夫婦二人とも社員で働いていたのですが、昨年二人とも退職したので確定申告しようとおもうのですが、その場合別々の申告用紙で申告するのでしょうか?計算すると別々にしたほうがたくさん還付されるようです。ふたり一緒にする場合妻の方が収入が多いのですが夫を配偶者にした方がいいのでしょうか?給与控除をひいた所得は夫は67万で妻は113万です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

確定申告は、お二人が別々の用紙で申告します。



給与所得が38万円以下でないと、控除対象配偶者になりませんから、ご主人を配偶者控除の対象には出来ません。
ただし、配偶者特別控除が11万円適用になりますから、ご主人を配偶者にしたほうが有利です。

その他の、退職後の国民健康保険料や国民年金の掛け金も、社会保険料控除の対象になりますから、忘れずに申告しましょう。
これは、金額だけ記入すれば、証明書は必要有りません。
又、ご夫婦のどちらから控除しても大丈夫ですから、所得の多い人から控除しましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

配偶者控除は二人とも無理だけど妻を世帯主にすると配偶者特別控除は可能なのですね。ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/26 16:29

 それぞれが給与収入があり、所得税も源泉徴収をされていると思いますので、別々に確定申告をすることになります。

又、ご質問内容の所得では、税法上の扶養家族にはなりません。税法上の扶養となる給与収入額は103万円で、給与所得にすると65万円を控除した38万円の給与所得を超えた場合には、扶養とはなれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。しっかりと確定申告して、税金を取り戻したいと思います。

お礼日時:2002/02/26 16:32

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q家族経営(夫と妻の二人)の有限会社の社長(夫)が亡くなった場合

例えばの話で恐縮ですが、ご質問させていただきます。

例えば、家族経営(従業員は夫と妻の二人だけ)の有限会社の社長(夫)が亡くなったとします。
妻や子供たちが社長になることを拒否した場合、この会社はどうなってしまうのでしょうか。

また、例えばこの会社を畳むことになったとします。
負債がなく、支払い予定もなく、1億円程度の残金がこの法人の口座に残っていた場合、これは誰のものになるのでしょうか。

わかりにくい質問で申し訳ございませんが、お詳しいかた、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

会社なら取締役が登記されているはずですが、その登記が10年以上変更されないままだと登記官の職権で会社の登記が抹消されます。ということは有限会社が存在しなくなります。
会社をたたむこととなれば会社の資産は会社の資本の出資者の出資割合に応じて分けることになります。出資者がなくなっていれば相続人が相続することになります。
もし負債のほうが多ければ破産手続きをすれば保証人になっていない限り出資金以上の分については出資者やその相続人は責任を負う必要はありません。

Q17年度の還付申告と今年の申告

私は主人、主人のご両親と同居の被扶養者、派遣社員です。
去年の2月妊娠中毒になり入院し、自然分娩で出産致しました。その時の費用は中毒症で入院とあり、子供も低出生乳児として入院し全部で29万程かかりました。その時主人の家族に一緒に医療費控除しようとしたら
「既に医療費が10万超えてるから申告はしてもしなくても変わらない」
と言われそれを鵜呑みにして申告いたしませんでした。後で実兄に聞いたところそんな事はない、申告すればよかったのに。と言われ初めて申告しなくてはいけないことに気づいたのですが既に申告時期が終わっていた為時期を逃してしまいました。なので出産費用の申告はもう出来ないと諦めていたとき、こちらで還付申告という言葉を知り、申告できるのではないかと思い質問させて頂きました。
あと、今月の終わりに中絶を致します。只今3ヶ月末になり、胎児に異常がありやむ終えず中絶を致します。そこで、医者には胎児の異常で中絶は出来ないから経済的な理由でしますよ、と言われています。費用は10万くらいだそうですが、これは今年の申告に医療費控除として申告できるのでしょうか?
素人で知識がない為わかりづらいかと思います。

あと、一応派遣会社でも年末調整はありましたので、今年の分は生保を添付して提出致しました。
宜しくお願い致します。

私は主人、主人のご両親と同居の被扶養者、派遣社員です。
去年の2月妊娠中毒になり入院し、自然分娩で出産致しました。その時の費用は中毒症で入院とあり、子供も低出生乳児として入院し全部で29万程かかりました。その時主人の家族に一緒に医療費控除しようとしたら
「既に医療費が10万超えてるから申告はしてもしなくても変わらない」
と言われそれを鵜呑みにして申告いたしませんでした。後で実兄に聞いたところそんな事はない、申告すればよかったのに。と言われ初めて申告しなくてはいけないことに気づい...続きを読む

Aベストアンサー

還付申告は5年さかのぼってできますが、この質問は状況が違うようです。
「既に医療費が10万超えてるから申告はしてもしなくても変わらない」
ここをよく調べないと、何とも言えません。この言葉の裏に、すでに申告する分で税金がすべて還付されるという状況であれば、医療費を増やしても何も変わりません。そういう状況なら、この言い方は正しいです。払った税金が還付の限度です。
それから、仮にそうでなく医療費を追加したい場合、一度確定申告しているので、修正申告になると思います。
事情を調べて、税務署に相談して下さい。

今年の医療費は、年明けに還付申告できます。

Q確定申告で医療費控除と主婦のパートの源泉徴収税の還付の両方を申告すると医療費控除で戻る額が変わりますか?

今年は主婦である私が60万円ほどのパート収入を得て、所得税が2880円引かれました。(源泉徴収表もあります)
確定申告をすると税金で引かれた全額が戻るとパート仲間に聞きました。

毎年、医療費控除の申告をして還付金を受けてきました。今年も医療費がかさみ確定申告をしますが、
今回、パートの所得税の還付を合わせてすること、主人の収入と私のパート収入が加算され医療費の還付金額が減るのかどうかが気になります。
2880円の私の所得税を還付するために、医療費の還付金額が減るのであれば…夫の収入での医療費控除のみ行い、私の所得税の還付申告はしない方が賢明なのかなぁ、と迷っています。

確定申告のシステムも良くわからないので、その点についてご回答をよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

税金の計算は、個人個人で行います。

質問者さんが、源泉徴収された所得税を還付してもらうのに、確定申告したからって、ご主人の収入に質問者さんのパート収入が加算されるわけじゃありません。
それぞれ申告しても、奥の方では合算されるって事も、ありません。

結論として、質問者さんが還付申告したところで、ご主人の収入や医療費控除の申告には何も影響しません。ご主人の医療費控除の申告をするために、質問者さんが還付申告を遠慮する必要性はありません。
(ただし、ご主人の、配偶者控除・配偶者特別控除の部分は間違えずに申告してくださいね)

Q住宅ローン借り換え 夫婦別々のローンを夫一人に

住宅ローンの借り換えを考えています。
住宅の権利(?)は夫5分の4、妻5分の1です。現在の住宅ローンは夫2500万円、妻500万円
です。先日、銀行で借り換えの相談をしたのですが、A銀行は「手数料などを抑えるためにも、ロー
ンを一本化(夫3000万円)したほうが良い。」というプランでした。しかし、別のB銀行では、「ローンを一本化すると贈与税が発生する可能性があるのでやめたほうが良い。手数料は2人分かかるが
今までどおり夫と妻、別々でしかローンを組めない」との話でした。(A銀行、B銀行、どちらの場合で
も現在のローンに比べるとローンの負担はかなり減ります。)
調べてみたところ、B銀行の言うことが正しいような情報が多いのですが、イマイチはっきりしません。
ご存知の方、ご回答お願いします。

Aベストアンサー

>調べてみたところ、B銀行の言うことが正しいような情報が多いのですが…

そのとおりです。
親子や夫婦は相互に扶養義務があり、日常の生活費を出し合うことは税法上の贈与ではありません。
しかし、住宅までは扶養義務の範疇ではなく、夫婦間でも贈与となります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4405.htm

贈与税には年間 110万円の基礎控除があり、元金が 500万では年あたり 110万以下にはなると思いますが、落とし穴があります。
毎年 110万以下の贈与を繰り返すとこれは一度にまとめてもらったという解釈ななるのです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4402_qa.htm#q1

夫は、
(500 - 110) × 20% - 25 = 53万円
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4408.htm
の贈与税を申告納付することになります。

>現在のローンに比べるとローンの負担はかなり減ります…

返済額が減る分とと贈与税とを天秤にかけて判断しましょう。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>調べてみたところ、B銀行の言うことが正しいような情報が多いのですが…

そのとおりです。
親子や夫婦は相互に扶養義務があり、日常の生活費を出し合うことは税法上の贈与ではありません。
しかし、住宅までは扶養義務の範疇ではなく、夫婦間でも贈与となります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4405.htm

贈与税には年間 110万円の基礎控除があり、元金が 500万では年あたり 110万以下にはなると思いますが、落とし穴があります。
毎年 110万以下の贈与を繰り返すとこれは一度にまとめてもらったという...続きを読む

Q妻との家族割 携帯電話の支払いを夫婦別々にしたい

携帯電話の支払いのことで聞きたいのです。少しややこしい話ですが、
家族割で
夫 1台 (夫名義)
妻 1台 (妻名義) これがややこしい原因

支払いは夫の口座から、二人分引き落とされている状態です。

現在2年、妻と別居中で、今も夫が払っているのですが、自分の分は払えと言っていますが、妻は支払いに応じてくれません。

auショップで聞いたのですがやはり名義人、本人がショップに新しい引き落とし先銀行の通帳と免許書など持参して出向かないと、変更手続きできないそうです。なので妻の分だけ、引き落とし口座を別に移してその銀行の口座を空にして支払いをSTOPと考えましたがそれもできません。
それができたとしても、結局妻の未支払い分は夫にきてしまい、夫の携帯も止められたりしたら面倒です。2台とも夫名義ならなんら問題はなかったのですが。

夫は今の携帯を仕事上、換えたくありません。

このまま払い続けるのも馬鹿らしいので、やはり携帯会社を換えるしかないのでしょうか?

なにかいい方法分かる方教えてください。

Aベストアンサー

1.今と同じ銀行の違う支店に、新しい銀行口座を作る。
2.給与などの振り込み先を新しい口座に変えてもらう(会社は同一銀行の他支店なら変えてくれる筈)
3.携帯電話以外の、公共料金やカードやローンなどすべての自動引き落とし口座を新しい口座に変える。
4.家族割を解除し、自分の分、妻の分が個々に請求されるようにする。
5.携帯の自分の分の請求の引き落とし口座を新しい口座に変える。妻の請求分はそのまま口座を変えない。
6.旧口座から新口座に全資金を移動する。
7.旧口座からの資金の出入りが無くなったのを確認してから、口座を凍結する。
8.携帯電話会社に「妻名義の分は妻に請求しろ」と申し出る。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報