C2H5OHって何を表した化学式なんですか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

構造式で表すと、



...  H  H
  │ │
H─C─C─OH
  │ │
...  H  H   C2H5OH エチルアルコール

こんな感じです。


それが酸化して
...  H  O
  │ ∥
H─C─C─H
  │
...  H       アセトアルデヒド


さらに酸化して
...  H  O
  │ ∥
H─C─C─OH
  │
...  H       アセティック アシッド(酢酸)


になります。
    • good
    • 0

 一般的に言うところのアルコール。

正しくはエチルアルコールの化学式です。
これが、発酵すればアルデヒドを経由する/しないで酢酸になりますね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

表 化学」に関するQ&A: デンプンの化学式

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q化学 化学反応式 覚え方

化学の化学反応式の覚え方についてなんですが、例えばプロパンが完全燃焼して、二酸化炭素と水ができるという問題があった場合、答えは3CO2+4H2Oですが、こういうのは答え自体を
暗記して覚える勉強法でいいんでしょうか?何でそうなるかを考えるより3CO2+4H2O自体を
覚えて勉強する勉強法で合ってるでしょうか?

Aベストアンサー

一応今、とある企業で化学を生業としていますが、プロパンの燃焼の反応式なんて覚えてません。誘導は当然できます。化学は結構覚えるべきことが多いので、考えて判ることまで覚えていると大変ですよ。#1さんがおっしゃる通り、この場合覚えるべきことは
・プロパンはC3H8
・プロパンが燃えると生成するのはCO2とH2O(これも覚えなくていいかも)
だけで、あとはとりあえず
C3H8 + □O2 → □CO2 + □H2O
と係数抜きの反応式を書いて、
左辺の炭素原子が三つなので右辺のCO2も三つ
左辺の水素原子が8個あるので右辺も同数、よってH2Oは4個
すると右辺の酸素原子は10個なので左辺のO2は5個
とかんがえることにより
C3H8 + 5O2 → 3CO2 + 4H2O
となります。場合によってはこの段階で係数が分数になることがあるのであとは両辺に適当な和をかけて係数を整数にします。

QC19H28O2 (テストステロン)

銃をいじらせた若者たちの口の唾液を調べると通常の100倍ぐらいのテストステロンが検出。

テストステロンという粒子が脳の中でどのように動き、どのようにして神経作用に干渉して闘争本能が起こるかって何か分かっている事ありますか。

難しい質問ですよね・・・・・・・・

Aベストアンサー

概略は以下。

攻撃性の元になるのは脳内のE2(エストラジオール)という物質。
E2の濃度が高くなると攻撃性が抑えられ、低濃度の場合には攻撃性が高くなる。

テストステロンが脳へ到達すると、酵素「アロマターゼ」の作用によって、E2(エストラジオール)に変換される。

一方、視床下部から分泌されるGnIH(生殖腺刺激ホルモン放出抑制ホルモン)が動物の攻撃性を抑制する作用がある。

GnIHはアロマターゼを刺激して、E2(エストラジオール)をより著しく増産して濃度が高くなり攻撃性が抑制される。

GnIHは女性特有のホルモンだから、女性の場合はE2の濃度が高くなって攻撃性が抑制される。

男の場合には、GnIHは微量しか無いから、テストステロンから変換されるE2しか無く、濃度が低いから攻撃性が生まれる。

Q化学反応式について

私は最近理科の授業でやっている化学反応式がわからなくなってしまい困っています。

特に化学反応式の書き方、化学反応式の作成方法、化学反応式の係数の決定方法の3つがわからなくなっています
以上の3つについてわかりやすく教えていただけたら助かります。

