その1 静脈:血管が青く見える理由は、皮膚の中で血液 の赤色光が乱反射されてしまい、青っぽく見えると書か れたものを見たことがあるが、納得できない。
その2 青い目:眼の虹彩にはメラニン色素が含まれ、こ れが多いと黒、薄くなるにしたがって、茶、青、グレー
 になるらしい。これも静脈と同じ原理なのか否か。
その3 遠い山:遠くの山〔緑〕は遠くかすんで見える時 青っぽく見える。そもそも、植物のクロロフィルは赤色 光と青紫光をよく吸収するはず。空気の層を通過してく るとき、乱反射することを考えると、夕焼け理論で赤
 っぽく見えてもいいように思う。
★以上の疑問に答えをください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

青短」に関するQ&A: 青短or神田外語or日大

A 回答 (14件中11~14件)

3についてのみですが



私も空気中の水分で光が乱反射しますが、青色の方が反射しやすく、赤色の方が透過しやすいので距離が離れるほど青く見えるとおもいます。

参考までに

クロロフィルには青緑に見えるものと、少しくすんだ黄緑に見えるものの2種類が多いです。
クロロフィルは吸収した光で高強度の赤色蛍光を出しますので、日差しが強いほど赤黒く見えるようになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。クロロフィルの赤色蛍光はびっくりですよね。でも、あれは抽出したクロロフィルでの話でしたよね。あるいは、生体中でも、蛍光を発しているのだろうか?

お礼日時:2002/02/27 21:03

その3についてです。


確かに言われてみればそうですね。今まであまり疑問に思っていませんでした。しかし、たぶん正解は以下のようになると思います。

遠くの山の方から来る光を以下の2通りに分けて考えます。

1.山から直接来る光
2.山と自分との間にあるちり等によって太陽光が乱反射された光

ここで、1については夕焼け理論で少し赤みがかっているはずです。で、なぜ実際には赤みがかっていないかというと、2の効果が大きいからです。もし山が太陽のように強い光を放っていれば赤みがかっていると思います。
2については空が青いのと同じですね。
結論は、1より2の効果の方が大きいからだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。夕焼け理論はわたしも勘違いしてましたが、あれは、太陽から直接私たちの眼に届く太陽光は赤色光だけが生き残っているというもので、青空理論〔大気の中で太陽光線の中の青色光が四方八方に散乱して強調される〕とは違うようです。ですから、山は赤みがかっては見えないと思います。

お礼日時:2002/02/27 20:58

1:については、「じゃあ、動脈や毛細血管はどうなんだ、」という突っ込みがありそうです。

静脈壁の性質なのでは?

2:静脈の原理があやしいので、同じかどうかもわかりませんが、シベリアンハスキーの目の色が、1頭の中で右と左で違っるのはよく見ますが、さらに同じ右目で上のほうと下のほうが違っているやつがいます。「乱反射」というより「境目」があってグレーとブルー、茶とグレーに別れているようなのですが。

3:ブルーマウンテン、というのは青い山ですが、富士山の写真を見ても、遠くから見える山は青っぽいですね。岩山でも青っぽく見えると思うのですが・・。空が青く見える理屈じゃないかと思っていましたが・・。

(何にも答えになっていない・・)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

シベリアンハスキーの目の色というのは興味深いですね。私はつくずく見たことがないのでわかりませんが、おもしろそうですね。

お礼日時:2002/02/27 20:44

その1とその2は同じ原理だと学者が言っているテレビをみたことがありますよ。


青い目の色も色素不足による血液の色の表れだといってました。(原理については聞いたけど忘れちゃいました)

その3については青っぽく見えるかどうかは記憶が無いので今度見てみます。
夕焼け理論として長波長は乱反射する割合が短波長に比べて少ないので長波長がこちら側に届くと思えます。
が、そもそも山の樹木が緑に見えると言うことは緑以外の波長の光を吸収しているということですよね。
緑は中波長ですがかすみは夕焼け時の空気中のチリなどよりも密度が濃いので乱反射してしまうんじゃないでしょうか。
結果としてほとんど山からは光が届かないために、明るい山の上の空との比較で輪郭が薄暗く見えると思うんですけど。
ほんとに青色光が届いているのなら理由を知りたいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2002/02/27 20:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q可視光線が乱反射されると白に見える要因について

