マンガでよめる痔のこと・薬のこと

○○天文学というような天文学の種類を教えてください。
ニュートリノ天文学やX線天文学などがあったと思うのですが。。

A 回答 (1件)

margaret7さんがどこまでを天文学であると捉えるかによって答えは変わってくるかと思いますが、ここに書いてある内容が参考になると思います。



下のほうにある「天文学の各種分野」というところを見てください。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E6%96%87% …
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q天文学者になるための進路・・・。

今中2なんですが、将来天文学者になりたいと思っています。
そこで質問があります。

(1)天文学者になるためにはどのような高校、大学に行くべきですか?

(2)天文学者になって、どのようにして収入を得るのでしょうか?

(3)その他アドバイスなどあれば、お願いします。

Aベストアンサー

(1) 地域のトップ公立高校、もしくは東大合格ランキングに名前の入る私立国立高校。東大理一に行くのがベスト。

(2) 既に回答されている通りです。また、天文学に詳しい地学教員という道もあるでしょう。大学で必ず教職を取ってください。

(3) 天文学者としてメシを食っていくには、平たく言えば「東大にスムーズに入れる」頭脳が要求されます。学歴以上に頭脳が必要です。

ここまで回答されているように、天文学を専攻してメシを食えるポストは決して多くなく、競争は熾烈です。要するに、東大や京大を卒業して博士を取った人と競争して勝たなければ、天文学者として研究生活を送れないのです。

実際問題として、天文学者としてメシを食っている人の多数は東大学部卒、かなり差があって京大学部卒だと思いますよ。例えば、東大に行けなくて他の大学に入ったとして、大学院を経て、将来的に東大に受かった人たちと勝負して勝てるでしょうか?現実には難しいと思います。

質問者様が首尾よく東大や京大に行ければ良いのですが、うまく行かなければ、「なるべく田舎の地方公務員になり、余暇に天体観測を楽しむ」生き方も大いにありだと思います。最近は、アマチュアでも各地の公共天文台で1メートル級の望遠鏡を使えるようになってきました。個人でも、30センチくらいの望遠鏡は十分所有できます。昔なら想像もできなかったことです。

うまく行けば、自宅にドームを設置することもできるでしょう。田舎なら土地が安く、自宅からでもそこそこ星が見えますから。地方公務員の給料ならそのくらいはできます。

いきなり後ろ向きなことを言って悪いですが、そういう方向もあると考えてください。

(1) 地域のトップ公立高校、もしくは東大合格ランキングに名前の入る私立国立高校。東大理一に行くのがベスト。

(2) 既に回答されている通りです。また、天文学に詳しい地学教員という道もあるでしょう。大学で必ず教職を取ってください。

(3) 天文学者としてメシを食っていくには、平たく言えば「東大にスムーズに入れる」頭脳が要求されます。学歴以上に頭脳が必要です。

ここまで回答されているように、天文学を専攻してメシを食えるポストは決して多くなく、競争は熾烈です。要するに、東大や京大を...続きを読む

Q天文学関係の職業につきたいのですが道のりを教えていただきたいです。

私は現在高校2年ですが、最近になって天文学に興味が沸いてきました。将来について迷っていた時期だったので、天文学関係を仕事にできたら・・・・・と考えたのですが、
(1)どのような道があるでしょうか。
(2)昔から星は好きでしたが正直言って現在、高校2年までに学ぶような常識的な知識しか持っていません。やはり、険しい道のりになるのでしょうか?
(3)目指せるとしたら、今からどのような事に集中して努力すればいいのでしょうか?

それとは別に・・・
(4)星見をしたいと思うのですがお勧めの場所はありますか?(静岡県浜松市に住んでいるのですがその点を考慮していただけるとありがたいです。もちろん、考慮していただかなくても問題ありません。)
(5)星に関する神話というのは何かの役に立ちそうですか?

以上5点、1つでも2つでも構わないのでお答えいただければ幸いです。もちろん厳しい意見でも構いません^^;
文章構成がおかしくなってしまいましたが、どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

天文学というのは、物理学の一分野と思ってください。
物理学の研究対象が天体である、ということです。
ですので、天文学関係の職業、端的に言うと「天文学者」になるのは、「理論物理学者」になるのとだいたい同じことです。

天文学というのは、極論すると「世の中に存在しなくても誰も困らない」学問です。似たようなものとして「哲学」があります。こういった学問に共通することですが、「学問を修めても職に就くのが難しい」ということになります。
「天文学者というのは、なるのが最も困難で競争率が高い仕事」
と考えて下さい。

また、誤解する人が多いのですが、天文学者の仕事は「天体を観測すること」ではありません。極端な話、他人が天体を観測した結果を一生かかって分析して何らかの重要なことを見出せば、偉大な天文学者となりえます。

質問者さんが「天文学という学問」に興味があるのか、「天体観測」に興味があるのか良くわかりません。
「(2)昔から星は好きでしたが正直言って現在、高校2年までに学ぶような常識的な知識しか持っていません。やはり、険しい道のりになるのでしょうか?」
からして、「天体観測」に興味があるのではないですか?
でしたら、天文学者になるというメチャクチャに険しい道を選択する必要はありません。

「天体観測をしたい」
という場合、最も有利な職業は「医師」です。
何故かと言うと、

(1) 星は田舎であればあるほど良く見える。現代の都会では月や惑星しか見えません。

(2) 医師というのはどんな田舎でも住民がいる限り需要があり、普通の職業と反対に
「田舎に行っても高収入を得られる/田舎に行くほど収入が増える(歓迎される)」
という職業です。

(3) 天体観測の機材を個人で持とうとすれば結構なお金がかかります。医師であれば、その資金を賄うだけの収入を「ド田舎で」得ることが出来ます。しかも、仕事をする場所=居住する場所を、かなりの程度で「自分の意思で選ぶ」ことができます。こういう職業は他にはなかなかないですよ。

ですので、質問者さんが「天体観測をしたい」と強くお考えなのであれば、医学部に進学して医師になり、最終的には「田舎の開業医」となるのがベストと考えます。とんでもない過疎地は別ですが、田舎に行けば行くほど医者は希少になりますので、開業すれば必ず食って行けます。そして、開業医であれば診療時間を自分で勝手に決められますので、天体観測の時間と仕事の時間をうまく組み合わせることが出来るでしょう。

天文学というのは、物理学の一分野と思ってください。
物理学の研究対象が天体である、ということです。
ですので、天文学関係の職業、端的に言うと「天文学者」になるのは、「理論物理学者」になるのとだいたい同じことです。

天文学というのは、極論すると「世の中に存在しなくても誰も困らない」学問です。似たようなものとして「哲学」があります。こういった学問に共通することですが、「学問を修めても職に就くのが難しい」ということになります。
「天文学者というのは、なるのが最も困難で競争率が...続きを読む


人気Q&Aランキング