昨夜、NHKの「プロジェクトX」でも取り上げられていましたが、骨髄バンクの登録を折に触れ、考えて居りました。
しかし、体力を消耗する麻酔の存在もあり、また確か数年前に麻酔段階での事故が起きたような記憶があります。
しかしながら、自分の限られた短期間の苦痛と、人の命を天秤にかければ、当然人の命の尊さを選びます。
できましたら、ご経験者もしくは専門家の方に、第三者としての冷静なる骨髄提供者側のリスクを教えて頂きたいと思います。
どうぞ宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 骨髄を採取するということは、血液疾患で入院する患者さんはほとんどされていることで、血液内科のある病院ではごくありふれた手技です.白血病とかだと、1週間おきに3回連続とか.で、痛いです.胸の真ん中の骨(胸骨)や腰の骨(腸骨)に穴をあけるので.でも、一応麻酔をします.我慢できないことはないけど、2回も3回もいやだなあっていう感想を持つと思います.(僕は患者さんにやったことはあるけど、されたことはない.)時間は1時間ぐらい.骨髄移植の場合、複数箇所から採取するので2時間ぐらいかかるかもしれません.


 リスクは、まず、麻酔のリスク.麻酔でアレルギーがでる人がいる.アレルギーがでるとひどい場合は死にます.もちろん、蘇生の措置がとられ、救命できるとされています.また、命に関わるようなアレルギー反応に至るなんてことは滅多にはないと思います.他には、感染.体に穴をあけるから、菌がついて繁殖すると化膿します.菌が全身にまわるかもしれません.予防策は清潔操作.あとは、痛みそのものからくるショック症状.血圧が下がって意識が遠のく.これも、一応、救命の措置が執られて助けられるとされています.
 骨髄移植については、いい治療だと思います.骨髄移植が必要な状況っていうのはだいたいにおいて死が目前に迫っている状態.薬物療法では助けられない状態です.でも、骨髄移植がうまくいけば、完治にちかい状態が得られることもあります.そう考えると、骨髄移植はとてもすてきなことだと思います.他の臓器移植と違って提供者側もほとんどの場合、無傷に戻りますし.
 ただ、僕は血液内科ではないので想像の部分や僕の私見も含まれますのでその辺を考慮してください.
    • good
    • 22
この回答へのお礼

ronaldoさん、専門家のお立場での詳しいご回答をありがとうございました。

>でも、骨髄移植がうまくいけば、完治にちかい状態が得られることもあります.

ああ、そうかぁ・・・殆どの患者さんが必ず完治するという訳ではないのですね?

>そう考えると、骨髄移植はとてもすてきなことだと思います.他の臓器移植と違って提供者側もほとんどの場合、無傷に戻りますし.

「ほとんどの場合、無傷」な訳で、限りなく100%に近いという訳ではない=それが「リスク」という訳ですよね?

やはり熟慮したいと思います。
気楽に登録をして、提供の申し出があった時に驚いて断るような、いい加減な事はしたくないと思っています。
大変参考になりました。

お礼日時:2002/03/03 12:51

飾らずに本音で書き込みます。


http://mineko.cool.ne.jp/inoti/MB6.html
に簡潔に危険性が書き込まれています。
死亡例は一例のみと書かれていますが
導尿カテーテルにしても、挿管用の気管チューブにしてもかかれていない事故の要因/下地は山ほどあります。
*いずれも改善しています。
と書いてのけるところに偽善と欺瞞があると思います。
理論上そうでないものがおこる可能性は否定できません。
でも、それは医療知識があるものが読まなければ誤解される可能性があるのであえて書き込みません。

通常これらのリスクは、自らが手術を受けて『病気からの開放』と引き換えにやっと我慢できるものです。
私は正直adelaideさんの気持が不思議です。そして反対するであろうご家族の気持が良くわかります。
cswhiteさんのお兄様の気持がごく普通のものだとも思います。

