デスノートの原作者、大場つぐみはガモウひろしだ。という噂をよく耳にします。
僕も、本当にそうだったら面白くていいなぁ、と思っているのですが、
いまのところ、明確な根拠がない、ただの噂ですよね?

しかし、このサイトを見ていると、「大場つぐみ=ガモウひろし」と断定して回答している人が
目につきます(下記URL参照)。

http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=2256684 (No.18の回答)

http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=2262451 (No.4の回答)

もしかして、「大場つぐみ=ガモウひろし」は、断定していいほどの
明確な証拠が出てきたのでしょうか?

A 回答 (7件)

この辺はどうでしょう?


http://www.tanteifile.com/info/2005/04/09_02/
>お正月に行われた「2004年オタク大賞」にて語られたりもしている。

http://blog.goo.ne.jp/takuya-angel/e/e4369dc3a2b …
>今日キングははっきりと「大場つぐみはガモウひろしなんだよ。」って言っていました。

まぁ、私自身がオタク大賞観てたわけではないんで真実は分かりませんが…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。「大場つぐみ=ガモウひろし説」は、
L風に言うと、「限りなく黒に近いグレー」という感じですね。

お礼日時:2006/07/10 18:19

明確な証拠は出てきてませんが、もし別人だとしても近しい間柄であることは間違いないと思います。



なぜなら、この一連に噂について大場つぐみからだけでなく、ガモウひろしからも何のコメントも無いからです。
もし私が大場つぐみなら、このような噂が立っては何かとガモウ先生に迷惑がかかるので、コミックスのコメントなりジャンプの巻末なりで、やんわりと否定のコメントをしますね。
また、私がガモウひろしだったら、同じように大場先生にかかる迷惑を考えて、何らかのコメントを出します。

それらのコメントが一切無いことから、同一人物ないし、冗談の通じる親しい間柄だと思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。「大場つぐみ=ガモウひろし説」は、
L風に言うと、「限りなく黒に近いグレー」という感じですね。

お礼日時:2006/07/10 18:19

えーと。

私の知り合いの漫画家(超有名)な方が講談社のパーティで話していました。「ガモウさんだよ」と・・・・・。

というのは、100%にならないかしら??
信じる信じないはご自由に。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。ただやはり、公式に発表された情報ではないので、
匿名で投稿出来るサイトで出た、一つの意見として鵜呑みにせず、参考程度にとどめておきます。

お礼日時:2006/07/10 18:12

本人及び直接の関係者が事実を公表していないので、全て「状況証拠」レベルです。



参考URL:http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1141 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。「大場つぐみ=ガモウひろし説」は、
L風に言うと、「限りなく黒に近いグレー」という感じですね。

お礼日時:2006/07/10 18:09

ウィキペディアのも入れて回答しました。


実はあの記事には一部自分が編集したものも含まれています(笑)

>なぜ貴方はNo.4の回答で
「100%大場つぐみはガモウだ」というふうな表現をしているのでしょうか?

自分のミスです。
確かにそういう回答に見えますね。
そう受けとられたのであればお詫びします。
すいませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。ということはやはり、貴方の中でも
断定できる証拠はなく、噂の範囲だということですね

お礼日時:2006/07/10 18:06

そのURLのNo.4の回答者です。


残念ながら(?)、明確な証拠が出てしまっているんです。
『ガモウ』を漢字変換してみてください。
どこかで見たことがある字が出るはずです。


そう、コミックス第1巻で月が通っていた塾の名前、
『蒲生ゼミナール』です。
これだけでは断定できませんが、大場つぐみさんとガモウヒロシさんに何らかの接点があることは確かです。
また、一部の作家に名指しで公言されたりしています。
さらに、週刊少年ジャンプ内の漫画掲載順が基本的に読者の人気アンケート順であり、後続ほど人気が少なく「×組(バツぐみ)」と一部の関係者から言われており、自身の過去の連載経験(とっても!ラッキーマン)から自虐的にペンネームを「大×組→大場つぐみ」としたのではないか(大×組はガモウの同人サークルの名前だったという説もある)。

一応、これらの説・根拠が存在します。
参考程度にどうぞ^^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。ただ、それはウィキペディアの記事ですよね?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%A0%B4% …

確かにガモウひろしが有力とは書いてありますが、「100%真実であるとは断言できないが」
「発言の根拠や情報元等を示した事がない為、全て真偽不明」などの文から、
「明確な証拠」とは言えないと思うのですが・・・なぜ貴方はNo.4の回答で
「100%大場つぐみはガモウだ」というふうな表現をしているのでしょうか?

お礼日時:2006/07/08 23:13

>明確な証拠が出てきたのでしょうか?


そんなの出てないはず。というか、私は知らない。

参照URLを見ましたけど、(No.4の回答)の方はまだしも(No.18の回答)の方は話のネタとしてがっているだけのように感じましたけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました

お礼日時:2006/07/10 18:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qデスノートの大場つぐみさんて?

今更ながら年の瀬に話題の「デスノート」を読みました。この原作者の大場つぐみさんて、とてもポッと出の新人には思えないのですが、もしかして著名な小説家か何かが名前を伏せてる覆面作家でしょうか?ご存知の方いらっしゃいませんか?

Aベストアンサー

濃厚かどうかは別として
多数の方がガモウ説を推しているようですね。

http://d.hatena.ne.jp/story-designer/20040915#p2
http://blog.goo.ne.jp/kamakura-bakufu/e/d0ed7c1fd788c6186cc39b886f267bec

どうやら「裏ブブカ」という雑誌の12月号で
ガモウ説の検証がされたそうですが、
ブブカという雑誌自体トンデモな雑誌なので
信じる信じないは自己責任で…といった感じですね。

下記は件の雑誌の内容紹介ページ。
ガモウ絵のデスノートが見られて面白かったです。
この号が欲しくなってしまいました(笑)

参考URL:http://www.coremagazine.co.jp/urabubka/ura200412.html

Qちびまるこちゃん 父ひろしの仕事

小3の息子が「まるこちゃんのお父さんは仕事もしないでお酒ばっかり飲んでる」と激怒。時々TVでは見ているものの、仕事をしているところって見たことないんです。父ひろしはどんな仕事しているか分かりますか?

Aベストアンサー

漫画およびアニメでは「不明」となってます。(サラリーマン?)
というのは、あの話が作者の体験をもとに書かれているのは有名な話ですが。その「現実の作者のご実家は八百屋」なんです。
ということはとりもなおさず「ヒロシ=八百屋」なんですが、漫画やアニメでは「普通の家」になっているのでこんな矛盾ができてしまったようです。

Qますむらひろし氏の漫画

先日、本屋で初めてますむらひろしさんの漫画を見つけました。
表紙にとても惹かれて 今、買おうかどうか迷っている最中です。

そこで質問なのですが ますむらさんの作品は
一体どのようなストーリーなのでしょうか?
ファンタジーで不思議な感じ…というのは判るのですが
どのサイトさんを見ても 詳細なストーリーが判りません。

ちなみに いま特に気になっている作品は『アタゴオル物語』『ジャングル・ブギ』『オーロラ放送局』です。
上の作品以外でも お勧めのものがあれば教えて頂ければ嬉しいです。
あと、宮沢賢治関連の作品は知っているので その作品以外でお願いします。

Aベストアンサー

『アタゴオル物語』『アタゴオル玉手箱』『アタゴオル』『アタゴオルは猫の森』… これはアタゴオルシリーズといわれて、2本足で立つ猫たちがいる世界での日常と不思議なストーリーとしかいいようが無いのですが無理に内容を書くなら  日常→古代文明品?の発掘→ 文明品の解明、起動→オチといった感じのが多いです。
不思議な感じといわれるのは世界観自体もそうですが、文明品の形状や起動動作なんかもそれにあたるのではないかと。
『アタゴオル物語』はこのシリーズの最初の作品だけあってそれ以降に出た作品より万人受けはしそうに無い絵柄とストーリーだと思います。
初めて読むのなら『アタゴオル玉手箱』以降の方がいいかもしれません。この独特の世界観が好きになれるなら他の作品でも読めるのではないかと思います。

Q劇画版Qちゃん

昨日トリビアで紹介されていましたが、コミック化とかされていないのでしょうか?
短編漫画らしいので、短編集とかに掲載されていたりするのでしょうか?

読んでみたいので、ご存知の方お願いします。

Aベストアンサー

【『劇画・オバQ』収録単行本リスト】
●ゴールデンコミックス『藤子不二雄異色短編集(1)ミノタウロスの皿』(小学館)
●愛蔵版『藤子不二雄SF全短編(1)カンビュセスの籤』(中央公論社)
●小学館叢書『藤子・F・不二雄異色短編集(1)ミノタウロスの皿』(小学館)
●藤子不二雄ランド『異色SF短編(2)一千年後の再会』(中央公論社)
●小学館文庫『藤子・F・不二雄異色短編集(1)ミノタウロスの皿』(小学館)
●ビッグ作家究極の短編集『藤子・F・不二雄』(小学館)
に収録されています。
すでに絶版になっている本もありますが…探してみてください。

Q464.jpで

マンガを立ち読みしようと思ったら見れませんでした。何か設定等が必要ですか?

Aベストアンサー

cookieとJavaScriptを許可する設定が必要みたいです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報