1.美味しいモノ
2.濃縮還元でなくストレートのモノ
3.ギフトで郵送できるモノ

あとできれば、ネットで注文できて、通常の缶サイズがベストです。
全部当てはまらなくてもこれがおすすめというのが
あれば教えて下さい(いろいろ検索してもいいのがないので)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ピッタリ当てはまる部分は少ないのですが(^-^;


「キューバ物産」のTROPICAL Island ジュース はどうでしょうか。

1は個人的主観だと思いますが、私は美味しいと思いました。
2はクリアしています。
3は、問合せをしていないのでわかりません。
(私自身は、店頭で購入しましたので)

ネット注文は可能で、その場合は27本セットになります。
缶ではなく、紙パックです。

既にここは検討済みだったら、ごめんなさい。

参考URL:http://www.casa-de-cuba.com/import/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
まさにこれが欲しかったの・・・。
でも電話したら4月まで在庫切れだそうです。
とりあえず、次回以降頼んでみたいと思います。
またなにかありましたらお願いします。もう少し待って締め切ります。

お礼日時:2002/02/28 13:04

残念でしたね。

在庫切れでしたか。

では、飲んだことはないものなんですが(^_^;)
検索で出たものをご紹介します。

ストレート・ネット通販(多分ギフトも受けてもらえます)は当てはまっていますが、
残念ながら1リットルサイズです。
一応、参考までに。

http://www.organic.co.jp/food/drink.htm
http://www.rakuten.co.jp/fec-tyo/447544/447545/
    • good
    • 0

こんにちは。


私は、グレープフルーツジュース好きです。
私のオススメは、「無印良品」のものです。
たしか、フロリダ産だったと思います。
muji.netというHPがあって、ネット注文ができ(会員登録が必要)、
ギフトで配送してもらえます。
ただ、缶ではなく、缶ジュースのカタチのパックです。
URLを載せますので、よかったら見に行ってみてくださいね♪

参考URL:http://www.muji.com/webapp/commerce/command/Prod …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
無印もいいんですが、濃縮還元なんですよね。
ちょっと考えます・・・。
またなにかありましたらお願いします。もう少し待って締め切ります。

お礼日時:2002/02/28 12:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q青森産の100%濃縮還元リンゴジュースは濃縮還元する意味あるのでしょうか?

青森産のリンゴジュースをかいました。裏の表示を見ると「濃縮還元」と書いてあります。濃縮還元とは一度絞り汁を沸騰させて濃度を高めて輸送コストを安くして、供給地の近くで濃度1倍に希釈する技術だと聞きました。
そもそも、青森で作っていて、青森でジュースにしているのであれば濃縮還元する意味がないように思うのですが、なぜ濃縮還元しないといけないのでしょうか?

Aベストアンサー

濃縮還元とは、煮るわけではなくて、水分を蒸発させて、成分風味を残したまま圧縮保存して、戻す時に水分を戻す方法です。

次に説明があります。

キリンビバレッジ お客様相談室
飲料についてのお役立ち情報 > ストレート果汁と濃縮還元果汁について
http://www.beverage.co.jp/contact/report/07.html

そのために、長期保存が可能で品質レベルも高いまま保存できるのです。

Q濃縮還元ジュース、うちで還元できればいいのに。

濃縮したまま販売して、各自カルピスのように水でのばして飲めばいいと思うのですが、なにか不都合なことでもあるのでしょうか。

Aベストアンサー

昔売ってました、ニチレイの「The400」という商品名で
約40年前です。
すぐに売らなくなったから、売れなかったんでしょう
(40年前は100%ジュースを飲む人が殆ど居なかった、
バヤリースの10%が濃いというレベル)

とりあえず、輸入品ではあるみたい
http://www.imaigroup.com/products/foods.htm
希釈時の%が書いてないけどね。
http://www.imaigroup.com/products/f_p5.pdf

http://www.oopsweb.com/2000/hikaku/0006_2/juice.html

アメリカでは当たり前のように存在するらしいので
海外系の「コストコホール」でも売ってるらしいから
カルフールでもあるかもね。

Q野菜ジュースは濃縮還元?

野菜ジュースは濃縮還元?
今日スーパーで買い物をしていて、はたと気が付きました。
果物のジュースには必ずストレートか濃縮還元か表示してあるが、野菜ジュースは表示のないものが多いのです。
その理由がわかる人がいたら是非教えて下さい!

Aベストアンサー

表示の規則関連については、No.1さんの通りだと思いますので、技術関係の事で申し上げます。
野菜ジュースをはじめとする農産加工製品に関しては、農産物に季節性があるために、その生産時期は限られます。圃場(農地)での露地栽培で通年生産を行う事は不可能ですし、季節によっても収穫された農産物の味が変わりますから、一定の味の製品を作ることはできません。全てを農業工場の様な施設で水耕栽培などの方法で作れば可能性がないとは言いませんが、設備費や味などの点で露地栽培には及ばないかと思います。

従って、多くの農産物の加工品は、収穫時期に一気に加工を行い、保存性を与えた状態で年間使用するのが普通です。
果汁の場合、5倍程度に濃縮した後、完全滅菌を行ってタンクなどに貯蔵して保管します。トマトも同様で、詳しい濃縮倍率は知りませんが、可能な限り濃縮して保存されるはずです。濃縮を行うのは、貯蔵のためのスペース、および滅菌等に関わるエネルギの節減、そして保存性の付与です。酸度が高いほど保存性が上がりますので。

