ロスレス形式が出てきて、非常に悩むのですが、僕はsonyのユーザーなので、ATRACのロスレスが選択できるのですが、これにすると、sony製品ぐらいにしか使えないので、もっぱらmp3で圧縮しています。onkyoでも24bit96khzのダウンロードサービスを始めたりしていて興味深いし、gigabeat S30では、H2Cという欠落部補償技術で圧縮技術で欠落する16khz以上の高温を作り出す技術をフォローし始めたし、この流れを支持したいと思っているのですが、
 現在は、どの形式で圧縮するか非常に悩むところです。mp3でもロスレス形式があるのですかね?
 前述したように、僕の環境ではATRACのロスレス形式が一番現実的なのですが、汎用性を考えるとmp3にという感じです。

 皆さんはどうしているか、どうしようかと考えているか、よかったら聞かせてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

No3,No4です。



お金を掛けずに、ソフトや設定その他で音質を改善したい、今あるものを活かしたいと思っているので、
最新のサービス、高価な機種などにはあまり興味(関心)はないです。
2000円のUSBスピーカーのヘッドホン出力でも問題に感じませんし。。
(そのUSB出力をASIO4ALLでASIO化して、Lilithで再生しています。気休めになるかならないか程度ですが。)

MP3などで圧縮しても、ある程度以上のビットレートならば全く劣化を感じないのは、
大きな音の下で鳴っている音はマスキングされて全く感じることができないという耳の特徴を利用しています。
>>24bit96khzのダウンロードサービス<<も、全く感じない音域をふんだんに含んだとして音が良いことにはならないと思います。
耳が16bit44.1KHzと区別できないのなら音の違いはないのです。
24bit化することで、ダイナミックレンジが96db→144dbとなるので、クリッピングを抑える効果程度はあるとは思われますが。

高域の重要性ですが、16KHz程度以上の高域を聞き取れる人でも、
音楽として聞く場合は可聴領域の大きな音のほうが勝ってしまって聞き取ることは困難では。
>>24bit96khz<<というのは、重いだけで使い勝手が悪いだけな気がします。

http://www.iriver.co.jp/community/userforum.php? …
ここでやり取りされていますが、高域がどれほど重要かABXテストをしてみるのがいいのでは。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ちょっと時間ができたんで、やっとURLを見ることができました。う~ん、凝ってますね。情報量の多さに圧倒されました。この道の奥深さを感じました。

 ABXテストなどのブラインドテストはしていないのですが、同じスピーカーで、CDとクレードルを介して携帯音楽プレイヤーのmp3やATRACを聴いてるのですが、その環境では音質の差を感じることがあると思っていますが、その差も錯覚ということなんですよね。
 昔、レーコードからCDに移行したときの違和感はノイズのせいということなんでしょうか。
 う~ん、なるほどです。

 PCの特性を生かすとすれば、CDイメージを取り込んだほうが正解という感じがしました。
 う~ん、しかし、今の僕の環境では取り込みに時間がかかりすぎるように思うので、当分は、mp3の128khzで取り込むことになりそうです(EACのLAMEエンコーダーでは、僕の環境では、時間がかかりすぎるのです)。ロスレスもデスクトップで聞くことの少ない僕にはあまり現時点では現実的でない選択のようにやってみて感じました。
 新しいPCを手に入れ、自分専用で使えるようにならないとちょっと難しいですが、非常に今後の参考になりました。長い間お付き合いいただいてありがとうございました。

お礼日時:2006/07/16 00:11

EACで作成するCDイメージなら、CDの構成をそのまま残せる上に、単に一つのWAVファイルなので、可逆圧縮で保存することもできるということです。


構成が異なってしまうというのは、簡単に書くと曲間をどれだけ空けるかなどのインデックスの情報です。
(CD-Rに戻さない、曲間などは別に気にしないなら別にこの方法でなくても構わないかもしれません。)

ロスレス圧縮したCDイメージをWAVに戻せば、DAEMONToolsでマウントして好きなソフトで取り込みし直したりといったことが容易です。
WAVなどのファイルからは取り込めないソフトもかなりありますが、CDイメージならばどのソフトからも取り込みできるということで、「後悔する」ことがありません。

CDイメージをロスレスで圧縮したものは、「ライブラリに登録して楽しむ」ということは難しくなります。
こういう考えもある、私はこうしているという意味での投稿なので、以前の投稿では参考URLを貼らずに回答しました。
自身が求めるものに合う方法を選ばれるのがベストだと思います。

私の場合は単に、Lilithが好きというだけなのかもしれませんが。

http://anonymousriver.hp.infoseek.co.jp/
http://anonymousriver.hp.infoseek.co.jp/Artifact …
この方のサイトを読んで、CDイメージをロスレスで圧縮という結論に辿り着きました。
レンタルなどは利用しないので、特に気に入ったものだけをロスレス(最近はWavPack)で取り込んでいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

僕の後半部の質問に答えてくれたんですね。
 PCらしい、各個人それぞれの楽しみ方のひとつですね。非常に面白い話が聞けました。僕は、初心者なので、EACぐらいしか知らなかったのですが、いろんなツールを駆使してておもしろそうです。

 曲間は気になりますよね。これは何とかならないかなぁと思っていたのですが、このような方法があるとはという感じです。

 時間がなくてURLはまだ見れてないんですが、とても興味深いです。楽しみです。

 ONKYOでは、現況のPCで再現できる音レベルを超えた音質を再現できるPCをリリースするようですが、こちらの方に興味はおありでしょうか?
 僕もONKYOの音楽ダウンロードで一曲ダウンロードしたのですが、PC環境も悪いし、スピーカーも悪いので、あまり良さがわかりませんでした。少し。少しだけいいかなと思ったぐらいです。

 時間があれば、これに対してどう思っているか聞かせてもらえませんか?

お礼日時:2006/07/11 01:35

ロスレスコーデックは、Monkey's Audio、FLAC、WavPackが定番で、WMAロスレス、Appleロスレス、AALは意味がないと思います。


(AALは他形式に変換できないのでは?SONYが用意したものには変換できそうですが。)

※Monkey's Audioは高圧縮で人気があります。デコードが遅いのがデメリットです。
※FLACは、圧縮率ではMonkey's Audioに負けますが、デコード速度が速い、一部の携帯プレーヤーは対応。
※WavPackはAALと似た技術ですが、可逆と非可逆を組み合わせるより、
可逆のみを使うことが多いような気がします。エンコードとデコードがかなり速いです。

EACで作成したCDイメージをロスレスで圧縮するという方法でなければ、バックアップにもならないので無意味です。
普通にロスレスコーデックを使ってもHDD容量を食うだけですし、後でCDに焼く時こうと思っても元のCDの構成を無視することになります。

現実的な選択肢は、EACで作成したCDイメージをロスレス圧縮、別にMP3でも圧縮という方法でしょう。
圧縮したCDイメージは、foobar2000やACDIRで直接MP3などに変換できるし、
WAVに戻してDAEMONToolsでマウントさせればCDと同じように認識します。
(最新のDAEMONToolsは、スパイウェア付きなので、インストール時に外す必要がありますが。)
※作成したCDイメージはfoobar2000やSoundPlayer Lilithで再生可能です。
WavPackをLilithで再生させたい場合は、オンラインアップデートを行ったうえでWavPackのDirectShow Filterが必要になります。
Lilithでも、Ogg VorbisやWMAに変換でき、lame.exeと組み合わせることでMP3にも変換できます。
この方法で圧縮したCDイメージの再生には、Lilithを使用しています。
MP3エンコーダーはLAME以外は考えないほうがいいと思いますし。

この回答への補足

 少しわかりました(汗)。EACでCDイメージ作成するのですか。そんな使い方があるとは思いませんでした。LAMEは、使っています。CCCDをEACで取り込むときに使っていますが、そんなに色々使えるとは知りませんでした。
 Monkey's Audio、FLAC、WavPackが定番というのはデスクトップで聞く場合にということでいいんでしょうか?FLACは携帯プレイヤーに対応してるものがあるんですね。なるほど。

>EACで作成したCDイメージをロスレスで圧縮するという方法でなければ、バックアップにもならないので無意味です。
普通にロスレスコーデックを使ってもHDD容量を食うだけですし、後でCDに焼く時こうと思っても元のCDの構成を無視することになります。

 これが一番わからなかったのですが、よければ、もう少し詳しく教えてもらえないでしょうか。お願いします。

補足日時:2006/07/09 02:20
    • good
    • 0

sonyユーザーならATRAC Advanced Losslessは現実的に良い選択肢です。


メリットとして、sony製品(ウォークマン…A608など)との相性が良いことがあげられます。連続再生時間がmp3、WMAよりatracのほうが長い(=音が良い)。

その他ソニエリの携帯(w42s)への転送にも有利です。

将来他社製品に乗り換えたら、ATRACのロスレスから音質劣化なしでMP3を作ればOK。

デメリットはCDからATRAC Advanced Lossless形式のファイルを作成するのに、mp3などの非可逆圧縮より時間がかかることぐらい。

ロスレスファイルにふくまれる可逆圧縮部分を切り離して、ポータブルプレイヤーへ転送するという原理が分かりにくいのも弱点かも。

他のロスレス形式だと、1曲に付きロスレスファイルとポータブルプレイヤーへの転送用にサイズの小さな非可逆の音楽ファイルを別に用意する必要があります。

ATRACのロスレスだと1曲に付き1AALファイルでOK.

一度AALでエンコードしとけば、可逆と非可逆のメリットを同時に享受でき一粒で二度おいしいのです。


ATRAC Advanced Losslessの特徴
http://www.sony.co.jp/Products/ATRAC3/tech/aal.h …

この回答への補足

  下の方の言うとおり、AALからmp3の変換には音質劣化がないんですか!それはいいですね!
 sonyユーザーにとっては、メリットは高いですね。可逆圧縮ファイルと皮下逆圧縮ファイルの二つを用意しなくてもいいというのも利用価値が高いですね。
 なるほどです。

補足日時:2006/07/09 02:15
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 現状、sonyのNW-A3000では、ロスレスどころかmp3の128khz以上の音質を転送できないようなので、デスクトップで聞くことの少なく、少ない時間で目的を達しなければいけない現状では、ロスレス圧縮は必要がないという感じで収まっています(PCも古いので)。
 参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2006/07/16 00:16

とりあえずAAL(アトラックアドバンスドロスレス)で録音しておいて、後でよい規格に見当をつけたら再変換、でいいんじゃないですか?



変換を繰り返すと酷い音になりますが、AALは理論上は全く音質劣化しないはずなので…
どうでしょうか。

この回答への補足

再変換しても音質劣化しないなら、その方法がよい選択ですよね。でも、ちょっと、その確信が得られるまでは厳しいかな。
sonyさんのサイトも見てたんですが、説明が足りないかな、よくわからないですね。

補足日時:2006/07/09 02:06
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 現状では少ない時間で携帯音楽プレイヤーに転送までしなければいけないので、PCも古いこともあり、ロスレス圧縮はあまり現実味のない選択というかんじになりました。
 参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2006/07/16 00:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QSONYのAtrac形式

一応過去の投稿で同じようなものを探しましたが、見つからなかったので投稿しました。
もしも過去のものとかぶっていたら申し訳ありませんm(__)m
 で、質問なのですが、今、ipodとNW-HD3のどちらを買うかで迷っています。もうほぼ、NW-HD3に決めています。ですが、買うのを躊躇しています。理由は、現在、CDプレイヤーを使っていて、SONYのAtrac形式でCDに焼く、という形なのですが、まれに書き込めないファイルが出てきてしまうのです。曲は、全てmp3で保存しています。NW-HD3では新しく、mp3のファイルがそのまま取り込めるといいますが、この場合でも、書き込めないことはあるのでしょうか?もし、分かる方がいれば、教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

iTunes(iPodに転送するプレーヤー)でも認識できないMP3ファイルは存在します。
このMP3不思議なことにWMPでは再生できます。

いろいろ調べても、規格のどこが違うのか不明で結局再変換することで解決できました。
「dBpower AMP Music Converter」で MP3→MP3

その他のソフトでも可能だと思います。
午後のコーダー MP-3→WAV→MP3

取り込めなかったファイルを一度試してみてはどうでしょうか?

参考URL:http://f44.aaa.livedoor.jp/~pcdoctor/troblemedia.htm

QMDとMP3 / ATRACからMP3への変換・録音時の音質・倍速再生

録音機能付きのポータブルプレーヤーの購入で迷っています。
Hi-MDにするか、MP3プレーヤーにするか。。
主な使用用途は講義の録音&倍速再生です。

直接マイクを使い講義を録音する方法以外にも、ビデオ講義の場合はイヤホンジャックまたは外部出力端子?(赤と白の差込口があるところです)からの録音も考えています。

質問:1
ATRAC3またはATRAC3plusからMP3への変換は可能なのでしょうか?

なぜこんな面倒な事を考えているかというと、MP3だとフリーウェア(または安価なシェアウェア)で簡単に4倍速再生が行えると聞いたので、ATRACからMP3への変換が可能であればそれらのソフトで4倍速再生等を試してみたいと考えています。

質問:2
録音機能付きのMP3プレーヤーとMDでは録音時の音質はどちらの方が優れているのでしょうか?
倍速再生を考えていますので、出来るだけ音質が良いモノと考えています。
ビットレートは256kbpsか128kbps(ATRAC3は128kが無いので132kです)あたりで録音してみようと思っています。

質問:3
倍速再生機能付きのMP3プレーヤーはあるのでしょうか?
倍速再生機能と録音機能が付いたMP3プレーヤーがあればPCで扱う事を考えると非常に便利なので、これがあるとHi-MDよりもMP3プレーヤーの方が良いかなぁとも思っています。

質問が多くなってしまいましたが宜しくお願いします。m(__ __)m

録音機能付きのポータブルプレーヤーの購入で迷っています。
Hi-MDにするか、MP3プレーヤーにするか。。
主な使用用途は講義の録音&倍速再生です。

直接マイクを使い講義を録音する方法以外にも、ビデオ講義の場合はイヤホンジャックまたは外部出力端子?(赤と白の差込口があるところです)からの録音も考えています。

質問:1
ATRAC3またはATRAC3plusからMP3への変換は可能なのでしょうか?

なぜこんな面倒な事を考えているかというと、MP3だとフリーウェア(または安価なシェアウェア)で簡単に4倍...続きを読む

Aベストアンサー

 そういう使用目的がはっきりしているのであれば、MP3 形式で録音するICレコーダーをお勧めします。(あるいは、WMA 形式で録音しても、MP3 に変換機能のあるもの、ないし、自分で変換できる場合は問題なし。)

 録音では、外部マイクを接続してステレオ録音することをお勧めします。ステレオで録音すると、講義している人の音声が他の雑音と明確に分離されるので、聞き取りやすくなるからです。

 私自身は、音楽を聴く場合には、Apple iPod Photo 60 GB を使い、講義の録音等では Olympus Voice Trek DM-20 を使っています。Olympus Voice Trek DM-20 は WMA 形式でファイルを保存しますが、それを附属のソフトで AIFF に変換し、それを別のソフトでさらに MP3 に変換して、必要な場合には、iPod に取り込んで使っています。

 恐らく、-kabuki- さんは、1台の機器で全てを賄ってしまいたいとお考えなのだと思いますが、場合によっては割切って、それぞれの専用機器を使った方が、より快適でかつ便利に使えると思います。いずれにせよ、ATRAC3 を使っている機器は避けた方が無難かと...。

 そういう使用目的がはっきりしているのであれば、MP3 形式で録音するICレコーダーをお勧めします。(あるいは、WMA 形式で録音しても、MP3 に変換機能のあるもの、ないし、自分で変換できる場合は問題なし。)

 録音では、外部マイクを接続してステレオ録音することをお勧めします。ステレオで録音すると、講義している人の音声が他の雑音と明確に分離されるので、聞き取りやすくなるからです。

 私自身は、音楽を聴く場合には、Apple iPod Photo 60 GB を使い、講義の録音等では Olympus Voice Trek ...続きを読む

Q可逆圧縮と非可逆圧縮の再エンコード ATRAC

音声ファイル"ATRAC3Plus"と"ATRAC Advanced lossless"を同じソフトでwav形式に戻そうと思っています。
ATRAC(64kbps)をWAV(1411kbps) を戻すことはできません。←これはわかっています。

ATRAC Advanced lossless(64kbps)をWAV(1411kbps)に戻すことはできますか?
できないと思いますが、確認のためお聞きさせていただきました。

また、ビットレートの差が出やすい音楽とはどういったものがあるのでしょうか?
激しいものかゆったりとしたものか 歌詞有か歌詞無か 高音(もしくは低音)の多い曲がいいか
もしあればお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして♪

CDフォーマットの、サンプリング周波数44.1kHz/サンプリングビット数16Bitの音源ならば、無圧縮データが1411kbpsに相当します。
(44.1kHz×16Bit×2chですからね。)
データ量、kbpsで考えた場合は、wav形式ならば、このように成ります。

本来のデータと同じか? 
と言うと、非可逆圧縮方式は一部を切り捨ててしまっているので、データ量が同じでも、データ内用は違う、と言う事になります。

ATRACを扱えるソフトは限られていますが、その中に音楽形式のCDに焼く事が出来る物グァ合ったと記憶します。
この機能を利用すれば、素直に無圧縮データ化が可能です。
私の知識内では、直接ファイルに変換出来たかどうかまでは、残念ながら存じません。

ATRACにしろMP3にしろAACにしろ、圧縮時に大きくデータを省略するのは、非常に広い退位に来わたって複雑な波形を持つ信号部分です。
多くの音源(声や楽器)などが、一斉に大音量に成った時は、細かい音や小さい音はマスキング効果が大きく、その分をより多く省略します。

これらは、あくまでもエンコード時に発生します。
デコード、つまり再生時や無圧縮への変換という部分では、基本的には影響が無い。
(とは言うモノの、オーディオとは不思議な物で、電源コードを換えても音の印象が変わる事が有る、このため、再生ソフトや展開ソフトに依っても影響が全く無いとは言い切れません、が、、、、)

無圧縮データは、音が有ってもも無くても、一定量のデータが必用に成ります。
実際の音データに影響が出ないように圧縮展開するのが、可逆圧縮方式で、ATRAC Advanced losslessも、Appleロスレスとか、フリーロスレスオーディオコーディック(FLAC)などは、高い圧縮率は期待出来にくいが、元のデータに完全復元が可能という物です。
このため、ロスレス方式は基本的に圧縮後の平均ビットレートを指定しません。
(これは、切り捨てをしないから、音源によりビットレートが大きく変動するからですよ。)

なお、ATRAC Advanced losslessの場合は、通常の非可逆圧縮、ATRAC3等のデータと、間引いたデータを別に持ち合せて、再生時に組み合わせ展開する事で、高い圧縮率とロスレス環境を実現しています。このため、未対応の再生ソフトでは通常の非可逆圧縮というATRAC方式とも互換性を持たせているそうです。
パソコン等にはATRAC Advanced losslessで、メモリースティックやメモリーWalkManにはATRAC3PlusやATRAC3等の部分だけを転送することで、素早い転送と容量節約も可能と言う、SONY独自の欲張った仕様です。

非可逆圧縮に変換するたびに、データを間引いてしまいます。
同じ方式の、上位のフォーマットに変換しても、データ量は増えますが、データの内容は削られて行きますので、非可逆圧縮は出来るだけ変換せずに楽しんだ方が、理論的には好ましいと言えるでしょう。

MDが元気だった時代では、アメリカのSONYサイトでいろいろ便利なソフトも公開されていたそうです。

はじめまして♪

CDフォーマットの、サンプリング周波数44.1kHz/サンプリングビット数16Bitの音源ならば、無圧縮データが1411kbpsに相当します。
(44.1kHz×16Bit×2chですからね。)
データ量、kbpsで考えた場合は、wav形式ならば、このように成ります。

本来のデータと同じか? 
と言うと、非可逆圧縮方式は一部を切り捨ててしまっているので、データ量が同じでも、データ内用は違う、と言う事になります。

ATRACを扱えるソフトは限られていますが、その中に音楽形式のCDに焼く事が出来る物グァ合ったと記憶し...続きを読む

Q今、現在ロスレスで曲をインポートしていますが、ロスレス⇒WAVの変換は

今、現在ロスレスで曲をインポートしていますが、ロスレス⇒WAVの変換は劣化なしなんですよね?
調べていると音質が WAV>ロスレスというサイトがいくつかあるんですが、もしこれが本当ならロスレスをWAVに変換すると音質が向上するんでしょうか?
また、WAVとロスレスを聞きわけるとWAVの方が奇麗に聞こえるような気がすることがあるんですが、これは単に意識しているからでしょうか?

Aベストアンサー

通常は、携帯プレーヤーの中で、ロスレスからWAVに戻していますので、音質に差はないはずですが、
ロスレスですとロスレスからWAVに戻すと言う工程がWAV直接入力に比べると増えているので、
その変換の際にビットが化けたりなんてことも考えられると思います。また、変換のためのビット処理
も増えるため電力も余分に使い、バッテリーが早く消費されます。
MP3とWAVでは、明らかな音質の差を感じます。高域補完機能付きのプレーヤーであれば、差は
さほど感じなくなります。ウォークマンの音質が勝るとよく言われるのも、この高域補完機能あたりに
勝因があるように思います。MP3などは16KHz以上はカットされており、近年オーディオマニア
では、20KHz以上の音も、たいへん重視しています。

Qロスレス圧縮に対応した携帯プレイヤーは、無いのが実情ですか?

 WMA可逆圧縮は、WMPが抱き合わせになっている以上、よく使われる形式です。
 また、仕様が非公開というのが難ですが、アップル・ロスレスも魅力的なフォーマットです。

 これら二つの形式を再生できる携帯プレイヤーは、2005年夏の時点の調査では、存在しなかったのですが、今時点では出てきているのでしょうか?

 もしご存じであればお教えくださると助かります。

 それとも、WMAをアップルロスレスへエンコードできるソフトなどがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

Ogg Vorbis aoTuVは、非可逆圧縮のエンコーダーの中で最も音質がいいと言われています。
耳がいいと言われている人がbeta4で行ったテスト(平均180kbps)でも、殆ど問題はないという結果が出ています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/AoTuV
http://www.hydrogenaudio.org/forums/index.php?showtopic=36465
(私自身、表の見方がよく分かっていませんが。このテストをすること自体が難しく面倒です。)

※Ogg VorbisはCPUへの負荷が高く、電池消費が多いと言われているのが欠点です。

非可逆圧縮のオーディオフォーマットに興味があるのならここを読むことをおすすめします。
http://anonymousriver.hp.infoseek.co.jp/
http://anonymousriver.hp.infoseek.co.jp/Audio-Codecs.html
http://anonymousriver.hp.infoseek.co.jp/#20060201-1
(私がごちゃごちゃ書くより参考になると思います。私の「意見」は、単にここのサイトの情報の受け売りです。。)

Ogg Vorbisを試す方法はいくつかありますが、Ogg Vorbis高速化プロジェクトさんのサイトにあるoggdropXPdなら、WAVファイルから簡単に作成できます。
CDex経由の場合は「Dynamic Library」をダウンロードして解凍し、CDex.exeのある場所に置きます。(CDexに既に入っているものと置き換える。)

EACの場合は説明が面倒なので、AnonymousRiver Site説明を読んでみてください。
http://anonymousriver.hp.infoseek.co.jp/CD-rippers.html#EAC_OggVorbis
(通常は使いませんが-q4.25のような設定で使いたい場合は設定を変えないといけません。)

Ogg Vorbis高速化プロジェクト
http://homepage3.nifty.com/blacksword/
(CPUのタイプに合ったものをダウンロードしてください。SSE非対応のCPUでは使用不能です。)

※Lancerは、aoTuV beta4.51と音質的な差はないといわれています。
高速化版は、今現在Lancer 20060722となっていることからも分かるように頻繁に更新されています。

Ogg Vorbis aoTuVは、非可逆圧縮のエンコーダーの中で最も音質がいいと言われています。
耳がいいと言われている人がbeta4で行ったテスト(平均180kbps)でも、殆ど問題はないという結果が出ています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/AoTuV
http://www.hydrogenaudio.org/forums/index.php?showtopic=36465
(私自身、表の見方がよく分かっていませんが。このテストをすること自体が難しく面倒です。)

※Ogg VorbisはCPUへの負荷が高く、電池消費が多いと言われているのが欠点です。

非可逆圧縮のオーデ...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報