【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

普通の固定抵抗器と半固定抵抗器とを直列につないで、微妙な抵抗値(例えば73[Ω]とか86[Ω]とか)を作りだしたいのですが、固定抵抗器と半固定抵抗器の抵抗値はどのようにして決めたらいいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

回転 pdf」に関するQ&A: PDF回転保存

A 回答 (6件)

先ず、


 1.およその中心となる抵抗値
 2.希望可変範囲(抵抗値または%)
の目標を立てる必要があります。

可変範囲が広ければ、目標から外れる危険は減りますが、細かい調整が難しくなります。
可変範囲を狭く取ると、細かい調整が楽にできますが、可変範囲が目標から外れる危険があります。
ただし、外れた場合は、固定抵抗をもう一段変えることで、可変範囲を目標内に入れることが出来る場合もあります。

だいたいの目標を決めた上で、入手可能な部品で回路を構成することになります。
入手可能な部品は、必ずしも希望を叶えてくれるとは限りませんので、最終的には、妥協することになります。

例えば73Ωを中心に±20%くらい変えたいと仮定します。
一般に入手しやすい固定抵抗はE-24シリーズ(1桁24種)ですから、73Ωに最も近い抵抗値は、「68Ω」となります。
http://www.audio-q.com/e24.htm
http://industrial.panasonic.com/www-data/pdf/AOA …

E-12シリーズでも68Ωは入手できます。
E-48シリーズであれば、71.5Ωが入手できます。

一方、半固定抵抗器は、10,20,50,・・・という値をとっています。
http://www.hdk.co.jp/pdf/jpn/j01340b.pdf
(15,22,33,47・・・という値の半固定抵抗器を作っている、メーカーもある)

ここで、仮に10Ωの半固定抵抗器を直列に入れたとすると、68~78Ωを可変することができます。
73Ωを中心に、±5Ωです。(73Ωはピッタシ真ん中になります。(^_^;))

これは、たまたま目標が中心に来た例ですが、いつもこのように旨く行くとは限りません。
多少の偏りはがまんするしかありません。

86Ωを中心にしたければ、直列抵抗はE24シリーズの中から、82Ωを選びます。
10Ωの可変抵抗で、82~92Ω間を可変することができます。
(目標の86Ωに対しては、-4Ω,+6Ωです)


一般の電子回路では、抵抗値そのものを目標にすることは滅多になく、大抵は電圧、または電流を可変させたい場合がほとんどです。
今回のご質問も、目標は「抵抗値」ではなく、「電圧」または「電流」ではないかと愚考するのですが、できれば具体的な目的を公開してください。
その方が、良い回答が得られると思います。

なお、入手しやすい半固定抵抗器は、300度回転のものが多いですが、精密な変化が必要な場合は、5回転、10回転、15回転・・・型のものを使用する場合もあります。
http://info.tactnet.co.jp/copal/j/product/pdf/tr …
    • good
    • 0

ANo.5です。



通販で入手できる[10Ωの半固]を当たってみました。

サトー電気のHPです。
http://www2.cyberoz.net/city/hirosan/r.html
まんなかあたり、ボリューム→半固定ボリューム→(5つ目)7mm角 立型 に10Ωがあります。

こちらには、「コパル」のST-4TA 10Ωが\15であります。
http://hondapc.gr.jp/toriatukaisyouhin.html
左一番下の「チップ半固定」をクリックして、出てきた画面(右側)の中央あたり→コパル

参考URL:http://www2.cyberoz.net/city/hirosan/r.html
    • good
    • 0

目的が良くわからないのですが。


単純に精度の高い抵抗値を作りたいのであれば、
1)多回転半固定抵抗と言うものがあります。
軸の回転数が、15回転程度で、0Ω~100Ωを作り出すので、軸の回転角に対する抵抗の変化が少なく、単一の抵抗で、精度の高い抵抗が作り易いですよ。
2)直列に限定せず、並列接続を利用すれば出来ますよ。
まず、半固定抵抗と別の固定抵抗を並列接続します。
その並列回路を別の固定抵抗と直列接続すれば可能ですが・・
    • good
    • 0

例えとして70オームの固定抵抗と20オームの半固定抵抗を使うと言う感じでしょうか。


変化範囲は70オーム~90オーム。

残念ながらプロ用には10オームの可変抵抗器も有るようですが
一般に秋葉原当りで手に入るのは100オームからです。
    • good
    • 0

どうされたいのかイマイチわからないのですが。



中途半端な値を得たいなら固定抵抗は不要で、
半固定抵抗のみ使って実測しながら位置調整をすれば可能です。

半固定抵抗も可変抵抗も、記入された値が最大値で、
0Ω~最大値の間を連続的に変化します。
(一部、連続でない品種もありますが)

固定抵抗と可変抵抗を組み合わせるのは、
値の範囲を制限する場合... 例えばあまり小さい値だと
部品にストレスをかけて壊してしまうので避ける為だとか、
微妙な調整を行う為に回転量と値の変化率を低くする為です。

合成抵抗の値は、固定抵抗同士の計算方法と同じです。
    • good
    • 0

>抵抗値はどのようにして決めたらいいのでしょうか



なんと答えたら良いのだろう??
「ほしい値そのまんま」 で答えになるけど。。。

ひょっとして抵抗の合成計算を知らない?
計算知らない人が何で微妙な抵抗値が必要なんだろう?

大体近似値に近い半固定があれば固定抵抗と合成する必要も無いと思うし・・
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q可変抵抗器には何故足が3本あるのでしょうか?

基本的な部分で理解できません。

Aベストアンサー

http://www.ops.dti.ne.jp/~ishijima/sei/letselec/letselec7.htm

両端の抵抗値は変わりません。両端と中心の端子の間の抵抗値が変わるようです。


+----+----+
4Ω 4Ω
両端は8Ω 中心と両端は4Ω4Ω

可変抵抗をまわして左にする
++--------+
0Ω 8Ω
両端は8Ω 中心と両端は0Ω8Ω

可変抵抗をまわして右にする
+--------++
8Ω 0Ω
両端は8Ω 中心と両端は8Ω0Ω

Q抵抗の1/2W、1/4Wの違いについて

 クルマのLED工作で抵抗を使おうと思っています。

 その時 抵抗には、〇Ω以外にも
1/2W、1/4W等の規格があるのですが、よくわかりません
調べてみたところ<電力消費>という
キーワードが分かりましたが他がサッパリ・・・・

・例えば (+)1/4W 430Ω LED (-)という場合
抵抗を 1/2W 430Ωでは、ダメなのですよね?
 1/2Wの場合 〇Ωになるのでしょうか?

・また、1/2W、1/4Wは、単純に大きさ(太さ、長さ)で
判別がつくのでしょうか?

Aベストアンサー

抵抗が焼ききれずに使用できる or 性能を保証できる電力です。

例えば1kΩの抵抗に24Vの電圧を与えると、抵抗はP=V*I=(V^2)/R=0.576Wの電力を熱として消費します。
1/2W抵抗は0.5Wまでしか持たないので1W抵抗を使用することになります。
一瞬でも定格を越えるとダメなので、通常は余裕を持って考えます。

>・例えば (+)1/4W 430Ω LED (-)という場合
>抵抗を 1/2W 430Ωでは、ダメなのですよね?

定格を満たしているため問題ありません。

>・また、1/2W、1/4Wは、単純に大きさ(太さ、長さ)で
>判別がつくのでしょうか?

大抵の場合大きさで分かります。長さも太さも違います。
同一シリーズであれば確実にワット数の大きいほうがサイズがでかいです。
(1/2W>1/4W)

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1314083328

Q可変抵抗の選び方、つなぎ方

FANの回転数を変えられる仕組みを作るために、可変抵抗を買ってきました。100ΩでBカーブと呼ばれるものをとりあえず買ってきましたが、「100KΩ」と表示されているものと「100Ω」と表示されているものがあり、迷ってしまいました。この二つは見かけはほとんど同じだったんですがどう違うのでしょうか???
また、もうひとつなんですが、実際にFANの電線とつなげる際に、黒・赤・黄の三つの線の間にどう接続すればよいのでしょうか?例えば「黄色と黄色の間に抵抗を挟む」といった形で答えていただけると幸いです。
どなたか、ご経験のある方、よろしくご指導のほどお願いいたします。

