カラムクロマトグラフィーの前後にTLCを行うと思うのですが、TLCの結果はどのようにカラムクロマトグラフィーに生かしたらよいのでしょうか?

A 回答 (2件)

こんばんは



>カラムクロマトグラフィーの前後にTLCを行う

カラムクロマトグラフィーの前後ではTLCの役割はちょっと違うでしょうね。
前に行う場合は溶媒の選定、固定層の検討などに役立つと思います。
分離の度合いをおおまかに見て、少量のサンプルで短時間に検討できるので便利です。

後で行う場合はそれぞれの画分の純度を知る目安になります。
たいていはフラクションコレクターで分け取っていると思いますから、
どこからどこまでを1つの画分としてよいかを知る目安になります。
全てのフラクションをTLCにスポットする場合もありますが、たいていは3
本おきや5本おきにスポットして、フラクションの溶出の概要を知ります。

不明物質があったり、詳しく知りたい場合はHPLCなどでフラクションの分析
をしますが、内容がわかっていておおよそを知ればいいようなときはTLCが
手軽で短時間に分析できるので便利です。
    • good
    • 0

展開溶媒の選択。

カラムの長さの決定。
・・・といったところでしょうか。

展開開始後であれば、溶媒の変更などの参考にもなるでしょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q紫外可視吸収スペクトルの解釈に関して

紫外可視吸収スペクトルに関して質問いたします。

エネルギーの大きさは

電子エネルギー>振動エネルギー>回転エネルギー

となっていると思います。電子エネルギーは紫外可視吸収スペクトルに反映、振動エネルギーは赤外に反映、回転エネルギーはマイクロ波に反映されると思います。

ここで質問なのですが、振動エネルギーや回転エネルギーが紫外可視吸収スペクトルに影響を及ぼすことはあるのでしょうか?またその場合紫外可視吸収スペクトルの形状が大きく変化することはあるのでしょうか?

現在測定しているサンプルの紫外可視吸収スペクトルの形状が非常にギザギザしていて解釈に困っています(一つのピークが何本ものギザギザしたピークに別れています)。また溶媒によってギザギザした感じが変化します。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

単純な分子だと振動構造が見えることがあります。
その様な分子では蛍光スペクトルにも振動構造が見えます。
ただ、ごく普通の有機分子では見る機会はないですね。
ベンゼンなどは見える例ですが、気体でないと無理です。

Q薄層クロマトグラフィーで、試験前のTLC板の再活性化というのは必ず行う

薄層クロマトグラフィーで、試験前のTLC板の再活性化というのは必ず行う基本作業なのでしょうか。
例えば市販品の新品のTLC板でも、再活性化は必要なのでしょうか?

Aベストアンサー

はい、「再現性」を担保するためには行った方が良いです。
でも、青色シリカゲル入の容器にずうっと入ったままでシリカゲルの色が変わっていなけれ、普通そのまま使っちゃいますね。(笑)

Q紫外吸収について

勉強不足で申し訳ありませんが、物質の紫外吸収について教えて頂けませんか?本には多重結合を持った化合物中を、紫外と可視領域の電磁波が通過すると電子の励起が起こって光が吸収される、とあるのですが、この説明からは単結合しか持たない物質は吸収を示さないのでは?と考えてしまうのですが間違いありませんか?二重結合を持たない化合物ではどんなものでも、最大吸収などは取れないものなのでしょうか?またそれならば、金属イオンの紫外吸収などはどういうことなのでしょう?ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

遅くなりまして申し訳ありません。過去に見たページを探し出せなくなって。(T T
>>この説明からは単結合しか持たない物質は吸収を示さないのでは?
そんなことはありません。しかし通常の紫外可視分光光度計では波長で200nm~700nm程度までしか測定できません。それより波長の短い(エネルギーの高い)領域では空気中の酸素、窒素、水、などなどが光を吸収してしまうため「真空紫外」領域用の分光光度計が必要になります。このような装置では実際に真空中で測定を行います。すると単結合の電子が励起される吸収が測定できます。
>>金属イオンの紫外吸収などはどういうことなのでしょう?
添付URLをご覧下さい。宝石屋さんのHPですが親切なものですねー。
遷移金属の発色はこんな風にして説明されています。またこの発色が遷移金属の特徴でもあります。このような軌道混成が遷移金属が化学合成の触媒として広く用いられる理由の基本にもなっています。

参考URL:http://homepage3.nifty.com/such/shumi/shumi2/color.html

QTLCとカラムクロマトグラフィー

TLCとカラムクロマトグラフィーの利点と欠点ってなんですか?

Aベストアンサー

TLC
利点: イニシャルコストが安い.簡単.
欠点: ルーチンとしての分析,分取が面倒.分析機器と直結できない.ランニングコストは馬鹿にならない.

カラム:
利点: 分析機器と直結できる.ルーチン化しやすい.ランニングコストは安い.
欠点: イニシャルコストが高い.とくにオープンカラムは腕の差が出やすい.

