教えて!goo限定 1000名様に電子コミック1000円分が当たる!!

nation-state(国民国家)というのが理解できそうでできません。今の英語の文章では、単にstateと表記されることもあります。
 その起源と、使い分けを教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

Nation-state(民族・国民国家)とstate(国家)の使い分けですが、これらの違いはその定義の位置づけにあります。



まずStateとは決定された領土、及びその中に存在する社会を統治する「政治的な存在(political entity)」です。即ち、この定義に当てはまる国家体「全て」を指しているわけです。
これには、ancestorさんのいわれた「国民国家」の他にも、多民族によって構成される帝国(empire――ローマ帝国、オスマン・トルコ帝国等)や都市や州ごとで形成される小国家(sub-state, city-state――15世紀イタリアの都市国家、今日のバチカン等)なども含まれます。

これに対し、Nation-stateとは「同一の文化、言語、歴史などによって国民が統一されている」という特有の性質を持った国家(state)の一種です。"State"の派生形、とでも言ったところでしょうか。
日本語でも、現代では「国民国家」などと区別をつけず、単純に「国家」と使うことが多いと思いますが、これは英語でも同じであり、"state"とはnation-stateを含めたすべての国家体の総称です。

さて、Nation-stateの起源のほうですが、国民主義(nationalism)が台頭した19世紀ヨーロッパにあるとされています。これは国家が国民のためだけに存在すべきである、という概念を基にした政治的思想です。

しかしそれに至った経緯にはいくつかの要素が存在し、そのうちで最も重要とされているのが、1648年に締結された「ウェストファリア条約(もしくはヴェストファーレン条約)」です。同条約の結果として、オランダ共和国(Dutch Republic)のスペインからの独立により「国民国家」という国家体の実例が生まれ、またヨーロッパにおける国家間の関係も宗教的なものから、主権国家を前提とした政治的なものへと転換し始める事となり、後にnation-statesの築かれる土台が作られたわけです。

上記はあくまで概略ですが、参考になれば幸いです。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国民国家とは?

イメージがわかないので質問します。

例として、日本、アメリカ、ロシアがあり、
wikipediaによると、
「領域内の全住民を国民という単位に纏め上げて成立した国家そのもの、あるいはその概念、イデオロギーを指す」
とあります。

そこで質問なんですが、
国民国家でない国があるのでしょうか?
なんらかの国があれば、そこの住民は国民と観念できると思うので(自分は外国人だと言い張っている人は除く)、
国民国家でない国なんてあるのか疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

 国民国家とは、絶対君主制以降のものでありナポレオンにより完成されたものと理解しています。
 国民が国民であることを意識している国家は国民国家といえるでしょう。アラブとかは国家をあまり意識せずに知識として自分はどこの国民であると理解していると聞きます。どの国民であるかよりどの民族、どの部族というのが自分の所属になっているのですね。朝鮮半島は国民国家だと思いますが中国はかなり怪しいと思っています。国家なんてあってもなくてもいいと考えてはいないでしょうか。
 国家とは国境によって分けられた近代的な意識なのではないかと思います。
 質問の定義をとると「領域内の全住民を国民という単位に纏め上げ」られない国家は国民国家ではないのではないかということですね。

Q主権国家と国民国家の違いって?

国際政治について勉強しているのですが、この2つの概念の違いがよくわかりません。

何か、概念的な違いはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

主権国家というのは、「主権」つまり「政府が自分の力で自分の国を統治し独立的な権利を行使できるような国」のことを意味します。つまり外国に支配されていない、占領されていない、属国になっていない国のことですね。
国民国家というのはnation-stateといって、ネーション=国民が国の基本にある国です。フランス人の共和国であるフランスなどのように、たいていのヨーロッパの国は、国民国家です。しかし帝国のように皇帝などがいろいろな民族や国民を封建的に支配しているような国はあてはまりませんし、バチカンのような「宗教」でなりたっている国もあてはまりません。平安時代や武家社会の日本は、あてはまりません。ソ連も、いろいろな民族の連邦でなりたっていたので、国民国家ではありません。
でも、国民国家でないこうした帝国や封建的国家や連邦国家も、政府が外国の支配を受けていなくて国際社会からみとめられていれば、主権国家といえます。

