その1 静脈:血管が青く見える理由は、皮膚の中で血液 の赤色光が乱反射されてしまい、青っぽく見えると書か れたものを見たことがあるが、納得できない。
その2 青い目:眼の虹彩にはメラニン色素が含まれ、こ れが多いと黒、薄くなるにしたがって、茶、青、グレー
 になるらしい。これも静脈と同じ原理なのか否か。
その3 遠い山:遠くの山〔緑〕は遠くかすんで見える時 青っぽく見える。そもそも、植物のクロロフィルは赤色 光と青紫光をよく吸収するはず。空気の層を通過してく るとき、乱反射することを考えると、夕焼け理論で赤
 っぽく見えてもいいように思う。
★以上の疑問に答えをください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

青短」に関するQ&A: 青短or神田外語or日大

A 回答 (14件中1~10件)

No.9の「回答に対するお礼」に対して



なぜ雲は青い光の散乱も快晴時同様に起こっているのに
青白くないのか?という問題ですが、これは単に雲が
青も含めてほとんどの波長の可視光を反射しているので、
白く見えるだけだと思います。白とはそういうものですね。

それともこういう意味かな?
雲は白いけれども、雲と自分との間の空間が青く、
そのため、青白く見えなければならないと。
こういうことでしたら、おっしゃるとおり、車のスモーク
ガラスの例え話は正しく、雲が明るいから白く見える
というのが正解でしょう。

しかし、「遠くの山が青く見え、その上の空の部分が白に
見える理由」ですが、状況としては、雲は一切ないと
考えています。つまり、白いものがない(ただし青白いもの
はある)にもかかわらず、なぜ白く見えるのか、というのが
問題の趣旨だと思っています。
それについての私の考えが、No.9なわけです。
詳しくは後の方に書きました。
もし雲があれば、おっしゃるとおりだと思います。

それからいろいろ実験されているようで、すばらしいですね。
私もやりかけたのですが、どうも色が苦手で何色か判断しに
くく挫折してしまいました。

次に、No.10のnaoppeさんの疑問に対して、

遠くの空から山の上まで来る光は、白ではなく、また、青一色
でもなく青白いと考えています。
わかりやすくするため、以下のようなモデルを考えました。
うっすらと以下の割合で光っているとします。
  観測者と山の間 → 青:3、緑:2、赤:1
  山の向こう側  → 青:3、緑:2、赤:1
で、山の向こう側から観測者に「直接」届く光は、短い波長が
散乱を受けやすいので、
  青:1、緑:1、赤:1
になったとします。この光が、観測者と山の間の光と足しあわ
されるので、観測者が見る光は、
  青:4、緑:3、赤:2
となり、青:3、緑:2、赤:1に比べて白っぽくなります。
また当然ですが明るくもなります。

こんな説明でどうでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

physicist_nakaさんのお考え、説得力ありますよね。でも・・・素人めのyukkeeとしては、自分の頭の中のストーリーが日に日に修正を加えながらも、どうしても捨てがたい気持ちなってしまうんです。もう一度だけ、別の表現で自分の考えを書かせていただきます。★たとえば、地球を飛び出し宇宙に行けば、見える世界は基本的に『真っ暗』です。空間が真空に近いため、太陽光が周りの空間内で散乱しないためです。地上に降りチョモランマの頂上から周囲を見渡せば、濃い『紺色』の空が見える。地球の大気の成分に太陽光の青色光が散乱したためです。そして自分の住んでる標高20メートルくらいの地面から快晴の空を眺めると、いわゆる明るい『青い』空が見える。チョモランマよりも太陽光が散乱する大気の厚み、密度、水蒸気・水滴等の量などが多いからです。その地上での曇天の空を眺めると、『白い』空が見える。水蒸気・水滴等の量がさらに多くなり、太陽光のどの成分の光も散乱し、結果として白色光が私たちの眼に届くからです。ただ、青色光の散乱は〔青空〕時同様起こっている(正確に言えば水蒸気の分?、減少している)のだが、白色光が強くて(明るすぎて)、私たちの眼〔脳〕にはそれが感じられない。もし、同じ曇天で白色光がもっと弱ければ(暗ければ)、私たちの眼〔脳〕は青色を感じられるはずだ。たとえば、曇天の日の日没後の暗い空を見てみると良い。単にグレーなのではなく、やや青みがかっている。★晴天の日でも(チョモランマの濃紺の空でも)、地平方向の空が白んで見えるのは、観測者と垂直上方向の空に直線上に存在する水蒸気・水滴等の量よりも、観測者と地平方向に直線上に存在する水蒸気・水滴等の量のほうがはるかに多いため、白色光≫青色光となるためです。遠い山が青っぽくかすんで見えるのは、山そのものが十分に遠いところにあるためモノトーンに見える上、
水蒸気・水滴等による【弱い】白色光の散乱と【弱い】青色光の散乱の結果(【弱い】という単語を使ったのは、観測者ー遠い山間の距離が地平に比べてはるかに短いため)、微妙に青っぽく、かつ幾分乳白色がかった色合いの山が見えるのです。☆☆☆physicist_nakaさん、naoppeさん、みなさん、いろいろご意見ありがとうございました。このような形の意見の交換は私にとってとても新鮮で、刺激的でした。インターネットの本当の楽しさがやっと見えてきたようです。もう1日あけておいて、日曜日にこのテーマは閉じさせてもらいます。また、別のテーマでお会いしましょ!

