天然資源である原油は近い将来枯渇すると言われています。これに対してエネルギー問題は取りざたされるのですが、原油→石油を主原料とする商品もなくなることになりますよね。例えば、プラスティックのように。
そうするとこれに替わる商品を開発する企業は将来有望ってことでしょうか。

ところで、石油を主原料とする製品て、いったいどんなものがあるのでしょうか。
お知恵を拝借!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

管理者より:


同等の質問があるのでそちらをご参照下さい

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=225369
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QIFRSの読み方について

IFRSの読み方について教えてください。

アイエフアールエス、アイファス、アイファース、イファースなど読み方があるようですが、日本では標準的な読み方はありますか?また、グローバルで共通した読み方はありますか?

全社で共通した読み方で統一したいと考えております。

Aベストアンサー

IFRSの読み方は、現時点の日本では様々です。
各種セミナーに行きましたが、講師をされる方によってまちまちです。

ひとりの講師の方の説明では、IFRSがすでに導入されているヨーロッパ(EU)では、主にアイエフアールエスと読んでいるようです。

http://ifrs-yomikata.cocolog-nifty.com/blog/

ご参考に。

参考URL:http://ifrs-yomikata.cocolog-nifty.com/blog/

Q原油枯渇後のプラスチックの供給

福島の原発事故を受けて、将来的に原子力発電を続けるかどうか、エネルギー政策をどうするべきかという議論が色々となされているのをしょっちゅう耳にします。

ところが、大概の議論は電気を得るにはどうしたらいいかというだけのようです。

化石燃料、とくに原油は電気を得る以外に様々な利用のされ方をしています。プラスチックなどの材料を合成する原料になっていたりします。

原油から供給される、電気以外のものについて、原油の採掘ができなくなった後はどのようにして供給が可能なのでしょうか?何らかの形でエネルギーが存在していれば原理的には簡単に獲得できる電気よりも、深刻度が高いように思います。

原油の枯渇と原油由来生成物の持続可能な供給について詳しい方、ご回答お願いします。

Aベストアンサー

石油由来以外のプラスチック原料は炭化水素(CHO)由来であれば殆ど
なんでもOKですよ。

トウモロコシ由来のバイオプラスチックなら10年以上前からボールペンなどに
使われていますし、石炭や天然ガスからもプラスチックは作れますよ。

但し現在ではコスト的に見合わない(割高)なので研究目的以外には
あまり作られていないんですわ。と言う訳で原油が無くなっても
プラスチックは作れるのですが今のように安くは作ることが出来ないという事ですね。
http://www.fsinet.or.jp/~m-zen2/ene/sekitanekika/sekitanekika20080.htm

なお第二次世界大戦の時は松の根から油をしぼりとっていました。
http://www1.ocn.ne.jp/~susuma/pineoil/pineroot.htm

Q麗の読み方

「麗」という読み方はレイ、ウララ意外読み方がありますか?
名前付けなので、あて字でもいいです。
役所に認められればどんな読み方でもいいのですが・・・

Aベストアンサー

 http://dictionary.goo.ne.jp/srch/jn/%E3%81%86%E3%82%89%E3%82%89/m0u/
では“うら”ら、うら”らか
 という読みがありますね。
 これは85になる姉の名前が使っています。最初はカナでしたが、成人して漢字に改名したんです。
 小さい時は書くのがたいへんですね。
 私も苗字もちょいと画数が多いし、名前も“藏”って字はとても書き難くかった思い出があります。

Qロシア産の石油を「赤い石油」と呼ぶのはなんでですか? 共産主義の赤? あと日本の石油元売りが赤い石油

ロシア産の石油を「赤い石油」と呼ぶのはなんでですか?
共産主義の赤?
あと日本の石油元売りが赤い石油を嫌がるのはなんでですか?

どなたか教えていただきたいです

Aベストアンサー

「赤い原油」の赤は共産主義の赤です。ロシアはもう共産主義国ではありませんが、今でも旧ソ連のイメージがあるので赤い原油と呼ぶのでしょう。
日本の石油元売りがロシア産の原油を嫌がっているということはありませんし、実際かなり大量のロシア原油を輸入しています。ただ、ロシアはクリミア併合問題で欧米の制裁を受けていることから、あまり大々的には宣伝していません。アメリカあたりから変な干渉がかかると面白くないと思っているのでしょう

Q記号∀,∃の読み方(発声)を教えてください

記号∀,∃の読み方(発声)を教えてください
出来れば解析学と論理学とにおける読み方を
一般的な読み方がなければ個人的な読み方でもいいです

Aベストアンサー

大学では数学をかじっていた者である。
一般論はNo.1に詳しいので、ここでは個人的なことを述べさせて頂く。

大学の講義でそう聞いたからだと思うが、私はどのような場合でも大概
「全ての」「或る(ある)」
と読んでいる。
また、Wikipediaの記事にはないが、こんな話をする相手はガンダムの話も嫌がらない人が多いので、
「ターンエー(turn A)」「ターンイー(turn E)」
ということもあろうかと思う。

Q石油の枯渇

環境影響を評価する際、化石燃料の使用はCO2排出量が増え地球の温暖化に繋がる。更に天然資源の枯渇に繋がり環境影響が大きいと評価されているケースを多く見聞きしますが、どうも違和感を覚えます。石油の埋蔵量が少なくなりこのペースで使い続けると何れ枯渇することは理解できますが、環境問題とどう結びつけて理解すればよいのでしょうか?代替資材がないままに石油がなくなることは現状の生活を維持できなくなることを意味し不便な時代になることは明らかですが、環境への影響がよく解りません。どなたかこの疑問に応えていただけませんか?

Aベストアンサー

論点が良くわかりませんが,
「2.小生の疑問点は、石油が枯渇すること自体は地球環境への直接的影響はないのではないのか?」
これを悪化させる方向への直接的影響と理解しても良いのなら,あなたのお考えの通りと思います。

温暖化の原因は,現在生成されている薪などの燃料でなく,過去に生成された燃料を燃焼させることですので,石油が無くなれば原因が取り除かれ,地球温暖化の環境悪化は進まなくなります。また,酸性雨や光化学スモッグ等の環境悪化も改善されます。

化石燃料は次々に発見され,また,コストを考えなければオイルサンド(オイルを含んだ砂で,くみ上げることは出来ませんが採掘して搾れば石油がとれます)やメタンハイドレート(海底にあって,メタンが固体状になったもの)等の利用もありますので,枯渇の心配はほとんどありません。

現在火急の問題点は,それらを使い続けることによる,地球温暖化を始めとした環境悪化が問題となっているわけです。そういった意味で,化石燃料はあっても使うべきではないのです。

これは日常生活に極めて大きな変革を要求するものです。ですから,アメリカ等はCO2削減のための京都議定書を批准しないわけです。100年後には本当にどうなっているのでしょう。

論点が良くわかりませんが,
「2.小生の疑問点は、石油が枯渇すること自体は地球環境への直接的影響はないのではないのか?」
これを悪化させる方向への直接的影響と理解しても良いのなら,あなたのお考えの通りと思います。

温暖化の原因は,現在生成されている薪などの燃料でなく,過去に生成された燃料を燃焼させることですので,石油が無くなれば原因が取り除かれ,地球温暖化の環境悪化は進まなくなります。また,酸性雨や光化学スモッグ等の環境悪化も改善されます。

化石燃料は次々に発見され,...続きを読む

QFAQの読み方は?

WindowsFAQ-Windows処方箋のページはここでもよく紹介されています。そこで疑問に思ったのがFAQの読み方です。
手元には2種類のPC用語辞典しかないのですが、2種類が違う読み方をしています。「ファーク」と読む場合とあとは恥ずかしい読み方をする場合とです。正しい読み方はどちらなんでしょうか?

