家を新築して、住宅金融公庫の特約火災保険を付けました。
 最近、お金が入ったので、住宅金融公庫を全額返済しました。
 そしたら、特約火災保険を継続するか、解約するか、聞かれました。
 http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=44654 によれば、特約火災保険が4割ほど安いということですが、一方では、
 http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=168410 によれば、金融公庫の保険には、地震保険が付与されているのだけれど、それがかなり高いようです。
 我が家はコンクリート造りなので、地震保険は不要です。(関東大震災クラスでも倒壊しない[はず]というのが売り文句でした。)
 その場合、解約して、たとえば全労済の火災共済あたりに入った方がいいのでしょうか。このまま継続した方がいいのでしょうか。
 ちなみに、今は 4310万円の火災保険と2155万円の地震保険が付いていますが、この金額は、「新価 長期一括」契約で、建築費そのままを火災保険の金額としたものです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

>このような「評価」の手間をかけてまで、新しい火災保険を考えるべきなのでしょうか。



「評価」を、『手間』と思わないで下さい…、

自分の大切な財産を守るためには「最低限必要な(当然の)行為」です、

面倒くさいと思うのは、最初の一回だけです、
「増築、改築」がなければ、契約(評価)翌年度以降は自動的に評価額を計算してくれます。

「住宅金融公庫特約火災保険」については、下の方の回答の通り、
「安田火災」は、あくまでも「主幹会社」であって、各保険会社に分担(再保険)してあります。

「住宅金融公庫 特約火災保険」で検索をかければ仕組みはわかると思います。

「借り手」を保護するのが目的なのか?
「貸し手」を保護するのが目的なのか?

ちょっと特殊な内容の保険ですね…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 たびたびのアドバイス、ありがとうございます。
 http://www.jyukou.go.jp/hensai/hensai09.htm を見てみました。ようやくこの特約火災保険が理解できました。
 どうも、どこかで「評価」してもらって、今の保険金額でいいかどうか確認し、(必要ならば契約を一部変更し)この保険の契約を続けるのが良さそうですね。

 http://www.aya.or.jp/~sakio/kouko.html 等を見ると、特約火災保険のかけ方を間違えている人も多そうですね。
 この保険は「貸し手」を保護するものですね。

お礼日時:2002/02/28 08:20

自分の会社の利益になることしか言わないような気がしていて、相談しにくい>


 公庫の安田火災は幹事会社であり、事務を代行しているに過ぎません。ですから、自分の会社云々はあたりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 アドバイス、ありがとうございました。
 この点は私が勘違いしていました。少々言い過ぎでした。

お礼日時:2002/02/27 09:55

(。

.ヾ すいません…、また来ました…。

>平成11年の建築ですので、今のところ、再調達価額はそんなに変わっていないと思います。

そうですね、まだ築年数が浅いので、価格はさほど変わっていないと思います。

ひとつ注意していただきたいのは、
『必ずしも、購入価格が(保険会社の定める)新価にはならない』と言うことです。

極端な例ですが…
5年前に3000万円で新築した家があるとします、
当然「所有者」は、3000万円の火災保険が付けられるものと思います、
しかし、保険会社の査定では2000万円の「価値」しかありませんでした。
理由は…
設計を、著名な「設計家」に依頼したため、購入価格がその分高かった…、と言うものです。

火災保険の物件評価基準は、毎年「日本損害保険協会」から『評価基準』が出ています、
各損害保険会社の営業マンは、その『評価基準表』をもとに、物件の評価(保険価格)を算出します。
従って、自分が思っているような「評価額」が出ないこともしばしば見受けられます、
まずは、契約の前に「どのくらいの評価額になるのか」実際に見てもらった方がいいと思います。

お住まいの近所の「専業代理店」を調べて、評価額を出してもらうのもいいかも知れません、
評価を出してもらったからと言って、必ずそこで契約しなければならないわけではありませんし、
評価だけなら、ほんの30分もあれば済んでしまうような簡単なものです。
私だったら、2~3カ所に「相見積もり」取らせるかも知れませんね…、(^m^ )

