黄銅の表面分析にSEMとEDXを使いました。原理を調べて卒論で簡単に説明したいのですが、調べてみてもイマイチ分かりません。
結局何を検出しているのでしょうか、どのような信号を読んでCuがあるとか、わかるのですか?どなたか、詳しい方、教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

SEMは走査型電子顕微鏡。


Yahooで「SEM 電子顕微鏡」として検索してみました。
例えば、
http://www.remus.dti.ne.jp/~kkkkwing/index.html

EDXはエネルギ分散型X線分析装置。
Yahooで「分析顕微鏡」として検索してみました。
例えば、
http://www.kiyokawa.co.jp/tech/analyze/index.html

SEMは電子を当てて反射電子や二次電子を見て、サンプルの形状を見ます。
EDXはSEMやTEM(透過型電子顕微鏡)に付属していて、電子を当てた時に
出てくる特性X線を見て、元素分析を行います。SEMやTEM像と対応させて、
特定の部分の元素分析やマッピングを行うことができます。

特性X線は良いですか? 何らかの手段で原子を励起状態(電子が別の高い軌
道に移ること)にして、それがより低い状態や基底状態に落ちる時に、放出
されるX線のこと。それぞれのエネルギ準位は元素によって異なるので元素
分析ができる。

以上

この回答への補足

 どうも有難うございます。ついでにもう一つ、よろしいですか?
元素ごとに特定X線があるのは分かりましたが、
例えば、CuとSがあったとして、それぞれ特定X線がありますよね、
その個々のX線に名前はあるのでしょうか?Sは何線とか、Cuは何線とか、
『EDXで分析した結果、硫黄が検出された。』
という文ではなく、これが検出されたから、硫黄があると確認できた!
という風にしたいのです、、、
特定X線で検索しても個々の元素についての説明はなかったもので困っています。
よろしかったらお願い致します。

補足日時:2002/02/26 13:55
    • good
    • 0

> 例えば、CuとSがあったとして、それぞれ特定X線がありますよね、


> その個々のX線に名前はあるのでしょうか?Sは何線とか、Cuは何線とか、
そうです。SのKα線とか、一つの元素でも色々遷移があるので、命名の決まり
があるようです。

そういうのは図書館に行ってデータブックとかハンドブックを見ると乗ってい
ます。
Yahooで「特性X線」で検索してみました。山のように出てきたので「準位」
とか「遷移」で絞ってみましたが、あまり減りませんでした。とりあえず、
下のURLを挙げておきます。
このページから目次に戻って「特性X線の波長」-「データ」とリンクを辿ると
そのページのしたの方に元素で検索できるようになっています。しっかり見ては
いませんが、ちょっと古いデータのようです。専門家ではないのでよくは分かり
ません。web上にもあると思うので、もっと探してみるか、図書室で調べるのが良
いと思います。

色々調べてみてください。

参考URL:http://dental.senzoku.showa-u.ac.jp/dent/radiol/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうも有難うございました。発表に間に合いそうです。

お礼日時:2002/02/26 17:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水素炎イオン化検出器(FID)の原理

ガスクロマトグラフィーのの検出として用いられる水素炎イオン化検出器(FID)の原理の説明を読むと、有機化合物を(有機に限らないのかもしれませんが)水素炎の中で燃焼させ、その際に放出される電子を陽極に集めた際に発生する電流値の変化により、有機化合物を検出する。というような説明がなされています。
根本的なことなのですが、有機化合物が燃えると、何故電子が放出されるのでしょうか?
単純な化学反応のスキームを考えると、燃焼反応は電気的には中性な反応のように思うのですが。
お願いします。

Aベストアンサー

要するに,炎というものがプラズマ状態だということです.

Q定性分析(金属イオンの検出)

 こんにちは。
 高校化学1の単元で、金属イオンの検出方法として、検出試薬を用いて金属イオンを沈殿させる方法(定性分析)が載っていますが、どの金属イオンがどの試薬と反応して沈殿するのか(または、どの試薬がどの金属イオンに反応して沈殿するのか)がいまひとつ覚えることができないでいます。問題集の問題によく出てくるみたいですが、なにかいい考え方はないでしょうか?それとも、ともかく暗記するしかないにでしょうか?

 皆さんはどうやって覚えたのでしょうか?
 よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

高校1年の範囲ですと、20個くらいだから、沈殿の出きる硫化物・水酸化物・塩化物・硫酸化物とアンモニアで溶ける錯体を暗記して終わりでしょう。

族で覚えて、例外の反応を10個くらい覚えれば終わりです。

Q無機陽イオンの系統分析でのカドミウム検出

無機陽イオンの系統分析をやりました

検液に入っている陽イオンはNi2+,Cd2+,Ba2+だったのですが、Cd2+を検出後、しばらくたってから試験管に黒色沈澱が現れました。
NiSかなと思ったのですが、実験上ほとんどありえないと思います。
なので、CdOか、Cd(OH)2だと思うのですが、これらの色は黒色ですか?
また、ほかに黒色の物質でありうるものがあれば教えてください

Aベストアンサー

ご承知と思いますが、NiSの沈殿は酸性では生じません。
なので、溶液の状態でNi2+が共存していいて、それがこの時点で生じたのかもしれません。
この辺りのことは『可能性としては、沈殿を洗わなかったことが考えられますが、3回は洗ったので、そんなに多くのNiSが生成する理由が見つからないのです。』と書かれていることから、否定的に考えておられるのでしょうが、少量でも残っていればNiSが生じる可能性があると思います。黄色の沈殿に黒いものが混ざると、実際の割合以上に黒が多く見えるということもあるかもしれません。
また、洗浄の際には十分に水は除けていたでしょうか。ろ過をしているわけはないでしょうから、遠心分離でもなさったのでしょうか。それであれば、かなり奇麗になっているでしょうが、そうでなければNi2+が残っていた可能性は否定できないと思います。

また、まったく別の可能性としてイオウが遊離してくる可能性もありますが、この場合にはかなり質感が違うと思います。

いずれにせよ、上記のことは単なる想像ですので、実際のところはわかりませんね。

QCu,Fe,Mg,粉末の燃焼

Cu,Fe,Mg,の粉末の燃焼前の変化と、燃焼後の変化が解りません。
教えて下さい。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

2Cu+O2→2CuO(黒色)
更に燃焼すると
4Cuo→2CuO2+O2(赤色)になります。

3Fe+2O2→Fe3O4 (黒さび)

2Mg+O2→2MgO

左側が燃焼前で、矢印の右側が燃焼後です。

こんな感じでよかったのかな。参考に

Q黄銅を作る際になぜ亜鉛メッキされるのか

黄銅をつくる際に「NaOH水溶液に亜鉛粉末を加えて加熱し銅片を入れると表面に亜鉛がメッキされる」そうですが、なぜ亜鉛がメッキされるのですか。インターネットで調べてみると
[Zn(OH)4]2- + 2e- → Zn + 4OH-
上記の反応が起こるとかかれています。
「テトラヒドロキソ亜鉛(II)酸イオンが、銅板へ移動してきた電子の一部と反応し、還元され金属亜鉛に戻り銅板が亜鉛めっきされる。」ということらしいです。
亜鉛が溶けて[Zn(OH)4]2- になることや、亜鉛が溶けて銅片上2e-が発生するのもわかりますが、なぜ[Zn(OH)4]2- が還元されるのかわかりません。
基本的な質問で済みませんがよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 亜鉛末ではなく,亜鉛板(電極)としてお考えください。
電解液中で銅と亜鉛が接すると,局部電池が生じ,亜鉛は
亜鉛酸イオン[Zn(OH)4]2-として溶け出します。
このとき生じる 2e-が銅板に移動し,銅板表面で
亜鉛酸イオンを還元し,

< [Zn(OH)4]2- + 2e- → Zn + 4OH-
を起こすのです。これは,銅板が覆い尽くされるまで
起こります。 いかがでしょうか。

 なお,蛇足ながら,この実験はさらに深い奥があります。
 ご理解の通り,黄銅(真鍮)は銅と亜鉛の合金です。
 銅板表面を黄銅化するためには亜鉛を加えなければ
なりません。

 安易な方法は,嫌気環境下で溶融銅(融点1084.4 ℃)の中に,
亜鉛(融点419.5°C)を入れればよいわけで,実は大変設備と
コストがかかります。

 ところが,亜鉛錯体(テトラヒドロキソ亜鉛(II)酸イオン)
から生じた亜鉛はナノ粒子のため,比較的低温(炎では瞬時。
沸騰水内では30分くらい,手のひらの熱でも可能)で,
銅内に亜鉛が入りこみ,合金となります。よって,実験的には,
メッキして暖める方法が早く,確実です。
 また実際になされる際は,ナトリウムよりカリウムの方が
綺麗にできます。また,炭酸カリウムを用い,メッキしたい側に
電圧をかければれば,比較的安全・綺麗・堅牢・短時間にでき
ます

 亜鉛末ではなく,亜鉛板(電極)としてお考えください。
電解液中で銅と亜鉛が接すると,局部電池が生じ,亜鉛は
亜鉛酸イオン[Zn(OH)4]2-として溶け出します。
このとき生じる 2e-が銅板に移動し,銅板表面で
亜鉛酸イオンを還元し,

< [Zn(OH)4]2- + 2e- → Zn + 4OH-
を起こすのです。これは,銅板が覆い尽くされるまで
起こります。 いかがでしょうか。

 なお,蛇足ながら,この実験はさらに深い奥があります。
 ご理解の通り,黄銅(真鍮)は銅と亜鉛の合金で...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報