わたし自身は決してドナー登録することはないし、家族の登録を認めることもないでしょう。そういう考えの人間からの言葉です。

参考URL:http://www.jikei.ac.jp/hematolo.1/hsct/bm_harves …
    • good
    • 11
この回答へのお礼

shu_sさん、いつもご教示頂き、どうもありがとうございます。

参考URLを拝見致しました。
やはり、提供者への身体の負担が大きいのだと再認識せざるを得ませんでした。
おっしゃるように、

>通常これらのリスクは、自らが手術を受けて『病気からの開放』と引き換えにやっと我慢できるものです。

かもしれません。

この世に「死」の存在ほど絶対なものはなく、死の病に罹った時のその人の気持ちは如何ばかりだろうかと想像すると、質問文にあるように、健常者の一時の苦痛などは取るに足らないものだと思えるのです。それで、ドナー登録を考える訳です。
センチメンタリズムでしょうか?
まあ、理由はどうでも良いのだと思います。それで誰かの命が救えるのなら、理由は関係ありませんよね?
ただ、やはり安易には登録できず、時間をかけて検討すべき事だと私自身思います。提供者の方は、本当に素晴らしいと思えます。

また、わたしは以前大学病院で歯茎を切開する手術をした際、終了直前に麻酔が切れ、痛みを我慢する意思とはうらはらに、涙がポロポロ出てきて、術後痛み止めをもらって飲んだ事があります。
その数年後、某大病院でまぶた付近のほくろを取ってもらった時に、事前に麻酔が切れやすい旨を担当医に話していたのですが、「それは、適切な量を投与しなかったからですよ」と一生にふされ、結果、やはり手術中に麻酔が切れ、「あの~、痛いんですけどぉ・・・」と訴え、彼はあせって追加の麻酔を注射し、「もっとよく検討すべきでした」と後で謝罪された経験もあります。
ですから、麻酔があうのかあわないのか、わかりませんが、難しい体質なのだと思います。
麻酔は手術そのものよりも、リスクが大きいと聞いた事があります。
不安も残りますので、ご回答を参考にさせて頂き、時間をかけて検討したいと思います。

お礼日時:2002/02/28 13:24

家族が,兄から骨髄を提供して貰い移植しました。

骨盤から500ミリリットルと大量の骨髄液を取りました。 兄はその日は入院し,翌朝退院しました。率直に言って,兄弟じゃなかったら二度と提供したくないといっていたのが思い出されます。 ちなみに兄も医者です。 リスクは承知のことで行ったことです。 バンクに登録される際にリスクについては充分な説明があると聞いています。バンクに尋ねていただくのが良いのか,移植をしている病院の先生に聞くのがいいのかは,分かりませんが。 これは回答になっていないでしょうか?
    • good
    • 7
この回答へのお礼

cswhiteさん、アドバイスをありがとうございました。

バンク側の説明も聞いてみるつもりですが、色々なお立場の方のご意見を伺いたいと思い、質問させていただきました。
なるべく、公平に。偏りなく・・・と考えて居ります。

でも、ご家族の方は、お兄様が同じタイプの骨髄でよかったですね。
わたしは、登録には家族の大反対があると覚悟しています。

お礼日時:2002/02/27 16:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q医薬品に詳しい方に質問

私のやっている仕事は、薬局へのピッキング作業をしています。医薬品、食品や化粧品、雑貨などがあります。

その中で、医薬品があり分類として、会社には一般的な医薬品の商品も置いてありますが、他に「医薬一類」「劇薬」というものがあります。

これは普通に売られている医薬品とはまた違うんですよね?どういう薬品を指すのでしょうか。「医薬一類」と「劇薬」は特別にビニール袋に入れて、仕分けしています。
普通の医薬品とどのように違うのか詳しく教えてください!