Aベストアンサー

keizu12 さんの回答:例)ナトリュウムと水素が反応してアンモニアが生成される場合。
ですが、keizu12さんご本人も気づいてはいるかとい思いますが「窒素と水素が反応してアンモニア...」が正しいですね。

keizu12さんのお示しの通りに数式を解いて係数を決定することがもっとも間違いない方法と思います。
a128さんの3つの質問から考えてもう少し初歩的な説明をつけてみます。
(1)化学反応式の書き方
 反応させるもの (+ 反応させるもの + ・・・) → できるもの (+ できるもの + ・・・)
です。反応させるものが1つの場合もありますし、3つ以上のこともあります。当然、できるものが1つではなく2つ以上のこともあります。
数については制限はありません。ただし、1つの化学反応に関して厳密な正解は一つです。(有機化学では、生成する水や塩などをよく省略します)
(2)化学反応式の作成方法
まずは、係数は関係なく、(1)のように”反応させるもの”を書き出し、”→”を書いて、右側に”できるもの”を書いてみてください。
(3)係数の決定法
keizu12 さんの方法がオールマイティーでしょう。(何にでも応用可能ということ)方程式を立てられる意味は、”→”の左側:反応させるもの全部を含めた、原子ごと(keizu12さんの例でいえば、N原子(窒素分子に含まれています)、H原子(水素分子に含まれています))の数が、”→”の右側:できるものの中の原子(keizu12さんの例でいえば、N原子、H原子(両方ともアンモニア分子に含まれています))の数と一致しなければならないためです。言い方を換えると(keizu12さんの例でいきますよ)、反応させる側の窒素原子Nの総数と、できるもの側の窒素原子Nの総数が同じ数になり、かつ反応させる側の水素原子Hの総数と、できるもの側の水素原子Hの総数が同じ数にならなければならないのです。keizu12さんの例でいうと N2+H2→NH3 のままでは反応させる側は窒素原子Nが2個、水素原子が2個ですが、できるもの側では窒素原子が1個、水素原子が3個で、窒素原子が1つ消滅、水素原子がどこかから湧いてきたことになります...。
変ですよねこれでは。化合物の立場に立って考えてみましょう。アンモニアには窒素原子が1つ含まれます。でも反応させる側の窒素分子は窒素原子を2個持ってますから、アンモニアは最低2分子できるはずですよね。だから、アンモニアの前に係数”2”をつけてみましょう。そうするとできるもの側の水素原子の数が全部で6個になりませんか?そしたら反応させる側にも合計6個水素原子があるようにしないといけません。反応させる側の水素分子は2個水素原子を持ってますから、水素分子が3個あれば合計6個になりますね。だから水素分子の前に係数”3”を書きましょう。keizu12さんの連立方程式を解くのと同じ答えになりました。
反応式が簡単であればこんな考え方でもできますが、反応させるもの、できるものが3つになったりし始めると、この考え方では余計ややこしくなりますのでkeizu12さんの回答のように解いていったほうがすっきりすると思います。
以上、参考にしてください。

keizu12 さんの回答:例)ナトリュウムと水素が反応してアンモニアが生成される場合。
ですが、keizu12さんご本人も気づいてはいるかとい思いますが「窒素と水素が反応してアンモニア...」が正しいですね。

keizu12さんのお示しの通りに数式を解いて係数を決定することがもっとも間違いない方法と思います。
a128さんの3つの質問から考えてもう少し初歩的な説明をつけてみます。
(1)化学反応式の書き方
 反応させるもの (+ 反応させるもの + ・・・) → できるもの (+ できるもの + ・・...続きを読む

Q発生学「2c、2m、4c」などの略語

発生学について勉強しています。

細胞分裂について「2c、2m、4c」などの略語が出てくるのですが
この略語が何を示すのかよく分からないで困っています。

最初は細胞周期を示すのだろうと思い、細胞周期を調べましたが、細胞周期の項目にこれらの略語は出ていないので違うようです。

基礎的な事なのでしょうが、もしご存じの方や参考になるサイトや書籍をご存じの方、お時間のある時にでも教えて頂ければ嬉しいです。

Aベストアンサー

核のDNA量を表す単位がCだったと思います。
核DNAが複製した後に細胞分裂が起こらない特殊な細胞周期では、
2CがDNAの基本単位だとして、核のDNA量が倍化するので2Cの倍化したものが4Cです。この特殊な細胞周期のことを「エンドリデュプリケーション」といいますが、簡単にいうと、M期(分裂期)のない細胞周期で、この周期が何度も繰り返されれば2c、4c、8,16c、、、、と倍々方式でDNA量が増えていきます。。。くらいの説明しか私はできませんが、
「エンドリデュプリケーション」で検索されてみては如何でしょうか?

2mはなんでしょうか?
詳しい説明がないので見当がつきませんが、人間の1コの細胞にある螺旋状のDNAをほどいてつなぎあわせると2m程の長さになるといわれています。

発生学や遺伝学は学生時代にかじりましたが、苦手意識が強いので参考意見とさせていただきました。

Q化学反応式についての質問です。

化学反応式についての質問です。

1.酢酸とプロピルアルコールの化学反応式

2.酪酸とエタノールの化学反応式

3.水酸化ナトリウムとエタノールとヤシ油から石鹸を作るときの化学反応式
※最初に水酸化ナトリウムとエタノールを加え次にヤシ油を加え、湯煎し撹拌する。
油滴が見えなくなったら蒸発皿にあける。
蒸発皿を加熱しエタノールを蒸発させると粘性のある液体となる。
粘性のある液体とはなにかも教えて下さい。
次に、飽和食塩水にその粘性のある液体を加えると石鹸が遊離する。

4.キサメチレンジアミン水溶液とアジピン酸ジクロリドヘキサン溶液の化学反応式

反応式と、粘性のある液体についてお答えいただきたいです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

1. 1-プロパノールだと仮定して、
CH3-CO-OH + CH3-CH2-CH2-OH → CH3-CH2-CH2-O-CO-CH3 + H2O

2.
CH3-CH2-CH2-CO-OH + CH3-CH2-OH → CH3-CH2-O-CO-CH2-CH2-CH3 + H2O

3.
ヤシ油は代表的な例でR-CO-OH、でRがC15で飽和のもの(パルミチン酸)44.3%、C17で飽和のもの(ステアリン酸)4.6%、C13で飽和のもの(ミス地リン酸)1%、C17で不飽和が一つあるもの(オレイン酸)38.7%、C17で不飽和が複数あるもの(リノール酸)10.5%、その他のもの0.9%、が3つグリセリンとランダムにエステル結合したものの混合物です。
http://en.wikipedia.org/wiki/Palm_oil
これを水酸化ナトリウムとエタノールの混合物に加え湯煎で焦げないように100℃未満で加熱・撹拌し続け、均一になるまで続ける。
これでグリセリンと脂肪酸のナトリウム塩のエタノール溶液が出来る。
だからエタノールを飛ばすと、グリセリンと脂肪酸のナトリウム塩が「粘性のあるもの」のはず。
そこへ飽和食塩水を加えると、グリセリンは溶け、石鹸(脂肪酸のナトリウム塩)が遊離する

4.
(ヘ)キサメチレンジアミンとアジピン酸ジクロリド・ヘキサン溶液の反応は
H2N-CH2-CH2-CH2-CH2-CH2-CH2-NH2 + Cl-CO-CH2-CH2-CH2-CH2-CO-Cl →
-(HN-CH2-CH2-CH2-CH2-CH2-CH2-NH-CO-CH2-CH2-CH2-CH2-CO-)n-
+[H2N-CH2-CH2-CH2-CH2-CH2-CH2-NH2]^+Cl^-↓
なおへキサメチレンジアミンは過剰に使う事が必要です。
また、カッコ内がゾロゾロつながったものが6,6ナイロンです。

1. 1-プロパノールだと仮定して、
CH3-CO-OH + CH3-CH2-CH2-OH → CH3-CH2-CH2-O-CO-CH3 + H2O

2.
CH3-CH2-CH2-CO-OH + CH3-CH2-OH → CH3-CH2-O-CO-CH2-CH2-CH3 + H2O

3.
ヤシ油は代表的な例でR-CO-OH、でRがC15で飽和のもの(パルミチン酸)44.3%、C17で飽和のもの(ステアリン酸)4.6%、C13で飽和のもの(ミス地リン酸)1%、C17で不飽和が一つあるもの(オレイン酸)38.7%、C17で不飽和が複数あるもの(リノール酸)10.5%、その他の...続きを読む

Q子供のいう事なんですが・・・生物は1と2と5?

