以前から気になっていたんですけど・・・しょうもない疑問かもしれませんが。
私が小さい頃は診察が終るとそのまま待合室に待たされ、自分の番号が掲示板に点灯すると薬をもらいに窓口に行っていたような記憶があるんですけど、今は病院に近いところに別の建物で薬屋さん(処方箋を渡してくれるところ)がありますよね?法律が変わったのか税金対策(?)なのかさっぱり分かりません。なぜわざわざ別の建物なのでしょうか。雨が降ってる時、またお年寄りや体の自由がきかない方にとってはかなり不便だと思います。いつこのような形式になってしまったんでしょう。どなたかご存知の方、回答をお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

医薬分業が進んできたためです。

問題は建物が別かどうかではなく、医師による診断、薬剤の処方決定と、薬剤師による調剤を別々にすることが目的です。

本来、調剤はクスリのプロであるべき薬剤師が行うべきですが、日本では医師が特例的に調剤を行っても良いことになっていました。

しかし薬漬け医療が問題になり、医師がそれほど必要でない薬剤まで処方して、薬価差で利益をあげようとすること等が問題になり、ようやく医薬分業の必要性が日本でも広まってきました。

医薬分業の本当の目的は、病医院ごとに薬を患者に出していると、複数の病医院で同じような薬効の薬が重複して、その薬の許容量を超えてしまうこと等がチェックできませんが、一人のかかりつけの薬剤師を決めて、どこの病医院で出された処方箋もその薬剤師に調剤はすべてまかせるようにすれば、それが防げます。
また医師の処方時と、薬剤師の調剤時の2回チェックが入ることになるので、それだけ人為的ミスが減ることもあります。

しかし、現在のように病医院で「すぐそこの薬局で薬をもらってください」などという「門前薬局」の状態では、医薬分業の理想には遠い状態ですね。これは薬剤師側にも努力不足があるかもしれません。

たしかに不便な面もあると思いますが、ヨーロッパでは古くから医薬分業が当たり前だそうです。患者さんは自分の身を守る意味からも、医薬分業の進展に理解をしていただきたいと思います。
いかがでしょう?

薬剤師ですが、調剤には携わっておりませんので、一般人としておきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私はてっきり税金対策かとばかり思っていました(苦笑。自分の無知さが恥ずかしくなりました。そう言われれば小さい時に「ただのカゼなのになんでこんなにいっぱい薬飲むんだろう」と不思議に思った記憶があります。今日数年振りに病院で診てもらったのですが(同じカゼです)処方箋はたったの2種で代金も300円そこそこでした。
ちょっと不便ですけど「自分の身を守る」為には必要な進展なのですよね!とても勉強になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/26 23:29

保険診療というものは、診察より投薬のほうが、儲けが大きいんです。

そのせいで、薬漬け医療が問題になりました。必要のない薬まで大量に処方されては患者もたまりませんし、健保組合も出費が増えて健全経営が出来なくなります。
医院・病院が、投薬で儲けることが出来なければ、投薬も必要最小限になるわけです。

No.1の方の回答にある、薬歴管理も簡単にできるというメリットもあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

数年振りに病院へ行き、その処方箋の安さに驚いてしまいました。数年前に同じ症状(カゼ)で処方箋代1300円だったのに対し、今日は300円そこそこでした。薬の種類にもよると思いますが、この差に愕然としてしまって・・・。
投薬の方が儲かることなんて全く知りませんでした。勉強させていただきました。ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/26 23:37

いつから、というのは分かりませんが、


「かかりつけ薬局」っていう観点だと思います。
普通の人であれば、歯医者ならここ、内科ならここ、
など、かかりつけのお医者さんを決めていると思います。
また、そのお医者さんが合わないと思ったら病院を変えるでしょう。
そういう場合のためなどに、いろいろな病院で処方された薬をひとつの薬局でもらうことにより、
その人がどんな薬を処方されてきたか、どんな薬が効くか、
などの情報を綿密に記録することによって、
薬に関してのアドバイスなどが出来るように・・・であると思います。