Aベストアンサー

第一類の医薬品は、副作用のリスクが第二類や第三類よりも高いことから、薬剤師が必ず顧客と対面して販売しなければならないOTC薬(一般用医薬品)です。
劇薬は、白地に赤枠、赤字で品名及び「劇」の文字の表示が必要です。また、劇薬は、他の医薬品等と区別して、貯蔵・陳列する必要があります。なお、劇薬は、毒薬のように、特に鍵のかかる場所に保管する必要はありません。

Q全身麻酔?部分麻酔??

先日スノーボードで転倒し、左腕のひじを骨折、脱臼してしまいました。。。昨日病院に行ったところ、手術・入院が必要と言われました。手術はすぐに済むそうですが、一つ問題があるのです。私は本当に極端なびびりで、採血で注射しただけで気絶してしまうのです。。ピアスの穴をあけた時も自宅で倒れて気絶してしまいました。。そこで、普通ならこの手術は部分麻酔で済むそうなのですが、それだと絶対に失神する自信があるので、全身麻酔にしようと思うのですが、どのようなリスクがあるのかなど、アドバイスをお願いします(>_<)他の質疑応答を見させてもらったら、筋肉注射をするなど、痛そうなことばかりで、本当に怖くてなりません。。。涙

Aベストアンサー

局所麻酔でも筋肉注射はうつと思います。全身麻酔は終わった後が辛かったです。。。うごけないので、尿カテーテルとかですし、とりあえず苦しかった思い出があります。
筋肉注射なんて全然平気ですよ!!私は検査とか手術でしょっちゅうやってますが、恐いとかそんな事感じてません***安心していきましょう!!

Q健康食品と医薬品論争!!!! 私は健康オタクの医薬品信者である。 私に良い健康食品があると大手飲料メ

健康食品と医薬品論争!!!!


私は健康オタクの医薬品信者である。

私に良い健康食品があると大手飲料メーカーが売っている健康食品を私に勧めて来た。

私は「本当に聞くなら医薬品として売るであろう。製薬会社は医薬品として開発したが、思ったほど効果が認められないものを健康食品として売る。よって本当に効くなら医薬品として売るはずである。医薬品と認められれば3割負担が適用されて売上が大きくなる。だから10割負担の健康食品として売らずに本当に効くなら医薬品登録をする」

と言ったら、健康オタクの健康食品信者は「医薬品と登録するには時間とお金が掛かるから効果が高くても健康食品で売る」と主張してくる。

どちらが正しいですか?

健康食品で効くなら医薬品として売るでしょ?

違いますか?

ちなみに健康食品はカルピスのL-21かなんかの乳酸菌サプリメントです。アレルギーを抑えるそうです。

カルピスくらいの大資本なら本当に効果があるなら医薬品認定受けますよね?

効果が薄いから健康食品のサプリメントとして売っているのでは?

どちらが正しいか教えてください。

健康食品と医薬品論争!!!!


私は健康オタクの医薬品信者である。

私に良い健康食品があると大手飲料メーカーが売っている健康食品を私に勧めて来た。

私は「本当に聞くなら医薬品として売るであろう。製薬会社は医薬品として開発したが、思ったほど効果が認められないものを健康食品として売る。よって本当に効くなら医薬品として売るはずである。医薬品と認められれば3割負担が適用されて売上が大きくなる。だから10割負担の健康食品として売らずに本当に効くなら医薬品登録をする」

と言ったら、健康オ...続きを読む

Aベストアンサー

ご質問から、前者です。
本当に医薬品に値する効果があれば、医薬品申請することにより医療機関や市販などで量販できます。
お金が掛かっても、医薬品と認められればすぐに採算がとれるのです。
医薬品を目指して開発したが認められなかったので、高価な健康食品として販売するしかないのです。

関連して、海外では「スマートドラッグ」等の記憶力増進薬が以前から販売されています。
我が国でも、いくつかの製薬会社が医薬品として発売したのですが、国の審査により「医薬品の基準を満たす効果なし」と判断されたため、販売中止になったことがありました。
この例では、健康な人の記憶力をよりベターに保つ程度の弱い作用はあったのですが、病気による記憶障害への効果は認められなかったのです。