お礼日時:2002/03/01 23:26

私はこれまで「自信あり」として答えましたが、何かの本を


読んだりして特別な勉強をしたわけではありませんので、
間違っている可能性は十分あると思っています。
科学の世界では、自信を持っていても、覆されることは
多いですからね。ですから、「間違っているかもしれない」
と思っていてください。

私も言いたいことが言えて、また、それに真摯に対応してい
ただいたyukkeeさんや皆様に感謝しております。
    • good
    • 0

たびたび恐縮です。


physicist_nakaさんの説明でかなり納得しました(yukkeeさん、勝手に納得してすみません)
やはり観測者に届く光は山部と空部では波長の割合が違うんですね。
さすがに物理学者のHNを使ってみえるだけのことはあると感心いたしました。
こんなに楽しい質問をしてくださったyukkeeさんと回答者の方々にお礼を申し上げます。

以後の書き込みを楽しみにしています。
お礼を書く場所が無いのでここに書かせてもらい、アドバイスにチェックします。
    • good
    • 0

「静脈血」は「動脈血」にくらべて、鉄分が還元されて黒っぽくなっているので、皮膚を通してみると紫っぽくなる、のでは?


出血の場合は、空気中の酸素で酸化されて赤くなるけど。
    • good
    • 0

削除されないことをいいことに、またまた書き込みさせていただきます。

(こういう問題は大好きなので)

physicist_nakaさん、ありがとうございました。
#9のphysicist_nakaさんの回答を読みよく考えてみました。
山の上に見える遠くの空から来る光の中で短波長の青色光が乱反射して割合が減り、その結果空の部分の青さが減り白っぽく見えると理解しました。
空の部分から長波長だけが届き山と観測者との間のかすみで乱反射した青色光と合わさり白色光になるということになると思います。

ところが山の向こうの空から来る光は太陽光が乱反射した光ですからもともと青色に偏った光が遠くの空から山の真上まで来ます。
そこからかすみを通り観測者まで来るまでに青色光は乱反射してしまうのですから山の上の空から来る光はほとんど届かないのではないでしょうか?
それとも遠くの空から山の上まで来る光は青色に偏ってはおらず、白色の可視光線全体なのでしょうか。

どちらにしても観測者と山の間のかすみは山の上に見える部分まで青色光を多く乱反射しているはずです。
山の向こうに空があっても無くてもかすみ全体が青く見えるはずなんですから、山やかすみの向こうの空から青以外の光がかすみを通って届かない限り白く見えないと思うんです。
青以外の光が届いているんでしょうか。

yukkeeさんの言われるように空の部分も山の部分も観測者に届く光は同じ波長の割合であるが、空の部分のほうが光の総量が多いため明度が高くなり青色が見えにくくなるという考えに傾いてきました。

でも青い電球の電圧を上げて明るくしても白く見えないからなぁ(苦笑)
電球だと色が濃いからかな?
電球の青色が薄いと白く見えるのかな?

