教育学部の大学生です。
後期に小学校の社会の模擬授業をするのですが、私のグループは第1,2次世界大戦について取り上げるつもりです。それには必ずフィールドワークを盛り込まなくては行けなくて、平和資料館のようなものがあればそこに行きたいと考えています。
しかし、東京に長崎や広島にあるような大きな資料館があるとは聞いたことないし、どこに行けば戦争に関する詳しい話が聞けるかしょっぱなから躓いています。どこか、平和資料館があれば詳しく教えてください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

おはようございます。



前の方々に取られちゃったな(笑)。

★女たちの戦争と平和資料館(高田馬場)
http://www.wam-peace.org/

さて、以降は
我田引水の感がありますが、
★川崎市にもあります。東横線元住吉徒歩5分くらいでしょうか。無料です。
http://www.city.kawasaki.jp/25/25heiwa/home/heiw …

大所を忘れていた、ということで
★江戸東京博物館
http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/

行ったところが殆どなので、お奨め(東京ではないけれど)。

後はヤフーかなぁ。
http://dir.yahoo.co.jp/Arts/Humanities/History/J …

ごさんこうまで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
川崎には、正式な平和資料館があるのですね。学校は神奈川にあるんで一度行ってみたいと思います。
江戸東京博物館にも戦争に関する展示があるのですか?

お礼日時:2006/07/12 12:03

在京の被爆者を支援する「東友会」(東京都被爆者団体協議会)では、


被爆者のお話を直接伺うことが出来ると思います。
写真資料も所蔵なさっていたと記憶しています。
先ずは、メールで伺ってみたら如何でしょうか?

参考URL:http://www4.ocn.ne.jp/~t-hibaku/frame1.htm
    • good
    • 0

#4です。



>江戸東京博物館に戦争展示があるか?
●⇒⇒⇒⇒あります。常設展示です。↓
http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/about/josetsu/ …

「平和資料館」という切り口でなく、「大空襲」にすると下町、とりわけ墨田・江東あたりは色々ありますね。
例えば江東区↓。
http://www.city.koto.lg.jp/sisetsu/chu/59.html
東京復興記念館
http://www.seikatubunka.metro.tokyo.jp/index5fil …
http://maskweb.jp/b_shinsai_1_1.html

ご参考まで。
    • good
    • 0

No.3です。



>遊就館も、靖国神社の近くにあるらしいのですが、それとはまた違う資料館なのでしょうか?

遊就館は靖国神社の一部です。
軍事分野の歴史博物館です。詳細はこちら↓
http://www.yasukuni.jp/~yusyukan/index.html

「しょうけい館」は靖国神社の近辺にはありますが、軍事資料館というものではなく、実際に戦争で怪我や病気をされて帰ってこられた方に関して、実物資料の展示や情景展示、証言映像等を集めた資料館です。
この「しょうけい館」は、財)日本傷痍軍人会という団体が厚生労働省から委託を受け運営している施設です。
    • good
    • 0

中野区の平和の森公園に名称は定かでないですが、「中野区平和記念館」があって、小さいですが、区が第2次大戦で受けた被害を展示しています。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
皆さんが情報を提供してくださったおかげで、模擬授業の資料も何とかなりそうです。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/07/12 12:06

○東京大空襲・戦災資料センター


 「東京大空襲を記録する会」による民間の資料センター。長期にわたる活動の成果を集めているので、信頼できると思います。作家の早乙女勝元氏が館長。
http://www9.ocn.ne.jp/~sensai/index.html

○第五福竜丸展示館
 第二次世界大戦以後の事件(ビキニ環礁におけるアメリカの水爆実験で日本の漁船が被爆した事件)に関する施設ですが、参考までに。東京都立で、内容にも定評があります。
http://d5f.org/top.htm

 お役にたてば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おお~!回答ありがとうございます。
東京といったら大空襲ですよね。よかった、それに関する資料館もちゃんとあるのですね。ぜひ行ってみたいと思います。