子供のいう事なんですが、生物は1と2(2の倍)と5(5の倍)で出来ているのには、訳があるのかなあ?と言うんです。

調べましたが、そんなのは見当たらず・・・。

もう4日くらい悩んでいて、図鑑を見たりしています。

意味は、1は頭とか口とか心臓などで、2は目や手足、昆虫なら6本(2で割れる)です。
5は人間だったら指とか、イカの足(10本、5で割れる)

で、私なりに、1は一つでこと足りるから。2は左右のバランスをとるために・・じゃないかな?って言ったんですが「ヒトデは5だよ。半分にしたら3と2だよ」と。

ヒトデに左右があるのかどうか解りませんけど。

これってどう説明すればいいのでしょうか?
これについて何か文献などありますか?
図書館へ行って調べようと思っています。

もし、意味なんてないよ、という意見でも構いません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

その生物的な数は、フィボナッチ数という数列によく合致していることが知られています。

フィボナッチ数とは、単純にいえば前の前の数に前の数を足していった数列のことです。

具体的には、
1,1,2,3,5,8,13,21,…
という数列になります。

よく、ひまわりの種が中心部からフィボナッチ数列に並んでいることが、図鑑などに載っています。
昆虫の足が6本なのは、胸部の3節が左右対象に変形したもので、つまり、あれも実は3なのです。
イカの足の10本も、実は触腕2本と実際の腕8本に分けられるものです。
ヒトデの足は5、蜘蛛の目は8ですね。
植物でも、ヒマワリのような種の着き方の他、枝別れや葉のつき方などにも現れます。

何もないところから1、次も1(産みの苦しみ?^^;)、次は1+1で2、その次は1+2で3。どうです、増えやすいでしょう?
生物が増えていったり、進化していったりするうえで、前の前の数に前の数を足して新しい数にするというのは、生き物にとっては実に単純ですっきりしたことなのです。

ただし、生物学的には、その理由はまだはっきりとはわかっていないようです。それが、進化の王道をいっていることだけはわかっているのです(もちろん例外もあります)。

数列は小学低学年ではむずかしいかもしれませんが、単純に遊びのように足していくだけでも面白いと感じるのではないでしょうか。
親のほうで、最初は何もありませんでした、と0、次に一つできました、と1を書いてあげて、あとは順にお子さんに足していってもらうといいかもしれません。数学と生物のリンクはあとあと活きて来ると思いますよ。

「フィボナッチ数列」で検索するとたくさんでてきます。けっこう面白いですよ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%9C%E3%83%8A%E3%83%83%E3%83%81%E6%95%B0
http://club.pep.ne.jp/~asuzui/page10.html

その生物的な数は、フィボナッチ数という数列によく合致していることが知られています。

フィボナッチ数とは、単純にいえば前の前の数に前の数を足していった数列のことです。

具体的には、
1,1,2,3,5,8,13,21,…
という数列になります。

よく、ひまわりの種が中心部からフィボナッチ数列に並んでいることが、図鑑などに載っています。
昆虫の足が6本なのは、胸部の3節が左右対象に変形したもので、つまり、あれも実は3なのです。
イカの足の10本も、実は触腕2本と実際の腕8本に分けられるもので...続きを読む

Qなんの痛みでもいいので、痛みの化学反応式を教えてください。

いつもお世話になっております。
なんの痛みでもいいので、痛みをかんじる際
どのようなか化学反応式が起こって痛みを感じるのか教えてください。

たとえば、傷口にオキシドールで消毒した際に、「しみて痛い」
と感じたりするのは、体内でどんな化学反応式が起こって
痛みになっているのでしょうか?

