世に言う大事件の名称というのは、
一体誰が、どういう理由で命名するものなのでしょうか?
特に気になるのが「五.一五事件」「二.二六事件」。
「三億円事件」「あさま山荘事件」などは、
その対象となるものが分かりやすくていいのですが…。
さらに「応仁の乱」「桜田門外の変」になると…。

ちょっと引っ掛かっただけですので、お暇な時にでも。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

いろいろなパターンがあるでしょうね。


○ほぼリアルタイムで,人々の間で特定の呼び方が生まれる。(例はすぐには思いつきませんが)
○後世の作家が命名する。歴史上の事件をネタにした歌舞伎や講談の中で出てきた呼び方が定着する。
○後世の歴史学者が命名する。これは多そうですね。
○特定の政治家なり機関なりが命名する。たとえば「大東亜戦争」は当時の日本政府が名づけたものです。No.2の回答の「警察が決める」もこれに含まれるでしょう。
○マスコミ(江戸時代ならかわら版か)が名づける。警察が扱うような事件の場合,時には,警察の名づけた正式な事件名より,マスコミの簡略な呼び名のほうが通じることもあるでしょう。

最初のうちは呼び名がまちまちであっても,やがてなんとはなしに統一されていくことが多いのでしょうね。

1991年の湾岸戦争のときは,前年にイラクがクウェートに侵攻して緊張が高まっている間に,マスコミの間で「湾岸危機」という言い方が定着したので,戦争の初日から「湾岸戦争始まる」という大見出しが新聞に載りました。
このように最初から呼び名が付いているのは非常に珍しいですね。太平洋戦争の始まった日の新聞に「大東亜戦争始まる」とは書いていません。

ただ,5.15や2.26がいつ,誰によって命名されたかはちょっと分かりません。当時の新聞では少なくともそのような呼び方はなかったはずです。
中国や韓国では歴史上の事件(特に政変とか内乱とか,民主化運動への弾圧とか)を日付で呼ぶことが多いので,日本にもその影響があったのかな?とも思いますが。
韓国を例にとると,朝鮮開放(日本敗戦)→8.15,朝鮮戦争勃発→6.25,光州事件→5.18などと呼びます。(それぞれ,1945年,1950年,1980年の事件です)
また中国の天安門事件は,(本土では分かりませんが香港などでは)6.4と呼ぶようです(1989年6月4日)。
「応仁の乱」のように年号で特定の事件や改革(享保の改革,など)を表すのもこれに近い発想ですね。案外,江戸時代あたりの歴史家の間でも使われていたような気がしますが(全く自信ナシ)。

歴史学関係の学術雑誌などに,事件名の呼称に関する論文がありそうな気がします。
あるいは,そういった本が出ているかもしれません。調べてみたら面白そうです。
これ以上は詳しい方の回答に譲ることにしましょう。

なお,自然災害のうち顕著なものは気象庁が命名しています。
特に前の回答で阪神・淡路大震災が出ましたので,一筆しておきます。

この地震は,まず気象庁によって「兵庫県南部地震」と命名されました。従って,毎日新聞も当日(95年1月17日)の夕刊ではその名前を用いています。
同紙は翌朝,「阪神大震災」という呼び方を始めました。他社はいろいろな呼称を用いていましたが,1週間ほどで各社とも「阪神大震災」になりました。
「阪神・淡路大震災」とは,地震発生から1ヶ月ほどたって,この地震による【災害】に対して政府が名づけた名称です。したがって,法律など公文書で,この地震による被災者への救援を云々などと書く時は,はもっぱら「阪神・淡路大震災」を用います。
自然現象としての【地震】,つまり1月17日の大地の揺れそのものを指す名称は「兵庫県南部地震」で変わりありません。
兵庫県南部地震は1分間で終わりましたが,阪神(淡路)大震災は長く続いているといえましょう。
ただ,マスコミの報道のほとんどは,地震と災害を区別せずに全部一緒くたにして「阪神大震災」と呼んでいるのが多いです。

