贈与された土地は、実は贈与はされていなくて、真実は違うのだとかいうことでなければ、例え仮に贈与が遺留分を侵害する割合的に大きなものでも、もう時効ですから権利は消滅しています。
祖父名義のものもさっさと手続をしたほうがいいですよ
権利の上に眠るものを法は保護しません。

Q自動車保険の弁護士費用の特約

今月中に更新を迎える自動車保険を保険会社を変えようかと思っています。
一括見積もりサイトで見積もって見たのですが、金額だけの比較しかできず色々迷っていると、ソニー損保の「日常生活弁護士費用等担保特約」が目に留まりました。

通常は交通事故だけの弁護士費用特約ですが、日常生活までカバーしてくれる弁護士費用特約があるとは知りませんでした。

そこでこの「日常生活の弁護士費用特約」がある保険会社を探しています。
私が探したところ、
ソニー損保、エース損保、AIU、三井住友海上がこの特約があるようです。

他にもこの日常生活の弁護士費用特約のある保険会社があったら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ニッセイ同和損保にも「日常生活被害事故弁護士費用等担保特約」
というのがありますよ。

Q父親の相続放棄後の祖父の土地

今年亡くなった父親には多額の借金があり、そのため母親および子供(わたしを含む兄弟3人)で相続放棄をしました。その後、祖父名義の土地があることがわかりました。祖父は父親が亡くなる20年前になくなっていましたが、名義変更がされていませんでした。
ここで質問ですが、祖父名義の土地は、父親の相続放棄と一緒に相続放棄されたと考えてよいのでしょうか?それとも、父親の遺産と祖父の遺産は別物と考えて、相続するのかどうか決める必要があるのでしょうか?ただ、祖父は父親よりも先に亡くなっていたので、相続はされていたと考えてよいのでしょうか?

Aベストアンサー

名義変更をしていなくても祖父の志望によりすでに相続は開始されていますので父上の遺産に含まれます。
父上の遺産を相続放棄したのならその祖父名義の土地についても相続放棄したことになります。


人気Q&Aランキング