Aベストアンサー

化学反応ではなく「細胞が壊される」痛みです。
目や鼻に水が入って痛いのも「浸透圧」の違いだし。

Q偏差値50の高校に通うものです 中間テストの生物基礎でDNAについてのテストなんですが、この表って覚

偏差値50の高校に通うものです
中間テストの生物基礎でDNAについてのテストなんですが、この表って覚えないといけないのですか?それともテストのとき問題用紙にこの表書いてあるのですかね?

Aベストアンサー

そんな表、覚える人はいませんよ。時間を有効に使ってください。テスト、頑張ってください。応援しています。

Q化学反応式の問題

化学反応式の問題でわからないところが
あったので教えてほしいです(;_;)


次の反応を科学反応式で表す。

(1)一酸化炭素と酸素が反応すると
  二酸化炭素ができる。

(2)メタンが空気中で完全燃焼すると
  二酸化炭素と水ができる。


化学反応式の作り方?がよく分からないので
詳しいやり方も教えていただけたらうれしいです。

Aベストアンサー

化学反応式では左辺に反応物、右辺に生成物をかきます。

(1)では
一酸化炭素と酸素が反応物、二酸化炭素が生成物です。
あとは係数をそろえるだけです。左辺と右辺の原子の数が等しくなるように考えたらよいでしょう。このとき、係数は最も簡単な整数比にしなければなりません。

一酸化炭素の係数が2、酸素の係数は1なので省略する、二酸化炭素の係数は2となります。



(2)では
炭化水素(炭素と水素からできている物質)を完全燃焼すると二酸化炭素と水ができるので、
左辺がメタンと酸素、右辺が二酸化炭素と水です。
係数をそろえるのですが、メタン分子には炭素が1、水素が4あるので、それを基準に考えるとよいでしょう。炭素の数に注目して右辺の二酸化炭素は1つできる(左辺の炭素の数が1なので)。水素の数に注目して右辺の水は2つできる(左辺の水素の数が4つなので)。そうすると右辺には酸素原子の数が4つになります。左辺の酸素原子が4つになるように酸素分子の数を考えると2になるはずです。

よって、メタンの係数が1(1は省略)、酸素の係数は2、二酸化炭素の係数は1、水の係数は2となります。

化学反応式では左辺に反応物、右辺に生成物をかきます。

(1)では
一酸化炭素と酸素が反応物、二酸化炭素が生成物です。
あとは係数をそろえるだけです。左辺と右辺の原子の数が等しくなるように考えたらよいでしょう。このとき、係数は最も簡単な整数比にしなければなりません。

一酸化炭素の係数が2、酸素の係数は1なので省略する、二酸化炭素の係数は2となります。



(2)では
炭化水素(炭素と水素からできている物質)を完全燃焼すると二酸化炭素と水ができるので、
左辺がメタンと酸素、右辺が二酸化炭素と...続きを読む

Q生物有機化学の構造式

課題が出ましたが
詳しくやっていないので
理解できません(;_;)
みんなの前で発表するので
考え方や解答を
教えていただきたいです!


「問題」
分子式C5H10であり、臭素水を加えると、臭素水の赤褐色が消えた。この化合物の構造異性体はいくつあるか。まだ臭素水の色が消えなかった場合の化合物の構造式を1つ示せ。

Aベストアンサー

臭素水の色が消えるのは付加反応がおこったからです。
付加反応がおこるのが二重結合をもつアルカンで、
付加反応がおこらないのが単結合のみのシクロアルカンです。

<アルケン>
CH2=CH-CH2-CH2-CH3 1-ペンテン
CH3-CH=CH-CH2-CH3  2-ペンテン(シス・トランスを含む)
CH=C(CH3)-CH2-CH3 2-メチル-1-ブテン
CH=CH-CH(CH3)-CH3 3-メチル-1ーブテン
CH3-C(CH3)=CH-CH3 2-メチル-1-ブテン
の合計6種ではないでしょうか?

<シクロアルカン>
5種あります。最も簡単なのは5角形です。
CH2-CH2\
|       CH2
CH2-CH2/
4角形+メチル基もあります。
CH2-CH2
|   |
CH2-CH-CH3


人気Q&Aランキング

おすすめ情報