後者だとヤだな。

Aベストアンサー

Cid さん、こんばんは~☆♪

ASCIIのデジタル用語辞典では、『ファーク』・『エフ・エー・キュー 』と
なっておりますね。
私は、後者の『エフ・エー・キュー 』と読んでおります。

> とあとは恥ずかしい読み方をする場合とです。

『ファック』とは、読まないですよ。 ご安心を。。。

http://yougo.ascii24.com/gh/49/004900.html


ではでは☆~☆~☆

参考URL:http://yougo.ascii24.com/gh/49/004900.html

Q石油・石炭・天然ガスはすぐ枯渇する?

原子力こそもっとも安定的なエネルギー源である!
そのようにおっしゃる方々は、石油や石炭、LNG
などの天然ガスなんて世界中が使い始めたら
すぐ枯渇すると主張されていますがほんとうに
そうなんでしょうか?疑問です。

Aベストアンサー

私が経済紙を読み出した頃(1970頃)、「石油の寿命は後5~60年と、2~30年前から言われ続いている」というような記事を読んだ記憶があります。最初の採掘寿命であれば、もうとっくになくなっているはずです。未だに後5~60年有ると言われ続いています。

最近天然ガスの採掘ではシェールガス革命というのが起きて、採掘寿命は現時点で100年以上に延びました。

その他、海底にあるメタンハイドレードも有望なエネルギー源で、日本はその開発では先頭を走っています。

石炭も現時点で200年分程度の埋蔵量があるそうです。

これらは全て、これからの技術開発や新発見でもっと採掘寿命が延びます。
少なくとも後2~3百年は化石燃料でまかなえそうです。

Q十の読み方について

十の読み方について学校の授業で以下のような問題が出たのですが、どう答えて良いのか分かりませんでした。。

問題は
「第十中学校」を省略して「十中」となるが、それぞれどのような読み方をするのか。なぜそのような読み方になるのか答えなさい。

読み方は分かるのですが、説明が上手くできません。
分かる方がいたら教えてください。

Aベストアンサー

No.5さんがいう、

『じゅう』は下にカ・サ・ハ・タ行の言葉にかかるとき、『じっ』または『じゅっ』に変わります

というのは、たとえばカ行の音である「こ(個)」に付くときは、「じゅっ・こ」、カ・サ・ハ・タ行以外の行であるマ行の「マ」から始まる「枚」に付くときは、「じゅう・まい」になる、というようなことですよね。

「十中」は「じゅっ・ちゅう」で拗音(ようおん)ではありますが、タ行の「ち」を含む音に続きます。

一方、「第十中学校」は「第十/中学校」と途中で少し切って発音しませんか。つまり「第十」の「十」は、そこで切れていて、タ行の音に付いていないのです。

 「十歳」は「じゅっさい(じっさい)」だけど、「二十三世紀」は「にじゅうさんせいき」というのも、どちらも後にサ行音の「さ」が来るけど、「二十三世紀」の方は、「二十/三世紀」という感じで発音しませんか。「二十三」だけの場合も、意識の上では「二十/三」という感じで「二十」でいったん切れていて、一気には発音しないんじゃないでしょうか。
 

Q石油は、本当に枯渇するのか?

石油埋蔵量は、枯渇するのか?


アメリカとサウジアラビアの刷り込みではないでしょうか?

資源はなくなるということは、常識のようですが、本当の本当は、どうなのでしょうか?


長く石油を取り続けているのになくならないではないか。

じつは、石油が貴重なのだということにすれば、値段を永続的に設定できます。

アメリカは、サウジアラビアと日本国の面積ほどの石油関連施設を共同で持っています。

莫大な広さなわけですが、この規模で石油採掘しているのに、なくならないとはどういうことでしょうか?

Aベストアンサー

以前読んだ記事によると、いくつか説があるようですが採掘技術や探索技術の向上によって昔は採掘不能と考えていた所から採掘が出来るようになったので推定している埋蔵量が増えているという話と、実は今でも新たに石油が作られていて補充されているから枯渇にいたっていないという学説を唱える研究者がいるという事でしたよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報