その金額(評価額)に納得できれば、そこから契約を検討すればいいわけですし…、
ちょっとドキドキですけれども、このあたりは「ハッキリ」させておいたほうがいいと思います。

かえって混乱させてしまったらすいません…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 いろいろと教えていただき、ありがとうございます。
 『必ずしも、購入価格が(保険会社の定める)新価にはならない』というのは、驚きでした。
 もちろん、私の場合、著名な設計家に依頼したわけではなく、普通の家なのですが、それにしても、購入価格≠新価ならば、住宅金融公庫の特約保険を付けるときにそのように助言があるべきでしたね。これは、手続きした銀行の怠慢なのでしょうか、私の怠慢でしょうか。
 このような「評価」の手間をかけてまで、新しい火災保険を考えるべきなのでしょうか。どっちみちあまり変わらないようならば、安易な道を選んでもいいような気がします。
 ともかく、考えるべきことが一つあるということがよくわかりました。大変参考になりました。

お礼日時:2002/02/27 09:48

さすがです…、さっそく「価額協定」についてお調べになったみたいですね!



>新築時の建設業者との契約書の金額が新築価格であるはずですよね?
>私は何か勘違いしているのでしょうか?

では、このようにお考えになればよろしいかと思います…、

今お住まいのお宅を何年前にお建てになったのかはわかりませんが、
「新築時の建設業者との契約書の金額」← 建築時当時の価格(時価)
「再調達価額」← まったく同じ物を『今、造ったら』いくらかかるか(新価)

住宅火災保険は、ある種特殊な動産保険で「再調達価額」での加入が可能です。

「時価契約」になっているか「新価(再調達価額)契約」になっているか、
このあたりも『要チェック!』です、

もちろん「再調達価額契約」で「価額協定契約」
この契約方法が一番好ましいのは言うまでもありませんが…

保険料を「少しでも安く」「かしこく」契約するなら、
ベースとなる部分を長期契約(長期割引)、上積み分を毎年見直しが好ましいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 再度のお教え、ありがとうございます。

>「時価契約」になっているか「新価(再調達価額)契約」になっているか、
>このあたりも『要チェック!』です、

 私の契約の場合、質問にも書きましたように、「新価契約」です。
 平成11年の建築ですので、今のところ、再調達価額はそんなに変わっていないと思います。
 今後、インフレやデフレがあると、再調達価額は変化しますので、そのときには保険の契約を見直すようにということですね。

>ベースとなる部分を長期契約(長期割引)、上積み分を毎年見直しが好ましい

ということは、基本的にインフレ傾向があるときにとるべき戦略といえるでしょうか?
 お礼を申し上げつつ質問口調になったりして、スミマセン。

お礼日時:2002/02/26 21:38

こんにちは、私は「教えて!goo」の登録ユーザーですが、


参考になれば…、と思いアドバイスさせていただきます。

http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=44654
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=168410

↑かなりいろいろ勉強されているとお見受けいたしました、が、
質問文を読んで、私が一番気になった部分は…

>『建築費そのままを火災保険の金額としたものです。』←この部分です、

「物保険」(動産保険)で一番大事なことは『保険対象物件の価格の評価』です、
ましてや、住宅物件は「一生に一度の高価な買い物」です、
アバウトな保険金額ではなく、必ず「正しい評価方法」で評価を出して、
契約の際には必ず『価額協定保険』にすることを忘れないで下さい。

「価額協定(かがくきょうてい)」については、検索すればいろいろなページで紹介されています、
あえて私がこの場であれやこれや「解説」する必要はないかと思います、

特に、住宅物件は「毎年評価額が変動します」

我が家の火災保険は、3000万円を25年長期火災にして、
毎年評価した部分を「上積み」で価額協定しています。
ちなみに、今年の「評価額」は¥3700万円でしたので、¥700万円の火災保険(1年満期)を、
根っこの保険に「上積み」してあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 アドバイス、ありがとうございます。
 「価額協定」については、知りませんでしたが、
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/special/f45/kak …
を見ると、「価額協定保険特約」は保険金額を限度に、再調達価額を基準にして、実際の損害額がそのまま支払われるということで、「再調達価額は、新価とも言います。」とあるので、私の公庫特約保険は、このタイプなのだろうと思っていました。であれば、新築時の建設業者との契約書の金額が新築価格であるはずですよね?
 私は何か勘違いしているのでしょうか?

お礼日時:2002/02/26 20:35

「新価 長期一括」で加入しておられるのなら、このままで継続をされることをお勧めします。

現在新しい火災保険が各社から発売されていますが、基本の補償内容は公庫の特約火災保険は、比較的広範囲な良い補償になっています。一部の共済と比べると数段良い保障です。

ただ、地震保険を必要としておられないのなら、地震保険の更新が来た時点で更新せず、長期一括払いした火災保険のみを存続それたらどうでしょうか。

詳しくは、安田火災の窓口で尋ねてください。公庫の特約保険の説明がしっかりとできるのは、外にありませんから、
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 具体的なアドバイス、ありがとうございました。
 地震保険は、平成11年(公庫の借入時)から平成16年までですので、その時点で解約することにいたします。
 安田火災の窓口で(あるいは電話で)相談するのは、それはそれでいいのですが、どうも、保険会社というのは自分の会社の利益になることしか言わないような気がしていて、相談しにくいと感じていたのです。
 to32 さんの明快なアドバイスで、道筋がはっきり見えてきたような気がします。
 お世話様でした。

お礼日時:2002/02/26 20:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q分譲マンションを購入された方、火災保険についてお聞きします

この度分譲マンションを購入しました
(ローン開始・入居予定今年6月
 ローン契約3月頃です)

ローンは不動産の提携銀行で契約予定です。
そこで火災保険についてお聞きしたいのですが、

1.火災保険は銀行で取り扱っていますよね?
提携銀行でローンを組む場合はこの銀行と提携している火災保険に加入するのでしょうか?もしくは自分で色々な保険業者から見積りをとって比較検討したほうがいいのでしょうか?

不動産からは火災保険について何も聞いていなく、「火災保険はローンの契約時に説明があると思いますよ。」とだけ言われていて、何だか曖昧な返事なので不安です。

2.今から自分で色々な所から見積りを取ったほうがいいのでしょうか?
しかし火災保険の保険料などは建物によってまちまちですよね?
登記が済んで、マンションの規模(評価額?!)などが確定してからでないと保険料は見積りしてもらう事が出来ないのでしょうか?

いつ、どのタイミングで、どのように火災保険を選べばいいのか教えて下さい。宜しくお願いします。
全然無知なのでわかりやすく教えていただけるとありがたいです。

この度分譲マンションを購入しました
(ローン開始・入居予定今年6月
 ローン契約3月頃です)

ローンは不動産の提携銀行で契約予定です。
そこで火災保険についてお聞きしたいのですが、

1.火災保険は銀行で取り扱っていますよね?
提携銀行でローンを組む場合はこの銀行と提携している火災保険に加入するのでしょうか?もしくは自分で色々な保険業者から見積りをとって比較検討したほうがいいのでしょうか?

不動産からは火災保険について何も聞いていなく、「火災保険はローンの契約時に説明...続きを読む

Aベストアンサー

先日火災保険を契約しました。(今年3月入居・ローン契約1月)

各銀行でも火災保険は取り扱っていると思います。
不動産会社(デベロッパー)から提携会社となっている保険会社から
火災保険料の概算などの通知はありましたか?
うちは事前に提携保険会社の保険料(概算)が記載されていました。

うちは大規模マンションのため、保険会社は「○○マンション様は団体扱いになっており多少ですが割引しています」といわれました。
なので提携会社で契約しました。
でも家財は旦那の会社の保険の方が単価が安かったので、契約しませんでした。