ご参考まで。

Q慢性骨髄性白血病

健康診断で、血液でひっかかり、今日再検査しました。白血球と血小板が、それぞれ14000、60万と、通常の2倍でした。医師にこれから原因を調べ始めると言われ、最初の検査が慢性骨髄性白血病でした。検査の結果が出るまで、3週間かかるみたいで、不安で仕方ありません。もし、そうでも、最近は良く効く薬があるから、死ぬことはほとんどないと言ってましたが、ネットで調べてたら、薬にかかるお金が毎月数十万するとか、再発する場合もあるとか。余計に不安になりました。
私には、2歳になった娘もいるし。その子も先天性異常を持っていて、足の指が短くて、手術は10年ぐらい先じゃないといけないみたいで、その費用もあるのに、薬代がそんなに高くては、治療しない方がいいとさえ思います。
具体的に、毎月の薬代がいくら位とかわかる方教えて下さい。
まだ検査の結果が出てないのに、考えすぎですが、少しでも不安材料が少なくなればと思って。お願いします

Aベストアンサー

薬に関してですが、保険適応のある薬なら3割負担になりますし、一定額以上なら高額医療制度が使えるので実質的には数万/月になるかと思います。
ただし現時点では確定診断もついていないようですし、上記不安な事に関しては本来主治医に聞くべき事です。
このような匿名の掲示板で情報を得るべき質問ではないと考えます
(悪意を持って返答をする人や悪意は無いけど堂々と間違った知識を披露する回答が多々ありますので)。
今後の治療方針に関しては掲示板よりも主治医と良く相談して下さい。

Q医療費控除対象は?第○種医薬品???

医療費控除を受けるためにそろそろリストを作成しようと・・・

ドラッグストアでの医薬品購入分も対象なのは存じてますが、これまでは「医薬品」か「医薬部外品」かで対象になるかどうかを見分けていました。

しかし今は「第3種医薬品」とかって表示されており分からなくなってしまい質問いたしました。

第1種医薬品のみ対象 とか、
第2種医薬品までは対象 など、
そういう分かりやすいものではないのでしょうか???

Aベストアンサー

「第3種」ではなく「第3類」ではないですか。
「第1類」も「第3類」も医薬品に変わりはなく、「治療用に購入した医薬品」であればすべて控除の対象です。

Q骨髄移植について

骨髄性白血病の治療で行う骨髄移植についての質問です。血液を造る働きをする骨髄の機能がおかしくなったから人の骨髄と取り替えるという手術だと思うのですが、血液を造る骨髄は体のあちこちの骨の中にあるから、一部分の骨髄だけ取り替えても、取り替わってない骨髄からはやはりよくない血が造り続けられるように思えてしまうのですが、実際の所どうなって白血病が治るのですか?

Aベストアンサー

まず、移植する前に大量の抗がん剤・放射線治療で自分の造血機能の細胞をすべて破壊、殺します。

そして移植するのです。

Q毒劇物は医薬品なの?

常識的な質問で恥ずかしいのですが、毒物、劇物も医薬品なのですか?
麻薬は医薬品ですが、毒劇物も医薬品の一部とみなされるのか
医薬品という概念の中に毒劇物も含まれているのですか?
わかる方、教えて下さい。

Aベストアンサー

中高年です。

製薬会社で品質管理をしていた退職者です。(自己都合ですよ)

薬によっては、麻薬を原料とするもの、猛毒を原料とするものは少なからずありますよ、倍散混合して、他の原料等と混ぜ薄めることにより毒薬→劇薬に緩和させて混合させているもの等もあります。

しかし、体調に影響を及ぼす-健康被害(副作用別途)は当然、発生させないということは絶対的に立証されなければ厚生労働署や都道府県の薬務課が承認できません。
しかし、病気の元となる殺菌には・・・・・・理解できますね。
後、麻薬は抗精神約に多いです、内服薬は消化吸収なので効果が若干薄れますが、注射剤も結構使ってますよ!注射剤は直接血管(静脈など)に投与するので、医師の判断が必要です。
しかし、こんな薬が儲かるのですよ!(よく効きますから)