可視光線が乱反射すると白に見えるらしいが、それはどうしてでしょうか?
もしかして、可視光線の反射の仕方で見える色が変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

乱反射するから白に見えるのではありません。
白色光に含まれる光を全て乱反射するから白に見えるのです。

映画館のスクリーンは乱反射するように作られています。
そうでなければ特定の方向からしか映画が見られなくなっていしまいます。
乱反射したら全てが白色になってしまうのであれば、カラーの映画は成立しなくなります。

OHP のスクリーンにレーザーポインタの光を当てると赤色の点が見えますが、これもレーザーポインタの赤色光をスクリーンが乱反射するからです。

色が付いて見えるのは目に入る光の波長が偏っているからです。
元の光の波長が偏っていれば乱反射しても色が付いて見えます。
元の光の波長が偏っていなくとも、乱反射する物に色が付いていれば色が付いて見えます。

Q赤色の葉の光合成

学校でコリウスのような「ふ入り」の部分の葉にはクロロフィル(葉緑素)が含まれていないため光合成をしていない→そのためヨウ素液につけても反応はない。(デンプンはない)
と言う事を習いました。
私は夏休みに理科2分野の宿題の自由研究のような物で、『では、赤色の色素の葉は光合成しているのか?デンプンはあるのか?』
疑問に思いまず、ヨウ素デンプン反応がおこるか調べました。
コリウスの赤い色の葉を2枚と新芽が赤色をしている葉を1枚使ったのですが、どれも緑色の葉は反応するのに赤色は反応しないのです。
もっと詳しく調べてみようと下記のHPを見たのですが、どうやら赤色でもクロロフィルはあり光合成をしているそうなんです。(私の実験では光合成していない事になってしまいます)そのHPもコリウスを使っていました。
そこで、そのHPの人に質問したのですが答えがわからず…
さらに質問しようかと思ったら出かけてしまうらしく。。。
早く答えが知りたいのでココに質問しました。

赤色の色素がありクロロフィルがあるのにデンプンの反応がないわけ。
教えてください!

http://www.biol.s.u-tokyo.ac.jp/users/sonoike/kopen3.htm

学校でコリウスのような「ふ入り」の部分の葉にはクロロフィル(葉緑素)が含まれていないため光合成をしていない→そのためヨウ素液につけても反応はない。(デンプンはない)
と言う事を習いました。
私は夏休みに理科2分野の宿題の自由研究のような物で、『では、赤色の色素の葉は光合成しているのか?デンプンはあるのか?』
疑問に思いまず、ヨウ素デンプン反応がおこるか調べました。
コリウスの赤い色の葉を2枚と新芽が赤色をしている葉を1枚使ったのですが、どれも緑色の葉は反応するのに赤色は反応し...続きを読む

Aベストアンサー

1.葉緑素があり赤い色素のない部分→緑
2.葉緑素と赤い色素の両方ある部分→紫
3.葉緑素がなく赤い色素のある部分→赤
4.葉緑素も赤い色素も両方ない部分→白

コリウスの葉は上の4種類の状況が考えられます。
デンプンができるのは上の1.2.の場合。

赤い色素の有無は光合成とは無関係です。

参考URL:http://nre.news-site.net/modules/tinyd/index.php?id=17

Q赤い光と緑の光が目に入ると、何故黄色く見えるのですか?

光の三原色の組み合わせで、どんな色でも作れるのだと思うのですが、例えば、赤い光と、緑の光が目に入ると、何故、黄色く見えるのでしょうか?

また、一般に、波長λ1と波長λ2の光が目に入ると、波長λ3の色として見えるとした場合、λ1,λ2,λ3の間には数式で表せるような一定の関係があるのでしょうか?

Aベストアンサー

目の網膜で実際に色を感じているのは「錐体」というものなのですが、これはそれぞれ特定の波長領域(幅があります)の光に反応するようになっていて、人間の目には3種類あります。
(これに、仮に「A」「B」「C」と当てます)
これを簡単な模式図にすると以下のようになります:

感度
↑____A____B___C__
|____/\__/\__/\__
|___/__\/__\/__\_
|__/___/\__/\___\ 
|_/___/__\/__\___\ 
____a__b__c__d__e__f__g      →波長
_____青___緑_黄_赤

4行分の高さの「/\」は、各錐体のその波長の光への感度です。たとえば錐体Aはb(青)で強さ1の光を受けると「強さ1の光を受けた」と感じ、c(青緑)で強さ1の光を受けると「強さ1/2の光を受けた」と感じる、ということになります。
(「_」は文字合わせの為なので無視してください)
このとき重要なのは、cの波長の光を受けてもeの波長の光を受けても、錐体Aは、受けた刺激の強度情報しか脳に渡せない(→波長の違いは脳に渡らない)、ということです。

では、強さ1の黄(e)の光が当たった場合を考えます。
このとき錐体Aは光は感じず(感度0の領域)、錐体Bと錐体Cはそれぞれ強さ1/2の光を感じることになります。
従って、このとき脳に渡るのは「A=0,B=1/2,C=1/2」という強度情報です。

次に、強さ1/2の緑(d)の光と強さ1/2の赤(f)の光が同時で当たった場合を考えます。
このとき、緑の光に対して錐体A・Cは光を感じず、錐体Bは1/2の強さの光を感じます(強さ1/2×感度1)。
また、赤の光に対しては錐体A・Bが光を感じず、錐体Cは1/2の強さの光を感じます。
この2つの光を同時に受けているので、双方を合計した「A=0,B=1/2,C=1/2」という強度情報が脳に渡されるため、強さ1の黄の光と同じ、と判断されます。

実際の感度分布は複雑な重なりなので、話はもっと面倒ですが、概念的にはこういうことになります。
(数式化は・・・どうなんでしょう? Labとかの色空間の話をつつくと出てくるのかも。私はわかりません)

目の網膜で実際に色を感じているのは「錐体」というものなのですが、これはそれぞれ特定の波長領域(幅があります)の光に反応するようになっていて、人間の目には3種類あります。
(これに、仮に「A」「B」「C」と当てます)
これを簡単な模式図にすると以下のようになります:

感度
↑____A____B___C__
|____/\__/\__/\__
|___/__\/__\/__\_
|__/___/\__/\___\ 
|_/___/__\/__\___\ 
____a__b__c__d__...続きを読む

Q遠くまでよく見える色は?

子供(小2)の夏休みの自由研究として考えています。
夕方や夜に黒っぽい色を着て自転車に乗ってると、車から見えにくくて
事故にあいやすい・・・ということから「何色を着れば安全か?」を知りたいのが動機でした。
昼、夕方(夕やけ時)、夜(暗闇)では色の見えやすさに違いがあるかを調べたいと思っています。
それで実験方法を悩んでいます。
「色紙や色画用紙を同じ大きさに切り、私が持っていて子供が遠くから近付いてきて、色がわかったところで立ち止まり距離を測定する」
という極めて原始的な方法しか浮かばないのですが、これで結果が得られるでしょうか??
何か良い方法をご存知の方がいらっしゃいましたらアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんは。
徒然なるままに(?)書いてみますね。

1.
おそらく正解は、日中が黄色、夜は白になります。
ですから、これらを選択肢の中心として位置づけ、誘導してあげましょう。
夕方については、いかに、周囲の色や明るさに対する「違和感」を与えるかが重要になります。

2.
このような実験では、ある程度のデータ数があると、表やグラフにまとめやすくなります。
つまり、色んな場所で、色んな人にやってもらうのがよいと思います。

3.
反射テープを第二のテーマとするのも手です。
体、あるいは身に着けているものに、どこの位置につけるか、どんな図形にするか、などは良い実験になるかもしれません。
そして、夜以外でも効果があるかというのも、面白い題材になるかとおもいます。

4.
身の回りにある道路標識で、どんな色でどんな形の標識が目立って見えるかというのもヒントになると思います。

Q夜、遠くの照明が瞬いて見えるのはなぜ?

遠くの街灯、スキー場の照明、チラチラと瞬いて見えるのはなぜですか?

Aベストアンサー

星が瞬くのと同じ、空気のゆらめきです。
空気の状態が一定ではないことで光の屈折のしかたが微妙に変わり、明かりが瞬いて見えます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報