お礼日時:2006/07/12 12:04

靖国神社の近くに「しょうけい館」という所があります。

(入館料は無料です。)
戦傷病者の方についての資料が展示されています。
広島の資料館のように、大きなところではありませんが、野戦病院の様子を再現した人形があったり、体験談などが上映されていたりと、いろいろと参考になると思います。
この資料館は戦時中のことだけでなく、戦後における戦傷病者の方の様々な苦労についても触れられています。
今は、傷痍(しょうい)軍人である漫画家の「水木しげる」さんの企画展を行っており、水木さんが書かれた激戦地の様子の絵なども展示されています。


また、近くに「昭和館」という所もあります。
こちらは、戦争のことだけではありませんが、参考までに。
http://www.showakan.go.jp/

参考URL:http://www.shokeikan.go.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
遊就館も、靖国神社の近くにあるらしいのですが、それとはまた違う資料館なのでしょうか?
体験談が上演されているのなら、小学生に見せることができそうです。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2006/07/12 12:01

新宿住友ビルに平和祈念展示資料館があります。



参考URL:http://www.heiwa.go.jp/tenji/
    • good
    • 0

東京には平和資料館の様なものはない様です。



戦争博物館的なものは靖国神社の遊就館があります。
(参考URL)
遊就館の評価としては
http://blog.canpan.info/fukiura/archive/755
の様なものがあり使い方になるのだと思います。

参考URL:http://homepage3.nifty.com/tompei/Yuusyuukan.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
やっぱり、東京には原爆資料館っぽいのはないんですね・・・。
なるほど、靖国神社ですか。小学生に合うかはわかりませんが、視野に入れておきます。

お礼日時:2006/07/12 11:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q特攻隊の資料館

特攻という映画を観てかなり衝撃を受けています。映画の中で民家風の特攻隊の資料館があったようですが、どこでしょうか?一般人も拝観出来るのでしょうか?
また、特攻隊・戦争のの資料館教えて下さい。旅しながら巡ってみたいと思います。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2262401.htmlこちらの回答は有難く参考にさせて頂きました。

Aベストアンサー

特攻についての資料館として有名なのは、鹿児島県にある
「知覧特攻平和会館」
http://www.town.chiran.kagoshima.jp/cgi-bin/hpViewContents.cgi?pID=20041215091804
です。

また、同じく鹿児島県に
「万世特攻平和祈念館」
http://washimo-web.jp/Trip/Bansei/bansei.htm

もあります。鹿児島県にこうした資料館が二つもあるのは「沖縄戦で、多数の陸海軍の特攻機が鹿児島県の基地から沖縄に向かい、散って行ったから」です。沖縄戦の前のフィリピン戦でも航空特攻は行われましたが、フィリピンという外国でのことですから、もちろん「特攻資料館」などはフィリピンには存在しません。

鹿児島県は遠すぎるということでしたら、東京の靖国神社の中にある資料館「遊就館」にも、特攻で散華した英霊に関する展示があります。
http://www.yasukuni.jp/~yusyukan/

「特攻」という映画を見ていないので「民家風の特攻隊の資料館」のことは存じませんが、個人レベルでやっているそうした資料館が存在するのかもしれません。それについては他の方に譲ります。
# 私も映画「特攻」は是非観たいと思います。有益な情報ありがとうございました。

特攻についての資料館として有名なのは、鹿児島県にある
「知覧特攻平和会館」
http://www.town.chiran.kagoshima.jp/cgi-bin/hpViewContents.cgi?pID=20041215091804
です。

また、同じく鹿児島県に
「万世特攻平和祈念館」
http://washimo-web.jp/Trip/Bansei/bansei.htm

もあります。鹿児島県にこうした資料館が二つもあるのは「沖縄戦で、多数の陸海軍の特攻機が鹿児島県の基地から沖縄に向かい、散って行ったから」です。沖縄戦の前のフィリピン戦でも航空特攻は行われましたが、フィリピンという...続きを読む

QTDLの1日の来場者数

このようなデータって公表されているのでしょうか?
休日は混んでるとか、平日は空いているとかっていいますけど
数字で言うとどうなんでしょうか。
本当は1日というよりは平均して常時何人ぐらいの人がいるのか
知りたいのです。

この間回答を一件も頂けなくて削除した質問と関連するのですが・・・。
2/14のヴァレンタインナイトは15000枚限定ですが
15000人ってどの程度なんでしょう?
やっぱり空き空きってことはないですよねぇ。

公式なデータでなくても感覚的に分かる方いますか?

Aベストアンサー

年間の入場者数がだいたい1800万人前後ですから、単純に考えれば一日平均約5万人ですね。もちろん、5万人が朝から晩までずーっとパーク内に滞在しているわけではないでしょうから、瞬間滞在者数はもうちょっと少ないでしょう。当然、休日はもっと多く、平日は少ないでしょう。
噂ですけど、パーク内の滞在人数が6万人になったら入場制限になる、と聞いたことがあります。いちど、入場制限で2~3時間待たされたことがありますが、やっと中には入れたもののやはり混んでました。
というわけで、公式でもなんでもないですけどめちゃめちゃ混んでて6万人くらいと考えれば、15000人しかパーク内に入れないのであれば、すいていると感じられるのではないでしょうか。

Qプルトニウムの半減期について

全くの科学素人ですので出来れば小学生レベルの言葉で失礼致します。

広島・長崎に原爆が落ちましたよね。
例えばですがプルトニウムには放射能が半減するのに2万年位かかるそうです。

どうして現在広島や長崎の人は普通に暮らせるのですか?
野菜とか作って食べていらっしゃると思いますし魚介類も普通に収穫
していらっしゃいます。
大丈夫なのですか?

自分なりに調べてみたのですが「残留放射能」というのが現在では自然界にある
放射能よりも少し高いレベルのものしか検出されないとの事。

ますます疑問が膨らむばかりです。

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

#1の回答者です。

> 放射能が半減するのに2万年とはいってもその地(土)に留まるわけでなく
> プカプカと空気中を漂ったということですか?

「放射能」という用語と、「放射性物質」という用語がごっちゃになっているように思います。

「放射性物質」とは、内部で原子(放射性元素)が崩壊し、放射線を放出する性質をもった物質のことを指します。放射性物質に含まれる不安定な原子は崩壊して別な原子が生成され、最終的に安定的な原子(ほとんど崩壊を起こさない原子)にたどり着き安定します。その崩壊過程でα線、β線、γ線といった放射線を出します。

「放射能」とは、放射線を出す能力そのものを指す用語で、本来数字で表されるものではなく、物の性質を示します。よって「放射能が半減する」という文は誤解の元ですし、「放射能が土壌にとどまる」、あるいは「放射能が空気中を漂う」というのも変です。
正しく言うのであれば、数字で表されるものは「放射線の強度」や「放射性元素の数」です。また、土壌にとどまる、あるいは空気中を漂うのは「放射性物質」なのです。


で、ご質問への回答ですが、原爆の炸裂によってばらまかれた「放射性物質」は、キノコ雲に乗って成層圏まで吹き上げられ、そのまま大気中をぷかぷか漂ったり、原爆のもたらした物理的破壊によって空中に吹き飛ばされた埃に付着して地表に降り注いだりしました(死の灰、黒い雨)。地表に降り注いだ放射性物質の一部は雨水とともに土壌に染みこみ、また風で吹き飛ばされて広く拡散したことでしょう。原子のレベルではα崩壊・β崩壊によってしか放射性物質は減少しませんから、広島・長崎の原爆でばらまかれた放射性物質は、空中に吹き飛ばされようが土壌に染みこもうが、未だに地球上のどこかには存在するはずです。
ただ、α崩壊、β崩壊によって徐々に放射線を放出しながら安定化していき、長い時間の後には半減(1/2)→半減の半減(1/4)→さらに半減(1/8)と放射性元素の数は減少していくはずです(それにより放射線の強度も減少していく)。

なお、広島・長崎の爆発後に環境に放出された放射性物質の総量は、チェルノブイリ事故でそれの400分の1に過ぎなかったと言われています。元々、少量の核物質(せいぜい十数キロ)を急激に反応させて一気に破壊力を得る原爆は、その爆発の瞬間に放出される放射線こそ強力無比ですが、ウラン・プルトニウムの残り滓である各種放射性物質は大した量ではありません(燃料が十数キロだとすれば、残り滓も同程度です)。爆発時の強力な放射線照射により淡い放射能を持った爆弾の破片なども多少はあるでしょうが、強力な放射性物質はウラン・プルトニウム由来の残り滓であると考えられ、量的には決して多くないのです。
ところが大量の核燃料(何トン・何十トン)を長時間にわたって反応させ巨大なエネルギーを生む原子力発電所は、そもそも核燃料の残り滓が非常に大量に生じ、万が一の事故の際はその大量の放射性物質が外部に漏洩しますから、放射能汚染の程度で言えば原爆の比ではないでしょう。

やや蛇足かもしれませんが、広島・長崎の被爆者に放射線障害をもたらした最大の原因は爆発したその瞬間に放出された強力な放射線(主にγ線)であって、爆発後に降り注いだ放射性物質のα崩壊・β崩壊による放射線による被害は、前者に比べれば少量だった(それでも決して軽い被害ではありません。特に放射線源が体内に入った場合)と思われます。広島・長崎の残留放射能が少ないのは、死の灰が地球上に広く拡散していったというだけでなく、そもそも飛び散った放射性物質の総量がもともとそれ程多くなく、汚染は比較的小規模だったということが理由としてあげられるでしょう。

チェルノブイリの場合、爆発の規模は広島・長崎に比べ遙かに穏やかでしたが、爆発によって飛び散った放射性物質の総量は広島・長崎より遙かに多かったでした。よって、土壌は広い範囲で深刻に汚染され、また風によって近隣諸国にまで運ばれた大量の死の灰の影響は、今後広島・長崎よりも遙かに長期間、あの地域を悩ませるはずです。

#1の回答者です。

> 放射能が半減するのに2万年とはいってもその地(土)に留まるわけでなく
> プカプカと空気中を漂ったということですか?

「放射能」という用語と、「放射性物質」という用語がごっちゃになっているように思います。

「放射性物質」とは、内部で原子(放射性元素)が崩壊し、放射線を放出する性質をもった物質のことを指します。放射性物質に含まれる不安定な原子は崩壊して別な原子が生成され、最終的に安定的な原子(ほとんど崩壊を起こさない原子)にたどり着き安定します。その崩...続きを読む

Q研修医 レジデント フェロー の違い

研修医 レジデント フェロー の違い

こんにちは、とても無知でお恥ずかしいのですが、知恵を貸してください。
日本の病院でいう【研修医】【レジデント】【フェロー】とは
どういう方たちのことを指すのでしょうか?

Aベストアンサー

はっきりと統一された定義はありません。各病院がそれぞれで決めた呼び方です。
全国的に統一されているのは、医師免許取得後の2年間、臨床の現場でいろいろな科をまわりながら医療業務全般について研鑽を積む期間が「初期研修医」ということだけです。
医師免許取得後3~5年目までの3年間は、それぞれが自分の希望する診療科に所属して専門の研鑽を積みますので、この期間を「後期研修医」としている施設もあります。
さらに、「後期研修医」をジュニア、6~8年目あたりを「シニア」と称して上意下達のシステムを作っている病院もあります。
「研修医」という響きの悪さなどから「レジデント」と称している施設もありますが、初期研修医をそう呼ぶ施設、後期研修医をそう呼ぶ施設、全部ひっくるめて「レジデント」な施設など、様々です。
「フェロー」については少し意味合いが違うと思います。あくまで他の医療機関に籍をおいており、研究や臨床経験の向上のために別の病院に出向しているスタッフを「フェロー」と呼ぶことが多いと思いますが、これも施設間により定義が異なります。

Q広島長崎の放射能は、どうして消えた??

 長崎広島に原爆が落とされたとき、放射能で30年は荒れ地になるだろうと言われた。しかし、今や完全に復興しているし、土地に放射物質が残っているという話も聞かない。
 今、福島第一原発の事で、放射能もれが話題となっている。農作物の作付け制限も話題となっているし、海も汚染されている。先行き見通しが立ちづらい状況である。
 そこで、放射物質の半減期以前に放射線がなくなった?? のはなぜかと思いました。

Aベストアンサー

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1392047.html

こちらの回答がわかりやすいかと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報