今でも総合病院などで病院内の薬局でのみ薬を処方するところもありますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今日処方箋を受け取る際に、自分の常備薬(頭痛鎮痛剤)との相性や処方の仕方など、とても親切に教えてくださいました。院内の薬局だと人が多いのでゆっくり聞くことができませんが、別の建物だと静かで人も少ないので落ち着いて話をすることができます。
人為的ミスも少ないでしょうし少々不便ではありますが、安心して薬をもらう為に協力しなければなりませんね。
勉強になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/26 23:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q耐用年数を過ぎた建物の減価償却費の計算

平成25年1月1日から個人事業主となりました。これに伴い現居宅を事務所兼住宅として使用します。
将来、青色申告する際に経費として建物の償却費を計上することを考えていますが、
問題は建物の法定耐用年数が今年で終了することです。
以下の内容について教えていただけませんか。

前提条件
(1)建物の内容     建物構造  軽量鉄骨ALC造3階建
(2)建築年月      1986年1月(27年経過)
(3)建築費        4000万円

教えていただきたい内容
 1.来年確定申告時(青色申告)に建物の減価償却費を計上するための税務署への申請
  手続きその他。
 2..上記の条件で計算される減価償却額の実額と計算過程。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

償却資産を取得し非業務(家庭)用から業務用に転用した場合
1.非業務用期間における減価の額を計算します。
2.転用後の減価償却費の計算をします。

国税庁>タックスアンサー>No.2109 新築家屋等を非業務用から業務用に転用した場合の減価償却の具体的な計算
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2109_qa.htm


1.転用時迄の非業務期間の減価の額・転用時の未償却残高の計算
(この計算は常に旧定額法で計算します)
非業務期間の減価の額=取得価額×0.9×旧定額法の償却率×非業務用期間。
非業務用の耐用年数、法定耐用年数の1.5倍とし、1年未満の端数は切り捨て。
非業務用期間の1年未満の端数は、6か月以上は1年とし、6か月未満は切り捨て。

転用時の未償却残高=取得価額-非業務期間の減価の額。

国税庁>質疑応答事例>非業務用資産を業務の用に供した場合
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/shotoku/04/17.htm

軽量鉄骨ALC造・住宅用の法定耐用年数が27年の場合、
非業務用の耐用年数、法定耐用年数27年×1.5=40.5年(1年未満の端数は切り捨て) → 40年、
旧定額法40年の償却率は0.025。
非業務用期間は取得年月1986年1月~転用年月の前月2012年12月=27年0か月 → 27年。

非業務期間の減価の額=40,000,000×0.9×0.025×27年=24,300,000円、
転用時の未償却残高=40,000,000-24,300,000=15,700,000円。


2.旧定額法の計算 (平成19年3月31日以前の取得に適用)
償却費=取得価額×0.9×旧定額法の償却率×使用月数÷12。
本年分の必要経費算入額=償却費×事業専用割合%。(←事業用と家庭用に兼用する時は、按分比%を入れ計算)
期末残高=取得価額又は転用時の未償却残高-償却累積額。

取得価額の95%に達する迄は上記の計算式で計算します。

前年の期末残高-取得価額の5%の金額が前年の償却費を下回る年が95%に達する年です。

償却累積額が取得価額の95%に達する年の、
償却費=前年の期末残高-取得価額の5%、
期末残高=取得価額の5%。

95%に達した翌年より、残り5%より1円を控除した金額を5年間で均等償却します。
尚、5年間の均等償却時の「償却の基礎になる金額」は取得価額の5%の金額です。

均等償却費=(取得価額の5%-1円)÷5年≒取得価額の1%、
均等償却5年目の期末残高に1円(備忘価額)を残します。

国税庁>タックスアンサー>No.2105 旧定額法と旧定率法による減価償却(平成19年3月31日以前に取得した場合)
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2105.htm


1986年1月に4千万円で軽量鉄骨ALC造・住宅用・法定耐用年数27年を家庭用として取得し、
平成25年1月に事務所兼住宅用・事業専用割合?%に転用した時の償却額の計算例。
旧定額法27年の償却率0.037。

H25年~H34年の償却費=40,000,000×0.9×0.037×12か月÷12=1,332,000円。(10年間同一金額)
H25年~H34年の本年分の必要経費算入額=1,332,000×?%=?円。(10年間同一金額)

H25年の期末残高=15,700,000(転用時の未償却残高)-1,332,000=14,368,000円、
H26年の期末残高=15,700,000-1,332,000×2=13,036,000円、
H27年の期末残高=15,700,000-1,332,000×3=11,704,000円、
H28年~H33年の期末残高は計算して下さい、
H34年の期末残高=15,700,000-1,332,000×10=2,380,000円。

H35年、前年の(期末残高:2,380,000円-取得価額の5%:2,000,000円)が前年の償却費:1,332,000円を下回り95%に達する年です。

H35年の償却費=2,380,000-2,000,000=380,000円、
H35年の本年分の必要経費算入額=380,000×?%=?円、
H35年分の期末残高=2,000,000円。

尚、H36年分~H40年分の「償却の基礎になる金額」は取得価額の5%:2,000,000円です。

H36年~H39年の償却費=400,000円、(1%均等償却、4年間同一額、摘要欄へ「均等償却」と記入)
H36年~H39年の本年分の必要経費算入額=400,000×?%=?円、(4年間同一額)
H36年~H39年の期末残高=160万円(H36年)、120万円(H37年)、80万円(H38年)、40万円(H39年)。

H40年の償却費=400,000-1円=399,999円、(摘要欄へ「均等償却」と記入)
H40年の本年分の必要経費算入額=399,999×?%=?円、
H40年の期末残高=1円。

償却資産を取得し非業務(家庭)用から業務用に転用した場合
1.非業務用期間における減価の額を計算します。
2.転用後の減価償却費の計算をします。

国税庁>タックスアンサー>No.2109 新築家屋等を非業務用から業務用に転用した場合の減価償却の具体的な計算
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2109_qa.htm


1.転用時迄の非業務期間の減価の額・転用時の未償却残高の計算
(この計算は常に旧定額法で計算します)
非業務期間の減価の額=取得価額×0.9×旧定額法の償却率×非業務用期間。
非業務用の耐...続きを読む

Qもらい事故での障害証明について

お世話になります。
先日、信号待ちで追突され、すぐに病院で診察を受けました。
自覚症状としては首が重いような感じがするだけだったので
首のレントゲンのみ確認し、骨には異常がないことがわかりました。
今のところ、寝違ったような首の痛みがあるのみです。
しかし、もともと腰痛持ちで、腰痛がひどくならないか不安があります。
ただ、診察時は頭が整理できていなかったことと、物損、人身の違いがあることも
理解していなかったので、症状のなかった腰の話は医者にしませんでした。

気になっているのは、後に腰痛が出た場合、
事故によるものかどうかの証明は可能なのでしょうか?
そのために今できること、やるべきことはありますか?

Aベストアンサー

先ほどはお礼ありがとうございます。
車両保障の件で回答したものです。

さて本題ですが、
後に出た腰痛に関して事故に関連づけて治療を受けることは難しいです。
事故後遅くても一週間くらいで腰の判断をして下さい。
判断とは担当医師に腰の違和感や痛みを申し出て病名を付けてもらうことです。
とにかく少しでも違和感があれば、すぐに医師に相談です。あとは医師の判断です。
実際には痛いって言ったもの勝ちな感もありますが・・・。


さて、またまた余談です。
慰謝料のお話を少し、
通院一日に対して相手の保険会社を通して自賠責保険から4200円の慰謝料がもらえます。
実際の計算はもう少し複雑ですがそんな感じの認識でOKです。
通院のための交通費も請求できます。
バス代や電車代、自家用車ならガソリン代が請求できます。
タクシーは歩行困難などの理由がないかぎり認められません。

さらにもう一つ。
ご自身の自動車保険を要確認です。
搭乗者傷害という保険が付いていませんか?
これも通院日数や治療部位、怪我の状態でお金が支払われます。
しかも、等級が下がるなどのデメリットは一切ありません。もし付いていれば儲け物。

もう一つ確認事項。
自分の医療保険や生命保険、これも証書を確認して下さい。
意外と自動車事故に対応しています。

もし上記の保険が色々出たら...今より新しい車に乗れちゃったりするかもしれませんね。

先ほどはお礼ありがとうございます。
車両保障の件で回答したものです。

さて本題ですが、
後に出た腰痛に関して事故に関連づけて治療を受けることは難しいです。
事故後遅くても一週間くらいで腰の判断をして下さい。
判断とは担当医師に腰の違和感や痛みを申し出て病名を付けてもらうことです。
とにかく少しでも違和感があれば、すぐに医師に相談です。あとは医師の判断です。
実際には痛いって言ったもの勝ちな感もありますが・・・。


さて、またまた余談です。
慰謝料のお話を少し、
通院一日に対して相手...続きを読む

Q青色申告の減価償却と耐用年数について

H25に店舗を建て、貸し始めました。
H26に白色申告にて、
建物と建物に付属するものの減価償却耐用年数を申告会場にて、教えてもらい申告しました。
建物に付属する物のうち、減価償却費を計上しないよう言われた物が4つありました。
今年も、その4つは減価償却費を計上しないよう言われましたが
なぜ計上できないのか、わかりません。
教えて下さい。今年は青色申告しようと思っています。


1.エアデッキ購入額¥1,010,000:耐用年数8年
2.長尺シート購入額¥345,000:耐用年数3年
3.パーテーション購入額¥175,000:耐用年数3年
4.網戸購入額¥34,000:耐用年数3年(こちらは10万未満なので、購入年に消耗品処理でしょうか)

Aベストアンサー

>昨年、経費にはしていないが償却している ということ…

そうなります。

昨年、一昨年に経費にしなかった分を経費にしたかったら、昨年分、一昨年分の確定申告をそれぞれ年ごとに訂正しなければいけません。
税金が安くなる方向での訂正を「更正の請求」といいます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2026.htm

>青色申告の特別控除は¥100,000しか控除…

1棟だけでは事業的規模ではないので、10万円しか取れません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1373.htm

それから、建物自体と一体化されているのでない限り、建物付属設備として建物本体とは別に減価償却することは、ごく自然なことです。
耐用年数も 8年と 3年で合っていると思いますよ。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2015/pdf/35.pdf

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>昨年、経費にはしていないが償却している ということ…

そうなります。

昨年、一昨年に経費にしなかった分を経費にしたかったら、昨年分、一昨年分の確定申告をそれぞれ年ごとに訂正しなければいけません。
税金が安くなる方向での訂正を「更正の請求」といいます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2026.htm

>青色申告の特別控除は¥100,000しか控除…

1棟だけでは事業的規模ではないので、10万円しか取れません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1373.htm

それから、建物自体と一体化さ...続きを読む

Qもらい事故から繊維筋痛症になったみたいです

もらい事故から繊維筋痛症になったみたいです
先日先生に言われました

わたしはこれからどうすればいいでしょうか。
二年病院通いしていて
全身痛があります。

今のところ鍼灸
カイロマッサージしてます。

Aベストアンサー

大変なめに会いましたね。
繊維筋痛症はTVで見たところによると、聖マリアンナ医科大に有名な先生がいて、
FAXで診断、専門の先生を紹介してくれるようです。
また、鍼灸と鎮痛剤の組み合わせがより鎮痛効果が上がるといううわさも聞きました。
治療は早い人ほど効果が上がりやすいようです。
お大事に。

Q耐用年数を経過しいた公用車の減価償却について

会社で使用している公用車が、耐用年数の6年を経過しました。減価償却費を計算する場合、耐用年数を経過したので減価償却費は計上しなくてもよいのでしょうか?それとも、使用している限り減価償却費を計上するのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

95%まで償却できますから、実際には 6年よりもう少し長く償却できることになります。
その車を使っている限り「未償却残高」として、残りの 5%をずっと帳簿に記載しておくことになります。この間の減価償却費はゼロです。
廃車したとき、残っていた 5%は、「除却損」として経費になります。

Q首のところに湿疹が・・・

ここ2・3年毎年春から夏にかけて首のところにかゆみを伴う湿疹がかなり広い範囲で出ます。(他の季節はぜんぜん平気です)それも左半分にだけ。
病院にいこうと思うのですがステロイドでひどくなったという話をよく聞くためちょっと迷ってます。
あせもが出るほど汗もかいてないし左半分というのもおかしいと思います。後ダニとかでもないような気がしますし アトピーでも季節で出たり出なかったりするのでしょうか?
病院にいく前に聞いてみようと思いましたので経験のある方教えてください。

Aベストアンサー

私は肌が弱く皮膚科に通っていました。
出る原因としては、体が弱っている時が多いそうです。微量の汗、髪の毛、服が触れる程度でも過敏に反応して、かゆみを引き起こす原因になるそうです。
後は食べ物や化粧品等(女性の方かわかりませんが^^;)でもあるそうです。日ごろ食べていた物、ずっと使い続けていた化粧品(ヘアスプレー等もあるそうです)でも反応を起こしてしまうそうです。
秋、冬は乾燥するせいか、私は何ともありませんでした。

ステロイドですが、市販で売られている薬にも含まれているケースが多いそうです。風邪薬、鼻炎薬、目薬、ハンドクリーム、虫さされの薬等(入ってない薬もあります)
ステロイドは副腎皮質ホルモン剤とも言うそうです。

不安でしたら、お医者さん、薬剤師さんに相談してみてはいかがでしょうか?
もし今市販で売られている薬をつけている+成分にステロイドが入っているものをつけて、異常がありましたら、そのことを話してみるのもいいかと思います。

左半分というのはわかりません…すいません><やはり一度病院に行った方がいいと思います。原因がわからないのであれば、薬を塗っていてもひどくなる一方だと思いますし、首は見えるところなので痕が残っては大変でしょうし><
お大事に^^

私は肌が弱く皮膚科に通っていました。
出る原因としては、体が弱っている時が多いそうです。微量の汗、髪の毛、服が触れる程度でも過敏に反応して、かゆみを引き起こす原因になるそうです。
後は食べ物や化粧品等(女性の方かわかりませんが^^;)でもあるそうです。日ごろ食べていた物、ずっと使い続けていた化粧品(ヘアスプレー等もあるそうです)でも反応を起こしてしまうそうです。
秋、冬は乾燥するせいか、私は何ともありませんでした。

ステロイドですが、市販で売られている薬にも含まれているケー...続きを読む

Q減価償却 耐用年数

白色申告です。
収支内訳書で車を減価償却していますが、耐用年数とは、減価償却できる期間なのでしょうか?
13年2月取得の車は、耐用年数4年ですので、今年度の申告では2ヶ月分しか償却できないということなのでしょうか?
おわかりになるかた教えてください。

Aベストアンサー

そもそもは、耐用年数というか、償却率は、取得価額の9割に達するまで償却するように率が設定されていますが、税法上では、取得価額の95%に達するまで、償却できる事とされていますので、耐用年数を過ぎても、取得価額の5%になるまでは償却できます。

ですから、今回も、引き続き使用されている車であれば、月数は12ヶ月で計算して、その結果、未償却残高が、取得価額の5%を下回ってしまう場合は、前年からの繰越残高と、取得価額の5%の差額について、本年の減価償却費として計上して、結果的に、所得価額の5%が未償却残高となる事になります。
(もちろん、当たり前に償却しても、なお取得価額の5%に達しなければ、当たり前の金額で償却する事となりますし、もし5%まで達すれば、来年以降は、資産そのものは残しておかなければなりませんが、減価償却費は0円となります。)

Q便秘解消の月別レシピ

1月は、1月の便秘改善
2月は、2月の便秘改善レシピって、ありませんか?