濃縮で問題となるのは、フレーバの散逸です。特に果実のジュースには、極めて多数の様々な香気成分が混じっています。この内の低沸点成分は、蒸発しやすいために濃縮を行うと蒸気と一緒に蒸発してしまいます。
蒸発蒸気の中から香気成分を蒸留法などで取り出して濃縮果汁に戻す技術も進んではおります。しかし微量な香気成分のバランスが失われるために、人間が感じる香気としては、どうしても変化が感じられます。
そもそも嗅覚は命を守る本能のために存在するため、似ていて非なるものを嗅ぎ分ける力があります。その分別力は、高度な分析機器でさえ及びません。

この様な理由で、濃縮還元ジュースはその表示が求められる様になったのではないかと考えます。
なおトマトは濃縮しても香気の散逸が少ないと思います。また野菜ジュースに用いられているニンジン、セロリなどは比較的通念栽培が可能な事と、使用量が必ずしも多くはない事から、濃縮保存はしていないと推定しています。

トマトジュースに限って言えば、おそらくは濃縮還元品で作った製品と、収穫時だけに生産するフレッシュ品の2種類があるのではないでしょうか。製造技術の点から考えれば、夏場に作ったフレッシュジュースを翌年まで保存できる技術はあるはずですが、日付などの点で消費者感情として受入れて貰えないのではないかと思います。

表示の規則関連については、No.1さんの通りだと思いますので、技術関係の事で申し上げます。
野菜ジュースをはじめとする農産加工製品に関しては、農産物に季節性があるために、その生産時期は限られます。圃場(農地)での露地栽培で通年生産を行う事は不可能ですし、季節によっても収穫された農産物の味が変わりますから、一定の味の製品を作ることはできません。全てを農業工場の様な施設で水耕栽培などの方法で作れば可能性がないとは言いませんが、設備費や味などの点で露地栽培には及ばないかと思います。

従...続きを読む

Q濃縮還元の100%フルーツジュース

濃縮還元の100%フルーツジュースは、その濃縮前の果物にある栄養素は摂取ほとんど壊れてしまうのでしょうか?
(摂取できないのでしょうか?)

栄養の種類にもよるとは思いますが、多少でも摂取できるのか、目安を知りたいです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

論より証拠。データを見比べてください。

オレンジのカロリー - 簡単!栄養andカロリー計算
http://www.eiyoukeisan.com/calorie/gramphoto/kudamono/orenji.html
オレンジジュースのカロリー - 簡単!栄養andカロリー計算
http://www.eiyoukeisan.com/calorie/gramphoto/nomimono/orange_j.html

150gと200gの比較なので公平な比較とはなりませんが、決して濃縮還元ジュースが劣っているわけではないことが分かるはずです。

はっきり脱落してしまうのは食物繊維だけです。食物繊維だけは、濃縮還元ジュースには含まれていないと理解されてかまいません。

ただし補足して置きたいのは、濃縮還元ジュースはあくまで加工品だということ。栄養成分だけをみると原材料と変わらないように見えますが、加工の工程で元の栄養成分が失われ、それを後から食品添加物として、添加して辻褄合わせをしているのです。また個々の製品はメーカーによって異なる製造工程を経ていますから、すべての製品において前述のデータが当てはまることは保証できません。あくまで目安に過ぎないことをご理解ください。

原材料のビタミンCも食品添加物のビタミンCも人体にとっては同じです。

論より証拠。データを見比べてください。

オレンジのカロリー - 簡単!栄養andカロリー計算
http://www.eiyoukeisan.com/calorie/gramphoto/kudamono/orenji.html
オレンジジュースのカロリー - 簡単!栄養andカロリー計算
http://www.eiyoukeisan.com/calorie/gramphoto/nomimono/orange_j.html

150gと200gの比較なので公平な比較とはなりませんが、決して濃縮還元ジュースが劣っているわけではないことが分かるはずです。

はっきり脱落してしまうのは食物繊維だけです。食物繊維だけは、濃縮還元ジュースに...続きを読む

Q例えば濃縮還元100%トマトジュースとは

トマトに限りませんが、果物ジュースに「濃縮還元100%」という表示のものと、これと同じ品名のジュースで100%果汁(濃縮還元の表示がない)ものとがあります。濃縮でないほうが価格は高いようです。価格が違うので濃縮の意味や、栄養価の違い等関連するご指導をいただければ幸いです。独身男性、今までトマトジュースを何も考えずに飲んでいました。ふと価格が安いので見たところ濃縮還元を知りました。食の知識が無いので参考事項等も含め教えていただけると有難いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 濃縮還元果汁とストレート果汁の違いですね。濃縮還元は保管しておいた原料を加工するだけなので、生産は年中行えますし、原料産地の選択条件も広くなります。したがって賞味期限の短いものも製造可能で、比較的安価に製造することができます。複数の原料を使う野菜ジュースなどは濃縮還元が基本となります。
 ストレート果汁は名前そのもの、採れた産物を即時加工してしまいますので、基本はその産物が採れた時の一回しか製造ができません。したがって価格はやや高め、単一原料を使った比較的プレミアの高い商品として扱われることが多いです。

 栄養面については、高温加熱濃縮を行っていた大昔と違って現代では「真空蒸発法」が主流ですので、そんなに遜色がないようになっています。ただ、どうしても香りが飛びがちになりますので、香料が添加されることは多いです。また「凍結濃縮法」「逆浸透濃縮法」といった特殊な方法で濃縮されたものはほとんどストレート果汁と変わりがないそうです。

 ということで、どっちでも大きな違いはない、ということになりそうです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報