ダイオードの静特性の実験で順方向電圧と逆方向電圧に別々に分けて実験してるんですけどなぜそのような必要性があるのでしょう?

A 回答 (2件)

電圧計と電流計を繋ぐ位置を順方向と逆方向で変えるのはなぜか?という質問ですよね。

順方向ではダイオードと電圧計を並列に接続した後、これらと直列に電流計を接続し(接続A)、逆方向ではダイオードと電流計を直列に接続した後、これらと並列に電圧計を接続するわけです(接続B)。

順方向ではダイオードは抵抗が小さいので、電圧計を流れる電流は無視でき、接続Aでいいわけですが、逆方向では抵抗が電圧計の内部抵抗に比べて無視できなくなり(場合によっては大きくなり)、電圧計を流れる電流が無視できなくなるので接続Bで測るわけです。

また、順方向で接続Bで測定を行うと、ダイオードの抵抗が小さいので、電流計での電圧降下が無視できなくなり、まずいわけです。

電圧計の内部抵抗は大きく、電流計のそれは小さいことを考えると、低抵抗測定では「電流を流して電圧を測る」のが良く、高抵抗測定では「電圧をかけて電流を測る」方が良いことがわかるかと思います。

要するに、No1.の方がおっしゃるように、ダイオードは順方向と逆方向で抵抗がべらぼうに違うので、繋ぎ方を変えないといけないということです。
    • good
    • 0

ダイオードは、順方向と逆方向で性質が違うので


電流を片方向にしか通さない素子です。

ですから、ダイオードの方向によって特性が大きく違うので
別々に実験しなければなりません。

逆方向電圧大 :ツェナー領域 (抵抗はゼロに近い)
     小 :高抵抗
順方向電圧微小:高抵抗
     小 :抵抗(抵抗は結構高い) ここが0.7v前後
     大 :導通領域(抵抗は比較的低い)

という5段階があるはずです
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q抵抗付き発光ダイオードについて

ガンプラ(プラモ)のカタパルト(土台)に、電飾を施そうと考えています。

そこで、発光ダイオード(青)を使おうと思うのですが、抵抗付きの発光ダイオードがあることが調べてて
わかりました。

電気回路等については、知識が初心者並みのため以下についてアドバイスをお願いしたいです。

1.抵抗付き発光ダイオードでお勧めのメーカーか詳細を教えてほしい。

2.左右に5個づつの抵抗付きダイオード(青)で構成する際は、電池を電源した場合、
  どのような回路にすればよいか。
  直列ではなく並列回路?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

抵抗付き発光ダイオードでお勧めのメーカーか詳細を教えてほしい。
※ 下記の計算式に数値を入れてそれに合った制限抵抗を購入すればよいと思います。
http://bake-san.com/led012.htm

左右に5個づつの抵抗付きダイオード(青)で構成する際は、電池を電源した場合、どのような回路にすればよいか。
※ 直列にすると電池電圧を上げなくてはならないので制限抵抗はLEDの個数分必要ですが並列の方が良いと思います。

Qダイオードの順方向電流を10倍にするには、 順方向電圧を何倍にすれば良いのでしょうか? 宜しくお願いします。

ダイオードの順方向電流を10倍にするには、 順方向電圧を何倍にすれば良いのでしょうか? 宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ダイオードの順方向電流を10倍にするには、順方向電圧を一定電圧だけ
増やせば良いです。(順方向電圧を○○倍するのではなく、□□mV
増やすのです)

まる投げだと、回答することも禁止されているので、ヒントを。

順方向電流、逆方向飽和電流、順方向電圧、ボルツマン定数、温度
電子の電荷、これらの関係式がわかれば、簡単に求められます。

トランジスタだと補正が必要ですが、ダイオードは良く合います。

因みに18mV増やすごとに順電流は2倍になります。(300Kのとき)

Q添付画像の抵抗とダイオードの情報をお教え下さい.

添付画像の抵抗とダイオードの情報をお教え下さい.

研究室の古い実験器具で添付画像の抵抗とダイオードを見つけたのですが,特性がわからずどうしたものか困っております.
インターネットでも検索したのですが情報は得られませんでした.

抵抗は10cm程で,HVP2,100MΩ,RIKEN-nと表記されています.
ダイオードは5cm程で,LB160,IRと表記されています.

耐電圧や消費電力等の情報をお教え下さい.よろしくお願いいたします.

Aベストアンサー

どちらの部品も高電圧回路部品で、10KV以上のフライバック電源のブリーダー抵抗と高圧整流用ダイオードですね。
昔、大画面のカラーCRTモニターの高圧回路で使用していました。
メーカ名と型名で検索しても該当する物がありませんでした。

>抵抗は10cm程で,HVP2,100MΩ,RIKEN-nと表記されています.
>ダイオードは5cm程で,LB160,IRと表記されています.
1)RIKEN-n は高圧用の特殊抵抗を製作しているメーカが不明です。
(某大手研究所が[RIKEN]関連で多数ヒットしますが関係ないですね。)
2)「IR」はInternatial Rectifier社で間違い無いのですが、「LB160」は三洋電器(Sanyo Semiconductor)の部品シリーズ名で、データシート上で関連はないです。

*私の解る範囲の情報です。
 

Qダイオードの電流-電圧特性の測定

ダイオードの電流-電圧測定において、順方向と逆方向で測定回路を変える理由を教えてください。

Aベストアンサー

質問の前に過去ログを参照しましょう 似た質問が沢山あります

参考URLは一例ですが ひょっとしたら同一人でしょうか?
未だ締め切られておりませんが 
回答に対しても何の反応もありません 何かが可笑しいようなそうでないような?

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1462421

Q乾電池と発光ダイオードを繋いだ時、振るのはなぜですか? そして、乾電池に流れるのは交流なのに、発光ダ

乾電池と発光ダイオードを繋いだ時、振るのはなぜですか?


そして、乾電池に流れるのは交流なのに、発光ダイオードはなぜ連続した光の線となってみえるのでしょうか?

気になります。
よろしくお願いします

Aベストアンサー

振るのは連続した光を見やすくするため

乾電池に交流は流れません!
おそらくそれはコンセントに挿しているのでしょう!

Q発光ダイオードの静特性

発光ダイオードは色によって、電流の流れる立ち上がり電圧が異なるんですが、それは、どうしてなのでしょうか?色の波長などや、色によって抵抗が違うからですか?調べても調べても全然分からないので、教えてもらえませんか?

Aベストアンサー

ANo.2のご回答にあるようにバンドギャップに相当する波長で発光します。ただLDと異なりLEDは閾値以下の電圧でも光ります(LEDを実際にテストされると確かに電圧vs.電流(輝度)は直線ではありませんが、低電圧からわずかに光ることがおわかりになるはず)。
ANo.2さんの回答を正させて頂くと、バンドギャップのダムの壁はわずかに水がしみ出す材料で出来ており、壁の高さ以下の水位でもダムのそとへわずかに水はしみ出ているようなものとお考え下さい。
また発光波長から求められる電圧よりも高い電圧が必要なGaNの青、白などは、電極の抵抗成分による電圧損失+αが必要となりますので発光波長にくらべ相当高い電圧が必要になります(青で2.5Vが波長からの数字だったはずです 日亜の製品で3.6Vですよね)。

QLED 発光ダイオードの抵抗 モーターを並列に

現在、発光ダイオードと330Ωの抵抗があります。
それにモーター(適正電圧=1.5V)に並列につなぎます。
テスト時は、4.5Vで発光ダイオード二つ、並列につなぎました。けっこう明るくつきました。
それでさらにできるだけ明るくしたいのです(発光ダイオードが過電流にならない程度に)抵抗は用意します、モーターの回転も速くできればうれしいです。
抵抗が必要ならば買ってきます。
どうすればよいでしょうか?

Aベストアンサー

こういう接続でしょうか?

+4.5Vーーーーーーー
      |     |
      |     R  330Ω  11.2mA(R), 6.4mA(G)
      |     |
      |     |
      M     |← 1.8V(R)、2.4V(G)
      |     |
      |     LED
      |     |
      |     |
 GNDーーーーーーー

(この接続で間違いなければ・・・)
LEDの色が書いてないので分からないのですが、もし赤色ならLEDの両端の電圧は約1.8Vなので、
11.2mA流れているはずです。
抵抗を200Ωにすれば、18mA流れるのでちょっと明るくなるでしょう。
100Ωにすると27mA流れます。
LEDの定格が分からないのですが、27mAは多分定格を超えていると思います。
長期間使いたいなら、150Ωでとめておいた方が安全です。
数時間でLEDが壊れてもよければ100Ωを入れてもかまいません。

緑色のときはどうなるか・・・「オームの法則」で計算してみてください。

こういう接続でしょうか?

+4.5Vーーーーーーー
      |     |
      |     R  330Ω  11.2mA(R), 6.4mA(G)
      |     |
      |     |
      M     |← 1.8V(R)、2.4V(G)
      |     |
      |     LED
      |     |
      |     |
 GNDーーーーーーー

(この接続で間違いなければ・・・)
LEDの色が書いてないので分からないのですが、もし赤色ならLEDの...続きを読む

Qダイオードの電圧特性について

実験でダイオードの特性の測定をする機会があったのですが、そのとき疑問に思ったことを質問させていただきます。順方向特性と逆方向特性においてそれぞれ測定する際に電流計が挿入される位置が異なりました。
順方向特性・・・|――|
         ▼  V
         |__|
         |
         mA
         |




逆方向特性・・・|――|
         ▼  |
         |  V
         mA  |
         |    |
         |――|
         |



といったような配置になっているのです。(わかりにくくてすみません・・・)
ちなみに▼:ダイオード、mA:電流計、V:電圧計です。

これにはどういう意味があるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 以前に同様の質問にお答えしたことがありますので、よろしければ、参考にしてください。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3493220.html のANo.1です。

Qダイオードブリッジの交流入力側に直流入力できますか?出来るとしたら出力

ダイオードブリッジの交流入力側に直流入力できますか?出来るとしたら出力側電圧など どうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

4個のダイオードの向きを書く。「加えられているエネルギーは入力端から出力方向向きの1個のダイオードを通って+端子から負荷へ流れる。負荷から-端子に戻って入力方向向きの1個のダイオードを通ってエネルギー源に帰って行く」の流れを追えると理解が深まります。
ACに於いての最初のサイクル及び次の反転サイクルの流れ。DCを加えた場合の流れ。

Qダイオード 逆方向電圧印加時に電流が流れない理由

一般的なPN接合ダイオードにおいて、
逆方向電圧を印加したときに電流が流れない理由は何ですか?

N型半導体の多数キャリアである電子は電池の+電極に吸収され、
P型半導体の多数キャリアであるホールは-電極から送られてくる電子によって打ち消されると理解しています。

このとき、電極間には電子が流れている、すなわち電流が流れているように見えるのですが。。。


ご回答、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

合ってますが、これは拡散電流で、一時的にしか流れません。
コンデンサの電流のようなものです。
定常的に電流を流すには多数キャリアを補給する必要があります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング