大昔から小作人のいる市街地農地の一部を分筆して小作人の権利と交換し(交換契約)、戻ってきた農地を現在駐車場として貸しています。この場合譲渡所得税はかかりますか。
 農地面積 900m2の内35%、315m2を分筆して小作人の権利と精算
戻ってきた585m2の内50m2を市に道路として寄付。
535m2を駐車場として貸している。
 よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

所得税 譲渡」に関するQ&A: 譲渡所得の住民税

A 回答 (3件)

再度、書き込ませて頂きます。


「何時以降なら売却されても問題ないのでしょうか? 」
⇒通説として、『一収穫期後であれば、譲渡を予定していたとは見なさない』つまり、田であるならこれから苗を植えて、秋の収穫を終えていれば、ということでしょう。これは公的な判断ではありませんし、また国税庁の内部通達かどうかは不確かです。
「農地法以前の小作さんなので、交換の特例は使えない?」
⇒なるほど、そういう意見もあって然るべしですね。税法の論拠的にはそうなるかもしれません。しかし、論理的なことよりも、前回コメントしましたように、そこまですると農地の転用政策にブレーキがかかるのは必至です。そうなると市街化が進まないのですから。また事例として、それで課税されたということは私は聞いたことがありませんし、所轄税務署がそこまで判断するのかが微妙ですね・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

rottenboy様再度のご回答本当にありがとうございました。理屈より実際面からのご意見大変参考になりました。

お礼日時:2002/03/03 21:01

基本的にsiginoさんの回答で充分だと思います。


補足しますと、本質的には分筆された土地の『耕作権』と『底地権』を互いに売買したことになります。それが、ほぼ対等の対価となる場合には、一定の条件を基にして譲渡がなかったものとみなす税制を『交換の特例』(所得税法58条)と言います。
で、気になる条件ですが大きいところを挙げますと、
(1)取得後の売買を予定したものでないこと。
(2)交換取得した資産を交換前の資産と同一の用途にすること。
(3)両者が上の二つの要件を満たすこと。
となっています。
よって、もし小作人の方がすぐに売却したりすると本法の特例は無効になります。
すると時価による売却があったものとなり、negawakubaにも譲渡所得が発生します。
negawakubaさんの側からの判断としては、用途が同じ貸付地ですから問題はないでしょう。
また、一応は申告を要件として認められていますのでご注意下さい。

まぁ、市街地農地は国政の成り行きからか、あまり厳しくはしていないようですが・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 rottenboy様、詳しいご回答ありがとうございます。気になる事なのですが、小作さんのほうも、権利精算で受け取った土地を何時までも耕作する気はなさそうです。万が一売却されたら当方に譲渡所得発生!・・・何時以降なら売却されても問題ないのでしょうか?
 それと、農地法以前の小作さんなので、交換の特例は使えない?という人もいて、まだ困っています。お忙しいと存じますが、お時間有ればお教えください。

お礼日時:2002/03/02 21:23

すみません。

よくわからないので、、、

900m2の土地を持っていた。→その土地はまるまる小作人に貸していた。→そのうち315m2を小作人に売り渡し、585m2は返還してもらった。→この取引に金員の授受はなかった。

ということでしょうか?

金員の授受がなかったのですから、当然所得もなく、譲渡所得税はかかりません。
この取引では315m2の所有権と900m2の小作権(借地権?)を交換しています。
万一、この所有権を換算した金額と小作権を換算した額があまりに不釣合いだと贈与税の対象になる可能性はあります。
もっとも、この二つが等価だということで当事者同士合意されたのだとおもいますので、特に問題ないと思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

sigino様、ご回答ありがとうございます。ご理解いただいたとおりなのですが、農地の小作権は宅地の借地権とは扱いが違うと色々言う人がいるもので、困っていました。私もsigino様の回答が合理的だと思うのですが・・・

お礼日時:2002/03/02 21:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小作権に関しての質問です。無償で農地を貸しています。小作人は野菜類を作

小作権に関しての質問です。無償で農地を貸しています。小作人は野菜類を作っておられます。賃貸契約書はありません。このような場合小作権は発生するのでしょうか。発生するとすれば何年で発生するのでしょうか。

Aベストアンサー

解約制限や自動更新などの農地法の小作人保護規定は、賃貸借だけを対象にしているので、使用貸借の解約については、農地法独自の規制はありません。

ただ、農業者年金などに影響することがあるため、行政指導として、解約の報告は求められるでしょう。
http://betsukai.jp/blog/0001/index.php?ID=789

Q農地貸賃借契約契約にて農地を貸していますが・・・

農地貸賃借契約契約にて農地を貸しています農地と違った使用方法をしています。

(1)ほぼ雑木林となっている。
再三再四周りから苦情がきているので改善してほしいとの意向を伝えたが改善されない。
(2) ごみ処分場として使用している
農地と違った使用をしています。

農地として使用しないのであれば、契約解除を求めているのですが応じてくれません。


また農地貸賃借契約契約に、第二項により貸主は、左に定める事情があり、かつ、農地委員会の承認がある場合契約解除できるとの一文があります。

契約解除は可能でしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

契約解除は可能です。
ただし、契約解除に応じない場合もあるので、このときは、裁判所で強制執行してもらうしかありません。

土地の整地に自腹を切ることになるかも知れませんが、費用が掛かっても、契約違反者相手に貸しておく方が問題です。

Q小作人の権利とは?

私の父親が、九州の田舎に先祖代々(戦前から)田んぼを1反(たん)毎年2万5千円土地代として払っているそうです。父親も高齢なので田んぼを返したらと思ったのですが、元々はは8畝しかなくて
2畝は、自分たちで土地を購入し1反にしたそうです。

私達の希望は、田んぼを返したい。


(1)小作人の権利とは、何かあるのでしょうか?
(2)離作料とはなんですか
(3)2畝を地主が、購入してくれない場合の土地の分け方はどうすればいいのでしょうか
 測量士に頼んでとか行政書士に登記関係を住宅の土地みたいにするのでしょうか

農地の事なのでお詳しい方、何卒ご教授ください。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

農地の話は、普通は地方公共団体(役場)の中に、農業委員会があって、
農業委員会の仲介によって、小作契約を結んで行います。通常は、3年とか
5年とかでの更新になります。
小作料を払っている場合は、農業委員会を通していない場合と思われます。
1)小作人の権利は、ある期間、その土地を借りて作物を育てていい権利のことです。
  通常は、作物を植え付けてその果実が実るまでを占有できます。
2)離作料を云々と言うことはあまり聞かない話ですが、貸主が土地の賃料が
  毎年は入っていたのに、入らなくなることへの違約金であると思います。
  契約期間を定めている場合は、その残存期間の使用料を払うのでしょうが、
  定めていない場合はどうするかですが、相談になると思います。
  農業委員会を通している場合は、離作料または離農料とかは発生しません。
3)測量されていない場合は、言われるとおり、測量分筆が必要です。
  ただし、その土地の売却金額を聞いてみて、20万以下の場合は、測量代で
  それだけかかりますので、その土地を借りていた貸主に贈与した方がいいかも
  しれません。(離作料の代わりと言って)

農地の話は、普通は地方公共団体(役場)の中に、農業委員会があって、
農業委員会の仲介によって、小作契約を結んで行います。通常は、3年とか
5年とかでの更新になります。
小作料を払っている場合は、農業委員会を通していない場合と思われます。
1)小作人の権利は、ある期間、その土地を借りて作物を育てていい権利のことです。
  通常は、作物を植え付けてその果実が実るまでを占有できます。
2)離作料を云々と言うことはあまり聞かない話ですが、貸主が土地の賃料が
  毎年は入っていたのに、入ら...続きを読む

Q祖父が昭和の初めに小作をしてもらうことにした農地があります。

祖父が昭和の初めに小作をしてもらうことにした農地があります。

祖父が昭和の初めに小作をしてもらうことにした農地があります。
農家台帳は自作地扱いで、永小作権は登記されていない農地です。
今は 祖父の代から続いてお孫さんが小作をされて毎年一度小作料をもらっています。

先日 知人が この農地を別の場所の農地と交換しないかと 不動産業者が言っているのだがと 話をしてきました。
後々のことを考えると 交換しておく方がいいのではとの話です。
私は農地を売却、交換するつもりもなく今のままで管理していく予定です。

ただ 農地小作をされている方が60代なので、その方のあと ご家族の方に耕作する人がいない場合はどうなるのかと思ったりはします。

知人が農地交換を言った意図と 今の状態でいいのかどうか をアドバイスをお願いしたく思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

小作権とは永小作権のことでしょうか。賃借権でしょうか。使用貸借のこと、ではないですよね。お金貰っているから。

永小作権であれば登記が必要です。無い場合その権利は主張出来ません。
bear1さんの文面から賃借権しか無いように思えます。
当時の約束ですから口約束だけでしょう。田舎では今も当然のように口約束だけで賃借を始めますし、知れた間柄ならなんの問題もないと思います。

交換や売買というのは土地を買う人や交換する土地の地主のことで、
小作権(永小作権か賃借権)は小作人に対してです。

小作中に強引に交換や売買を行ったとしても小作人に対して今後の賃借権に関して話しあうのは新しい地主です。
もちろん「スジ」として先に小作人に説明は必要だと思いますが。


取り決めを存続させて行くだけなら今のままでもいいでしょう。
せっかく畑を管理してくれているのに、いまさら契約書云々を申し出たら
小作を放棄する可能性も少なくないですよ。
いい関係が続くことを望みます。

Q分筆された土地と権利証の関係

土地を分筆した場合、分筆前の権利証(登記識別情報)に加え、土地家屋調査士が作成した土地分筆登記申請書が出来ます。分筆した土地を売却するとその分筆登記申請書に法務局の売却印が押され、売られた土地に関する権利証が発行されます。
私の疑問は
土地を分筆した時点でそれぞれの土地に関する権利証が発行されない理由
です。
権利証を発行する方がすべての土地に対して1対1の関係で権利証が存在することになるので便利だしわかりやすそうな気がするのです。

法律だからという回答でなくて「その意義」を教えてください。

Aベストアンサー

法務局の考えは不明ですが、
一番の理由は、分筆に印鑑証明書を添付しないと言うことだと思います。
権利書が確実に本人に返却されたことを担保されない。
もし、権利書を交付するには、印鑑証明書の添付を要することになるだろう。 法律改正する必要もあります。

合筆は、新たな権利書が交付されます。 印鑑証明書を添付します。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報