ご自身で色々な保険会社にあたり、見積もり依頼するのは大丈夫だと
思いますが、もしかしたら提携の保険会社の方が価格が
安いかもしれないです。

Q住宅金融公庫特約火災保険について

築15年程の分譲マンションに住んでいる者です。
この度、床(カーペット)の下の部分(コンクリートで埋まっている)部分にある、給水管から、わずかな水漏れがある事が分かりました。給水管の事なので、当然マンションの管理組合が費用を持って頂けるのかと思っておりましたが、見て貰えないそうです。
そこで、住宅金融公庫特約火災保険の契約のしおりを見た所、「給排水設備に生じた事故による漏水の損害」と書かれていたのですが、わが家の場合、保険は効くものでしょうか?
乱文ですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちわ。
損害の内容が明記されていませんが、給水管の取り替え費用の事でしたらお答えとしては補償対象外になります、です。
給排水設備からの漏水により他の物が汚損被害などあれば対象になるのです。つまり、給排水設備そのものの損害を補償するものではありません。
また、どの損害保険でも配管等は老朽化による交換費用等は対象外になると覚えておいて下さい。
さて、若干気になるのが本当に管理組合側で持つものではないのか、です。管理規約を見てもらう必要がありまして、共有部分をどう規定しているかが重要です。一般的には給水管でも本管であれば管理組合が、枝管であれば専有者の負担となる内容が多いと思います。
コンクリートに埋まっているという記述からしますと共有部分に該当しそうな気もします。(管理規約次第です。)

Q携帯電話が、自宅屋内で、不測かつ突発的に破損した場合の火災保険適用

ネットで探すと保障されるという話と対象外という話があります。
会社や契約内容によるのだと思います。

携帯会社の保障プランと火災保険を比較したいと思っています。
携帯電話やタブレットを破損した時に、保険金が出る火災保険を、ご存じないでしょうか。

Aベストアンサー

火災保険ではないけど、携帯電話、タブレットについて
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/4518486.html
には「アメリカンホームダイレクトの
お手軽ガードっていう保険なら怪我の保証までついて
980円でありました。・・
http://www.americanhome.co.jp/active/index.html
」はどうでしょうか。自宅内事故の保証はありやなしやわからないけど、聞いてみたらいかがでしょう。

Q住宅金融公庫特約火災保険について

昨年の4月ごろですが、損害保険契約者保護機構という所から、ご契約移転のお知らせが届きました。
内容は、『貴殿の保険契約のうち、第一火災海上保険相互会社(以下「第一火災社」という)の責任分担分は、ご契約条件を変更のうえ、当機構に移転されました。契約条件変更の内容等、詳しくは同封の文書をご覧下さい』
共同保険契約の場合。幹事会社 安田火災海上保険(株)
契約条件変更後の支払保険割合 99.740%  となっています

これっていうのは、破綻したため、保護機構というところが、あとを引き継いで
やり、万が一、火災にあった場合、100%保険が下りないということですよね。

住宅を建てたときに加入したのですが、その当時いろいろ忙しくて、銀行の言われるままに加入したものですから、安田火災だとばかり思っていましたが、

(1)第一火災社になってるのはなぜでしょうか?
(2)公庫の場合、加入するときは保険会社はすでに決まっていて、選べないのですか?それとも扱ってる銀行によって、違うのですか?
(3)同じ、公庫で借り入れをして保険に入った人で、このような通知がきた人ときていない人がいますが。なぜでしょか。
(4)この保険を解約して、100%出る火災保険に替えることは可能でしょうか。

その当時、この保険契約に関して幹事会社である、安田火災に何度も連絡したのですが、混み合って通じなくて、忘れていました。

あと、契約条件の変更の概要となる文書があるのですが、読めば読むほどむずかしくわかりません。
どなたか、この無知な私にわかりやすく教えて下さい。
よろしくお願いします。

昨年の4月ごろですが、損害保険契約者保護機構という所から、ご契約移転のお知らせが届きました。
内容は、『貴殿の保険契約のうち、第一火災海上保険相互会社(以下「第一火災社」という)の責任分担分は、ご契約条件を変更のうえ、当機構に移転されました。契約条件変更の内容等、詳しくは同封の文書をご覧下さい』
共同保険契約の場合。幹事会社 安田火災海上保険(株)
契約条件変更後の支払保険割合 99.740%  となっています

これっていうのは、破綻したため、保護機構というところが、あとを引き...続きを読む

Aベストアンサー

手短に回答します。
先に書くと私の家も住宅金融公庫からの火災保険だけ残してあります。
(1)(2)第一火災だけでなく外資系や最近の生保系損保を除くいた22社
程度で分担しています。程度と書いたのは最近変わっている為です。
特定の会社が公的な意味合いの強い公庫の火災保険を独占するのは問題がありますし、大火災があった場合も困ります。
その代わりおよそですが通常に加入するより40%程度安くなっています。
(3)基本的に全部の方に届くはずです。私の所にも届いています。
(4)返済期間中は基本的にできないというより、無理してすると保険会社に罰則があります。まともな代理店はしないでしょう。罰則の為と割引がなくなりますから。
私は他の金融機関に借り換えましたが、割引の関係でそのままにしてあります。
削減されるのは1000万円に対して2.6万円ですから。
万一全焼しても臨時費用などが上乗せされて支払われるので、1000万円以上の受取りになります。臨時費用だけで30%(100万円が限度)、価額協定特約がついている場合が多いと思いますが、全焼の場合+10%(200万円限度)ですので、私の場合は心配しておりません。
価額協定特約はいわゆる新築価額でお支払いする特約です。

手短に回答します。
先に書くと私の家も住宅金融公庫からの火災保険だけ残してあります。
(1)(2)第一火災だけでなく外資系や最近の生保系損保を除くいた22社
程度で分担しています。程度と書いたのは最近変わっている為です。
特定の会社が公的な意味合いの強い公庫の火災保険を独占するのは問題がありますし、大火災があった場合も困ります。
その代わりおよそですが通常に加入するより40%程度安くなっています。
(3)基本的に全部の方に届くはずです。私の所にも届いています。
(4)返済...続きを読む

Q賃貸併用住宅の火災保険はどのようにしたら?

賃貸の一軒家で1Fが事務所(法人)、2Fが住居となっています。
法人と言っても夫婦だけの家族経営、住居には家族4人が住んでいます。
38年物の古い鉄骨の住居で、これまでは不動産で火災保険をかけていたのですが、
法人化したため同じ火災保険の更新でも倍を請求されました(2年で約4万円)

一度自分達でもう少し安い火災保険が無いかどうかを調べてみたいのですが、
何をどうやればいいのか全く分からずにいます。
火災保険の比較をして資料を請求するのがいいのか、
代理店と言ってもいくつもの火災保険を扱っている代理店をどう探せばいいのか、
共済が安いみたいですが、共済でも大丈夫なのか・・・等々。

大家は個人ではこの家の保険には今までに何も掛けてこなかったそうです。

恐縮ですが、どなたかどのようにすれば良いか一からご説明いただけると
本当に助かります。

Aベストアンサー

追伸

>損保保険会社というのは大手の保険会社ということですか?
国内代理店型損保 三井住友、東京海上、損保ジャパン、日本興亜、あいおい、日新火災、

中立という意味がわかりません。保険選びは、顧客の立場も考慮 何が必要で何がムダか、保険内容、特約を吟味 説明を聞くことで顧客が選択することです。

すべてを網羅する補償加入になれば保険料は当然高くなります。
どのようにするかは、直接代理店の説明を受けながら加入することです。

このような場で、文字で詳細説明、理解して貰うには少々しんどいもので、限りがあります。

Q新価特約(火災)

火災保険の新価特約を建物に掛けている際、事故の際は建物所有者ではなく、契約者に保険金が下りると聞きましたが本当でしょうか?
受取人の一人に私もなっています。
実際に火事になり、新価特約については契約者に権利があると言う事で、保険会社は保険金が幾ら出たかを教えてくれませんでした。
(違う保険の所に質問してしまい、再度質問しています)

Aベストアンサー

契約者ではなく被保険者に支払われます(通常は契約者=被保険者です)。
通常被保険者は登記上の所有者です。

保険会社は必ず登記簿謄本で被保険者を確認して支払います。
仮に火災保険の証券に正しい被保険者の記載が漏れていても、建物所有者
でもない契約者に支払うことはあり得ません。
そんな事をすれば、再度正規の被保険者から保険金請求があったら、
困りますからね。

Q新築住宅の火災保険

新築の一戸建てを購入します。
不動産屋から、火災保険については好きに検討しても構わないと言われたので、ネットで比較などして決めようかと思っています。(地震保険や水害などにも対応出来るように加入したいと思っています。)
しかしネットで色々見ていた所、「住宅金融公庫を使った場合は特約火災保険しか加入出来ない」と知りました。
今回ローンはフラット35と民間ローンを併用して契約しました。フラット35も金融公庫になると思うのですが、特約火災保険でなくても良いのでしょうか?
無知でお恥ずかしいのですが、アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
ちょっと誤解があるようなので勝手ながら補足します。
確かに住宅金融公庫を使った場合は特約火災保険しか契約できませんが、これは「直接」金融公庫から融資を受けた場合です。
フラット35は債権を公庫が買取るので直接公庫が融資しているわけではありません。逆に公庫の特約火災保険は付保できません。
この為一般の火災保険を探す事になります。
火災保険の注意点としては、「新価払」になっているかどうかです。従来期間10年超の火災保険は「時価払」でした。時価払というのはその時々の価値での支払いしか受けられませんので、例えば全焼しても火災保険の保険金だけで再築する事はできません。(特約火災保険も時価払)
新価払はどの時点でも再築価格で保険金が支払われる方式です。

Q住宅公庫特約火災保険が満期に…

住宅金融公庫特約火災保険が満期になります。
火災保険には全く知識が無く、今、いろいろと(ネットでですが)勉強しているところです。
何度も質問すると思いますが、よろしくお願いします。

上記特約保険が満期になるので、満期後の火災保険の案内を希望しますか?という「案内確認ハガキ」が届きました。
案内を希望する場合は、複数社が記載された一覧から選び返送するようになっていて、『希望された保険会社の社員、または代理店が案内します』とあります。
この際なので、複数の会社から見積もりを取って比較しようと思っています。
このハガキを返送した場合、どなたが訪問してくれるのでしょうか?
例えば、公庫特約の次なので本社営業所に近い立場の人が来るとか、私の家から近い代理店が担当になるとか、全くランダムで代理店を選ぶとか、新規獲得数の低い代理店から振り当てられるとか…

というのは、別の質問で、今私が契約している自動車保険の担当者が不誠実だと愚痴をこぼした(苦笑)のですが、代理店さん選びに慎重になっています。いい加減な人が担当になったらイヤだなぁと…

くだらない質問のような気もしますが、よろしくお願いします。

住宅金融公庫特約火災保険が満期になります。
火災保険には全く知識が無く、今、いろいろと(ネットでですが)勉強しているところです。
何度も質問すると思いますが、よろしくお願いします。

上記特約保険が満期になるので、満期後の火災保険の案内を希望しますか?という「案内確認ハガキ」が届きました。
案内を希望する場合は、複数社が記載された一覧から選び返送するようになっていて、『希望された保険会社の社員、または代理店が案内します』とあります。
この際なので、複数の会社から見積もりを取...続きを読む

Aベストアンサー

特約火災保険は窓口はひとつの保険会社ですが、実は各社で分担して保険を引き受けています。ただ特約火災保険は通常の火災保険と比較して保険料がかなり安く抑えられています。しかし契約するには金融公庫から融資を受けているか、その際長期契約を締結されたと思いますがその満期でましか契約ができません。満期を迎えるという情報は窓口保険会社ももちろんのこと、分担して引き受けている保険会社にも情報は伝わります。それで今回のように不空数社から選択する案内が届くことになります。

誰が担当につくのか…ということですが、保険会社によって違うと思われます。(代理店になる前の)研修生に担当させる会社もあるでしょうし、最寄の代理店に話を持っていく会社もあるでしょう。研修生がダメでベテランの代理店がいいとも限りませんので、これは質問者さんが見抜くしかないでしょう。研修生は勉強中なので新商品についての知識はベテラン勢を上回るのかもしれませんし、経験だけで言えばベテラン代理店ということになります。他にも質問者さんとの相性もあるでしょうし。

ひとついえることは、火災保険の場合自動車保険よりは事故リスクが低いということです。相性や人柄といったことよりも商品知識の豊かさ等を重点にされたほうがいいかもしれませんね。前の質問からですが、そういったことにあまり拘らないのであれば、「とりあえず契約」ということですね。

特約火災保険は窓口はひとつの保険会社ですが、実は各社で分担して保険を引き受けています。ただ特約火災保険は通常の火災保険と比較して保険料がかなり安く抑えられています。しかし契約するには金融公庫から融資を受けているか、その際長期契約を締結されたと思いますがその満期でましか契約ができません。満期を迎えるという情報は窓口保険会社ももちろんのこと、分担して引き受けている保険会社にも情報は伝わります。それで今回のように不空数社から選択する案内が届くことになります。

誰が担当につくの...続きを読む

Q火災保険の長期一括契約について

火災保険について教えてください。
このたび住宅購入に伴い火災保険に加入しなければならなくなりました。
これまでは賃貸住宅だったので年払契約あるいは更新ごと払契約(2年)しか加入して知りませんでしたが、住宅ローンを組む金融機関から「返済期限+1年」の長期一括で契約しなければいけないと言われ、見積もりをいただいております。
しかし、たぶん同じ保障内容でも各社の保険料は多少でも違うものなのかなぁと、他の会社も比較したいと考えています。
そこで皆様、比較的「保険料が安い」とか「サービスが良い」などご存知ありませんでしょうか?
もしくは火災保険の比較見積りができるサイトなどご存じないでしょうか?
比較サイトを探しても「長期一括」での見積もりは難しいようで、あまり見当たりません(努力が足りないのかも知れませんが…)。

Aベストアンサー

火災保険は各社ごとの金額差はほとんどないと思います。
地震保険をつけるかどうかで、大きく変わってきます。
また、ローンに必要なのは建物部分だけですので、家財部分は短期で別にかけてもいいでしょう。

Q住宅金融公庫の火災保険

去年、住金でマンション購入資金の1部360万を借りました(マンション価格3000万です あとは自己資金240万と会社の融資2400万)
その際当然火災保険には入らされますが保険金額が900万でした
あれ??
マンションが火災で全焼したら住金には抵当権があるからローン分を持って行かれるよね
住宅金融公庫の融資を受けた住宅に付く火災保険には公庫の抵当権が設定されています。そのため、火災がおきても、その保険金はまず、返済に回され、残りが契約者に支払われます。
また自分でほかの火災保険を勝手に付けることはできません。

質問その1
そもそもなんでマンションの火災保険金額が、購入3000万なのに900万しか附けられないのでしょう

質問その2
今、全焼したら会社への負債はローンそのまま残り、今の暮らしは維持できません
どうすればいいのでしょう 住宅金融への返済を銀行等で借り換えてほかの会社の火災保険を入り直せばいいのでしょうか

質問その3
ほかの会社の火災保険でもマンション火災保険は保険金額が低い設定でしょうか
火災で消失した場合ローン残高がのこらないためにはどうすれば?

よろしくおねがいします

去年、住金でマンション購入資金の1部360万を借りました(マンション価格3000万です あとは自己資金240万と会社の融資2400万)
その際当然火災保険には入らされますが保険金額が900万でした
あれ??
マンションが火災で全焼したら住金には抵当権があるからローン分を持って行かれるよね
住宅金融公庫の融資を受けた住宅に付く火災保険には公庫の抵当権が設定されています。そのため、火災がおきても、その保険金はまず、返済に回され、残りが契約者に支払われます。
また自分でほかの火...続きを読む

Aベストアンサー

火災保険金額を誰が決められたのでしょうか。費用を節約するために低い保険金額にされたのでしたら、すぐ、建物の価格に会せた保険金額に増額してください。900万円が建物時価ならば土地の価値が2100万の筈ですので全焼になれば土地を処分すればローンは返せます。
 1.火災保険の担当者(公庫あるいは建築会社の)に確認してください。増額可能と思われます。
 2.公庫の火災保険の増額が不可能ならば他の火災保険会社でもこれ以上保険に加入することはできません。できたとしても、全焼でも900万しか出ません。
 3.建物時価が900万で、増額できなければ家財の保険を多めに入ることしかない様な気がします。なお、火災共済ならば公庫の火災保険と重複して契約できますので、増額手続きをいやがるのでしたら火災共済に加入するしかないようです。

参考URL:http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/unyou/20020710mk31.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報