肝心の回答が曖昧なくせに,長々と書いてしまってすみませんでした。私も詳しいいきさつが知りたいです。
    • good
    • 0

テレビドラマを鵜呑みにするのも何ですけど


「踊る大捜査線」で事件の名前を警察署の偉いさんが
会議してるシーンがありました。
それを「戒名(かいみょう)を決める」と言い、
「こういうのは所轄の署の仕事だ」とも言ってたと思います。
そして捜査本部の入口に筆で書いたタテ書きの紙を貼っていました。
「応仁の乱」まで遡るとよくわかりませんけど、
きっと警察が決めるのだと思います。
本職の人がこのドラマが一番リアルに警察を描いていると
言ってたので多分これも本当だろうなと思います。

ちなみにこれは事件ではありませんが「阪神淡路大震災」は
毎日新聞が考えたもので、徐々に各メディアが追随して統一されました。
(当初は「関西大震災」「関西大地震」などさまざまでした。)
    • good
    • 0

>特に気になるのが「五.一五事件」「二.二六事件」。



これは5月15日と2月26日に起きたからです。事件内容は旧日本軍のクーデター未遂事件です。戦前のことです。

応仁の乱は分かりませんが、桜田門外の変は、江戸城の桜田門を出たところ(桜田門の外)で井伊直弼が反体制派に襲撃されたからです。

この回答への補足

…そういうことではありません。
事件の名称は「誰が」付けたかです。

補足日時:2002/02/28 20:59
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q佐世保事件、「殺された」じゃなくて「死亡した」なの?

佐世保の小6女児殺害事件のことです。

新聞・TVニュースでは、
「同級生にカッターで切られ死亡した」
という表現をしています。
(すべての新聞・ニュースかどうかわかりませんが、NHKはそうです)

加害女児は殺意があったと言っているようですし、
首筋を切っていることといい、
こときれるまで現場にいたことといい、
殺人事件といっていいと思うのですが、
なぜ殺害されたという表現をしないのでしょうか?

私としては「カッターで切られ死亡した」だと
ただケガさせるだけのつもりだったけど
運悪く死亡してしまったみたいに受け取ってしまうのですが。。。

Aベストアンサー

NHKがどこまで意識しているのか分かりませんが、
11歳の女の子のほうは、法律的には殺人犯
ではありません。

法的根拠は、刑法41条の
「14歳に満たない者の行為は、罰しない。」
というところです。

もちろんこの女の子は殺人犯ではないというのは
議論を呼ぶところでしょうが、少なくとも
現時点では法はこの女の子を殺人犯とは
扱わないのです。

しかし、殺されたという表現なら、その相手は殺したほうですから、殺人犯人扱いすることになります。

Q中国で、NHK「映像の世紀」の天安門事件場面が真っ暗に

中国で21日夜、1960年代に始まった文化大革命などを紹介するNHK海外放送のドキュメンタリー番組が断続的に中断された。画面が真っ暗になり、音声も聞こえなくなった。
中国当局が検閲したとみられる。
中断されたのは「NHKスペシャル」の「新・映像の世紀」
民主化運動を武力弾圧した89年の天安門事件を紹介する映像が見られなくなった。
(共同)

今回だけではない、過去にも幾度となく中断されている。
NHKは、抗議しているのか?
このような事をされて、どうして、NHK敷地内に同居しているのか?

Aベストアンサー

中国では報道機関も共産党一党独裁下で規制され、民主的な報道の自由はありません。
また、中国共産党の一党独裁を堅持して行くためには、自国民が民主化するのを恐れ、天安門事件の時のように虐殺を行っても弾圧をして置かなければ共産党体制が崩壊する危険があるのです。

そのためには報道機関やインターネットまでも共産党が検閲・規制を行って国民の言論の自由を弾圧しているのです。
インターネットには金楯をかけて中国に不利なこと、例えば天安門事件の報道に倣い、国民が民主化を求め不満をぶちまけ政府に向かってきて、共産党の一党独裁体制が崩れるのを恐れ、国民には見れなくしております。

また、日本と中国間には日中記者協定があり、中国の報道や報道機関に対して便宜を図るべく協力を行うこととなっているので、中国の国営の報道機関をNHK施設内に同居させているのです。
NHK内部には親中派の人たちも多く存在しており、中国様に徒に刺激を与えないようにしているのも事実です。

Qニュースでの子供の「君」「ちゃん」「さん」づけの違いは?

子供が犠牲になった事件や事故の報道の質問です。

昔、「ヨシノブちゃん誘拐事件」ってありましたよね。いつも不思議に思うのですが、女の子ならまだしも男の子でも「ちゃん」づけなのはなぜですか?
神戸市須磨区の酒鬼薔薇聖斗の事件の被害者は「ハセジュン君」と呼ばれていましたよね。
「ちゃん」と「君」はどうやって使い分けているのでしょう?一体誰が「君」づけ「ちゃん」づけをきめているのでしょう。警察?マスコミ?
そして何歳くらいから「さん」づけになるのでしょう?明確な定義があるのでしょうか?
ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

>一体誰が「君」づけ「ちゃん」づけをきめているのでしょう。警察?マスコミ?

ニュースに使われる人名であれば,マスコミが決めます。
警察が「○○ちゃん殺人事件」と呼んでいても,新聞記事では「○○くん~」になることもあり得ます。

マスコミ各社には,記事の書き方に関するマニュアルがあり(新聞社・通信社のマニュアルは,単行本として市販されてもいます),敬称・呼称の使い方はこのマニュアルの規定に従って書きます。
内容は社によって多少違いますし(基本的な線は新聞協会の基準に沿っていますのでだいたい一緒ですが),また時代によっても変わります。

平均的なところでは,
○未就学児は男女問わず「ちゃん」
○小学生~高校生は男子が「君」,女子が「さん」
○大学生以上の学生,社会人(18歳未満でも)は「さん」○ただし政治面など硬めのニュースでは男女問わず「氏」
○死亡記事は,男性は「氏」,女性は「さん」が多いが,男女問わず「さん」の社もある
といったあたりになるでしょう。

たまたま今手元にあるのは共同通信社の「記者ハンドブック 新聞用字用語集」(第9版)しかないのですが,この中には次のような規定があります。

1.敬称は原則として「氏,さん,君,ちゃん」を使う。
〔注〕「君」は高校生以下,「ちゃん」は主として小学校入学前。小学生でも事件の被害者や特別なケースでは適宜「ちゃん」を使用してよい。

この〔注〕をみると,小学生でも被害者になったときは「子ども扱い」で「ちゃん」づけても良い,とありますが,NHKのニュースはむしろ逆に,普通のニュースでは男子小学生は「君」だけれど,被害者(特に亡くなったとき)は大人と同様の「さん」を使うことが多く,また中学生以上は一般のニュースであっても「さん」付けが多くなってきたようです。

一方で,NHKでも高校野球やドキュメンタリー番組などでは,小学生~高校生の男子は「君」,女子は「さん」と使い分けていることが多いですね。

昔はNHKも新聞社も,小学生までは一律に「ちゃん」付け,というところが多かったようです。吉展ちゃん事件は1963年でしたから,男子でも「ちゃん」付けが一般的だったのでしょうね。

>一体誰が「君」づけ「ちゃん」づけをきめているのでしょう。警察?マスコミ?

ニュースに使われる人名であれば,マスコミが決めます。
警察が「○○ちゃん殺人事件」と呼んでいても,新聞記事では「○○くん~」になることもあり得ます。

マスコミ各社には,記事の書き方に関するマニュアルがあり(新聞社・通信社のマニュアルは,単行本として市販されてもいます),敬称・呼称の使い方はこのマニュアルの規定に従って書きます。
内容は社によって多少違いますし(基本的な線は新聞協会の基準に沿っています...続きを読む

Q謎の事件・凶悪事件の起こるたび登場する人の推理力?

今、瑞浪市の幼稚園教諭の行方不明事件の報道が盛んに伝えられている。
ご無事を祈りながらも、事件の概要や犯人の予想や動機の推定等でゲスト解説者が色々と推理予測されている。

その解説には、元警視庁だとか滋賀県警とか大阪府警のOBや退職した人が、事件の犯人予測や犯行動機の推理の為に、テレビにコメンテーターや犯罪心理学者や霊能者のようにして犯人予想とか捜査の進展状況、事件の結末予想を解説していますが・・・
結果的に、予想が外れていても総括されず自己批判もされないままである。

そこでお聞きしたいのは→犯人の推理&予想が当たっていたり、捜査の進展に寄与したりしたケースは多い&確立や精度は高いのでしょうか? 
  
印象に残る事件の予想と結果、事実関係の事例・モデルケースをご存じならば、お教え願えませんでしょうか。
※田宮氏・遠藤氏・江藤氏・土本氏・黒木氏他

Aベストアンサー

FBIのプロファイリングなどが有名ですね。

心理捜査などとも言いますが、行動科学捜査で、傾向的に犯人像割り出すと言うもので、実際にプロファイリングで犯人像を絞り込み、その線で捜査し犯人を検挙した例は、少なくない様です。

一方のマスコミのプロファイルっぽいのは、当たった試しが無い様な気がしますヨ。
正解事例は知りません。
ハズレは枚挙に暇が無いですが。
私の記憶では、あるコメンテータが「犯人はかなり高度な知性を持った大卒以上の学歴を持つ成人」と言う犯人像を予想した事件で、捕まったのは義務教育中のガキだったってのもありました。

また現実の犯罪に影響を与えるものではないでしょう。
たとえば警察OBなどがテレビでやってるのは、経験則的な分析などと言えばまだマシですが、中身は日本の警察・検察がよく行う、いわゆる「見立て」ってヤツでしょう。

「犯人像がこう言う人物であれば、話しが合う」と言うだけの、辻褄あわせですね。
辻褄はあってるから、一応の納得は出来ますが・・・実際は全く違ったりもします。
警察・検察がそう言う捜査手法も用いる場合もあり、冤罪とか証拠捏造なども発生しちゃってますし。

それなりに知識や経験がある人達が、よくあれだけ見事にハズすなぁ・・と感心してしまいますよ。
ってコトは、当たるかどうか?はどうでも良いと言うコトですよ。
事件そのものを推理小説の様に仕立て、視聴者の関心を惹くと言う、エンターテーメント手法です。

作られた話しなら別に構いませんが、現実に発生した進行中の事件を素材として加工しているワケですから、不謹慎な行為ではありますね。

私はその推理を楽しむ気は無いですが、「どうせ、またハズれるんだろうなぁ・・」と言う見方で、楽しんでいるのかも知れません。

FBIのプロファイリングなどが有名ですね。

心理捜査などとも言いますが、行動科学捜査で、傾向的に犯人像割り出すと言うもので、実際にプロファイリングで犯人像を絞り込み、その線で捜査し犯人を検挙した例は、少なくない様です。

一方のマスコミのプロファイルっぽいのは、当たった試しが無い様な気がしますヨ。
正解事例は知りません。
ハズレは枚挙に暇が無いですが。
私の記憶では、あるコメンテータが「犯人はかなり高度な知性を持った大卒以上の学歴を持つ成人」と言う犯人像を予想した事件で、捕まっ...続きを読む

Q日本プロ野球機構に参加するのに必要な三億円とは?

プロ野球の近鉄とオリックスの合併問題がメディアに大きく取り上げられていますが、記事の中で驚くものがありました。

たとえば、企業がある球団を買収しようとすると、事前に日本プロ野球機構という組織に対して何と三億円もの巨額の参加料を支払う義務があって、あまりにも大きな負担となるため、企業からの、この二球団に対する買収計画も前に進まなかったようです。

ところで、この参加料の三億円って、一体どのような目的で使われるのでしょうか?

また、一番最近の買収では、ダイエーとオリックスがあると思いますが、両者とも三億円づつ支払ったのでしょうか?

日本プロ野球機構という組織のフトコロ具合は、どうなっているのでしょうか?  また、そこで働く従業員がいるとして、一体何人いて、毎日どんな仕事をしているのでしょうか?

新聞記事をみて、とても不思議に感じました。 どなたかお教え下さい。

Aベストアンサー

3億ではなく30億ですね。
---
【第36条の6(譲り受け球団の加盟料)】
この組織に加盟している球団から参加資格を譲り受けた球団は、参加する連盟選手権試合年度の1月末日までに加盟料を支払うものとする。譲り受け球団の加盟料の金額は30億円とし、日本野球機構および同機構に既に属している他の全球団に分配され、各球団への分配金額は均等とする。
---
使い道は皆で山分け。目的は安易な売却を防ぐためだそうで。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報