Q紫外吸収のあるもの、ないもの

紫外吸収のあるもの、ないもの
紫外吸収のある物質と、ない物質がありますが、どのようなものが吸収しやすく、どのようなものが吸収しにくいのでしょうか。一般的な傾向を教えてください。

Aベストアンサー

個別の具体名ではありませんが、紫外線吸収剤として使用される代表は、ベンゾトリアゾール系のものや、ベンゾフェノン系、とかが代表ですね。
構造は、「紫外線吸収剤」で検索すれば、簡単に見つかると思います。
また、どのようなものが、と言うのを物質名でなく、機構的に説明するなら、紫外線領域に吸収波長を持つ物質と言えますが、当たり前すぎて回答になっているのでしょうか?

Qフラッシュカラムクロマトグラフィーとは何ですか?

オープンカラムクロマトグラフィーとフラッシュカラムクロマトグラフィーの違いを教えてください。

Aベストアンサー

フラッシュクロマトでは、一般に、オープンカラムに比べて目の細かい充填材(シリカゲル)を用い、カラム内部に少しだけ圧力をかけて展開します。

本来、シリカゲルの目が細かくなると、展開溶媒の移動が遅くなり、分離に時間がかかるのですが、フラッシュクロマトではカラム内部の圧力のために、溶媒が速く移動し、短時間での分離が可能になります。

また、フラッシュクロマトの方が、「上等の」シリカゲルを使うことが多いですので、分離も良好です。

Qたんぱく質と核酸の紫外吸収について

たんぱく質の紫外吸収(280nm)はTyr、Trpによるものと習いましたが、これは芳香族アミノ酸の芳香環由来と考えて合っていますか?
また、DNAとRNAの紫外吸収(260nm)は核酸によるものと習いましたが、構造上は何由来なのでしょうか?これも芳香環由来ですか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

200nm以上に吸収があるものは共役系だと考えられます。
したがって、たんぱく質や核酸の場合は芳香環です。

ただし、たんぱく質の場合は、2次構造やアミノ酸以外の化学種(複合たんぱく質の場合)によっては、そのあたりに吸収が出てくる可能性もあります。

なお、Phe、Hisも200nmより長波長に吸収があるはずです。

Qクロマトグラフィーに使うカラムって

高速液体クロマトグラフィーについて調べています。でも「カラム」というものが一体なんなのかよくわかりません。
0から勉強する者にもわかりやすく教えてください。
おねがいします。

Aベストアンサー

HPLC用のカラムは以下の構造になっています:
出入り口:ポンプや検出器と接続するチューブとの接続用ネジ部(最近はPEEK材が多い)。
カラムの両側を抑えている「蓋」部。ここに内部向けと外部向けのネジが切ってあります。
金属フィルター部:流れ込んできた混合資料を均一薄いな層に広げます。また分離した薄い均一な層を他の層と混ざらぬように外部に押し出します。
そしてこの間に「カラム」の本体である「充填剤」がぎっしり詰まっています、隙間があると、層の乱れが起きるので、「ギッチリ、命」てな感じです。
この充填剤には色々あり下記の様なものが代表的です。
1.修飾シリカゲル:シリカゲルの表面を全部シリル化しそこからC18などの炭素鎖が生えたもの。オクタデシルなんて云う使い捨てのヤツはこいつ。
2.CNやNH3がC18の先っぽに付いている。水相でも有機相でも使える。
3.昔ながらのシリカゲルやアルミナ。
4.GPC(あるいはSEC)と呼ばれる分子量分画型のもの。
などなど。
早い話、黒板用のチョークが、ステンレスのチューブに詰め込まれていると思えば大きな間違いではありません。^o^

HPLC用のカラムは以下の構造になっています:
出入り口:ポンプや検出器と接続するチューブとの接続用ネジ部(最近はPEEK材が多い)。
カラムの両側を抑えている「蓋」部。ここに内部向けと外部向けのネジが切ってあります。
金属フィルター部:流れ込んできた混合資料を均一薄いな層に広げます。また分離した薄い均一な層を他の層と混ざらぬように外部に押し出します。
そしてこの間に「カラム」の本体である「充填剤」がぎっしり詰まっています、隙間があると、層の乱れが起きるので、「ギッチリ、命...続きを読む

Q紫外吸収スペクトル

2,3-ジメチル-2-ブテンと2,5-ジメチル-2,4-へキサジエンを紫外吸収スペクトルで見分けるとき、どのようにすれば良いのでしょうか。

Aベストアンサー

その分子のスペクトルは見たことがありませんが,
原子分子スペクトルの一覧は何処かの本に記載されているかと思います.
たぶん,振動・回転のスペクトルに相当する吸収が出ているのですよね?

該当する波長域にスペクトルが出ていれば,物質を特定することが出来ます.
ただし,条件によってははっきり出ないところもありますので,
最低限,「ここにスペクトルがあるから,こちらではない」と言う消去法になるかも知れません.

特に回転・振動スペクトルは温度によってガラリと見た目が変わりますので.

Aベストアンサー

カラムの原理はほぼ一緒だと思われます。
筒の中に、調べたい材料が吸着する吸着剤を詰めたものが「カラム」です。
~カラムはそのカラムの種類なので、いろいろあります。
基本的な原理としては、カラム内に試料を注入。それを溶媒で流し、カラム内で競争させます。
吸着しやすいものほど時間がかかって、その物質の移動時間と、量でその試料の成分を分解して計れます。
これがカラムの原理です。


人気Q&Aランキング