血管の話ですけど、チン○○の細い血管は赤く見えましたよ(笑)(特に裏側)
太い血管はやっぱり青というか緑というかそんな色でした。

こんなことをいろんな人と話せるなんて楽しいですね^^
    • good
    • 0

度々で恐縮です。



yukkeeさんの言われる、
> 黒っぽい物体を白っぽい媒体(気体、液体、白っぽい紙。。。。)
> を通して見ると青っぽく見える

というのはずいぶん大胆な意見だと思います。もしこれが正しければ
大変興味深いですね。しかし、その論拠となっている、

> 青空理論〔大気の中で太陽光線の中の青色光が四方八方に散乱して
> 強調される〕

の部分に少し誤解があるように思います。空が青色に見えるのは、
(目の錯覚で?)「強調される」からではなくて、実際に青い光が
空の方向からやってくるからです。その青い光は、太陽光が
見ている方角に存在するちり等にあたって、散乱されたものです。

そらから、参考までにNo.6のnaoppeさんの疑問に対して回答します。

> どうしてかすみ全体が空の部分も含めて青く見えないのか(見えている
> のか?)理由を説明できる方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

遠くの山が青く見えるのはよしとして、問題は山の上の空の部分が、
青というよりは白に近いのはなぜかということですね。
まず、光は波長の短い青がよく散乱されますが、それより長い波長の
光も少しは反射します。
で、問題の山の上の空の部分ですが、山がないために、より遠くからの
光が見えることになります。この遠くからの光は、もちろん太陽光が
ちり等によって散乱されたものです。ところが、この光は非常に遠く
からきているため、青い光は再び散乱されるため、相対的に青が減少する
ことになります。
そのため、山の上の空の部分は、白っぽくなります。

たぶんこれであってると思うのですが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たびたびご意見ありがとうございます。physicist_nakaさんのご意見の中の「遠くの山が青く見え、その上の空の部分が白に見える理由」なんですが、そうなのかなあ?・・・と思ってしまうんです。そもそも、快晴の空が青く見えるのは、地球の大気の成分の言ってみれば絶妙なバランス〔条件〕に起因していて、その結果、青い光が散乱し、青空を私たちに見せてくれる。ところが、水蒸気や煙などが大量に発生すると、これらの比較的大きな粒子に、青い光だけでなく、太陽光のほとんどすべての波長の光の成分が散乱し、結果的に白い雲や白い霧や白い煙を私たちに見せてくれる。ただし、青い光の散乱も快晴時同様に起こっている。なぜ、青白い雲ではないのか? ・・・・ここがポイントだと思うのですが、明るさが重要なのではないのか、と思うのです。車のスモークガラスでも、車内から外を見るとごく普通の景色が見えてしまい、ガラスの色(濃茶、濃緑、濃紺・・・)は気にならない。しかし、車の外から窓ガラスを見ると濃茶、濃緑、濃紺・・・などの色がはっきり見える。つまり、曇り空といっても空は明るいのです。うすいブルーが私たちの眼〔脳〕には見えない。しかし、遠くの山や建物などの暗色の物体をバックにすると、車のスモークガラスを車外から眺めるのと同じで、暗い背景にうすいブルーが私たちの眼〔脳〕は見てしまう。つまり、青い山が見えることになる。どうでしょう?
★それから、大胆な私の理論?「黒っぽい物体を白っぽい媒体(気体、液体、白っぽい紙。。。。)を通して見ると青っぽく見える」ですが、実験してみました。スーパーの袋〔白いやつ〕を細長く(約3ミリ×3センチ)切り取り、ピンクあるいは黄色っぽい紙に同形の穴をあけ、セロテープで張り合わせる。
これをたとえば赤ワイン(血液のつもり)の入っている透明ビンに押し当てる。・・・・青く見える! スーパーの白いやつの部分が静脈のように見えなくもない! その他色の濃い暗い物体をいろいろ見てみた。気のせいか青っぽく見える。みなさん、試してみてください。
★もうひとつ確認! 自分の青緑色に見えている静脈部分を強く押してみると、赤っぽく見えます。そうとう工夫が必要ですが、体の各所の静脈部分をチェックすると見えるところがあります。※公開できませんが、ある部位?で試すと完璧でした! 深い部位の血管は青く見え、浅い部位の血管は赤く見える。
ということです。普段赤い唇が時に青紫色になることがありますが、これは
交感神経がはたらき、唇表面の毛細血管が収縮し、皮膚表層の血液量が減り、深層の血液が透けて見えることで、唇が青っぽく見える、と考えると説明がつく。
☆ご意見ください。

