タイトルのとうりですが、ヨーグルトを使用して素焼き鉢を、風化させると古ぼけたいいかんじになると
本でよみました。
どなたか、方法をご存知ないですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんばんは、f-gardenさん。



このことはまったく知りませんでしたが、私もガーデニング好きで、いくつかイタリア製のテラコッタ(素焼き鉢)を持っているので、興味が沸き調べてみました。
ここにやり方が載っていました。

http://melma.odn.ne.jp/mag/67/m00027467/a0000001 …

でも、どちらかといえばこの下の「体当たり実践編」の方が参考になるでしょうか?
読み進んでいくうちに、作者のまじめさと実験のヒサンな結果のコントラストに思わず笑ってしまいます。(ガーデニングのページで笑えるのはめずらしいです)
「かび」をはやさず、「こけ」を付けて”いい味”を出すのは難しいようですね。

参考URL:http://www.iris-gardening.com/seikatu/ittemiyatt …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れてすみません。紹介していただいたサイトも楽しく拝見しました。素敵な風合いの鉢作りにチャレンジしたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/11 22:22

ヨーロッパでは古い物を大切にするので、


何十年も使っている鉢などがガーデニング雑誌の写真などに写っていることがあります。
そのような白っぽく風化した鉢を短期間で作る方法としてヨーグルトを使うのだと思います。

表面につやのある素焼き鉢は防水加工してあるので、
ヨーグルトを塗ってもはじいてしまいます。
水をすぐに吸う素焼き鉢を使ってください。
(イタリア製のテラコッタは防水加工してある物も多いです)

あとは外に放置しておけば自然に白くなると思いますよ。
(カビかコケかは分かりませんが・・・)

その他の方法としては、たわしで表面をこすってみたり、バケツに水を入れたものに鉢を沈めて日向に放置し、コケが生えてから水から出して乾かせば白っぽくなります。

いろいろ試してみて下さい。(^^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れてすみません。参考になりました。
ぜひ、チャレンジしてみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/11 22:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスリット鉢と素焼きの鉢、どっちがいい?

室内でハーブなどを育てています。
現在、プラスチックのスリット鉢を使っていますが、プラスチック製は蒸れるから良くないと聞きました。
ただ、色々な本などでお勧めされていますし、サークリング現象がおこらないから根にいいとなってるし、素焼きの鉢と、どっちがいいのかと思い、質問しました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
現在、プラスチックのスリット鉢を使っていて、これまでに何も差しさわりが無いようなら、今のままでよいのではないでしょうか?

確かに、これからの季節は湿気て蒸れ易いですが、以前にこの季節をプラ鉢で乗り切ったのならば、素焼き鉢は通気性が良いようで蒸れ難いのでしょうけれど、それに変えたときに、鉢土の乾き加減を見極めたりするのが大変なのでは無いですか?

室内と、室外とでは違うかもしれませんが、夏場になれば、思っていたよりも乾燥が速くて、大変かもしれません。

規模が分からないこともあって何ともいえない感じなのですが、例えば卵の殻でハーブや観葉植物を育てていたり、ざるに麻布を敷いて土を入れてハーブを育てている場合、かなり乾燥は速いと思いますが、それでも育つからそれで育てているのだろうし、ハーブは乾燥がちな方が良いのかもしれませんし。

私のうちでは、どれも屋外で育てているので参考にはならないかもしれませんが、どちらを使っても良く育ってくれていますよ。

Q素焼き鉢を走り回るムシは害虫?

洋蘭、東洋蘭を素焼き鉢で育てています。スチールの棚(高さ1mくらい)、あるいはナメクジ等を避けるために鉢は吊るしています。
例年なのですが、この時期になると鉢の表面を走り回るムシが発生します。鉢の中にも入り込み、特に新根が汚れてショボショボしてきます。
2ミリほどの灰色のムシで素早く動き回り、水の中では跳ねてもいるようで死にません。
このムシは害虫だと思うのですが、何なのでしょうか?
植物には害の無い、このムシに有効な殺虫剤は何が良いのでしょうか?
噴霧、止むを得ない場合はドボン漬けでも、とにかくこのムシを退治する方法がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

おはようございます。

さっそくお礼を書いてくださりありがとうございます。

量なんですけど、4号鉢で2~3回振りかける程度の少量で効きます。最初は薬害が心配だったので、もっと少量から始めました。今でも、パフィオなど根が弱い属は特に注意して使っています。私は東洋蘭のことはよく分からないのですが、ごく少量から始められてはと思います。

潅水によって薬効が薄くなることは無いような気がします。

間隔は、環境にもよるかもしれませんが、ずいぶんと長い間、再発生を見ませんので、植物への負担を考えて、年に2回から多くとも3回までにしてはいかがでしょうか。

ご参考になれば。

Q素焼きの鉢にカビが出てきた

素焼きの蘭鉢なんですが、外側のふちに白いカビが付着しています.そのまま放置して大丈夫ですか。花は胡蝶蘭です

Aベストアンサー

白いのでしたら、カビではないと思うのですが・・・、
レンガなども素焼きの鉢と同じように白い粉みたいな物が付着しますが、それは 「アク」のような物で、水分を多く含んでいる時に出てくるようです。
 素焼きの鉢は、別にも緑色のカビなどが付いたりもしますが、私はそれはそれで素焼きの鉢の風合いだと思い、あえて素焼きの鉢を選んだりしますよ。
 気になるようでしたら、参考にして見てください。
http://www2k.biglobe.ne.jp/~koyamaen/bbs2/956202591303736.html

Q素焼きの鉢でワイルドストロベリーを育てているのですが、

素焼きの鉢でワイルドストロベリーを育てているのですが、
その鉢の外側にカビが生えてきています。

鉢植えを育てるのは初めてで初心者なのでどうしていいのかわかりません。
鉢の外側なのでたまに拭き取ってみたりしているのですが、
すぐにまたカビが生えてきてしまう状態です。

拭き取っても胞子があればまたカビが生えるので意味がないのは
わかっているのですが他に方法が思いつかなくて…

良い方法をご存知の方お教え願います。

Aベストアンサー

一連の質問者さんのお話を元にアドバイス申し上げます。

他の回答者様がおっしゃるように素焼き鉢の表面に、肥料成分、水道水、鉢土、鉢の素材からのミネラル成分(塩類)が結晶することは良くある事です。

しかし、素焼き鉢の表面が加湿になりカビが生えることが多いのも事実で、質問者さんの場合、実物をみないのでわかりかねますが、白、黒、緑、赤などの様々なカビが生えてくることが良くあります。初期の状態では餅にカビが生えるときの様に点々と発生してしてきます。

その原因は、鉢の置かれている環境が、過湿で、かつ風通しが悪い事が挙げられます。

ワイルドストロベリーを含め、イチゴ類の栽培においては、過湿や通風不良は致命的な環境で、将来的に疫病(えき病)、うどんこ病、炭疽病(たんそ病)に感染する危険性が高くなり、イチゴが株ごと枯れてしまう可能性があります。
(googleなどで検索してみればより詳しい情報が確認できます)

改善方法としては、
1、現在の場所よりも、日当たりが良く、風通しの良い場所、かつ高温(なるべく30℃を超えない)になりすぎない場所に移動させて管理する
2、鉢の土を現在よりも水はけが良いものと交換しする
3、鉢の底に、大粒の軽石、鹿沼土などの鉢底土を入れる

等の処置を取ると改善されます。
鉢土の水はけがよくなると言うことは、鉢が乾燥しやすくなりますが、水やりの回数を増やし鉢土の水分を保ちます。

質問者さんの仰るものが、塩類であれば乾燥すればお塩のように白色の微塵の結晶になり硬くなりますが、もしカビや苔であれば、肉眼でもある程度わかりますし、湿ったティッシュで拭うとカビであることが実感できます。

私も実家ではイチゴ類を栽培していますが、高温、加湿、通風不良にならないようにする事が重要で、それらの環境にならないように注意して管理しています。
参考になれば。

一連の質問者さんのお話を元にアドバイス申し上げます。

他の回答者様がおっしゃるように素焼き鉢の表面に、肥料成分、水道水、鉢土、鉢の素材からのミネラル成分(塩類)が結晶することは良くある事です。

しかし、素焼き鉢の表面が加湿になりカビが生えることが多いのも事実で、質問者さんの場合、実物をみないのでわかりかねますが、白、黒、緑、赤などの様々なカビが生えてくることが良くあります。初期の状態では餅にカビが生えるときの様に点々と発生してしてきます。

その原因は、鉢の置かれてい...続きを読む

Q素焼き製の鉢にカビ

素焼き製の鉢にパキラがあります。
しかし、白いカビが一面に出来ています。

社内においているのですが、今後外に出してもいいのでしょうか?  
カビ対策を教えて下さい。

Aベストアンサー

天気の良い日に風とうしの良いところで日光にさらすことは病虫害防止には良いことです。

重曹を200倍くらいに薄めてスプレーするのもカビには効果があるようです。ただし鉢のような少ない土の物には頻繁にはしないでください。塩害が起きるかもしれません。あと、残効性はありません。

土にはクン炭(粉状の炭)を5%程度混ぜると、病害、土の酸性化予防になります。栄養補給にもなりますね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報