Aベストアンサー

さすがは秋葉原、なんでもアリですね。

前にも書きましたが、抵抗で電力を調整するということは例えば、いきおいよく流れる水道の水をビールびんに注ぐようなもので、ビールびんの口に入らなかった水は下水に捨てています。

電気の場合は下水に捨てる分を熱として大気中に放出しています

0.2Aのファンを1個や2個では問題にならなくても、もっと大きな電力を扱う場合は深刻な問題になります

対策としては、水道の場合は蛇口を絞って水を少しずつ流すようにしますよね。
電気の場合はチョッパやインバータで大元の電力を調整します

私の場合、7200回転のハードディスクを2台内臓しておりますので冷却が必要となり、抵抗入りファンというものを購入しましたが、この抵抗がちょっと心配になるくらい発熱しますので現在は回転数の低い(静音タイプ?)のファンをハードディスクにそれぞれ1個づつ取り付けております。

冷却のための対策が、かえって発熱を誘発するという皮肉な現象も起こり得るわけですね。さらに発熱した無駄な電力は本体の電源ユニットの容量も圧迫します
 本体の電源ユニットは、もともと容量が不足ぎみといわれていますので・・・

m kenさんもこれらの点を加味していろいろと実験を重ねられまして、「経験者」として質問者の方をご指導されるようおねがいします。

さすがは秋葉原、なんでもアリですね。

前にも書きましたが、抵抗で電力を調整するということは例えば、いきおいよく流れる水道の水をビールびんに注ぐようなもので、ビールびんの口に入らなかった水は下水に捨てています。

電気の場合は下水に捨てる分を熱として大気中に放出しています

0.2Aのファンを1個や2個では問題にならなくても、もっと大きな電力を扱う場合は深刻な問題になります

対策としては、水道の場合は蛇口を絞って水を少しずつ流すようにしますよね。
電気の場合はチョッパやインバ...続きを読む

QVccとVddの違い

トランジスタのバイアス電圧などでよくVccとかVddとかかかれているのをみます。
Vccのccとは何の略で、Vddのddとは何の略なのでしょうか?
また使い分け方を教えて下さい。

Aベストアンサー

cはコレクタ,dはドレインの略です.
Vcと表記すると該当のトランジスタ1個のコレクタ電圧を指しますよね.
Vccという表記は,それと明確に区別するために使われていると思います.
ccで,複数のトランジスタのコレクタを意味しているのでしょう.
つまり,ccは「コレクタ側電圧(電源)」,ddは「ドレイン側電圧(電源)」
と考えればよいでしょう.
ちなみに,Veeでエミッタ側のマイナス電源(NPNの場合)を表します.
それと,ccとかddとかは,大文字でCC,DDと表記することが決まっている
はすです.小文字の場合は「小信号」を意味するからです.
IEEEやJEDECで表記の規則が手に入るはずです.

Q可変抵抗器の作動範囲を設けることは可能ですか?

DC12Vのケースファンの回転数を、電圧の制御で変える場合について。

ファンの消費電力は非常に少なく、電流も0.01A程度なので、
三端子レギュレータなどは使用せず、可変抵抗器のみをファンに直結で回転数を変えます。
0.01Aなので、可変抵抗器は焼けません。

可変抵抗器を回し、電圧を下げすぎると、ファンが止まってしまうので
可変抵抗器の抵抗値の作動を、下限4.1kΩ、上限4.7kΩの範囲にしたいのですが、
固定抵抗器などを回路に加えて、上限、下限を設けることは可能でしょうか?
つまみの可動範囲を物理的に制限するのは無しです。

可能でしたら、簡略でも回路図を添付頂けると幸いです。
たとえば、10kΩの可変抵抗器で、作動範囲を下限4.1kΩ、上限4.7kΩにしたい場合など。

Aベストアンサー

例えば
(VR と 640 Ω の並列) と 4.1 kΩ の直列
とやると
・VR = 0 Ω のとき 4.1 kΩ
・VR = 10 kΩ のとき 4.7 kΩ くらい
になる. 640 Ω とか 4.1 kΩ という抵抗器はあまり見ないけど
640 = 620 + 20, 4.1 = 3.9 + 0.2
と思えば右辺の値は E24 で作れるからわりと簡単に探せると思う. 最悪金皮を使えばなんとでもなる.

Q3端子半固定抵抗の極性について

http://www.odnir.com/cgi/src/nup64216.jpg

上記のような3端子半固定抵抗について、
回路図を書くときに1,3番ピンはどちらがGND側でも問題ないのでしょうか。
カタログには「右回り」との記載がありますが、1,3番ピンとの関連性が分かりません。

Aベストアンサー

>回路図を書くときに1,3番ピンはどちらがGND側でも問題ないのでしょうか。

次の点を除けば問題ありません。

>カタログには「右回り」との記載がありますが、1,3番ピンとの関連性が分かりません。
右図のピン接続だと、右回りに半固定抵抗を回転させると端子(2)が端子(3)の方に動くので端子(1)-(2)間の抵抗値が増加し、端子(2)-(3)間の抵抗値が減少します。右図の回路接続の場合は、右回りに回転したとき半固定抵抗の抵抗値は小さくなってゼロになります。
普通、右回りに回転させたとき抵抗値が増加するような使い方が多いので
そのような使い方がしたければ、端子(2)-(3)を直結してGND側に接続し、端子(1)を直列抵抗側に接続すれば、右回り(時計回り)に半固定抵抗を回転させたとき抵抗値が大きくなるようにすることができます。
回路を設計する立場からは、右回りで抵抗値が大きくなる半固定抵抗の接続法で統一しておいた方が、回路を扱う人(保守者)にとっては親切でしょうね。

Q電気回路図を書けるフリーソフト。

レポートを書くときに、ワードか何かで書こうと思ってるのですが、電気回路を書かないといけないんです。
電気回路を書けるフリーソフトあれば、教えてください!!

Aベストアンサー

http://www.vector.co.jp/soft/win95/business/se127636.html
これを使ってレポートを書いたことがあります。
OLE対応で便利です。

Qコンパレータ回路およびヒステリシスコンパレータ

コンパレータ回路(OPアンプを使用した)とは簡単な言葉で説明するとどのような回路なのでしょうか?
あと、ヒステリシスコンパレータとコンパレータ回路の違い、ヒステリシスコンパレータの必要性および動作の特徴を詳しく教えてください。

Aベストアンサー

コンパレータ回路は比較回路ですが合格・不合格の格付け信号を出す回路です。
信号は普通緩やかに上がり下がりしますが雑音そのほかで、ある程度でこぼこがあります。
判定基準が一点だと判定が合格・不合格を激しく繰り返すことになります。
これを防ぐのがヒステリシスです。判定基準を、上り判定基準と下り判定基準の2つ持ちます。
上り判定基準を下り判定基準よりも高くします。
上り判定基準と下り判定基準の間で何度オンオフを繰り返しても結果には変化は出ません。

Qカップリングコンデンサの容量は大きくしすぎるとよくない?

以前、カップリングコンデンサの容量を大きくしすぎるとよくない(直流を通過させてしまう?)
という話をどこかで目にした覚えがあるのですが、本当でしょうか?
(どこで目にしたのかは忘れてしまったのですが)

Aベストアンサー

はじめまして♪

回路上の設計にもよりますが、コンデンサーの容量を増やしても直流がそのまま通過する事は一般的にありません。

しかし、設計上の適した容量と言う物が有りますので、むやみに変更する事は止めるべきです。

昔のアナログ回路では実装の電線によるL分やC分なども考慮した回路図からは理解出来ない設計製品も多数有ります。
 
単純に「良い」「悪い」かと 質問されるレベルでは、本質的解決やスキルアップには繋がらないと思います。(なんて おおきな事が言えない 素人です。ごめんなさい。)

Qダイオードの用途

ダイオードの用途について教えてください。ダイオードは何かは分かっていますがどのような使用用途なのか教えてください。
整流用のダイオードとツェナーダイオードについてお願いします。

Aベストアンサー

整流用ダイオードはダイオードの順方向特性を利用して、交流を直流(脈流)に変換するために使用します。一番身近な物としてはACアダプターなどで、これはトランスとダイオード、平滑用コンデンサーだけで構成されたものが多いでしょう。最近では小型化や大容量化のためにトランスを用いないスイッチング方式の物も増えていますが、これらの機器でも、交流を直流に変換するのにはやはりダイオードを使用しています。ダイオードとは素子の名称で、整流器と言う意味でレティファイヤーと呼ぶ場合もあります。一般にPN接合型シリコンダイオードが用いられ、形状としては素子を単独でパッケージした物、2つの素子をアノードコモンまたはカソードコモンの状態でパッケージした物、4本の素子をブリッジ構成に接続してパッケージした物などがあります。整流用に使用する場合は以下の点に留意する必要があります。耐電圧は十分な余裕(2~3倍程度)を取る、尖頭電流(誘導負荷や平滑用コンデンサーなど)に対して十分な余裕を持つこと、大電力での使用では放熱にも留意が必要です。また、商用電源程度の周波数であれば問題ないのですがスイッチング電源等で使用する場合は、動作速度が高速なショットキーバリア型やファストリカバリー型を使用しないと正常に動作しないばかりか、破壊にもつながります。

ツェナーダイオードは逆方向に電圧を掛けて使用します。用途としては定電圧電源の基準電圧や回路の入力保護などに用いられています。ツェナーダイオードに逆方向の電圧を印加していくと、ある電圧(ツェナー電圧)で急激に電流が流れ始めます。通常のダイオードでも逆方向に電圧を掛けていけば、ある電圧に達したところで一気に電流が流れ始め(なだれ現象)ますが、これはダイオードの破壊を意味します。ツェナーダイオードでは素子の破壊なしにこの現象が利用できる点が他のダイオードと異なります。
一番単純な使用法はツェナーダイオードと抵抗だけで構成された定電圧回路ですが、ごく少容量の回路以外ではまず使用されません。これはツェナー電圧を超えた分の電圧は全て抵抗とツェナーダイオードで消費されることになり、大電流を流すことが不可能であり、また、回路の効率も低いものになってしまいます。そこで、トランジスタなどの他の能動素子とあわせて使用し、ツェナーダイオード自体は基準電圧の発生用に使用するのが一般的です。実際の使用にあたっては、ツェナーダイオードでの消費電力(ツェナーダイオードに流れる電流×ツェナー電圧)に対して十分な余裕を見ること、余裕が少ないとツェナーダイオード自体の発熱で、電圧が変化してしまいます。通常供給されている(手に入る)物は3V~60V程度の範囲なので必要に応じて分圧回路と併用し必要な電圧得る。ゲートICなどの入力保護に用いる場合ICの電源電圧を超えない範囲でスレッシュホールド電圧に十分な余裕を取ることなどです。

ダイオードにはこの他にも定電流ダイオード(ある負荷に対しての電圧が変化しても電流を一定に保つ、充電器や回路保護などに使用)や、バリキャップ(ダイオードに逆方向の電圧を掛けたときにPN接合層に生じる空乏層の大きさが変わるのを利用しコンデンサとして利用、FM変調等に利用)、発光ダイオード、PINフォトダイオード(光リモコンなどでおなじみ)、GUNダイオード(衛星放送の検波用としてアンテナに組み込まれています)、ゲルマニュームダイオード(シリコンダイオードに比べ低い電圧での動作が可能、シリコンダイオードでは0.6V(機種により異なる)以下ではどちらの方向にも電流が流れない)、などが有ります。また、ダイアック(双方向のツェナーダイオード)は交流回路でトライアックと組み合わせて調光器などに、整流用のダイオードに制御端子を付けた(内部的にはPNPNなどの4層構造)SCR(シリコンコントロールレティファイヤ、シリコン制御整流器)などもダイオードとは呼びませんが、電力制御用の整流器として用いられます。

整流用ダイオードはダイオードの順方向特性を利用して、交流を直流(脈流)に変換するために使用します。一番身近な物としてはACアダプターなどで、これはトランスとダイオード、平滑用コンデンサーだけで構成されたものが多いでしょう。最近では小型化や大容量化のためにトランスを用いないスイッチング方式の物も増えていますが、これらの機器でも、交流を直流に変換するのにはやはりダイオードを使用しています。ダイオードとは素子の名称で、整流器と言う意味でレティファイヤーと呼ぶ場合もあります。一般...続きを読む


人気Q&Aランキング