ダイオードの静特性の実験で順方向電圧と逆方向電圧に別々に分けて実験してるんですけどなぜそのような必要性があるのでしょう?

A 回答 (2件)

電圧計と電流計を繋ぐ位置を順方向と逆方向で変えるのはなぜか?という質問ですよね。

順方向ではダイオードと電圧計を並列に接続した後、これらと直列に電流計を接続し(接続A)、逆方向ではダイオードと電流計を直列に接続した後、これらと並列に電圧計を接続するわけです(接続B)。

順方向ではダイオードは抵抗が小さいので、電圧計を流れる電流は無視でき、接続Aでいいわけですが、逆方向では抵抗が電圧計の内部抵抗に比べて無視できなくなり(場合によっては大きくなり)、電圧計を流れる電流が無視できなくなるので接続Bで測るわけです。

また、順方向で接続Bで測定を行うと、ダイオードの抵抗が小さいので、電流計での電圧降下が無視できなくなり、まずいわけです。

電圧計の内部抵抗は大きく、電流計のそれは小さいことを考えると、低抵抗測定では「電流を流して電圧を測る」のが良く、高抵抗測定では「電圧をかけて電流を測る」方が良いことがわかるかと思います。

要するに、No1.の方がおっしゃるように、ダイオードは順方向と逆方向で抵抗がべらぼうに違うので、繋ぎ方を変えないといけないということです。
    • good
    • 0

ダイオードは、順方向と逆方向で性質が違うので


電流を片方向にしか通さない素子です。

ですから、ダイオードの方向によって特性が大きく違うので
別々に実験しなければなりません。

逆方向電圧大 :ツェナー領域 (抵抗はゼロに近い)
     小 :高抵抗
順方向電圧微小:高抵抗
     小 :抵抗(抵抗は結構高い) ここが0.7v前後
     大 :導通領域(抵抗は比較的低い)

という5段階があるはずです
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qダイオードの順方向電流を10倍にするには、 順方向電圧を何倍にすれば良いのでしょうか? 宜しくお願いします。

ダイオードの順方向電流を10倍にするには、 順方向電圧を何倍にすれば良いのでしょうか? 宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ダイオードの順方向電流を10倍にするには、順方向電圧を一定電圧だけ
増やせば良いです。(順方向電圧を○○倍するのではなく、□□mV
増やすのです)

まる投げだと、回答することも禁止されているので、ヒントを。

順方向電流、逆方向飽和電流、順方向電圧、ボルツマン定数、温度
電子の電荷、これらの関係式がわかれば、簡単に求められます。

トランジスタだと補正が必要ですが、ダイオードは良く合います。

因みに18mV増やすごとに順電流は2倍になります。(300Kのとき)

Qダイオードの電流-電圧特性の測定

ダイオードの電流-電圧測定において、順方向と逆方向で測定回路を変える理由を教えてください。

Aベストアンサー

質問の前に過去ログを参照しましょう 似た質問が沢山あります

参考URLは一例ですが ひょっとしたら同一人でしょうか?
未だ締め切られておりませんが 
回答に対しても何の反応もありません 何かが可笑しいようなそうでないような?

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1462421

Q発光ダイオードの静特性

発光ダイオードは色によって、電流の流れる立ち上がり電圧が異なるんですが、それは、どうしてなのでしょうか?色の波長などや、色によって抵抗が違うからですか?調べても調べても全然分からないので、教えてもらえませんか?

Aベストアンサー

ANo.2のご回答にあるようにバンドギャップに相当する波長で発光します。ただLDと異なりLEDは閾値以下の電圧でも光ります(LEDを実際にテストされると確かに電圧vs.電流(輝度)は直線ではありませんが、低電圧からわずかに光ることがおわかりになるはず)。
ANo.2さんの回答を正させて頂くと、バンドギャップのダムの壁はわずかに水がしみ出す材料で出来ており、壁の高さ以下の水位でもダムのそとへわずかに水はしみ出ているようなものとお考え下さい。
また発光波長から求められる電圧よりも高い電圧が必要なGaNの青、白などは、電極の抵抗成分による電圧損失+αが必要となりますので発光波長にくらべ相当高い電圧が必要になります(青で2.5Vが波長からの数字だったはずです 日亜の製品で3.6Vですよね)。

Qダイオードの電圧特性について

実験でダイオードの特性の測定をする機会があったのですが、そのとき疑問に思ったことを質問させていただきます。順方向特性と逆方向特性においてそれぞれ測定する際に電流計が挿入される位置が異なりました。
順方向特性・・・|――|
         ▼  V
         |__|
         |
         mA
         |




逆方向特性・・・|――|
         ▼  |
         |  V
         mA  |
         |    |
         |――|
         |



といったような配置になっているのです。(わかりにくくてすみません・・・)
ちなみに▼:ダイオード、mA:電流計、V:電圧計です。

これにはどういう意味があるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 以前に同様の質問にお答えしたことがありますので、よろしければ、参考にしてください。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3493220.html のANo.1です。

Qダイオードの逆方向飽和電流について

Siダイオードの逆方向飽和電流の値はだいたいどのくらいでしょうか?

Aベストアンサー

SPICEではデフォルト1e-14[A]ですが
ダイオードの種類(ショットキや定電圧,PINなど)
などにもよって大きく変わるようです.
ちょっと見てみましたが,
HSU276:2μA
1SS154:1.26nA
1N5817:31.7μA
1SV214:0.615fF
MV2202:1.365pF
で一貫性がありません.

とりあえず,SPICEのデフォルト値で考えるのが無難でしょうか.


人気Q&Aランキング

おすすめ情報