フランス和声の本というか専門書を買いたいのですが、どれを買ったらいいかわかりません。
この本はいい!みたいなのあったら是非教えて下さい。
出来たら出版社と本のタイトルもお願いします!
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ケックラン著 和声の変貌 音楽の友社


松平頼則 著 近代和声学 音楽の友社
なんかが適当だと思います。

しかしながら、やはり実曲中から学ばれるのが一番だと私は思います。
芸大和声が一通り理解できているのならば大概できると思います、頑張って下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご親切にありがとうございます!
その本を参考にがんばってみたいと思います。

やはり実曲中から学ぶのが一番ですよね。
時間があまりなかったもので、いろいろと選りすぐろうとした感があったかもしれません。そんな事せずに地道に学ぼうと思います。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/03/12 20:00

>フランス和声


これはどちらのことを指しているのでしょうか?
シャラン、フォーシェのような、いわゆる学習様式の四声体和声?それとも
ドビュッシーやラヴェルが実際曲の中で使用しているような和声?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すみません。フランス和声で大きくくくりすぎました。
ドビュッシーやラヴェルが使用しているような和声法を学びたいんです。
もしそれが学習できるような本であればすぐにでもほしいです。

お礼日時:2002/03/11 22:37

『大作曲家11人の和声法』は御存じですか?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

あ、それは知っています。ただ内容は見てないのでわからないんですが。
それはいいですか?芸大和声からとりあえず抜けたいんです。

お礼日時:2002/03/11 22:34

すみません逆に御質問なのですが、フランス和声ってなんですか?教えて下さい。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

フランス和声というのはフォーレなどが使っている和声法です。ドイツ和声とは違い偶成和音がすごくややこしいので理解するのに困っています(笑)

お礼日時:2002/02/27 20:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q和声の本を紹介してくれませんか?

ヤマハの指導グレード4級を受けるのに和声の勉強をしようと思っています。ところが和声についての参考書やテキストはたくさんあるのでどれを使っていいか迷っています。わかりやすいオススメの本はないでしょうか。ちなみに私は音大卒ではないので初めて和声を勉強します。

Aベストアンサー

音楽の友社出版の「和声 理論と実習」がお勧めです。三巻まであって一巻は赤、二巻は黄色、三巻は深緑になっています。初心者の方にはこれが一番分かりやすいでしょう。まずは一巻と二巻を買って勉強されるのがいいと思います。でもところでひょっとして一人で勉強されるのですか?和声を一人で独学で勉強するのはちょっと大変かも。ピアノのレッスンと同じで人に見てもらわないと分からなかったり、ミスに気がつかなかったりするので、専門の先生に教わったほうがいいでしょう。そうしたらその先生に和声の本を紹介してもらうことができるし。ちなみに私は最初和声を一人で勉強していたのですが、分からなくなって途中で投げ出した経験があります。ところが受験にどうしても必要になって、専門の先生についたら「なんだ、そんなかんたんなことか」っなって和声が大好きになり、今は人に教えるまでに至りました。kame-tamagoさんも頑張って下さい。

Q出版社をおしえてください

矢野義明 作.編曲の「キャロルは流れる」という合唱の楽譜がどこから出版されているか、どなたか教えていただけませんか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

全音楽譜出版社から発行されていたようですが、現在は取寄せ不可のようです。

http://shopping.yahoo.co.jp/shop?d=jb&id=19604910

全音楽譜出版社のサイトでも調べてみたのですが、絶版になっているようです。

http://www.zen-on.co.jp/index.phtml

参考URL:http://shopping.yahoo.co.jp/shop?d=jb&id=19604910

Q和声的短音階、和声という名の由来、属和音との関係

和声的短音階についていくつか分からないことがあります。
たとえば、はてなダイアリーに和声的短音階について以下の通りまとめてあります。
自然的短音階の
「第7音を半音上げることによって主音と第7音の間隔が半音となり音階の導音としての機能が果たせるようになる.
この短音階が和声的といわれるのは半音高くした第7音が属和音を作り出すことによる.このことから「和声的短音階」と呼ばれる.」

疑問(1)VIIの音は、7番目に位置することと主音と半音の関係にあるという2つの条件を満たさないとと導音と呼ばれないのか。主音とはVIIの音と半音の関係にあって初めて主音と呼ばれるのか。
  (2)和声的短音階に比べてVIIが半音低い自然的短音階にも属和音Vm7があるではないか。自然的短音階のVm7は属和音にはならず、和声的短音階のV7は属和音になるのか?VIIが属和音を作るとはどういう意味か?
  (3)和声的とは何か?別のサイトで、和声的短音階はVm7をV7に変えて、和声的不備を解消するという説明を見つけましたが、そもそも「和声的」の意味が分かりません。
  V7がVm7と違って不安定なコードで、それゆえトニックに帰りたがるという説明がありました。和声的短音階の役割にVm7を不安定なV7にしV7→Iのドミナントモーションを強力にすることは分かりました。しかし、今度は新たな疑問が浮かび上がって来ました。
 (4)何故V7が不安定か、そして不安定でなければ5番目の和音でも属和音にならないのかということです。

一人で考えても分かりませんでした。良かったら教えてください。

和声的短音階についていくつか分からないことがあります。
たとえば、はてなダイアリーに和声的短音階について以下の通りまとめてあります。
自然的短音階の
「第7音を半音上げることによって主音と第7音の間隔が半音となり音階の導音としての機能が果たせるようになる.
この短音階が和声的といわれるのは半音高くした第7音が属和音を作り出すことによる.このことから「和声的短音階」と呼ばれる.」

疑問(1)VIIの音は、7番目に位置することと主音と半音の関係にあるという2つの条件を満たさないと...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
基本的には前の方がお答えの通りですが。

(1)導音とは「導く音」という名の通り,「主音に動こうとする力が非常に強い音」の事です。曲の中で中心的な役割を持つ主音に近い音は,人間に「主音に移って安心させてほしい」という感覚を呼び起こします。
教会旋法であるフリギア旋法では第一音と第二音の間が半音になっており,この第二音も導音を呼ばれる場合があります。

(2)例えば,Am調の中のEm(7)の和音は,「属和音としての和声的な機能」を持っていません。
「属和音の和声的な機能」とは,主和音に移って安定をもたらす(調性を確定させる),というものです。これは,主に導音が主音に動くことによってもたらされるので,導音を持たない和音(Am調でのEm)はその機能を果たせないのです。
一般的には,属和音といった場合,この機能をもった和音のことを指します。
ただし,少し調べたところ,属和音は長和音でなければならない,という記述は(意外なことに)見つからず,厳密には,属和音としての機能・役割を持たなくても,五番目の和音なら属和音と呼んでよいのかもしれません。(ただし,そう呼ぶことに対して,個人的には違和感はあります)

(3)「和声的な不備」というのは,具体的な内容は(2)で述べた通りで,「自然短音階では五番目の音を根音として構成する和音が長和音(メジャーコード)にならないため,主和音に移って調性を確定させるという属和音の和声的な機能を持っていない」という事を指しています。

(4)不安定かどうかは,和音進行・調性の中で決まる内容であり,和音単体で聴いても分かりません。Amの調の中におかれたE(7)の和音はAmの和音に動いて安定しようとするがEm(7)ではそうならない,という意味です。
不安定でないと五番目でも属和音と呼べないかどうかについては,前述した通り,厳密な決まりは見つけられませんでしたが,個人的には,属和音としての和声的役割を持たないものは,たとえ五番目の和音であっても属和音ではないと感じています。

こんにちは。
基本的には前の方がお答えの通りですが。

(1)導音とは「導く音」という名の通り,「主音に動こうとする力が非常に強い音」の事です。曲の中で中心的な役割を持つ主音に近い音は,人間に「主音に移って安心させてほしい」という感覚を呼び起こします。
教会旋法であるフリギア旋法では第一音と第二音の間が半音になっており,この第二音も導音を呼ばれる場合があります。

(2)例えば,Am調の中のEm(7)の和音は,「属和音としての和声的な機能」を持っていません。
「属和音の和声的な機能」と...続きを読む

Q中国で出版されている本を探しています。

古い本なのですが(初版1952年)、中国で出版されている本を探しています。

インターネットを使って日本で中国の輸入本を扱っているお店には、何件かあたったのですが、現在新版では出版されていなくて、取り寄せることができません。
中国の古本屋さんとかを探せは、あるのかも知れませんが、どうやって探せばいいのかわかりません。(言葉がわからないし・・・)
日本語が通じるところで(又は代行してくれる所で)、古い本を扱っている所があれば教えて下さい。

探している本は
日本語訳で、『中国大百科全書』の中の『音楽・曲芸』で万葉書店から1952年に
初版が発行されています。
中国語のままだと『阿炳曲集』楊蔭瀏等編 万叶書店 1952年初版 です。

中国の民間音楽家の『Hua Yanjin』通称『阿炳』と呼ばれる人のことを調べていたら、ある本にこの『中国大百科全書』から引用した文章がでていて、できれば、その原本が欲しいと思い探している次第です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

もし、該当部分の複写でもよろしいのであれば・・・。
以下の方法を試してみてはいかがでしょう?


↓以下は全国の大学図書館が所蔵する資料を検索できる画面です。
http://webcat.nii.ac.jp/

こちらのフリーワードに「中国 大百科 全書」と入れて検索すると、第2版を中心に、所蔵情報がヒットいたします。
このデータベースの中には、古い情報、つまり1952年のものは入っていないと思われます。が、データ化されてないだけで、第2版を購入している大学図書館が、初版をも所蔵している確率は高いと思います。
特に、東洋学、中国学に力を入れているところなら、初版、2版とも所蔵している可能性が高いでしょう。
(第2版の方では「音楽・曲芸」は「戯曲・曲芸」となっているのかもしれません。もしくは◆U620F◆曲・曲◆U827A◆かもしれません。この記号と数字は、簡体字の文字のことだと思います)


http://webcat.nii.ac.jp/cgi-bin/shsproc?id=BN01096678


大学生・大学院生の方でしたら、ここから先は大学図書館のレファレンス・カウンターでご相談ください。
初版の「音楽・曲芸」を所蔵している大学を確認してもらって、紹介状を書いてもらえれば、複写しにたずねていくことも可能かと思います。


一般の方の場合。
ご自宅近くの大学図書館で、市民にも開放されている大学が所蔵していないかどうかお調べください。大学名の略称をクリックすると、開放されているかどうかわかります。

http://webcat.nii.ac.jp/cgi-bin/shsproc?id=BA56860288

たとえば、限定開放している大学は、↓のように説明しています。

http://webcat.nii.ac.jp/cgi-bin/snkproc?id=FA006623
http://webcat.nii.ac.jp/cgi-bin/snkproc?id=FA002611
http://webcat.nii.ac.jp/cgi-bin/snkproc?id=FA005358


ここまで調べたうえで、地元の公立図書館(できれば県立図書館の方がいいかも)に相談されるといいと思います。
間に入って、所蔵の再確認などの問い合わせをしてくれたり紹介状を書いてくれると思いますので。

以上、ご参考まで。

もし、該当部分の複写でもよろしいのであれば・・・。
以下の方法を試してみてはいかがでしょう?


↓以下は全国の大学図書館が所蔵する資料を検索できる画面です。
http://webcat.nii.ac.jp/

こちらのフリーワードに「中国 大百科 全書」と入れて検索すると、第2版を中心に、所蔵情報がヒットいたします。
このデータベースの中には、古い情報、つまり1952年のものは入っていないと思われます。が、データ化されてないだけで、第2版を購入している大学図書館が、初版をも所蔵している確率は高い...続きを読む

Q和声進行からのクラシック作曲

コード進行(和声進行)から、クラシックを作曲するのは、邪道だとは分かるのですが、本当に邪道でしょうか?過去の作曲家で旋律からでなく和声から作曲されていた方っているのでしょうか?

また和声からの作曲が許される場合、クラシック音楽らしい和声進行を作るにはどうしたらいいですか?(楽曲を調べるのが一番ですが楽してすみません・・・)

お願いします!

Aベストアンサー

>>邪道でしょうか?
邪道じゃないですよん(^。^)数字付き低音っていうベースラインを最初に考えるんスね♪それからメロディーを紡ぎ出してスコアに書き込むんね★
>>過去の作曲家で旋律からでなく和声から作曲されていた方っているのでしょうか?
モーツァルト以前の作曲家、特にバッハなどの時代では常識でした♪
>>クラシック音楽らしい和声進行を作る
ちょっとだけ出血しちゃいますね★
四度上行三度下降二度上行の進行が基本で、1625進行って巷では言われますね。C Am Dm G7 Cです。私の場合は16425進行のC Am F Dm G7 Cが好きです。短調でしたらAm F Dm E7 Aで、最後はAmではなくAです。ピカルディの3度と言うてマイナーを強引にメジャー化する事がバロック時代までは流行っていました。その他ベタなものを上げていきますと...
Am Dm E7 Fの偽終止、Am E7 Am E7 Am F G7 CとAm調からC調への平行長調転調、Am E7 Am E7 Am F G Em Am B7 Emで属短調への転調、C G7 C G7 C D7 GのC調からG調への属調転調、バロックっぽい雰囲気を出したいときは、緩徐楽章のコーダのお決まりパターンであるフリギア終止Am E7 Am Dm Eを使うと効果的です。楽式も参考にした方がよいかと思います。
古典派の楽曲ではトニックとドミナントを繰り返して強調することが流行りました。基本は伝授しましたのであとは...m(__)m
No.1サンの言うとおりバス課題を一度なさってみるとよいかと思います。
困難を感じるでしょうが自分のものになりますので是非やってみて下さい。

参考URL:http://www5d.biglobe.ne.jp/~sak/wasei_dokuhon/400.htm

>>邪道でしょうか?
邪道じゃないですよん(^。^)数字付き低音っていうベースラインを最初に考えるんスね♪それからメロディーを紡ぎ出してスコアに書き込むんね★
>>過去の作曲家で旋律からでなく和声から作曲されていた方っているのでしょうか?
モーツァルト以前の作曲家、特にバッハなどの時代では常識でした♪
>>クラシック音楽らしい和声進行を作る
ちょっとだけ出血しちゃいますね★
四度上行三度下降二度上行の進行が基本で、1625進行って巷では言われますね。C Am Dm G7 Cです。私の場合は16425進行のC A...続きを読む

Q10年前ぐらいの洋楽の、レゲエ、R&B、ダンスホールのどれかだと思うのですが昔路上で買ったミックスC

10年前ぐらいの洋楽の、レゲエ、R&B、ダンスホールのどれかだと思うのですが昔路上で買ったミックスCDの曲をずっと探してます。

ラーブラーブラーブ又はラーラーラーと言う歌い出しで女性ヴォーカルです。声はハッキリとは覚えてませんがSashaのような声質だったと思います。多分ですがDiwaliリディムのような気がします。

情報が少なくてすいません。

Aベストアンサー

これはどうでしょう?
Crissy D - Make It Real Good

Q非和声音

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%92%8C%E9%9F%B3#.E9.9D.9E.E5.92.8C.E5.A3.B0.E9.9F.B3和音と和音を連結して和声を形成する過程で、ある和音が響いているときに、その和音の構成音以外の音が鳴らされるとき、これらの音を非和声音、和声外音などと呼ぶ。非和声音は、解決を必要とする等、和音の連結や音楽の時間的経過といった要素を無視できないため、あくまで「和声」のなかから生まれるものであり、時間の経過や連結を無視した単一の和音に、元の和音の構成音以外の音を新たに加えても、別種の新たな和音(不協和音など特殊な和音を含む)になるだけなので「非和声音」とはいえない。

■「非和声音」についてお尋ねいたします。
上記のサイトで調べますと、「非和声音」は、こう記述されていますが、いまいち、よく、わかりません。

-------------------------------------------------------------

例えば、Cの場合ですと、
(1)「3和音(トライアト・基本構成)」は、Cです。
(2)「4和音(付加音・テンションなど)」は、C△7などです。

【質問】「元の和音の構成音」とは、(1)(2)のどちらを指すのでしょうか?

--------------------------------------------------------------

自分としては、「(1)」のことだと思うのですが、ただ、「元の・・・」の文言が気になります。

「元の和音」とは、作曲する場合、「直接、4和音」で考える場合もあります。
そうしますと、「元の和音」とは、「4和音」のことも指すような気がします。

ということで、「元の和音の構成音」とは、(1)(2)のどちらを指すのでしょうか?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%92%8C%E9%9F%B3#.E9.9D.9E.E5.92.8C.E5.A3.B0.E9.9F.B3和音と和音を連結して和声を形成する過程で、ある和音が響いているときに、その和音の構成音以外の音が鳴らされるとき、これらの音を非和声音、和声外音などと呼ぶ。非和声音は、解決を必要とする等、和音の連結や音楽の時間的経過といった要素を無視できないため、あくまで「和声」のなかから生まれるものであり、時間の経過や連結を無視した単一の和音に、元の和音の構成音以外の音を新たに加えても、別種の新たな和音(...続きを読む

Aベストアンサー

回答者No1です。

そうですね。

しかし、自分では和声的な意味をC△7と決めていても、無意識に次のコードを導くための経過音として、△7を使っている場合もあると思うのです。
そうなると、それは「非和声音」となるようですね。

例えば、D→D/B のBを「非和声音」とするか「Bm7の根音(構成音)」とするかは、状況によって変わると思うのです。

Q和声学の疑問…

和声のバス課題で、短調の2の和音での注意点に減4進行と減5度の禁則をふまないように気をつけるってありました
これの意味が少しわからないのですが、誰か教えてください

あと、2の和音の第一転回で第三音がバスにあるときは普通は上3声に第3音を持ってきてはいけないはずですが、例外としておいてもよいのでしょうか?(テキストに書かれていたのですが)また、それが適用できるのはどんな場合なのでしょうか?

勉強していたら頭がこんがらがってしまいました

Aベストアンサー

>対斜をさせると増進行がうまれるので禁止されています
どうやったら回避できるのでしょうか?

対斜というのは半音階進行が違う声部に置かれる事です。
キーがC dur でAs からH に、行くような場合のことです。
そういうことをしないで順当に声部を連結させれば通常増度進行は出来ないと思います。

バス課題の場合、一声部づつ進行の音程や各声部の関係を確認していくうちに感覚的に分かってくると思います。

Q和声学について

和声学・和声法が今、広くみんなに使われているものとなるまでの歴史、みたいなものが知りたいです。サイトでも本でもいいので教えてください。

Aベストアンサー

音楽やっているみたいですね。

和声を勉強しているということで、もうこのサイトには
訪れているかもしれませんが、結構いろいろな話を例にあげ
説明をしてくれているサイトなので、参考に見てみてください。

学生時代、私も電車の中などで和声の本を読んだっけな~

自信っていうところは無視してください。(笑

参考URL:http://www.jeugia.co.jp/~se/riron.html

Q助けてください。よろしくお願いいたします。

日本語を勉強している学生です。いま「友達について」という文章を読んでいます。よく分からない所があります。わかりやすい言葉で説明していただきたいとおもいます。次は私が読んでいる文章です。

われわれをあまやかしてくれる者はけっして良友ではない。よく理解してくれようとすることは悪いことではないが、それだけでほんとうのいい友だちにはなれない。つまりいい友だちというものは、わからないところはどこまでもわからないものとしてお互いに追求し合う。ある時は責(せ)め合う。しかも意見の一致などということはない。一つの問題に対してさえ、どんなに二人が異なるかを身をもって知らされるような友情、それが尊いのである。表面だけで人と調子を合わせ、理解し合っているような顔をしている、そこにはけっして真の親しさは起こらぬ。だからほんとうの友情というものはかえって辛いものなのだ。友情の辛さをあじわうということがほんとうの友情ではなかろうか。そして、こういう交わりのできるのも青春時代だけだ。人生にはじめて目をひらきしんけんになったときでなければ、かような友情はできない。年をとるにつれてわれわれは友情よりはかえってよそよそしい社交のほうへおちていく。親しいあいだがらでありながら、如何に人間というものはお互いに違ったものであるかということをはっきり知らせるのが友情だ。青春にとってそれはしばしば驚きであり悲しみでもあろう。私は孤独を語るべくして友情を語ったが、つまり生命と生命との激しい接触のうえにはじめて孤独がわくことを言いたかったためである。そしてそういうところでわれわれの精神は練磨されるのである。妥協のない、またよりかかるところのない、道なき道の上でわれわれは訓練される。青春の孤独はむしろ精神の光栄であろう。
質問1.「わからないところはどこまでもわからないもの」って、どういう意味ですか。
質問2.「友情というものはかえって辛いものなのだ」のつらいものは具体的に何を指すのですか。
質問3.「私は孤独を語るべくして友情を語ったが」このセンテンスの意味がよく分かりません。
質問4.「つまり生命と生命との激しい接触のうえにはじめて」このセンテンスの中の「うえ」は「うちに」で言い換えますか。
質問5.「青春の孤独はむしろ精神の光栄であろう。」このセンテンスの意味も分からないのです。何を意味していますか。

よろしくお願いいたします。

日本語を勉強している学生です。いま「友達について」という文章を読んでいます。よく分からない所があります。わかりやすい言葉で説明していただきたいとおもいます。次は私が読んでいる文章です。

われわれをあまやかしてくれる者はけっして良友ではない。よく理解してくれようとすることは悪いことではないが、それだけでほんとうのいい友だちにはなれない。つまりいい友だちというものは、わからないところはどこまでもわからないものとしてお互いに追求し合う。ある時は責(せ)め合う。しかも意見の一致な...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。

>日本語を勉強している学生です

日本語を勉強している外国の方でしょうか。でも質問文は日本語がしっかりしてるから日本人の方で日本語を勉強しているのしょうか。どちらも有り得るかなと思いました。前者の場合では難しいかと思いましたが、分かりやすいように書きたいと思います。
ただ質問には答えても、例文の作者の言う事に同意しているわけでは有りません。これは読む人によると思いますので。

>質問1.「わからないところはどこまでもわからないもの」って、どういう意味ですか。

「わからないところはあいまいにして解ったふりをしてしまわないで、どこまでもわからないものとして追求し合う」と言う意味

>質問2.「友情というものはかえって辛いものなのだ」のつらいものは具体的に何を指すのですか。

前の文で
「意見の一致などということはない」
「一つの問題に対してさえ、どんなに二人が異なるかを身をもって知らされるような友情」とあります。
「一致をみない」「相手と異なる」ことを身をもって認識するのが→「つらいこと」としているようです。

>質問3.「私は孤独を語るべくして友情を語ったが」このセンテンスの意味がよく分かりません。

「孤独を語ろうとして、そのための話として友情の話を語ったが」と言いたいようです。

>質問4.「つまり生命と生命との激しい接触のうえにはじめて」このセンテンスの中の「うえ」は「うちに」で言い換えますか。

「うちに」で言い換えてもいいですが、意味合いが変わっています。
「激しい接触の”うえ”にはじめて」では「激しい接触」があって、それが前提条件としてはじめて「孤独がわく」としています。
「激しい接触の”うち”にはじめて」では前提条件のニュアンスがうすれて、事柄の時間的前後を表すほうが強くなります。
「遊んでるうちに日が暮れ始めた」「初めは面白いと思ったが、やってるうちにつまらなくなった」など。「うちに」では「〇〇している”うちに”→次にこうなった」と事柄の前後を言っています。

>質問5.「青春の孤独はむしろ精神の光栄であろう。」このセンテンスの意味も分からないのです。何を意味していますか。

その前の文で「そしてそういうところでわれわれの精神は練磨されるのである。妥協のない、またよりかかるところのない、道なき道の上でわれわれは訓練される。」とあります。「青春の孤独」によって精神が「練磨」「訓練」されるので、それは「精神にとって”光栄”なことだろう」という意味のようです。

こんばんは。

>日本語を勉強している学生です

日本語を勉強している外国の方でしょうか。でも質問文は日本語がしっかりしてるから日本人の方で日本語を勉強しているのしょうか。どちらも有り得るかなと思いました。前者の場合では難しいかと思いましたが、分かりやすいように書きたいと思います。
ただ質問には答えても、例文の作者の言う事に同意しているわけでは有りません。これは読む人によると思いますので。

>質問1.「わからないところはどこまでもわからないもの」って、どういう意味ですか...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報