1月~12月までのオススメ改善方法を教えてください。 よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

初めまして。

私の場合、1年を通じて食物繊維を充分に摂ることで、一切便秘はありません。ということで、通年の便秘解消法をお話しします。

便秘に対して先ずとるべきは、食物繊維の十分な摂取でであると考えています。成人で1日20gは摂取すべきです。質問者さんもとりあえず20g程度摂取してはいかがでしょうか。食物繊維は便に水分を含ませて柔らかくし、排便しやすくすると同時に、腸のぜん動を促します。下は食物繊維の効用を説いたあるクリニックのサイトですので参照してください。(女性専用クリニックですが、便秘に男性女性はありません)

http://www.matsushima-hp.or.jp/landmark/evacuation_6.html

便秘にはヨーグルトや乳酸菌薬品・サプリなどを勧められる場合がありますが、これらは腸の調子を整えるものであって、排便を促すものではありません。したがって、しつこい便秘の方がヨーグルトや乳酸菌薬品・サプリを服用しても、まず症状は改善しません。またある種のハーブティー、アロエなどを勧める方もいるかもしれませんがこれらは下剤成分と同じものなので、これらに頼ると下剤を連用するのと同じ弊害が出ます。漢方薬・生薬も同様です。その点、食物繊維は薬ではなく6大栄養素の一つであり、弊害が出たり、癖になるようなものではありませんので、安心して摂取できます。戦前の日本人は1日に25g程度を摂取していたといいますから、20gと言わず、25g程度でも問題ないのではないでしょうか。

食物繊維は野菜類、芋、豆類、プルーン、海藻類などに豊富に含まれます。食物繊維を豊富に含む食品は下のサイトを参考にして、好みでいろいろと組み合わせて、自分に合った方法で摂取しましょう。納豆、雑穀ご飯、ライ麦パン、全粒粉パン、ふすま(ブラン)のシリアルなどを取り入れると、摂取しやすくなります。季節の野菜を組み合わせると、月別の美味しくて見栄えのよい便通食になるかもしれません。

http://www.eiyoukeisan.com/calorie/nut_list/fiber.html

食物繊維を摂ると同時に、それに含ませる水分も大切ですので飲みましょう。食事時にコップ一杯余計に飲むつもりでいると良いでしょう。

外食やジャンクフードが多いと食物繊維が不足しがちになるかもしれません。なるべく普段の食事で摂ることが望ましいのですが、不足がちなときは、食物繊維のサプリもあるので利用すると良いでしょう。最寄りのドラッグストアで下のようなサプリのうちのどれかが買えるはずです。ほとんどが難消化性デキストリンという水溶性食物繊維が主成分です。もともと値段も高いものではありませんので、気楽に利用できるはずです。

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B5%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%93%E3%82%BF%E3%83%9F%E3%83%B3-%E9%A3%9F%E7%89%A9%E7%B9%8A%E7%B6%AD-%E6%A0%84%E9%A4%8A%E8%A3%9C%E5%8A%A9%E9%A3%9F%E5%93%81/s?ie=UTF8&page=1&rh=n%3A344024011%2Cp_n_feature_eighteen_browse-bin%3A2351756051

以上の方法を取っても症状が改善しない場合は、腸を始めとして、内臓に問題があるのかもしれませんので、医師に診てもらうのが良いと思います。

因みに、私は毎日25g程度の食物繊維を摂取しています。そのせいか快便の毎日です。朝食後、穏やかな便意を催します。ときには起床後、朝食前に催すこともあるくらいです。

以上、参考にしてしてください。

初めまして。

私の場合、1年を通じて食物繊維を充分に摂ることで、一切便秘はありません。ということで、通年の便秘解消法をお話しします。

便秘に対して先ずとるべきは、食物繊維の十分な摂取でであると考えています。成人で1日20gは摂取すべきです。質問者さんもとりあえず20g程度摂取してはいかがでしょうか。食物繊維は便に水分を含ませて柔らかくし、排便しやすくすると同時に、腸のぜん動を促します。下は食物繊維の効用を説いたあるクリニックのサイトですので参照してください。(女性専用クリ...続きを読む

Q中古機械の減価償却(耐用年数)

こんにちは。
よろしくお願いします。

当方、法人にて町工場をしております。

・このたび中古の機械(NC旋盤1台・使用後12年経過)を購入いたしましたが、決算にあたり、減価償却費を計上する際に問題がおこりました。

・当方の考え
法定耐用年数12年を経過している機械なので、中古資産の耐用年数(簡便法・2年)で減価償却できるのでは?

・顧問の税理士さんの回答
機械については総合償却資産(一括して耐用年数が決められている)とされるので、法定耐用年数(12年)で減価償却しなければならない。

・疑問点
総合償却って?
1)プラントや生産レーンのように、全体として一つと考えられるものに適用されるのではないの?
今回は単品の機械、しかも中古。なのに総合償却なの?
2)総合償却は個別の減価償却費を計算しないやり方じゃないの?(グループとして計算するんじゃないの?)うちではちゃんと個別に計算しているのに・・・。

どうしても納得いきません。。。
誰か教えて下さいませんか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

総合償却資産とは機械及び装置並びに構築物で、その資産に属する個々の資産全部を総合して定められた1つの耐用年数を適用して償却費を計算する資産を言います。

機械及び装置のような総合償却資産は、設備を構成する機械のうちの一部について中古資産を取得しても、その機械だけについて中古資産の耐用年数を適用することは認められません。

原則はこうなっておりますので顧問税理士さんが仰ることは正しいのですが、当該機械が単体で一体としての使用単位とみなすことが出来るものであれば、既に法定耐用年数の全てを経過しているものにも法定耐用年数を適用することは実情にそぐわないとお考えになる気持ちも分かりますので、税理士さんを通して税務署に意見(耐用年数2年)を伺ってもらえばどうでしょうか。顧問であれば、納税者有利になるようお話だけはしていただけると思いますが。

http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kobetsu/sonota/700525/01/01_05.htm
1-5-8

http://nzeiri.sppd.ne.jp/syokyak/19/tutatu/taiyo/1-5-8.htm

総合償却資産とは機械及び装置並びに構築物で、その資産に属する個々の資産全部を総合して定められた1つの耐用年数を適用して償却費を計算する資産を言います。

機械及び装置のような総合償却資産は、設備を構成する機械のうちの一部について中古資産を取得しても、その機械だけについて中古資産の耐用年数を適用することは認められません。

原則はこうなっておりますので顧問税理士さんが仰ることは正しいのですが、当該機械が単体で一体としての使用単位とみなすことが出来るものであれば、既に法定耐用...続きを読む

Qムトーハップ(610ハップ)が売っているところを教えて下さい

アトピーに効くのでムトーハップ(610ハップ)を使いたいのですが、最近は売ってません。現在売っているところを教えてもらえないでしょうか?

Aベストアンサー

硫化水素の自殺多発の影響で店頭においていない所が増えている
ようですね。

大手のドラッグストアなどでは置いてある所も多いですが、
正当な理由であれば取り寄せなどもできると思いますよ。
(恐らく使用目的、住所、氏名など聞かれるでしょうが)


人気Q&Aランキング