何が言いたいかというと、医薬品の安全性は保証されるべきですが、続けていることによる、依存症-つまり麻薬との因果と直接簡結させるのには無理がありますが、人の心理面に対しては近いものもありますね、注意しましょうね。
そんなもの、生命関連品とかいいながら、薬に対して本音はいえません。
勿論、副作用はあります。

又、貴方のご質問については、医薬用劇物はありますが、ほとんどは医薬部外でしょう、毒物は聞いたことがありません、(試験には毒物等・シアンとかよく使います)

中高年です。

製薬会社で品質管理をしていた退職者です。(自己都合ですよ)

薬によっては、麻薬を原料とするもの、猛毒を原料とするものは少なからずありますよ、倍散混合して、他の原料等と混ぜ薄めることにより毒薬→劇薬に緩和させて混合させているもの等もあります。

しかし、体調に影響を及ぼす-健康被害(副作用別途)は当然、発生させないということは絶対的に立証されなければ厚生労働署や都道府県の薬務課が承認できません。
しかし、病気の元となる殺菌には・・・・・・理解できますね。
後、麻薬は抗精...続きを読む

Q主人が骨髄バンクのドナーに

選ばれました。

主人は22歳で、妻の私と一歳の息子がおります。
若くて健康な身体なのに、
これから息子を育てていかなければいけないのに
骨髄液を提供する意味がわかりません。
また、私は主人が骨髄バンクに登録していることを知りませんでした。たまに届く郵便物で初めて知ったくらいです。

主人は言うことを聞きません。
反対しても意見を何一つ聞き入れてくれません。
しぶしぶ、今日の最終同意について行きます。

最終同意の場で、私の意見を言ってもかまいませんでしょうか?
主人には本当はしてほしくない。
元々、身体の抵抗力が弱っているのに、ドナーで髄液をあげても、すぐに患者は亡くなるのではないかと思うのです。

助かる率(患者)のほうが高いのですかね?
ならばもうこちらも何も言わないでもいいかなと思うのですが。

グダグダで申し訳ありません。
御回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>元々、身体の抵抗力が弱っているのに、ドナーで髄液をあげても、
>すぐに患者は亡くなるのではないかと思うのです。

そんなに簡単に亡くなるようでしたら、骨髄移植はここまで発達していません。
骨髄移植がどんな物かわかっていないようでしたら、検索してください。
旦那の意思を尊重して、反対するようなことはしないでください。

Q医薬品添加物事典

医薬品に配合可能な成分は医薬品添加物事典に収載されているとのことですが、これは法律で決められているのですか?それとも業界の自主基準的な決まりですか?
医薬部外品の添加物も医薬品添加物事典に収載されているものしか使えませんか?

Aベストアンサー

通知で決まっていたのではないかと思います。

新指定部外品は、医薬品の前例の添加物しか添加できません。
従って、医薬品添加物事典に収載されているものしか使えません

Q多発性骨髄腫って? その他モロモロ。

別件でもう1つ。
心臓に水が溜まる心膜炎と言われました。
「近いうちに水抜きます!」とのことなのですが、どこから?どうやって???
もしかして・・・かなり痛い???

やっぱり、さらにもう1つ。
骨髄せんし検査をする病気って・・・血液が悪い病気ですよね?
あの検査で何が分かりますか?
驚かないので教えてください!
少し前まで多発性骨髄腫と言われて入院していました。
たんのうとか肝臓,肺などモロモロにガン細胞が転移していて、ちゃんと告知を受けています。
年内いっぱいくらい・・・だそうで・・・。
なので、絶対驚かないので正直に教えてください!

かなりしつこいですが、もう1点。
しょっちゅう過呼吸の発作を起こします。
この心膜炎という病気や、多発性骨髄腫という病気とは、何か関係ありますか?
検査の前日など、緊張していると?発作を起こすような気がしますが・・・。
発作を起こした後は、ひどい吐き気に襲われます。
それと、心臓がガサガサと横に動いているようなものすごい音がするのですが、何ですか?
教えてくださーい。
落ち込まないで?前向きに生きられる方法?も教えてくださーい。
まだ23歳なので、死にきれないなー。

別件でもう1つ。
心臓に水が溜まる心膜炎と言われました。
「近いうちに水抜きます!」とのことなのですが、どこから?どうやって???
もしかして・・・かなり痛い???

やっぱり、さらにもう1つ。
骨髄せんし検査をする病気って・・・血液が悪い病気ですよね?
あの検査で何が分かりますか?
驚かないので教えてください!
少し前まで多発性骨髄腫と言われて入院していました。
たんのうとか肝臓,肺などモロモロにガン細胞が転移していて、ちゃんと告知を受けています。
年内いっぱいくらい・...続きを読む

Aベストアンサー

ご自分の病気について、しっかりと知っておくこと。これは大切なことです。闘う相手、或いは共存する相手はしっかりと理解すべきことだと考えます。

『心臓に水が溜まる心膜炎』は心臓の周りを覆っている袋状の部分に体液が溜まって心臓が圧迫される現象です。
溜まっている体液は心臓の膜に針を刺して注射器で吸い出す方法で除去します。大丈夫ですから、医師を信じて処置を受けてください。
体液を抜くまでにできることは、少しでも痛みや圧迫感を弱めることですネ。普通は寝た状態のときに症状が強まるものですから、睡眠の時に半身をやや起こした状態に保つことで多少なりとも楽になるかもしれません。
また、過呼吸状態が頻繁に生じるのは心膜に体液が溜まっていることによるものでないかと思われます。心膜に体液が溜まっていると酷い呼吸困難(吸う時)をおこしますので、体液を抜いてもらえば、この症状は改善されることと思います。
ただ、心膜に体液が溜まる状態は、リンパ腫や肺癌などが原因となっていることが多いものですので、一度抜いても再発する可能性があります。肺癌の告知も受けられているとのことですので、原因は肺癌にあるのかもしれません。ですから、引き続き心膜除去や部分切開などの措置が取られる可能性もありますので、担当医に詳しくお尋ねください。
順番が逆になりましたが、骨髄穿刺検査は、白血病・骨髄腫・悪性リンパ腫・がんの骨髄転移等を調べることができます。胸骨からの穿刺となりますが、痛みを伴います。十分に担当医から説明されていると思いますが、場合によっては目隠しと固定を頼まれるのもよいかもしれません。
痛みはあるのでしょうか?
前向きに生きるにしても、何をするのにしても、癌による疼痛はすべてを否定的にするような酷いものですから、担当医にペインクリニックを十分に行なってもらうように頼まれるのが良いでしょう。痛みがなければ、いろいろと考えることも行動することもできますから。
口頭ならば様々なアドバイスを差し上げることもできると思うのですが、不特定多数がご覧になるサイト上では、また、声や表情が伝わらない文字では‥
ただ一つ言える事は、すべての人は自分の寿命を知りません。誰でも次の瞬間、明日の朝、1週間後どうなっているかはわからないのです。そして、健康体の場合はいつまでもそのままの状態が続くのだと錯覚しているのです。
以上kawakawaでした

ご自分の病気について、しっかりと知っておくこと。これは大切なことです。闘う相手、或いは共存する相手はしっかりと理解すべきことだと考えます。

『心臓に水が溜まる心膜炎』は心臓の周りを覆っている袋状の部分に体液が溜まって心臓が圧迫される現象です。
溜まっている体液は心臓の膜に針を刺して注射器で吸い出す方法で除去します。大丈夫ですから、医師を信じて処置を受けてください。
体液を抜くまでにできることは、少しでも痛みや圧迫感を弱めることですネ。普通は寝た状態のときに症状が強まるも...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング