痔になりやすい生活習慣とは?

1ヶ月着たスーツをクリーニング屋でだめにされました。クリーニング屋は現物で弁償しようとしてメーカーに問い合わせましたが在庫切れということで、定価の10万円をくれました。実際はバーゲンセールで半額で買ったものですが、半額だけもらえば懸賞の賞品やひとからプレゼントされたものだったらもらえない理屈になると思って黙って受け取っておきました。このことは法律上は正しい行動だったのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

50000円返して・・・私も嫁・子供2人の普通の洗濯やです。

悪気は、ありませんでした。申し訳ございませんでした。
    • good
    • 0

詐欺の可能性もないとは言えませんね。



店側が5万円の商品だと認識していて、差額を慰謝料として支払ったのなら問題ありませんが、明らかに質問者さんは実際の購入価格より多い金額を受け取っている、すなわち不当利益の認識があるわけですから、これは無効でしょう。
店側はメーカーから10万円と聞いても、質問者さんは10万円ではないという認識をもっていたわけですよね。
それで店側が錯誤している事までわかっていたのなら、悪質です。
また、クリーニングの賠償については規定があります。
http://www.oc929.net/houki/baisyo.htm
買って一ヶ月なら購入価格でしょうが、実際には減価償却しますので購入価格にはなりません。
    • good
    • 0

基本的には、幾らで取得したのかは関係なく、「その物品の時価」が本来の賠償金額です。


その意味では新品価格で貰ったということは、時価との差額は余分といえます。

しかしながらそれが特に高額でなければ、その差額分は迷惑料として解釈することも出来、特にこれに対する規制はありません。(社会通念上妥当な範囲の金額であれば、税務署もそれを所得とはみなさないので税金上も問題ありません)
    • good
    • 0

問題ないと思います。


あなたがもし、そのスーツがとても気に入っていてもう一度同じものを購入しようとする時、バーゲン価格で購入できるとはかぎりません。(厳密にいえば10万5000円ってところですかね。)
良心的な業者で良かったですね。
    • good
    • 0

災難ですね。


クリーニング屋さんの方が問い合わせて10万円を払ったのでしたら問題ないです。
スーツ代と言う名目ですがスーツ自体の金額プラス謝罪金という形で支払われたのだと思います。
相談者が使われているクリーニング屋さんはかなり親切なお店です。他ではそんな話は全く聞きませんしお客さんを大事にする姿勢がその金額に現れていますので問題なくもらっておいて下さい。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qクリーニングで破損した物の弁償について

こんばんわ。
今後、私の身にも起こるかもしれないので、その前に少し勉強しようと思います。
片手間でよろしいので教えていただければ助かります。
私の知人のお話です。
要点まとめる為、いったん箇条書きします。

量販店で、床に敷く敷き毛布を6000円ほどで購入。

しかし、買って1週間ほどで鍋をこぼしてしまい盛大にシミを作る。

自分で洗うと縮んでしまうと思い、汚れを軽く落とした状態でクリーニング店へ。

約2000円前後の金額を支払い、5日後ぐらいに取りにいく。

敷いてみると明らかに縮んでおり、(縦、横、ともに10cm程)、とりあえず店に電話いれる。

店の人曰く「洗って若干縮むのは仕方ない。そういう製品です。」「クリーニングはしてるので問題ありません。」のスタンス。

知人曰く、縮むのであれば、最初に縮むかもしれないと注意するべき。
兎に角見てから判断しろと言うことで、クリーニング店に持っていく。

店、工場に相談してみるということで、ひとまず商品を預かる。

これから、1週間ほど連絡もなく放置される。

1週間後、店から電話が
・10cmとおっしゃいましたが、正確には7cmです。
・クリーニングに持ち込む前に、1回洗われてますよね?(←無論、知人は一回も洗ってません。)
と1週間放置された知人の怒りの炎に大量の油を投下する。

知人、電話口で無双乱舞状態。店がもう一度、工場に確認をとるということでその場は収まる。

これから、10日ほど連絡なく放置される。
※放置されている10日間、1回だけ電話があったそうですが、前回の油どころではなく、ガソリンを投下した模様。
内容は書きませんが、正直作り話だろ?と疑いたくなるぐらいの内容です。

10日後、店から電話があり、今回は仕方ないので、金額分(6000円)のクリーニング券を差し上げるとの事。
知人は、二度と行かないから券はいらない。クリーニング代を返せと言ったらしいですが、
店側は、代金の返却は無理。クリーニング券以外には、どうすることもできないと言ったそうです。

知人、何もなしだと実質の負けだからという事で、クリーニング券を受け取りにいく。
愛想も何もなく、すごく迷惑そうな顔をして、毛布と券を渡してくれたそうです。



ざっとこんな感じです。
知人に話を聞いている分では、店側が失礼だと思ったのですが、そこでふと疑問がわきました。
・もしかして、「縮むかもしれませんが、クリーニングするということはそれを承諾したとみなします」みたいな注意書きが店のどこかに小さく張られている、または、そういう事が前提となっているのでしょうか?
・破け、焦げみたいな客観的に見てやらかしたものは、弁償の対象になるが、
縮みなどの主観に若干作用される場合(店側が縮んでません。元からそのサイズでしたと言ってしまえる場合)は弁償しなくていいみたいになっているのでしょうか?
・クリーニング券でしたが、クリーニング代の返還、もしくは現金で6000円もらうことはできなかったのでしょうか?

私自身もそうですが、色あせ、特に縮みなどを気にしているから自分で洗わないでお金を払ってクリーニングしているのが一般の感覚だと思います。
知人の言う様に、洗う前に縮むかもしれませんの一言があれば、自分で洗う、もしくは、それを了解して洗ってもらうとういことで、トラブルにはならなかったと思います。
長くなりましたが、片手間でよろしいので、私に知識授けてください。お願いいたします。

こんばんわ。
今後、私の身にも起こるかもしれないので、その前に少し勉強しようと思います。
片手間でよろしいので教えていただければ助かります。
私の知人のお話です。
要点まとめる為、いったん箇条書きします。

量販店で、床に敷く敷き毛布を6000円ほどで購入。

しかし、買って1週間ほどで鍋をこぼしてしまい盛大にシミを作る。

自分で洗うと縮んでしまうと思い、汚れを軽く落とした状態でクリーニング店へ。

約2000円前後の金額を支払い、5日後ぐらいに取りにいく。

敷いてみると明らか...続きを読む

Aベストアンサー

クリーニング事故賠償基準によれば、業者に過失があると推定され、客の過失を証明したときは賠償を免れる。
3条 過失の推定


人気Q&Aランキング