QWould you like~?とWould you~?の違いは

相手に何かをお願いするときに、
Would you like~?
Would you~?
と両方の言い方があると思うのですが、likeをつけるかつけないかはどのように判断するのでしょうか?
また意味はどう変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。

Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。例:
Would you like another cup of tea?「もう一杯紅茶如何ですか?」
Would you like going on a picnic?「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」
Would you like to go on a picnic?「同上」(このto不定詞は名詞的用法)

ご参考になりましたでしょうか。

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め...続きを読む

Qリアリズムとリベラリズムの意味をお教えください。

NHK高校講座「政治経済」の「国際関係と国際法」というタイトルで「リアリズムとリベラリズム」

という言葉が出てきました。

現代はリアリズムの考えだけでなくリベラリズムの考えが必要だということでしたが、リアリズムとリベラリズムの意味が分かりません。

すみませんが、お教えいただけましたら助かります。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

リアリズムは「現実主義」と言います

極論すれば、唯物論・唯心論のバランスの取れた現実を直視できる人々のことを言います
もっと極論すれば、ノンポリシーです。思想・信念はあるにしても、そんなものよりも重要な価値観を持っている人がリアリストと言われます
理想を捨てて思考できる人が、現実主義者です。同時に、問答できる人でもあります

間違っても、委員会審議で可決しただけの法案を 「法案成立」などとデマる人はそれに合致しません
物事を正しく理解できない人間はリアリストではありません



 リベラリズムとは「自由主義」のことですが、これには現代では色々な意味があります
ただ、現代社会においてリベラリズムとしてもっとも顕著なのが、リヴァタリアンという人々です
(リバタリアンの説明は要請があればします)

リベラリズムは現代の潮流は、JSミルから理解するのが一番妥当でしょう

『危害原理』という象徴的な概念で説明しましょう
①社会の「自己防衛」を目的とする限りにおいて、行為の自由を規制することは正当。

 日本国憲法でいう「公共の福祉」です。要は、己の自由・権利は、社会維持の都合によって制限できる

②他者に危害が及ばないようにする限りにおいて、権力の行使は正当。

 「他人に迷惑をかけない限りは、行為は自由である」ということです

この危害原理によって個人の自由・権利が統制される世界が自由主義社会、と理解してください

もし、貴方がリベラリズムを理解したいなら、JSミルの『自由論』を原初にして学習することをお勧めします

リアリズムは「現実主義」と言います

極論すれば、唯物論・唯心論のバランスの取れた現実を直視できる人々のことを言います
もっと極論すれば、ノンポリシーです。思想・信念はあるにしても、そんなものよりも重要な価値観を持っている人がリアリストと言われます
理想を捨てて思考できる人が、現実主義者です。同時に、問答できる人でもあります

間違っても、委員会審議で可決しただけの法案を 「法案成立」などとデマる人はそれに合致しません
物事を正しく理解できない人間はリアリストではありません



 ...続きを読む

Q学位とか、学士とは(bachelor degree)

学位とか学士とよく聞きます。いったいどういうことを学位、学士と呼ぶのでしょうか。。。(ばかですみません、)
大学を卒業すれば学士なんでしょうか?それともなにか試験をうけて
合格する必要があるのでしょうか。
いま 外国人に、(Do you have bachelor degree or master?)
ときかれていて。私は短期大学を普通に卒業しただけなのですが。。
わかりやすく説明おねがいします・

Aベストアンサー

2年生の学校を卒業すると、準学士(Associate)の資格を得ることができます。
4年生では学士(Bachelor)、大学院に進学、卒業すると修士(Master)、さらにその上に博士(Doctor)と、資格を得ていきます。卒業さえ無事にできれば、誰でも学位を得られますよ。

QBilling addressの意味は?

