ヒドラの摂食行動についてレポートしたいのですが、ヒドラがえさを捕食する“高度な戦略”に付いてうまくまとめられません。アドバイス・ポイントなど教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ヒドラの研究者です。



レポートということなのでヒントだけにしておきます。
「高度な戦略」とはなにか?

1:どうしてエサを感知できるのか?(化学物質or波紋などの物理的影響)
2:どうやってエサを捕まえるのか?(刺胞細胞から発射される針のこと)
3:どうやってエサを口まで運ぶのか?(筋収縮で触手を縮める)

ですね。すべて図書館に行けば図解してあります。
それをまとめましょうってことだけでは寂しいんで、
教科書には載っていない情報を。

ヒドラは散在神経系というものを持っています。
つまり、編み目状の神経網があるということです。
そのため、神経伝達には方向性はないと思われていました。

しかしながら、そうではないことが3年前に発表されました。
ヒドラは触手を曲げるのではなくて縮めてエサを運びます。
このとき触手の真ん中あたりでエサを捕まえたとします。
そうするとエサを捕まえた部位から口に近い方だけが縮まり
先端方向へは縮まりません。つまり、神経伝達に方向性があるということです。

しかも、ピンセットなどで同じ部位を押さえると、
方向性は関係なく触手全体が収縮します。
つまり、ヒドラは自分の触手にあるものがエサだとちゃんと認識している
という可能性があります。その作用機構は?実はまだよくわかっていません。
こういう結果があるよーという段階です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すごいです。すごいです。何か良いレポートが書けそうな気がしてきました。ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/27 11:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q真核細胞と原核細胞のmRNAの違いについて教えてください。

DNAから転写されたmRNAの遺伝情報(シストロン)について、どのような違いがあるか教えてください。
あと、転写後のRNAの修飾についても、どのような違いがあるか教えてください。

Aベストアンサー

nyanzowさんに賛成ですね。少なくとも生命系が専門なら成書を買うべきです。「The cell」はいかがですか。

それでは少し可哀想なので,今回は特別にすごく丁寧にアドバイスします。

(1) 真核生物のmRNA前駆体には,intronと呼ばれる不要な配列と,exonと呼ばれるアミノ酸の配列を指定する部分があります。このintronを切り出す作業(splicing)を経て,mRNAができます。
原核生物のmRNAにはintronはありません。

(2) 原核生物では,一本のmRNAに複数の遺伝子があります。
真核生物では,基本的には1つの遺伝子しかありません。

(3) 原核生物では転写と翻訳が同時に起こります。
真核生物は核の中で転写とsplicingが行われた後,mRNAが核の外へ輸送され,細胞質で翻訳が行われます。

(4) 原核生物のリボソームに比べて,真核生物のリボソームは2つのサブユニットともに大きい。

以上のことを図入れでわかりやすく以下のURLでは解説してあります。

◎福岡大学 生化学教室 核酸の化学 転写
http://www.sc.fukuoka-u.ac.jp/~bc1/Biochem/Transcrp.htm

こんなに丁寧で,nyanzowさんに叱られるかな。今回限りです。

参考URL:http://www.sc.fukuoka-u.ac.jp/~bc1/Biochem/Transcrp.htm

nyanzowさんに賛成ですね。少なくとも生命系が専門なら成書を買うべきです。「The cell」はいかがですか。

それでは少し可哀想なので,今回は特別にすごく丁寧にアドバイスします。

(1) 真核生物のmRNA前駆体には,intronと呼ばれる不要な配列と,exonと呼ばれるアミノ酸の配列を指定する部分があります。このintronを切り出す作業(splicing)を経て,mRNAができます。
原核生物のmRNAにはintronはありません。

(2) 原核生物では,一本のmRNAに複数の遺伝子があります。
真核生物では,基本的には1つ...続きを読む


人気Q&Aランキング