お礼日時:2002/02/28 19:47

No.5の「回答に対するお礼」に対してのコメントです。


 メラニンの構造は一定ではなく、インドールキノンの重合体であると言われています。だいたい、黒色系の色素の常で混合物であることが多いので、これ、と言った構造はどこでも書かれていないと思います。
 虹彩の着色は黒系統はメラニンで、青とか緑(場合によっては赤くなれるはず)の元は干渉色だと思います(眼が専門ではありません。色が専門です)。それで、この原理は昆虫の金属光沢、有名なのは蝶のモルフォなどで見られるのと同じで剛状タンパク質、キラル、液晶、左巻きらせん、バナナあたりがキーワードでしょうか。最近の論文あたりを探すと出てくるかと思います。
で、ヘモグロビンは静脈中では青っぽいの原点に戻らないといけないのですが、静脈血も切って出てくるのは赤いですよね、この理由が酸素に触れてなのかどうかは知りません。でも、色としては動脈血の方が鮮やかな赤の反射を持つ構造になっている(単に鉄に酸素が配位した状態)のは間違いありません。これは類似の化合物の色調変化として良く知られている現象です。ポルフィリン類のスペクトルの研究報告あたりが参考になるかと思います。
 緑のクロロフィルが赤い発光をするのは不思議でもなんでもなく、赤のスペクトルの手前(短波長側)に吸収を持っているのでその蛍光が赤いためです。上記のポルフィリン類は青い物質から赤~赤外の蛍光を出します。
 ネオンテトラの青は・・・と、話し出すと長くなるので発光の話はまた別の機会にでも。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

BOB-RooKさん、詳しい情報ありがとうございます。無知なもので、正直言って、光の干渉の原理や蛍光が発する原理などの基本的知識がありません。勉強したいと思います。ちょっと気になるのが、BOB-RooKさんが最後に書こうとしたネオンテトラの青のこと。もしよろしかったら、教えてください。

お礼日時:2002/02/28 19:49

No.3の「回答に対するお礼」に対して、



> 夕焼け理論はわたしも勘違いしてましたが、あれは、
> 太陽から直接私たちの眼に届く太陽光は赤色光だけが
> 生き残っているというもので、青空理論〔大気の中で
> 太陽光線の中の青色光が四方八方に散乱して強調される〕
> とは違うようです。

この中の最後の「強調される」というくだりはよくわかり
ませんが、それを除けば理解しておりますし、No.3では、
上記とは矛盾なく説明しています。

> ですから、山は赤みがかっては見えないと思います。

No.3では、山が赤みがかって見えるとは言っていません。
遠くの山の方から来る光を2通りに分けて、そのうちの
ひとつ、「山から直接来る光」が赤みがかっていると
言ったつもりです。
山の方から来る光は、山から「直接」来る光以外にもある
ということを理解ください。
    • good
    • 0

再投稿です


yukkeeさん、すみません。
この場を借りてこういう質問をすると削除されてしまうかもしれませんが、他の方の回答を読んでちょっと分からないところがありましたので一応書かせてもらいます。

青色光の乱反射で空が青く見えると同じ理由でかすみの向こうの山が青く見えると言う回答がありました。
太陽光が山と観測者の間のかすみによって乱反射して、そのうち青色光が乱反射の確率が高いので結果として青色に見えるのなら、かすみ全体が青く見えるのではないでしょうか?
なぜ山の輪郭が見えるのかわかりません。

それに空も太陽以外の真上は青いですが遠くの空は塵やかすみによって青色が薄くなっています。
山に近いところのかすみで乱反射した青色光はこちらまで届かないのでは?
とすれば青く見える理由は観測者に近いかすみで乱反射した青色光ということになりますから、山の輪郭が青く見えるはずが無いのではないでしょうか?

どうしてかすみ全体が空の部分も含めて青く見えないのか(見えているのか?)理由を説明できる方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。
答えていただいても御礼もできませんが、yukkeeさんの質問の回答に直接関係していると思いますのでよろしくお願いします。

新たな質問としてもよかったのですが、それではこの質問に関心を持って読んでおられる方の目に触れなくなってしまうかと思いまして敢えてここで質問させていただきました。

ルール違反でしたら削除申請してください。
初心者でどのあたりまで許されるのか良くわかりませんのでその辺はご容赦を。

注)補足要求にチェックします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

2度もご意見ありがとうございます。
みなさんの意見を参考に「遠くの山などが青っぽく見える理由」をこんな風に考えてみました。まず、青っぽく見える時の条件?を考えると(1)曇っていること(2)遠くにある物体であること(3)(1)(2)を満たしていれば、どんな色の建物、山でも良いこと。。。
(1)について言える事は、この条件下の水蒸気やチリなどは太陽光を乱反射し、白っぽい空気を我々に見せること(雲が白いのと同じ)。(2)について言える事は、その物体がどんな色をしていても、そこから反射してくる光は、その途中で様々に乱反射してゆくため(自分の眼にほとんど届かない)結果的にモノトーンの物体(黒灰)に近い状態で見える。さて、問題は(1)の白っぽいガスだと思います。白とは、太陽光とほとんど同じバランスでそれぞれの波長の光がその成分として含まれていることを示しますが、実は、『青空』理論と同様、白色に見えるガスからは青色の波長の光が、やや強調されて我々の眼に届いている。簡略化して
いえば、黒っぽい物体を白っぽい媒体(気体、液体、白っぽい紙。。。。)を通して見ると青っぽく見える、ということです。どうでしょう?    血管が青っぽく見えるのも同じではないでしょうか? 血管の中を濃い緑の液体でもこげ茶色の液体でも、もちろん真っ黒の液体でも流れていても、きっと青っぽく見えるのではないだろうか? 血管の場合は、皮膚の色が黄色っぽいことでさらに『青』が強調されて見えるともいえるのではないか。どうでしょうか?

お礼日時:2002/02/27 21:19

 光の性質に吸収と反射、散乱があることは認識されているようなので、あと一つ干渉という性質を理解頂くとその2は理解頂けるかと思います。


http://www.merck.co.jp/ja/pti/pigment/iriodincat …
 白色顔料の酸化チタン(これもご理解頂けると思いますが、無色の化合物の散乱で白く見えているだけ)で各種の色が表現出来ます。むしろ、私にはメラニン色素(黒色)が少なくなって行ってグレーになることは理解が出来ません。虹彩の液晶状の物質の間隔が変化するだけなのでグレーになる必然性は無いように思います。
 ちなみに、血管の色はヘモグロビン(鉄の錯体)が酸素と結合することにより、反射光が赤色の方にシフトする(緑色の吸収)ため。
http://www.color-guide.com/chem.htm
http://www2.plala.or.jp/kamkamkam/gimon2/no64/ke …
 遠い山が青く見えるのはまさに光の散乱現象の波長依存性であり、吸収で考えるのは無理があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。酸化チタンについてはビックリです。人工虹彩?ともいえるものができているんですね。それから、BOB-RooKさんの回答の中にある「虹彩の液晶状の物質」という表現が気になります。メラニン色素の構造について詳しいことをご存知であれば教えてください。それから、ヘモグロビン(鉄の錯体)が酸素と結合することにより、反射光が赤色の方にシフトする、ことが静脈の青にどうつながるのかよくわかりません。そのへんのところ教えていただければありがたいです。

お礼日時:2002/02/27 21:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイラストをネットから使用した本を刊行する場合、広報や教科書や著者不明のネットのイラストは無料ですか。

無料でネットのイラストを本に小さくのせて発行したいです。どのような問題が起こるでしょうか。
広報のイラストの場合は無料でしょうか。
教科書のイラストは どうでしょうか。
イラスト者が分かった場合、相場はいくらでしょうか。
イラスト者が分からなかった場合 どうなりますか。

Aベストアンサー

全部のイラストに著作者がおり、著作権が発生し、著作権保有者がいて、著作権フリーを明記されていないイラストの利用は、すべて著作権侵害行為になります。
どんな作品にだって製作コストは発生し、掲載利用できる以上金銭価値の権利を持ちます。
無料ってのは作品の無価値を査定すること。権利者は作品を金銭価値0に扱うそんな利用者に許諾しません。
著作権は、財産権であり、寡占権。許諾しない限り使わせない権利なのです。

>どのような問題が起こるでしょうか。
著作権侵害行為による、発行物の差し止め、回収指示、著作物の機会損失金銭被害請求、慰謝料の請求など。
ようは泥棒です。

>広報のイラストの場合は無料でしょうか。
有料。頒布範囲が無制限なので高いです。利用料の計算は基本、利用料☓複製枚数。
>教科書のイラストは どうでしょうか。
有料。著作権の買い上げが必要。そうしないと教科書として採用されません。
>イラスト者が分かった場合、相場はいくらでしょうか。
金で解決すると思うなよ。他にも権利保有者がいるのです。
>イラスト者が分からなかった場合 どうなりますか。
許諾のとりようがないので、あなたの発行物は著作権侵害の汚名を拭えない窃盗剽窃物。
それはあなたに権利がない事と同様になります。

再度書きます。著作権は、財産権であり、寡占権。許諾しない限り使わせない権利なのです。
他人の褌で相撲を取るな。

全部のイラストに著作者がおり、著作権が発生し、著作権保有者がいて、著作権フリーを明記されていないイラストの利用は、すべて著作権侵害行為になります。
どんな作品にだって製作コストは発生し、掲載利用できる以上金銭価値の権利を持ちます。
無料ってのは作品の無価値を査定すること。権利者は作品を金銭価値0に扱うそんな利用者に許諾しません。
著作権は、財産権であり、寡占権。許諾しない限り使わせない権利なのです。

>どのような問題が起こるでしょうか。
著作権侵害行為による、発行物の差し止め...続きを読む

Q可視光線が乱反射されると白に見える要因について

可視光線が乱反射すると白に見えるらしいが、それはどうしてでしょうか?
もしかして、可視光線の反射の仕方で見える色が変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

乱反射するから白に見えるのではありません。
白色光に含まれる光を全て乱反射するから白に見えるのです。

映画館のスクリーンは乱反射するように作られています。
そうでなければ特定の方向からしか映画が見られなくなっていしまいます。
乱反射したら全てが白色になってしまうのであれば、カラーの映画は成立しなくなります。

OHP のスクリーンにレーザーポインタの光を当てると赤色の点が見えますが、これもレーザーポインタの赤色光をスクリーンが乱反射するからです。

色が付いて見えるのは目に入る光の波長が偏っているからです。
元の光の波長が偏っていれば乱反射しても色が付いて見えます。
元の光の波長が偏っていなくとも、乱反射する物に色が付いていれば色が付いて見えます。

Q無料のイラスト

よろしくおねがいします。

介護保険にまつわる、文書(リーフレット)を作成するところです。

おじいさん、おばあさん、介護スタッフ、家など図式化する際、わかりやすくするためにイラストを、と思っているのですが、なかなか無料でイラストを提供してくれるサイトがないようなのです。

もし、どこかご存知のサイトがございましたら教えて頂けたら幸いです。

イラストの素材集なども購入も考えたのですが、経費の都合上、出来たら無料で、を図々しいのですが考えております。

Aベストアンサー

ご希望のイラストがあるかどうか、わかりませんが・・・・・・
http://www.printout.jp/clipart/
かなり自由に使わせていただけるようです↓。
http://www.printout.jp/form/help/help_top.html

Q赤い光と緑の光が目に入ると、何故黄色く見えるのですか?

光の三原色の組み合わせで、どんな色でも作れるのだと思うのですが、例えば、赤い光と、緑の光が目に入ると、何故、黄色く見えるのでしょうか?

また、一般に、波長λ1と波長λ2の光が目に入ると、波長λ3の色として見えるとした場合、λ1,λ2,λ3の間には数式で表せるような一定の関係があるのでしょうか?

Aベストアンサー

目の網膜で実際に色を感じているのは「錐体」というものなのですが、これはそれぞれ特定の波長領域(幅があります)の光に反応するようになっていて、人間の目には3種類あります。
(これに、仮に「A」「B」「C」と当てます)
これを簡単な模式図にすると以下のようになります:

感度
↑____A____B___C__
|____/\__/\__/\__
|___/__\/__\/__\_
|__/___/\__/\___\ 
|_/___/__\/__\___\ 
____a__b__c__d__e__f__g      →波長
_____青___緑_黄_赤

4行分の高さの「/\」は、各錐体のその波長の光への感度です。たとえば錐体Aはb(青)で強さ1の光を受けると「強さ1の光を受けた」と感じ、c(青緑)で強さ1の光を受けると「強さ1/2の光を受けた」と感じる、ということになります。
(「_」は文字合わせの為なので無視してください)
このとき重要なのは、cの波長の光を受けてもeの波長の光を受けても、錐体Aは、受けた刺激の強度情報しか脳に渡せない(→波長の違いは脳に渡らない)、ということです。

では、強さ1の黄(e)の光が当たった場合を考えます。
このとき錐体Aは光は感じず(感度0の領域)、錐体Bと錐体Cはそれぞれ強さ1/2の光を感じることになります。
従って、このとき脳に渡るのは「A=0,B=1/2,C=1/2」という強度情報です。

次に、強さ1/2の緑(d)の光と強さ1/2の赤(f)の光が同時で当たった場合を考えます。
このとき、緑の光に対して錐体A・Cは光を感じず、錐体Bは1/2の強さの光を感じます(強さ1/2×感度1)。
また、赤の光に対しては錐体A・Bが光を感じず、錐体Cは1/2の強さの光を感じます。
この2つの光を同時に受けているので、双方を合計した「A=0,B=1/2,C=1/2」という強度情報が脳に渡されるため、強さ1の黄の光と同じ、と判断されます。

実際の感度分布は複雑な重なりなので、話はもっと面倒ですが、概念的にはこういうことになります。
(数式化は・・・どうなんでしょう? Labとかの色空間の話をつつくと出てくるのかも。私はわかりません)

目の網膜で実際に色を感じているのは「錐体」というものなのですが、これはそれぞれ特定の波長領域(幅があります)の光に反応するようになっていて、人間の目には3種類あります。
(これに、仮に「A」「B」「C」と当てます)
これを簡単な模式図にすると以下のようになります:

感度
↑____A____B___C__
|____/\__/\__/\__
|___/__\/__\/__\_
|__/___/\__/\___\ 
|_/___/__\/__\___\ 
____a__b__c__d__...続きを読む

Q無料で入手出来るイラスト

イベントの案内文のイラストに困っています。
白黒のイラストで無料で入手出来るサイトを教えてください。

リソグラフを使用して印刷する予定なので、
カラーイラストだときれいに写りません。
イラスト集も使い古された物が多く 新しさに欠けます

他に何か良い方法があったら、あわせてお願いします。

Aベストアンサー

「フリー素材」でネット検索すれば、イヤと言うほど出てきます。
イベントの種類(秋祭り、運動会、美化運動、文化祭、写真展、バザーなど絵柄が違います)、印刷したい大きさ(パンフレット、大きなポスター、はがきなど)などによって、欲しい絵柄は違うでしょうから、ここが良いとは言えませんが、探して見てください。

モノクロ素材を探すのは難しいでしょうから、画像処理ソフトでモノクロ変換することをお薦めします。
私はそうしていますよ。
カラーの素材を入手して、単色変換したり、複数の素材や風景を重ね合わせて使っています。

ひとつだけサイトを紹介しましょう。
ヒサゴ伝票(株)の「テンプレートバンク」です。

参考URL:http://www.templatebank.com/

Q赤色の葉の光合成

学校でコリウスのような「ふ入り」の部分の葉にはクロロフィル(葉緑素)が含まれていないため光合成をしていない→そのためヨウ素液につけても反応はない。(デンプンはない)
と言う事を習いました。
私は夏休みに理科2分野の宿題の自由研究のような物で、『では、赤色の色素の葉は光合成しているのか?デンプンはあるのか?』
疑問に思いまず、ヨウ素デンプン反応がおこるか調べました。
コリウスの赤い色の葉を2枚と新芽が赤色をしている葉を1枚使ったのですが、どれも緑色の葉は反応するのに赤色は反応しないのです。
もっと詳しく調べてみようと下記のHPを見たのですが、どうやら赤色でもクロロフィルはあり光合成をしているそうなんです。(私の実験では光合成していない事になってしまいます)そのHPもコリウスを使っていました。
そこで、そのHPの人に質問したのですが答えがわからず…
さらに質問しようかと思ったら出かけてしまうらしく。。。
早く答えが知りたいのでココに質問しました。

赤色の色素がありクロロフィルがあるのにデンプンの反応がないわけ。
教えてください!

http://www.biol.s.u-tokyo.ac.jp/users/sonoike/kopen3.htm

学校でコリウスのような「ふ入り」の部分の葉にはクロロフィル(葉緑素)が含まれていないため光合成をしていない→そのためヨウ素液につけても反応はない。(デンプンはない)
と言う事を習いました。
私は夏休みに理科2分野の宿題の自由研究のような物で、『では、赤色の色素の葉は光合成しているのか?デンプンはあるのか?』
疑問に思いまず、ヨウ素デンプン反応がおこるか調べました。
コリウスの赤い色の葉を2枚と新芽が赤色をしている葉を1枚使ったのですが、どれも緑色の葉は反応するのに赤色は反応し...続きを読む

Aベストアンサー

1.葉緑素があり赤い色素のない部分→緑
2.葉緑素と赤い色素の両方ある部分→紫
3.葉緑素がなく赤い色素のある部分→赤
4.葉緑素も赤い色素も両方ない部分→白

コリウスの葉は上の4種類の状況が考えられます。
デンプンができるのは上の1.2.の場合。

赤い色素の有無は光合成とは無関係です。

参考URL:http://nre.news-site.net/modules/tinyd/index.php?id=17

Qイラスト無料ありますか?

龍のイラストの無料ありますか?
大きく 引き伸ばしたいのです。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

検索エンジンを使って
「龍 無料 イラスト」などで検索をしてみたらどうでしょうか?

Q遠くまでよく見える色は?

子供(小2)の夏休みの自由研究として考えています。
夕方や夜に黒っぽい色を着て自転車に乗ってると、車から見えにくくて
事故にあいやすい・・・ということから「何色を着れば安全か?」を知りたいのが動機でした。
昼、夕方(夕やけ時)、夜(暗闇)では色の見えやすさに違いがあるかを調べたいと思っています。
それで実験方法を悩んでいます。
「色紙や色画用紙を同じ大きさに切り、私が持っていて子供が遠くから近付いてきて、色がわかったところで立ち止まり距離を測定する」
という極めて原始的な方法しか浮かばないのですが、これで結果が得られるでしょうか??
何か良い方法をご存知の方がいらっしゃいましたらアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんは。
徒然なるままに(?)書いてみますね。

1.
おそらく正解は、日中が黄色、夜は白になります。
ですから、これらを選択肢の中心として位置づけ、誘導してあげましょう。
夕方については、いかに、周囲の色や明るさに対する「違和感」を与えるかが重要になります。

2.
このような実験では、ある程度のデータ数があると、表やグラフにまとめやすくなります。
つまり、色んな場所で、色んな人にやってもらうのがよいと思います。

3.
反射テープを第二のテーマとするのも手です。
体、あるいは身に着けているものに、どこの位置につけるか、どんな図形にするか、などは良い実験になるかもしれません。
そして、夜以外でも効果があるかというのも、面白い題材になるかとおもいます。

4.
身の回りにある道路標識で、どんな色でどんな形の標識が目立って見えるかというのもヒントになると思います。

Qホームページから無料で貰えるイラスト又はキャラクターなどはありますか?

ホームページから無料で貰えるイラスト又はキャラクターなどはありますか?

Aベストアンサー

そういったものは素材専門のサイトにありますので
そういうサイトを巡回してみてはいかがでしょうか?

Q夜、遠くの照明が瞬いて見えるのはなぜ?

遠くの街灯、スキー場の照明、チラチラと瞬いて見えるのはなぜですか?

Aベストアンサー

星が瞬くのと同じ、空気のゆらめきです。
空気の状態が一定ではないことで光の屈折のしかたが微妙に変わり、明かりが瞬いて見えます。


人気Q&Aランキング