ヒドラの摂食行動についてレポートしたいのですが、ヒドラがえさを捕食する“高度な戦略”に付いてうまくまとめられません。アドバイス・ポイントなど教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ヒドラの研究者です。



レポートということなのでヒントだけにしておきます。
「高度な戦略」とはなにか?

1:どうしてエサを感知できるのか?(化学物質or波紋などの物理的影響)
2:どうやってエサを捕まえるのか?(刺胞細胞から発射される針のこと)
3:どうやってエサを口まで運ぶのか?(筋収縮で触手を縮める)

ですね。すべて図書館に行けば図解してあります。
それをまとめましょうってことだけでは寂しいんで、
教科書には載っていない情報を。

ヒドラは散在神経系というものを持っています。
つまり、編み目状の神経網があるということです。
そのため、神経伝達には方向性はないと思われていました。

しかしながら、そうではないことが3年前に発表されました。
ヒドラは触手を曲げるのではなくて縮めてエサを運びます。
このとき触手の真ん中あたりでエサを捕まえたとします。
そうするとエサを捕まえた部位から口に近い方だけが縮まり
先端方向へは縮まりません。つまり、神経伝達に方向性があるということです。

しかも、ピンセットなどで同じ部位を押さえると、
方向性は関係なく触手全体が収縮します。
つまり、ヒドラは自分の触手にあるものがエサだとちゃんと認識している
という可能性があります。その作用機構は?実はまだよくわかっていません。
こういう結果があるよーという段階です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すごいです。すごいです。何か良いレポートが書けそうな気がしてきました。ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/27 11:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヒドラ? ヒドラの事で質問です。ヒドラとは何ですか?ゲームの話ではありません。ヒドラはヤマタノオロチ

ヒドラ?


ヒドラの事で質問です。ヒドラとは何ですか?ゲームの話ではありません。ヒドラはヤマタノオロチと関係はあるのでしょうか?ヒドラの事を詳しく教えてほしいです。よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

九頭龍。ギリシャ神話に出てくる怪物。九つの頭の一つを切りおとしても、すぐに元通りになるので、退治するのに一工夫必要でした。

Q捕食圧

 捕食圧ってなんでしょうか?
 
 イメージは湧くのですが、文章にできなくて困ってます。
 
 どなたか、解説をお願いします。

Aベストアンサー

捕食が個体群に与える圧・プレッシャーです。捕食の定義は最も広いものだとある生物個体がある個体の全部、あるいは一部を食べたり傷つけること、となります。捕食は個体に対して行われますが、捕食圧、という概念は個体群を対象としています。広くとらえれば、ある生物種に対する捕食圧、という考えも成り立つのかもしれませんが。

Qヒドラの切断

ヒドラの再生実験は有名ですよね。
私もヒドラの再生実験を行なうために、
ヒドラを切断したいのですが、
水槽から出して、いざ切断しようとすると、
縮んでしまうと思うのですが、
ちゃんと切断できるのでしょうか?

注意すべき点やコツなどがありましたら教えてください。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

再生実験では,プラナリア・ミミズ・ヒドラがよく利用されます。厳密な実験でないようですので以下のようにしてみたらと思います。

プラナリアは氷の上にのせると伸びた状態で動かなくなります。これを実体顕微鏡下でカミソリ等で切断します。

ミミズやヒドラはシャーレ等に入れ,実体顕微鏡下でピンセットで切断できます。ピンセットは,眼下用のもの(先の鋭い,ギザギザのないもの)を使用し,砥石で研いで調整したものを使用してください。

Qヒドラの餌

ヒドラはブラインシュリンプの卵を孵化させてできた
ノープリウス幼生を食べるようですが、
ノープリウス幼生を一度冷凍して(=殺して)、
解凍したものでも食べますか?
生きたままじゃないと、食べませんか?

Aベストアンサー

私も始めて知ったが食わないらしいですよ(参考URL)

参考URL:http://www.cam.hi-ho.ne.jp/moose/sub2.htm

Qヒドラについて…

ヒドラの摂食行動についてレポートしたいのですが、ヒドラがえさを捕食する“高度な戦略”に付いてうまくまとめられません。アドバイス・ポイントなど教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ヒドラの研究者です。

レポートということなのでヒントだけにしておきます。
「高度な戦略」とはなにか?

1:どうしてエサを感知できるのか?(化学物質or波紋などの物理的影響)
2:どうやってエサを捕まえるのか?(刺胞細胞から発射される針のこと)
3:どうやってエサを口まで運ぶのか?(筋収縮で触手を縮める)

ですね。すべて図書館に行けば図解してあります。
それをまとめましょうってことだけでは寂しいんで、
教科書には載っていない情報を。

ヒドラは散在神経系というものを持っています。
つまり、編み目状の神経網があるということです。
そのため、神経伝達には方向性はないと思われていました。

しかしながら、そうではないことが3年前に発表されました。
ヒドラは触手を曲げるのではなくて縮めてエサを運びます。
このとき触手の真ん中あたりでエサを捕まえたとします。
そうするとエサを捕まえた部位から口に近い方だけが縮まり
先端方向へは縮まりません。つまり、神経伝達に方向性があるということです。

しかも、ピンセットなどで同じ部位を押さえると、
方向性は関係なく触手全体が収縮します。
つまり、ヒドラは自分の触手にあるものがエサだとちゃんと認識している
という可能性があります。その作用機構は?実はまだよくわかっていません。
こういう結果があるよーという段階です。

ヒドラの研究者です。

レポートということなのでヒントだけにしておきます。
「高度な戦略」とはなにか?

1:どうしてエサを感知できるのか?(化学物質or波紋などの物理的影響)
2:どうやってエサを捕まえるのか?(刺胞細胞から発射される針のこと)
3:どうやってエサを口まで運ぶのか?(筋収縮で触手を縮める)

ですね。すべて図書館に行けば図解してあります。
それをまとめましょうってことだけでは寂しいんで、
教科書には載っていない情報を。

ヒドラは散在神経系というものを持っ...続きを読む

Q大型肉食動物の捕食対象

大型肉食動物(ライオン、トラ、その他猫科大型、ハイエナ、狼その他イヌ科大型、熊、シャチ、セイウチその他いろいろ)が、他の自分より小型(あるいは大型)肉食動物を捕食することはあるのでしょうか?

不思議なのは、なぜライオンがハイエナを襲わないのだろうと感じます。いくら獲物として小さいとはいえ、勝ち目は明らかなのに。

Aベストアンサー

基本的には#1の方が言われている通りすべからく弱者の条件が当てはまれば襲われます。
良く知られているのは豹の子供はハイエナにとって格好のエサとなる対象であると言う事、樹上で育てていても隙を衝かれ襲われます。

それと昨今わかってきた事の様ですが、太古の昔からどうやら草食の動物の方がその身は美味な様で、恐竜の時代からDNAのメモリーとして受け継がれているようなのです。
つまり美味しいので草食獣を捕食した方が良い…それに対して草食獣は繁殖力で対抗したという成立上の歴史があります。
人間も例外なく草食獣の身を好みます…人間は雑食ですが…
肉食獣のメモリーされた捕食の順番が肉食より草食と言う事になるため単に草食獣が優先的に捕食されているに過ぎません。
いなくなれば肉食獣の弱者から捕食される対処に推移していくのでしょう。

チンパンジーやゴリラはごく稀にですが同属の子供を殺して捕食する事があります。
明確な理由は解かっていませんがつい十年前まではチンパンジーもゴリラも草食獣に属するのでは…と言われていましたが肉食の側面を持つ事が確認されています。

それと深海での話しですが深海を自由に行き来できる能力がある事が確認されているマッコウクジラですが、病気で打ち上げられた死骸に着いた無数の引っかき傷が何故出来たかの説明が最近まで解かっていませんでした。
所がひょんな事から別の場所で打ち上げられた大王イカの死骸を研究していたグループがイカの足の形状とマッコウクジラの全身に付いていた傷跡が一致すると言う事に気が付きました。
深海でも数十メートル同士の巨大生物が死闘を演じていると言う事が確認されたのです。
捕食者はマッコウクジラですが捕食される側である大王イカも時にマッコウクジラに対して激しい抵抗を見せ致命傷を与える場合もあると言う事の様です。

また、ヒグマはツキノワグマを襲う事もありますし、子供の頃の熊は盛りが付いたオスにであると殺される危険が高いと言う事も知られています。

余談も多くなりましたが…
それでは。

基本的には#1の方が言われている通りすべからく弱者の条件が当てはまれば襲われます。
良く知られているのは豹の子供はハイエナにとって格好のエサとなる対象であると言う事、樹上で育てていても隙を衝かれ襲われます。

それと昨今わかってきた事の様ですが、太古の昔からどうやら草食の動物の方がその身は美味な様で、恐竜の時代からDNAのメモリーとして受け継がれているようなのです。
つまり美味しいので草食獣を捕食した方が良い…それに対して草食獣は繁殖力で対抗したという成立上の歴史があります。
...続きを読む

Qヒドラ駆除の方法教えてください

45cm水槽を立ち上げて2ヶ月になります。
ソイルは全く新しいものですが、水とスポンジフィルターは他の水槽で半年以上使用したものを
使用して立ち上げました。
現在ここでブルー系のブラックシャドーシュリンプをブリードしています。
順調に稚エビも成長し、現在、抱卵しているエビさんもいます。
ケンミジンコやゾウリムシも沢山確認できるのですが、最近ヒドラが発生してきて困っています。
見つけ次第に吸い取っているのですが、毎日の日課になるほど沸いてきて困っています。
インフゾリアの素等の添加はヒドラを確認してからは入れていません。

何かよい対策方法はないでしょうか?また、ヒドラは生まれたての稚エビに害はあるのでしょうか?
親エビはヒドラを食べないのでしょうか?

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> ヒドラは生まれたての稚エビに害はあるのでしょうか?
・ヒドラは1.5cm位まで成長します。
大きなヒドラに稚エビが接触すれば、ヒドラは稚エビを補食します。

> 親エビはヒドラを食べないのでしょうか?
・食べません。
魚の中にはヒドラを食べるモノもいますが、これらの魚は稚エビも大好物です。

・ヒドラならば「プラナリアZERO」で駆除できます。
ウチのエビ水槽では、プラナリアとヒドラが発生。
「プラナリアZERO」を使用したところ、一回の使用でヒドラは殲滅出来ました。
プラナリアは1週間で復活・・・トホホの結果でしたケド。。。
http://www.shopping-charm.jp/ItemDetail.aspx?tid=14&catId=1129170000&itemId=86008

余談ながら、、、
もしも魚水槽ならば0.7%塩水浴6時間~12時間でヒドラは退治出来ます。
注:エビに塩水浴は厳禁です。

Qなぜ“傷”は「再生可能」なのに、“切断された箇所”は「再生不可能」なのか?

ヒトは、傷などを再生する能力を持っていますよね?(他の動物もそうですが。)

いつも疑問に思っていたのですが、なぜ傷は再生されるのに、
“壊死”などの理由で切断された足などは、再生されないのでしょうか?

“擦り傷”を負った場合、わずかでも皮膚や肉片が
剥がれてしまったりする点では、切断した時と同じようなものなのに、
再生できる・できないの理由として、“傷の箇所”と“切断された箇所”では、
何が違うのでしょうか?

何か「違い」みたいなものがなければ、理屈では
足などを切断してしまっても、自然にまた(足が)生えてくる……という理屈になると思うのですが……。

「傷は回復できるのに、何で“切断”してしまったら、回復できないのか?」
推測でもいいので、教えてください!

Aベストアンサー

現代の医療を使えば、切断部位でも再生可能になっていますよ。
何もせずにニョキニョキと生えてくるわけではありませんが、ECM(ExtracelluarMatrix)があれば、
それを粉にして切断部位に塗っていれば、数週間~数カ月で完全に再生できます。
手の指、足の指等で完全再生できた例が発表されていますし、現在では摘出した臓器を再生する研究もすすめられています。
ECMで検索すれば、再生過程等の画像や動画、論文等を見つける事ができると思います。

切断というか、摘出になりますが、肝臓だったら全体の半分くらいになってもまた再生する事もあります。
この質問の再生しない(生えない)部位とは四肢の事でしょうか。
筋細胞や神経細胞は再生しにくい理由があり、また再生に必要となる組織や条件等があるのですが、
切断部位と傷の違いについて、文字数全角800以内で簡潔に説明するのは私の拙い知識では困難です。
お詳しい方の簡潔な回答があれば、その文章力を参考にさせていただきたいと思います。

Qヒドラについて

現在60cmビーシュリンプ水槽にヒドラが発生しています。
スポイトで地道に駆除していますが、浮草や水草の裏、モスの中にもいるらしく根絶やしにできません…。
リセットもできれば避けたいです。

駆除についてネットで色々と見ていると『塩水浴が効果大』らしく、ビーシュリンプを予備水槽に移し、0.5%の天然塩で根絶やしにしようと考えています。

そこで質問なのですが、

・塩水浴は何時間が適切でしょうか?

・短時間で効果があればすぐに換水すれば水草、バクテリアは壊滅しないで済むでしょうか?

・ヒドラの中には卵を持っているのがいますが、卵は塩で死んでくれるでしょうか?

以上3点ですが、ご存知の方いましたらアドバイスいただけないでしょうか?

よろしくお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

> ・塩水浴は何時間が適切でしょうか?

0.5%ならば5日間~7日間。
1.0%ならば12時間~24時間。

> ・短時間で効果があればすぐに換水すれば水草、バクテリアは壊滅しないで済むでしょうか?

濾過バクテリアは一時的に活性を失い、アンモニア濃度や亜硝酸濃度が高まることはありますが、やがて元通りに復活します。

水草は、種類と、低床への根張り具合によります。
低床にしっかりと根を張っている水草は、一端、茶枯れしても、また新芽を吹き出します。

塩分濃度0.3%以上で、稚エビの初期飼料となる水槽内のイソフゾリア類が死滅します。

> ・ヒドラの中には卵を持っているのがいますが、卵は塩で死んでくれるでしょうか?
ヒドラの卵は耐久卵ですから、乾燥、低温、塩分では、簡単に死滅しません。

=オマケ=
私個人の経験によるアドバイス。
ヒドラは、銅イオンが大嫌いです。
塩や薬剤を使用する前に、ヒドラを大きめの200CC位のコップなどに捕獲し、10円玉を3枚位、投げ込んでごらん。
おそらく、一時間以内に、活性を失い、12時間ほどで死滅するハズです。

エビを隔離したあとの水槽へ、10円玉を100枚位放り込んで5日間程度放置すれば、恐らくヒドラに大きなダメージを与えることが出来るハズなのでご紹介します。
もちろん、その際に濾過器などは通常動作したままにします。
最後に、全量換水を連続2回行えば、エビを復帰できます。
エビは、丁寧な水合わせを忘れずに。。。

塩や薬剤よりは、銅イオンの方が残留性が無い分、しっかりと水替えを行えばエビへの被害は少なくなります。
水草への被害は、塩と同じくらいです。

> ・塩水浴は何時間が適切でしょうか?

0.5%ならば5日間~7日間。
1.0%ならば12時間~24時間。

> ・短時間で効果があればすぐに換水すれば水草、バクテリアは壊滅しないで済むでしょうか?

濾過バクテリアは一時的に活性を失い、アンモニア濃度や亜硝酸濃度が高まることはありますが、やがて元通りに復活します。

水草は、種類と、低床への根張り具合によります。
低床にしっかりと根を張っている水草は、一端、茶枯れしても、また新芽を吹き出します。

塩分濃度0.3%以上で、稚エビの初期...続きを読む

Qもし捕食者が究極的に進化したら、生態系は?

生命が陸に上がって4億年、もし、あと10億年し
捕食者が、
・可視光以外の電磁波を可視する能力、
・電磁波による見えない相手の歩行の検知能力、
・超音波のように電磁波をうち隠れた相手を探す能力、
・今より恐ろしく進化した運動能力、
・無駄の無い狩り方の選択能力、
・平常時の脳や筋肉の省エネ能力、
・もっと未知の感覚器を備える可能性
・遠距離からの電磁波攻撃で動きを麻痺させ狩る能力

などを身に付け、知能も高まった場合、
どんな生態系になると思いますか?

まずは捕食者はエサの食い過ぎ~エサの枯渇で
餓死を繰り返し、増え過ぎない形になると思いますが、

エサになる被捕食者は、こうした驚異的な捕食能力から
どう進化して逃れると思えますか?

その捕食者が飛行でき地形的に逃げるのが困難だと、
・強烈で複雑な毒を持つ
・土に深く潜って生活
・植物と半同化して枯れた土地に逃げ住む
・捕食されない防御能力を手に入れる
・体を捕食しても消化できない妙な進化をする
・油虫とアリのようにいっそ共生関係に肉を差し出す

などが思いつきますが、
どんな生態系になっていくのでしょうか。


陸は、一見動く物の少ない植物の天国の地獄?と化し、
海に多くの陸上生物が逃げて行くでしょうか。

それとも捕食者の固体の増加が収まった後、
食べすぎ=エサ枯渇=餓死 の方程式が本能に染み付き
捕食者は自ら食べ過ぎず、縄張りを持ち維持し、
まるで家畜を飼うような生活と安定が起こるでしょうか?
(あえて文明を持つ話しだけは抜きで。)


未来の生態系、または捕食者/被捕食者の例を
ご想像しお聞かせ頂けますと幸いです。

よろしくお願い致します。

生命が陸に上がって4億年、もし、あと10億年し
捕食者が、
・可視光以外の電磁波を可視する能力、
・電磁波による見えない相手の歩行の検知能力、
・超音波のように電磁波をうち隠れた相手を探す能力、
・今より恐ろしく進化した運動能力、
・無駄の無い狩り方の選択能力、
・平常時の脳や筋肉の省エネ能力、
・もっと未知の感覚器を備える可能性
・遠距離からの電磁波攻撃で動きを麻痺させ狩る能力

などを身に付け、知能も高まった場合、
どんな生態系になると思いますか?

まずは捕食者はエサの食い過ぎ~エ...続きを読む

Aベストアンサー

その捕食者の近所には必ず捕食者に拮抗する能力を備えた被捕食者が生息していると思います。
そうでなければ捕食者はそのように進化できないからです。
進化は突然変異と自然淘汰によって起きます。突然変異によって新たに生まれる能力に、そのコストを上回る利点が無い限り、淘汰圧は働きません。そうでなければ突然変異は一時的なゆらぎで終わってしまい、その先へは進めません。
進化は斬進的にしか起きませんから、それだけの進化が起きるには継続的に淘汰圧が働く必要があります。
被捕食者が捕食者とともに進化しない限り、継続的な淘汰圧は生じないと思います。
リチャードドーキンスの「盲目の時計職人」という本をお勧めします。私もこのサイトで教えて頂きました。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報