セブンイレブンが他のコンビニチェ-ン本部に比べてずばぬけて高い利益率をだしているのはなぜですか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんばんわ、nadaさま。


『セブンイレブンがずば抜けて高い利益率を出している理由は?』との事ですが、主要3社(セブン、ローソン、ファミマ)の売上高経常利益率(13年2月の連結決算から)を見ると、それぞれ、41.1%(経常利益148,292百万/売上高358,446百万)、14.1%(39,536/280,218)、14.9%(26,161/176,098)と確かにずば抜けていますね。

これは、セブンイレブンが67万8千円の日販を上げているのに対して、他は、47~53万円(参考は・・・・http://www.asahi.com/business/news/K200110150285 …)というところで、『ロイヤルティ収入』という観点からそれぞれの売上高が変わってきています。売上高はあくまでもそれぞれのコンビニにおける、『収入』に過ぎないので、事『利益率』に関して言えば、これはひとまずは参考程度ですが・・・(数値の詳細は各企業のホームページ内の『決算短信』で見れます)

と言う事は費用面が非常に重要になるところですが、極論をすれば『オペレーション効率の良さによる、販売管理費(販管費)等の高低』に起因すると言えます。

ちなみに、それぞれの『売上高に対する、販管費(売上高販管費比率)』を見てみますと、セブンは59.8%(販管費214,527百万/売上高358,446百万)、ローソンは85.3%(238,939/280,218)、ファミマは86.3%(151,976/176,098)とその差は歴然です。

ではなぜこのような効率が違うのかと言う説明が結果として『利益率の高さ』に直結すると思うので、それを詳細に説明させていただきます。

企業においては『コアコンピタンス』(他企業が真似しにくい能力=組織能力)という理論があります。
その中の概念で、『組織特殊性』という考え方がありますが、それは『価値があるもの』や『希少なもの』以上に、組織での『競争優位の源泉』であると言うものです。

それを更に深彫りすると『因果関係が分からないが、経営資源に対して、何らか経営成果をもたらしている』という考え方があります。

具体的に言うとセブンイレブンの場合には『POSの販売管理システム』がそれに当たります。
特に珍しいものではなく、ローソン、ファミマは勿論の事、コンビニ以外もあたりまえに入れていますが、セブンの場合は『それを如何に有効活用しているか?』と言う所に決定的違いがあります。
すなわち、ただのスキャナーとしてのツールでは無く、『顧客の購買情報の有効活用』が圧倒的に他の企業以上に有効に活用されていると言えます。更に、それが店舗のオーナーにも浸透していて発注に上手く生かされたり、本部における、商品の品揃え提案面や配送面等、トータル的に組織内で効果的に生かされてる事が費用低減につながり、結果、利益率の向上につながっていると言えます。

簡単に考えると同じコンビニなのになぜこれだけ差がつくのか、と考えられますが、きめ細かいオペレーション面でセブンイレブンは実は見えないところでずば抜けていると言えるでしょう。

たまたま今日、イトーヨーカドーのバイヤーと話しする機会がありましたが、情報収集・活用力はグループ挙げてすばらしいと痛感しました。

少し長くなりましたがご確認ください。

参考URL:http://www.sej.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。

>企業においては『コアコンピタンス』(他企業が真似しにくい能力=組織能力)という理論があります。

いきつくところはこれでしょうね。他のコンビニは当然、セブンから人材の引き抜きなどをして追いつこうとするでしょうが、それ以上にもっと新たな戦略を開発するから、また差は出ますね。

これかたセブンの有価証券報告書とかAnnual reportで調べようとするのですが、どの部分に注目したらよろしい
でしょうか。

お礼日時:2002/03/05 10:44

以前、セブンイレブンの冷凍食品の配送をしていました。


冷凍食品とは、アイスも含むわけで、もちろん季節商品です。
会社は、下請けみたいな感じなんですが、一年の中でも
シフトが頻繁に変更になりました。
例えば、5月~9月は毎日配達、10月~12月下旬は週3回、年末年始は週7回と...
それだけ、トラックを動かさないし、人件費もかかりません。
私の予想ですが、年にこんなにシフトを変えられる物流システムを持っているコンビにはセブンイレブンだけでは、ないでしょうか?
物流だけの視点ですが、他の視点から見ると、さらに工夫があると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。知り合いのものがセブン・イレブンでバイトをしているのですが、毎月シフト表にもとづいて働いています。物流ばかりでなく、合理的なコンピュ-タ管理をしているのでしょうね。

