最近コンビニで雑誌(ジャンプ等の)を読んでいて、すごい面白い、ややエロギャグ漫画(?)を見つけたのですが、名前がどうも思い出せなくて...

内容は、
部屋で好きな男の子にアピールしようとやたらパンツやらを見せようとするのですが、ちょうどその時アピールされた男の子は違う事をしていて気付かないという話なのですが、

情報が少なくてすみませんが気になって夜も眠れませんのでどうか教えてください!!最近読んだので今も連載してるかと。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

間違ってたらごめんなさい。


週間少年ジャンプに掲載されていて、4こま漫画です。
内容は、委員長と男子生徒の話です。
題名はツンエロ委員長
大石浩二 メゾン・ド・ペンギン

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%BE% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
メゾン・ド・ペンギンかも知れません!!
今度見てみます。

お礼日時:2006/07/08 12:32

やまだ~


とか言っている漫画ですか?

「B型H系」

この回答への補足

回答ありがとうございまーす
B型H系見てみます。やまだ~は覚えてませんが、
それは4コマではなかったような

補足日時:2006/07/07 00:50
    • good
    • 0

これ、かな?


女子大生家庭教師 濱中アイ
少年マガジン 連載終了。
少し内容が違う気もしますけど。

参考URL:http://www.shonenmagazine.com/works/hamanaka/

この回答への補足

回答ありがとうございます
女子大生家庭教師 濱中アイでは多分ないような気がするんですけど。うーーんなんでしょうね

補足日時:2006/07/06 22:03
    • good
    • 0

この回答への補足

その時読んだのはたしか4コマではなかったような気がしたのですがB型H系でも4コマ以外の回はあるのですか??

補足日時:2006/07/06 20:45
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q文庫版やら完全版やら何のために???

私は漫画が好きで昔から読むのですが、最近文庫版やら完全版やら昔の漫画をリメイク!という感じでよく出版されていますよね。
完全版だけの次点ならまだ昔の人気本を読みやすく…みたいな感じで何も思っていなかったのですが、最近は文庫版まで出てきました。
“文庫”というので小説?と思っていたら中身は同じ漫画。
文庫版を手にしたことがないのでどんなのか分かりませんが、まず文庫版ってどんなのですか?普通のと何が違うのですか?

文庫版やら完全版を出す意味が分からなくなってきました。単なる昔の人気本を再販売して儲けるためとか思えず、何だかイライラします。
特に文庫版と完全版両方出版する漫画が一番意味分かりません。普通のもあるのに・・・

どなたかご意見お願いします。

Aベストアンサー

出版業界も基本的には営利団体である事をお忘れ無く。会社の目的はあくまで利益を出す事であるので、どんな事をしたとしても最終的な目的はもちろん儲ける為です。特に出版業界は大変な不況ですから少しでも利益になる事なら何でもやっていくでしょう。それは決して悪い事ではない事をご理解ください(そうしないと社員が生活出来なくなってしまいます)。

さて文庫版を出す意味に関しては、まず絶版本であったりして現在では手にいれにくい本などが出る事が多いです。また名前の通り文庫サイズですからサイズが小さく一巻に入る話数が多い傾向にあるので、棚がすっきりする事等から読者に好まれる傾向もあり、最近は比較的新しいコミックも出る事も多いです。また価格もボリュームとの対比ですと、やや安めになっているので、最初のコミックス出版時には買わなかったけど今になって欲しくなった、という人向けですね。

特に絶版本に関しては今まで中古しか購入の術がなかったものが、こういった手段で手に入るようになったので良い事です。中古は嫌という読者もいますし、そもそも中古は出版社には一円の得にもなりませんしね。

完全版に関しては連載時カラーページがカラーのままであったり、誤植が修正されていたり、場合によっては書き直しされていたり、読み切りが付加されていたりします。文庫版でもカラーページ掲載以外の同様の修正がされる事もありますが、完全版ではこの手の傾向が強いです。またファン向けの設定集やイラスト等が追加される事もあります。

従って基本的には完全版はファン向けのややリッチな作品という事になるでしょう。なので価格も高めです。

こうしたものはつまりそうした作品が欲しいというニーズがあり、また狙っている客層も違う訳です(文庫版はライトなファン向け及び新規読者獲得用。完全版はコアファン向け)。

ただまぁコミック普通に買っていた読者からすれば、新しく出たのは読み切りがついてて読みたいから買わなきゃ。でも普通のコミックがあるのに……みたいな感じになる事もあるわけで、複雑な気持ちにはなりますよね。

出版業界も基本的には営利団体である事をお忘れ無く。会社の目的はあくまで利益を出す事であるので、どんな事をしたとしても最終的な目的はもちろん儲ける為です。特に出版業界は大変な不況ですから少しでも利益になる事なら何でもやっていくでしょう。それは決して悪い事ではない事をご理解ください(そうしないと社員が生活出来なくなってしまいます)。

さて文庫版を出す意味に関しては、まず絶版本であったりして現在では手にいれにくい本などが出る事が多いです。また名前の通り文庫サイズですからサイズ...続きを読む

Q置き場所がないけど、連載中のマンガを読みたい

家の収納スペースが少なく、溢れだした本が床の上で放置状態です。
気になっているマンガは多数あるのですが、置き場所がないので手が出せなくて悲しいです。

マンガだけでなく、本や雑誌全般好きですが、特にマンガって巻数が長くて、図書館でも借りることが難しいぶん、悩みます。
連載が完結しているなら、ネットオークションなどで全巻一気に購入し、また売るなり処分なりできるのですが、連載中のものが困ってます。
間が空いてしまうと、それまでのストーリーも忘れてしまいますし、持っておくには場所がないのです。

そこで質問なのですが、こういった場合皆さんはどうされているのでしょうか?

ネットのレンタルは、あまり取り扱いがないうえに、それなりの金額なのでちょっと。
マンガ喫茶も考えましたが、長いもの程自宅で落ち着いて読みたいと思います。

そのとき出ている巻までを、とりあえず購入して読み終えたら手放し、それからはマンガ喫茶へ定期的に読みに行く、…くらいしか思いつかないのですが、なにか良い方法などありましたら教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

私は貸し本屋で借ります。

1泊¥80/冊 くらいで借りられます。
最近はTSUTAYAでもレンタルコミックをやっている店舗があります。
ただ、一応協定?みたいのがあるらしく、大手は2週間後くらいしてから新刊が貸し出されます。

町にある小さな貸し本屋の方がゆるくやっている見たいで、当日から新刊が読めます。

そこでどうしても繰り返し読みたい本が見つかった場合は購入していますが、大体は借りるだけですんでます。

Q進撃の巨人 今月マガジン連載の最新話まで読んで、久しぶりにざっと1巻から読み返しました。 そこ

進撃の巨人



今月マガジン連載の最新話まで読んで、久しぶりにざっと1巻から読み返しました。
そこで疑問なんですが、ライナーとベルトルトがエレンとユミルを攫った時に、自分達でエレンを捕食すれば座標の力が簡単に手に入ったんじゃないでしょうか。
エレンが自分達に味方する事はまずないとこの時わかってたはずです。
その後すぐエレンを取り返され、攫うことを諦めエレンに無知性巨人の大群をぶつけて捕食させようとしましたよね。
これはエレンが持つ座標の力を他の無知性巨人に移させて、知性巨人化能力と座標の力を手に入れた元無知性の人間体を連れていくつもりでやったのですが、エレンを殺す覚悟があるなら初めから自分で食べなよって思って腑に落ちないんですが

1.仲間であったエレンを自分で食べるのはさすがに抵抗があった

2.獣の巨人など上官にあたる者に座標の力を献上したいので、自分がエレンを捕食すれば、自分が後に食われないといけなくなる。

やはり2ですかね?

1はライナーは精神分裂を起こしていて兵士の気持ちになったりしていたので。元々気の弱いベルトルトには無理そうだし。

他に何かありますか?普通に2の理由でたいして気にする部分ではないかもしれませんが…
久しぶりに読み返したら凄く面白くて色々考えてしまって。
これはかなり前の話しなのですが、ご回答いただければ幸いです。

進撃の巨人



今月マガジン連載の最新話まで読んで、久しぶりにざっと1巻から読み返しました。
そこで疑問なんですが、ライナーとベルトルトがエレンとユミルを攫った時に、自分達でエレンを捕食すれば座標の力が簡単に手に入ったんじゃないでしょうか。
エレンが自分達に味方する事はまずないとこの時わかってたはずです。
その後すぐエレンを取り返され、攫うことを諦めエレンに無知性巨人の大群をぶつけて捕食させようとしましたよね。
これはエレンが持つ座標の力を他の無知性巨人に移させて、知性巨人化能力...続きを読む

Aベストアンサー

私は2だと思っています。
1はないかと。
レイスが言っていたのが本当なら本領発揮するにはしかるべき者に食べさせる必要がある
そのために自分が食べてしまうと、自分が食べられる必要が出てくる。
アニだって口にいれて運んでましたよね。あのまま食べてはいない。
つまりは、生け捕りにする必要があった。

エレンがヨロイの液を飲んで硬化自体はできるようになったとはいえ
能力の一部という感じで鎧の巨人とは違うのを考えると…
もちろん経口摂取だった、全量接種できていない、とかの可能性もあるとはいえ
「ヨロイ ブラウン」という表示を考えると
摂取して能力を得るのに相性の合う遺伝子なり血筋があるのでは、と思う
もしかしたら二つ以上の能力を入れた場合、それが全力発揮できないという可能性もあると思います。

さらに別の可能性としては
・能力が減ってしまう
二人分の知性の種(という表現でいいのか)が、一人になってしまい、分離不可能だとすれば
貴重な知性巨人を減らしてしまうことになります
自分たちが無事帰り、生け捕りで連れて帰れば2つ分の戦力、っていうのも
可能性として0ではないかなと。

壁の外で誘拐するのしないので戦っていた時に
無知性巨人をエレン巨人に投げつけたことをハンジが
「適当な巨人に食べさせて、そいつをさらおうとしたのでは」と
器を入れ替えようとしたと推測していた。
これがもし当たっているとしたら、やはり自分たちで食べるのではなく
自分たちとは別の人間に能力を入れて運ぶ理由があったと考えられますね。

私は2だと思っています。
1はないかと。
レイスが言っていたのが本当なら本領発揮するにはしかるべき者に食べさせる必要がある
そのために自分が食べてしまうと、自分が食べられる必要が出てくる。
アニだって口にいれて運んでましたよね。あのまま食べてはいない。
つまりは、生け捕りにする必要があった。

エレンがヨロイの液を飲んで硬化自体はできるようになったとはいえ
能力の一部という感じで鎧の巨人とは違うのを考えると…
もちろん経口摂取だった、全量接種できていない、とかの可能性もあるとはいえ
「...続きを読む

Q回を追うごとに主人公の男の子がかわいくなる、昔読んだ少女漫画を探しています。

回を追うごとに主人公の男の子がかわいくなる、昔読んだ少女漫画を探しています。

御存じの方は、ぜひ教えてください。
以下が、覚えていることです。

まず、内容についてです。
話の舞台は高校です。
そして、主人公の男の子が噴水のようなところの水を飲むことで体の中に妖精(精霊?)の世界を入れてしまいます。
その後、妖精達と楽しくほのぼのとした学園生活を送ります。
最後は、妖精を守るために友達の気の強い妹と結婚(通い婚?)するというものでした
(たしか、妖精を守るためにこどもを産む必要があった)。

つぎに、内容以外の覚えていることを書きます。
とにかく、主人公の容姿がどんどんかわいくなります。最後は女の子のような感じでした。
西暦2003年までには全4巻(程度?)で完結していたと思います。

覚えていることは、これくらいで曖昧なところも多いですが、
すごく探しているので宜しくお願いします。

Aベストアンサー

なつかしい漫画ですね。
私も昔持っていたので、よく覚えています。
辻よしみさんの作品で
「能瀬くんは大迷惑!!」ですね。
(徳間書店刊、全5巻)

この時の主人公の子供が主役で、続編もでています。
「能瀬くんは大迷惑!!Jr.編」
(徳間書店刊、全5巻)

Q昔読んだ漫画をもう一度読みたくて

昔読んだ漫画をもう一度読みたくて
探したいのですが、 タイトルが分かりません。
どなたか分かる方がいたら教えてください。
宜しくお願いします。

・主人公のところにある日宇宙人が来る(宇宙船が墜落)
・それはウサギみたいな宇宙人
・他の宇宙人に追われて地球にきた。
・少年との約束でいじめっ子達に宇宙船を見せようとしたが、
 追ってきた宇宙人にみつかり殺された。
・ところがクラス1ぼーっとしている奴に乗り移っていた。
・口癖は、にんじんを食べると元気になる。最後に葉っぱを食べるのが最高さ。
・15年以上前だったと思います。

どうぞヨロシクです。

Aベストアンサー

こんばんは。
タイトルのみですみません。
「ぼくのヤフー」か「おれのヤフー」だと思います。
私の記憶では「おれのヤフー」だったんですが、過去ログでみるとどうやら「ぼくのヤフー」が正解のようです。

「ヤフー」という主人公の漫画
http://gtubo.gpoint.co.jp/qa3700013.html

「おれのヤフー」と「ぼくのヤフー」
まったく別の作品なのか、同じ作品なのか。個人的にすごく気になる所です。

有力な情報が寄せられるといいですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報