こんにちは。
私はミステリーが大好きなのですが、好きな作家は読みつくして来た感があります・・・
みなさんが知っている面白いミステリーを紹介してください!

私が好きな作家は、恩田陸、加納朋子、北村薫等です。特に好きなのは恩田陸の「光の帝国」「ねじの回転」「麦の海に沈む果実」、加納朋子の「掌の中の小鳥」、北村薫の「街の灯」です。

日本のミステリー、海外ミステリー問いません。
よろしくお願いします(>_<)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

私の読んでる作家さんとあまりにもダブっているので、ついついコメントしたくなってしまいました。


ミステリーとはいえないでしょうが、伊坂幸太郎の「砂漠」とかどうでしょうか?あと「チルドレン」とか「オーデュボンの祈り」とか。
他に、
・光原百合の「十八の夏」
・歌野昌午「葉桜の季節に君を想うということ」
・東野圭吾「いつか僕が死んだ家」とか色々

密室殺人を探偵が解き明かすっていうものより、登場人物が日常の謎を首かしげながら追っかけてる、ようなものがお好みかな?なんて勝手に解釈してしまいました!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます(^∀^)
昨日ちょうど「葉桜の季節に君を想うということ」を読み終わり、今光原百合の「遠い約束」を読んでいます!
ほんとにかぶってますね~~

密室殺人を探偵が解き明かすっていうものより、登場人物が日常の謎を首かしげながら追っかけてる、ようなものがお好みかな?

その通りです!!
まだ読んでいないものを読んでみます!!

お礼日時:2006/07/07 16:02

私は綾辻行人さんのファンで、全部読んでいる(持っている)のですが、


綾辻さんの書かれている「館シリーズ」「囁きシリーズ」は読み応えあります。

たとえば、処女作の「十角館の殺人」。
恐らく映像化は絶対無理ってくらいにあとで『うわっ、そうきたか・・・』と思うこと請け合いです。
他にもたくさんあります。ぜひ読んでみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなって申し訳ありません。
回答ありがとうございました!!

お礼日時:2006/07/25 15:14

赤川次郎さんの本が読みやすくて好きです。


有名なものでは三毛猫ホームズですね、
後個人的には「シングル」「ふたり」「おやすみ、ティディ・ベア」なども面白かったです。
 他の著者ではアガサ・クリスティの「そして誰もいなくなった」が面白かったです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなって申し訳ありません。
アドバイスありがとうございました!!

お礼日時:2006/07/25 15:13

好みに合うかは分かりませんが、メジャーなところで松本清張の「点と線」とかどうでしょうか。

ミステリー好きなら一度は通らねばならない本のひとつです。時刻表トリックが複雑で自分はあまり好きではありません。なら勧めるなよ!という声がきこえる・・・。
世界初の推理小説といわれるエドガー・アラン・ポーの「モルグ街の殺人」も避けては通れない!
ここからは自分が読んで目から鱗がおちたっぽい本を紹介します。
アガサクリスティー著「アクロイド殺し」(これは、えっ?それってあり?って思うかもしれません)
エラリィ・クイーン著「エジプト十字架の秘密」
法月倫太郎著「二の悲劇」
東野圭吾「変身」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなって申し訳ありません。
回答ありがとうございます。
今までずっと日本人作家の本ばかり読んでいたのですが、外国のミステリーを知るいい機会になりそうです。ありがとうございました。

お礼日時:2006/07/25 15:12

私がこれまで読んだミステリの中で特に「やられた」と思ったのは



綾辻行人「どんどん橋、落ちた」(講談社)
倉知淳「星降り山荘の殺人」(講談社)
東川篤哉「密室の鍵貸します」(光文社)

です。どうでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなって申し訳ありません。
アドバイスありがとうございます!!

お礼日時:2006/07/25 15:07

高里椎奈「薬屋探偵妖綺譚」(講談社ノベルス)


森谷明子「れんげ野原のまんなかで」(東京創元社)
大崎梢「配達あかずきん」(同上)
がお勧めです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。
聞いたことのない作家さんです。
隠れた名作ですかね??
楽しみです。ありがとうございました!

お礼日時:2006/07/25 15:06

日常の謎系がお好きなようなので…



米澤穂信
『さよなら妖精』
『春期限定いちごタルト事件』(他、小市民シリーズ)
『氷菓』(他、古典部シリーズ)

倉知淳
『猫丸先輩の推測』(他、猫丸先輩シリーズ)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うーん題名見ただけで好きそうな感じですねえ。
ありがとうございます!

お礼日時:2006/07/10 10:50

篠田真由美「建築探偵桜井京介の事件簿」シリーズ


辻村深月「凍りのくじら」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061824 …
倉阪鬼一郎「四重奏 Quartet」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061821 …
綾辻行人「殺人鬼」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101386 …
が面白いと思った。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わざわざURLまでありがとうございます!(^∀^)

お礼日時:2006/07/10 10:49

No.1です。


池井戸 潤 『BT’63』はどうでしょう。
二階堂黎人の世界一長い推理小説『人狼城の恐怖』などは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

2度もありがとうございます!
まだ読んでないです!まだまだ面白いミステリーがあると思うとわくわくしますね(^∀^)

お礼日時:2006/07/07 19:14

斉藤栄さんの"日美子"シリーズはもう読まれましたか?


タロットカードで事件を推理する日美子という女性が主人公です。
裏表紙の梗概を読んで占いを取り入れるんじゃすぐに犯人など見つかるのではと思いましたが、タロットカードの抽象的なメッセージのために犯人を特定できない。
なかなか着想の面白い小説です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
まだ読んでないです!(^∀^)

お礼日時:2006/07/07 19:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q女性作家で、ミステリー小説教えてください。好きな作家は真梨さちこ、桐野なつき、春口裕子、です。人間関

女性作家で、ミステリー小説教えてください。好きな作家は真梨さちこ、桐野なつき、春口裕子、です。人間関係ボロボロなどが、いいです。よろしくお願いします

Aベストアンサー

湊かなえ

Q恩田陸がすきな私に

こんばんは。
タイトルの通り、恩田陸がすきな者なのですが、
ほとんど恩田陸の本を制してしまったため、読む本が見つかりません。
似たような…といいますか、あんな雰囲気(神秘的といいますか)の
小説を求めています。
下記を参考に、教えてください。

恩田陸ですきな本
*麦の海に沈む果実
*黒と茶の幻想
*三月は深き紅の淵を

Aベストアンサー

このジャンルでは、恩田陸さんは第一人者だろうと思いますー。
No.3の方がおすすめされている恒川光太郎さんの作品は私もおすすめです。
他には、辻村深月さんがおすすめです。少し怖めの話であれば「冷たい校舎の時は止まる」(上中下)(講談社ノベルス)、すこしぬるめな方向であれば「凍りのくじら」(講談社ノベルス)がおすすめです。恩田陸さんの、特に青春ぽい話に近い雰囲気の話を書く方だなあと最近思っています。落ちをきっちりつけるところも似ているなと思います。
また、ライトノベルレーベルでもOKであれば「侵略する少女と嘘の庭」(清水マリ子・MF文庫J)がおすすめです。「嘘」という言葉で定義されることの面白さにはまりました。ちょっと不思議な要素あり、でも不思議な世界にいきっぱなしではない、この世界で生きていくやり方を探している、というような意味で似通っているかと思います。

Q北村薫のベッキーさんシリーズのような本を

北村薫氏のベッキーさんシリーズを最近読了したのですが、素敵な登場人物と衝撃的な結末にすごく引き込まれました。

ベッキーさんシリーズのような本が他にもあるならぜひ読みたいと思うのですが、皆様オススメのご本がありましたら教えてください!

シリーズで特に引き込まれた要素は、素敵な作品なのであげるとキリが無いのですが
嫌味の無い上流階級の生活 メインの登場人物が皆素敵 あまり人が死ななかった シリーズ物だった(好きな登場人物達を長く見ていられる!) しっかりした時代考証が素敵! 骨太! などなどです。

べつにこれらの要素に該当していなくても結構ですので、皆様オススメのシリーズがあったらぜひ教えてください!

Aベストアンサー

komainu207さん、こんにちは。

 ベッキーさんシリーズは直木賞を獲ったこともあって有名ですね。でも、私的には「円紫さんと私シリーズ」の方が好みです。

 『空飛ぶ馬』『冬の蝉』『六の宮の姫君』など 北村薫 東京創元社
 特に冬の蝉の表題作は傑作です。

 同じ創元推理文庫から

『名探偵に薔薇を』    城平京
『孤島パズル』      有栖川有栖
『パーフェクト・ブルー』 宮部みゆき

 もう一人加納朋子の

「駒子と瀬尾さんシリーズ」の『ななつのこ』『魔法飛行』『スペース』
 日常の謎系で安心して読めますよ。

 とりあえずこのへんで。
 

Q恩田陸さんの小説で・・・

恩田陸さんの小説「ユージニア」を読まれた方々の感想をぜひお聞きしたいです。
 よろしくお願いします。
 (恩田陸さんのほかの作品でも結構ですので、ぜひお願いします)

Aベストアンサー

「ユージニア」読みましたよ!
最後が、ちょっと微妙でした。
でも、なんだか恩田さんらしいなぁと思いました。
すいません。うまく表現できません(^^;)

私としては、光の帝国、「三月は・・・」、ドミノ、木曜組曲が大好きです♪

Q恩田陸に似た小説

こんばんは。
最近、恩田陸さんの小説にハマっています。
恩田陸さんの書く、学園モノでどこか不気味な話が大好きです。
このような雰囲気の小説、他にありますか?
オススメなものがありましたら、教えて頂けると嬉しいです。
ご回答お願いします。

Aベストアンサー

「月のさなぎ」(石野晶・新潮社)幼い頃から隔離されて育つ「月童子」たちには性別がなく、18で性別を得ると「成人」したとしてこの学園を去っていく。月童子たちの憧れの対象である空と薄荷は、それぞれに恋を知り、「大人」になっていくのか……。
「あなたに贈るキス」(近藤史恵・PHP研究所/理論社ミステリーYA!)
唇同士のキスが禁止された世界。憧れていた先輩が、「キス」をしていた!?真実を探ることは、彼女にとって本当によいことなのか……。
「新世界より」(貴志祐介・講談社文庫)現代の世界がいったん滅び、「呪力」を使うこどもたちの住む街が舞台。早季たち五人の班は、彼らだけで遠出した際に不思議な生物に出会う。それが、幸せなこども時代の終焉だとも知らずに……。
「青年のための読書クラブ」(桜庭一樹・新潮社)女学生たちの集う、聖マリアナ学園の「読書クラブ」には代々変人が巣を作りやすく、名もなき女学生「ぼく」が残した「クラブ誌」には、その歴史が残されていた。
「倒立する塔の殺人」(皆川博子・理論社)終戦間近~終戦直後の、女学校に通う女子学生たちを描いた作品。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報