お礼日時:2002/03/05 10:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q売上総利益率と営業利益率と経常利益率について

収益性分析などに使われる、売上総利益率・営業利益率・経常利益率は
それぞれ売上総利益・営業利益・経常利益を売上高で割って×100
で求めますが。
その際に算出された%は数値が高い方が良いのでしょうか?
低い方が良いのでしょうか?
合わせてROA・ROEも高い方が良いのでしょうか?
低い方が良いのでしょうか?
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

> その際に算出された%は数値が高い方が良いのでしょうか?
 『高い方が良いのか』と言う観点で答えれば、Yesです。

> 合わせてROA・ROEも高い方が良いのでしょうか?
 こちらも高いほうが良いと教わりましたが、「財務レバレッジ」に気を付ける必要が有ります。
 ROE⇒借入金が多くなれば、純資産は相対的に減少するので値が大きくなる
 ROA⇒借入金が多くなれば、総資産が増えるので値は小さくなる
http://www.nsspirit-cashf.com/inv_st/roe_roa.html

どの指標に於いても、何故高いのか?の分析が必要です。
又、本当に高いのかどうかは、対前年の値と比較したり、同業他社(業界の平均)の値と比較しなければ判りませんよね。

QSANKYOの営業利益率はなぜあんなに高い?

 SANKYOの営業利益率はなぜあんなに高いのでしょうか?メーカーで20%越えを維持しているのには何かしらの理由があると思うのですが。。競合他社と比較してもその高さは際立っていますし、理由を知っている方、あるいは、利益率の高さの理由を示しているサイト・文献など知っているかたいれば教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。SANKYOの利益率の高さ。同メーカーの「平和」と比べると分かるかと思います
「1、有利子負債(会社の借金)」H=平和、S=SANKYOで省略します。
H=75億円近く、S=0円
「2、営業所、主張所の数」
H=20か所(そのうち8は主張所)、S=22か所(支店が6)
ここだけでもお判りの通り、SANKYOは借金が無い分新機種への開発や株主への配当が出来るのです。
その点、平和は75億円の借金を返済しなくてはなりません。仮に年利息1%だとしても
利息で7500万円プラス元本4~5億円を返済しているので利益率が下がります。
最近、「平和」で「これぞ!」と言う台が思い浮かびません。
その点「SANKYO」は「海・・」が有るので安泰と言う所も有るかと思います。

Q利益率を計算する際の利益って、税引き前利益ですよね?

よく会社で利益率10パーセントを目指すとかいいますが、その利益率を計算する際に使用する”利益”って、”税引き後利益”ではなく”税引き前利益”ですよね?

Aベストアンサー

参考になればと思います。

参考URL:http://manabow.com/qa/rieki_ritu.html

Q限界利益率と販売利益の違い

経営指標などを見ると、限界利益率があります。
用語を調べると、売上額から変動費を引いたもの(粗利)
となっていますが。
(1)これは、PLの売上総利益と同じものでしょうか?
(2)製造業での、製造原価中の労務費は変動費に当たるのでしょうか?

(3)一般に製造業の場合、卸売り業よりこの限界利益率が、相当高い
ようです。
この違いは、何によるものなんでしょうか?

よろしく、お願いいたします。

Aベストアンサー

no.1です。

「売上高」と連動して増減するものが「変動費」、「売上高」増減とあまり関連しないのが「固定費」です。
従って、「労務費」は変動費、「機械償却」は固定費にするのが一般的だと思います。

Q日本の上場企業で最も利益率の高いのはどこですか?(2009年度でわかれ

日本の上場企業で最も利益率の高いのはどこですか?(2009年度でわかれば)

Aベストアンサー

http://www.poor-papa.com/profit_ratio_ranking.htm

キーエンスです。きちんと調べている学生は知っています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報