旅行の予約でクレジットカードで支払いをするのですが、
書類にあるBilling addressの意味がわかりません。
困ってます。教えてください

Aベストアンサー

カード所持者の住所です。下記を:キーワードは、"credit-card billing-address"です。

参考URL:http://www2.plala.or.jp/eddie/foods/import02.htm

Qナショナリズムって?

漠然とした質問ですが・・。わかりやすく言ってナショナリズムってなんでしょうか・・?

Aベストアンサー

ナショナリズムとは、という質問ですね。
まずはネイションとステイツの区別をつけなくてはなりません。
暴論ではありますが、ステイツとはシステムとしての国家であり、ネイションとは共同体としての国家の事だと言えるかと思います。
そしてナショナリズムとは共同体に対する帰属意識の事だと思います。
国家がある程度ひとつの民族単位でまとまっている場合は、民族としての意識であるし、アメリカのような他民族国家の場合はアメリカという共同体の一構成員であるという意識がナショナリズムというものです。
ナショナリズムというものは、国家が複数の人間による共同体である以上、不可欠なものですが、これに頼りすぎるのは危険であると考えられています。
例えば民族としての、あるいは国民としての、誇りがなくては国家がうまく纏まりません。しかしこれが強すぎると、他民族や他の国家に対して、敵愾心や、蔑視する傾向が強くなるのです。

Qナショナリズムをわかりやすく解説してください。

国際政治学を志すものです。
「ナショナリズム概念の複雑な変化、民族紛争解決の難しさについて考察せよ。」との課題が出ましたが、ナショナリズム概念の複雑な変化とはどういったものをさしているのか、、というか根本的にナショナリズムがわかりません(泣)

どうかわかりやすく教えてください!!お願いします。

Aベストアンサー

上記の設問の背景として非常に重要なのは、米ソを中心とした冷戦が終わったということですね。
ソ連の崩壊も大きいです。
旧ソ連のロシア以外の国を見ればよくわかりますが、非常に多くの騎馬民族国家があります。それらを無理矢理ソ連や東側諸国という形で統合していたのです。

東西冷戦が終わり、ソ連が解体されたら、多数の民族国家ができました。チェコとスロバキアのように国が民族ごとに分かれたところもありますし、旧ユーゴのように派手な内戦をして民族抗争をおこしたところもあります。
パンドラの箱が開いてしまったという状況ですね。
アフリカでも完全に壊れた国もあります。

民族紛争の解決の難しさは、正義の味方はいないということですね。
どの民族も人口の多い少ないはありますが、絶対的な善悪では語れない。
先進国が介入しても一部地域以外はメリットは無く、デメリットばかりです。
武器は限りなく安く手に入ります。
結局、チンピラを多く雇って、味方以外の人間を多く殺した陣営が勝ちというゲームになってしまっています。

根本的にまずいのは、、、
投票で物事を決めるという民主主義が、多民族が共存する社会では、民族抗争を生む手段になっているということです。
キリスト教系の欧米の平等の概念がアジアやアフリカでは機能していない訳ですから、新たな社会的平等の概念が開発される必要があると思います。

上記の設問の背景として非常に重要なのは、米ソを中心とした冷戦が終わったということですね。
ソ連の崩壊も大きいです。
旧ソ連のロシア以外の国を見ればよくわかりますが、非常に多くの騎馬民族国家があります。それらを無理矢理ソ連や東側諸国という形で統合していたのです。

東西冷戦が終わり、ソ連が解体されたら、多数の民族国家ができました。チェコとスロバキアのように国が民族ごとに分かれたところもありますし、旧ユーゴのように派手な内戦をして民族抗争をおこしたところもあります。
パンドラ...続きを読む

Q国体とは何ですか?国政とは何ですか?

国体とは何ですか?国政とは何ですか?出来れば、詳しく教えて下さい。政治おんちです。

Aベストアンサー

 こんにちは。

 最も簡単に書きますと、
・国体とは国家体制で、君主制、共和制、民主制などがあります。 日本では、特に、天皇制の国家体制の事を指します。
・国政とは国家の行う政治です。

 もう少し詳しく…
・国体
 万世一系の天皇が永遠に統治するという考えによる国のあり方です。
・国政
 国を治め、運営する行為で、立法・司法・行政のすべてを含みます。

Q多文化社会(異文化コミュニケーション)における問題点

多文化社会に(異文化コミュニケーション)における最重要だと思う3つの問題点とはなんだと思いますか?
またその解決法はあるとおもいますか?
少しでもいいので意見きかせてくだい

Aベストアンサー

1・言語能力

やはり、これは必要ですね。
もちろん、コミュニケーションとは言語のみで行われるわけではありませんが、基本は言語コミュニケーションですね。
特に、通信技術が発達した現代において、言語によるコミュニケーションの重要性は増大していると言えるでしょう。
単純にその国の言語を理解出来る位の言語能力を持つ人は大勢いますが、その言語の背景にある微妙なニュアンスをも感じ取って受け取り・発信できる人は少ないと思います。

以下は、中国人の方から聞いた話です。
例えば、日本人が中国人に謝ったとします。
日本語では「ごめんなさい」という言葉は、軽い謝罪から深い謝罪まで使える表現ですが、中国語では軽い謝罪と深い謝罪は違うらしいです。
そこで、翻訳されるときにどちらの意味で翻訳するかで相手(中国側)の受け取り方が変ってくると言えます。
で、多くは「軽い謝罪」の意で訳されることが多く、それが日本人と中国人の認識の差を生み出していると言っておられました。
つまり、言葉を表面的に訳すだけでは誤解が生じ、むしろ言語がコミュニケーションを阻害する結果ともなりかねません。
この辺りをしっかりと認識しないといけないのですが、なかなかそこまで認識出来る人は少ないようですね。


2、歴史・文化の理解

やはり、「異文化」と言うとおり、相手の事を理解しようと思うと、歴史や文化は理解しなければなりません。
例えば、表面的には世俗化し宗教的な面は裏側に隠れてしまっていますが、欧米人の言動にはキリスト教の影響が色濃く残っています。
例えば、「歴史は過去から未来へと一本道であり、未来に向かうに従い文明は進歩する」という考え方は、キリスト教の「創造から終末へ」という歴史観が世俗化したモノと言えます。
このように、相手の思考法やそれに裏付けられた行動は長い歴史の中ではぐくまれたモノであり、一見関係無いことのように見えて、実は深いところで繋がっていることも多々あります。
それを理解するには、やはり歴史と文化の理解は必要といえます。

3、思いこみや偏見の壁を取り払うこと

上記の歴史や文化の理解と通じる所があるのですが、無意識な思いこみや偏見が相手を理解するときの妨げになる事もあります。
例えば、「イスラム教は他宗教を認めない」というイメージがあります。
しかし、歴史的に見ればイスラム教は他宗教に寛大であり信仰の自由を認めてきました。 (むしろ、異教徒を認めないのはキリスト教の方がきつい)
「イスラム教は他宗教を認めない」というイメージは「イスラム原理主義のテロ」という文脈と共に広められた単純なイメージに過ぎません。
しかし、この単純なイメージが誤解や偏見を生んでいると言えます。
そして、その事に意識的な人は少ないといえます。
単純なイメージを全体に当てはめて考えてしまうと、相手とのコミュニケーションの妨げになるでしょう。

1・言語能力

やはり、これは必要ですね。
もちろん、コミュニケーションとは言語のみで行われるわけではありませんが、基本は言語コミュニケーションですね。
特に、通信技術が発達した現代において、言語によるコミュニケーションの重要性は増大していると言えるでしょう。
単純にその国の言語を理解出来る位の言語能力を持つ人は大勢いますが、その言語の背景にある微妙なニュアンスをも感じ取って受け取り・発信できる人は少ないと思います。

以下は、中国人の方から聞いた話です。
例えば、日本人...続きを読む


人気Q&Aランキング