お尋ねいたします。

義理親の土地が100坪強、建物が40坪くらいで、建ぺい率は70%です。
そのあまった土地に別棟で家を建てたいと考えていたのですが、その地帯には
民家を増やそうとする地帯ではないので、別棟をたてることができないらしいのです。
いろんな複雑な制約があって、昭和46年以前に土地を所有していればOKだとか
以前所有していた人が親戚ならOKかも?とかいろんな決まりがあって、おそらく
難しいだろうといわれました。

そういう場合は、義理親に余った土地を譲ってもらってもやはり家を建てる
ことはできないのでしょうか。

二世帯に増築する分には、建ぺい率や容積を超えなければいいそうなのですが、
今の家は、木造の平屋で、将来二世帯にする為のつくりではないんです。
そういう場合は、かなり割高になるのでしょうか?

どんなことでも結構ですので、アドバイスをお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 フリーハンドで回答していますので誤答でしたらお許しください。


 建ぺい率70%容積率400%というのは、確か都市計画区域外の規準と記憶していますので矛盾しますが、昭和45年12月25日施行(?)の都市計画法によって、都市計画区域内の市街化調整区域内では建築原則不可、という規制がされ、その際すでに建っている建物の権利を保護するため、一定の要件のもと「既存宅地」という法制が設けられました。お話を伺う限り、この制度のことをさしていらっしゃるように思いますが、時代変わり去年の5月18日施行(?)の改正都市計画法で、この「既存宅地」の制度が廃止され、以降は地方自治体の個別の判断になった、ということが私の頭の中に記憶されています。
 以上だとすれば、一義的な回答は不可能だと思うので、都道府県なり市町村なりの都市計画課や建築指導課といわれる然るべきところに電話アポをとって、建物が建てられるかどうか調べたい、といえば対応してくれると思います。また、それらとは別に、開発許可・一定の商業建物・分家確認などといった方法で建築確認が取れる場合がありますので、ケースにより建築士の方が回答していただけると思います。
 なお、増改築に関しては、10m2を超えるものについては建築確認が必要だったと思いますので、いずれにしても上記のような役所にご相談されることをおすすめします。
 最近現場でこの仕事をしていないので、か弱い回答ですみません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q相続時の土地の評価額

相続時の土地の評価額についてお尋ねします。

以前から漠然と、相続の際、現預金より土地のほうがはるかに低く評価されるので有利と考えていました。

ところが自分が遺言書を書く気になって、信託銀行に行き、「小当たり」してみたところ、今は土地も実勢価格で評価されるので、現預金と、有利不利はないと言われました。

確かに今は実勢価格と、路線価や公示価格と差がないと聞いた記憶があります。

一方で、五年前に母が死んだ時の自分の相続の明細を見ると、土地の「相続税評価額」は実勢価格の1/3以下になっています。

そもそも相続上の評価額と「相続税評価額」は意味が違うのかもしれませんが、よく分かりません。

一度離婚していて、いろいろ複雑な問題があり、信託に相談するとしても、基礎知識として知っておきたいと思います。

実際はどちらが正しいのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>相続上の評価額と「相続税評価額」は意味が違うのかもしれませんが、よく分かりません

市街化調整区域の場合は倍率方式を採用しますので、NO1の方が言われる様な方法ですね。
市町の発行する評価証明×相続税倍率=相続税評価額

市街化区域の場合は税務署が路線単価を持ってますので
路線単価×奥行き補正率×間口補正率×m2=相続税評価額

色々「かける」ことによって「実勢価格に近づける」でしょうか。

http://www.taxanswer.nta.go.jp/4602.htm
http://www.rosenka.nta.go.jp/
当年分は、いつも7、8月ごろです。

Q土地60坪、延床40坪(総2階)の場合、庭はどの程度できますか?

土地60坪、延床40坪(総2階)の場合、庭はどの程度できますか?

このたび、60坪の土地を購入し、建坪40坪程度の家を建てることにしました。
土地は、ほぼ長方形で2面が道路に接しています。
建物も、長方形(総2階)になる予定です。

その場合、庭はどの程度の広さになるのでしょうか?

具体的には、

車1台(ポート付)
自転車4台(ポート付)
洗濯干し
ガーデニングスペース

を設置したうえで、犬が遊ぶスペースが確保できるのかが気になっています。

実体験等、お聞かせください。

Aベストアンサー

最初に総2階で延床40坪と書いているので、建坪20坪で計算しますね。

60坪の土地に建坪20坪、この時点で残り40坪

家は、境界線にぴったりはできないので、3面は隣地から30cmほどスペースを空けるとして約3坪で残り37坪

車1台分のスペースで約7坪、あと30坪
自転車4台分で約2坪、あと28坪
洗濯干しで1坪、あと27坪
ガーデニングで駐車スペース分くらいとっても、残り20坪

元々の建坪くらいはガーデニングを除く庭として残せます。

Q遺産相続および土地評価について

祖母の遺産相続でもめております。

祖母には3人の子がいて、内一人が私の父です。
祖母は土地をもっていましたが相続税対策のため
銀行に借金をしてマンションを建設しました。
(現在6千万の負債が残っています。)

銀行との契約は
祖母と父が「連帯債務者」私が連帯保証人です。

遺言書にはマンションは父に相続させる記述がありましたが
土地、借金については言及していないため

兄弟達はマンションの土地は相続人全員に権利があるから
相続させろと主張し、さらに借金については相続しないと言い張ります。
法定相続的には負の財産も均等である旨を父が主張しても
「連帯債務者」である父が負担すべきと返されます。

この主張は正しいのでしょうか?

また、マンションとその土地の名義が分散してしまうと
もめ事の種にもなりかねないため、兄弟の相続権のある
マンション建設地の評価分を現金で支払おうとしていますが
その際の土地の評価はどのようなものになるのでしょうか?

兄弟は更地の売却実勢価格分よこせと言い出すでしょうが、
当方としては安い路線価や固定資産税評価を基準にしたいところですし
マンションが建っている土地である以上、貸家建付地という条件、
またその土地はマンション建設の為に借り入れをした銀行の
抵当にもなっているため、評価は低いと考えます。

祖母の遺産相続でもめております。

祖母には3人の子がいて、内一人が私の父です。
祖母は土地をもっていましたが相続税対策のため
銀行に借金をしてマンションを建設しました。
(現在6千万の負債が残っています。)

銀行との契約は
祖母と父が「連帯債務者」私が連帯保証人です。

遺言書にはマンションは父に相続させる記述がありましたが
土地、借金については言及していないため

兄弟達はマンションの土地は相続人全員に権利があるから
相続させろと主張し、さらに借金については相続しな...続きを読む

Aベストアンサー

■[上記案に間違いはあるのでしょうか?]

遺言で指定された以外の財産については、相続人間の遺産分割協議で財産を分割します。

従って、補足された内容が間違いであるかどうかという判断はなく、それが相続人間で[合意]されればOKという話になります。

ただ、法定相続分を考える場合には、総資産(遺言で指定された財産とそれ以外の財産を合計した財産)を前提にして考えます。ですので仮に相続人が父、弟A、弟Bの3人であれば、全体の財産と負債に法定相続分が1/3あるということになります。

また、遺産分割協議が調わない場合は家庭裁判所に遺産の分割を申立てることができます。 家庭裁判所はまず「調停」にかけ、調停が成立しないときは「審判」による分割を行うことになります。

■遺産分割方法について

ここからは分割方法について個人的なアドバイスを書かせて頂きます。

1.遺言で指定された財産について

遺言通り、父がマンション建物、弟Aが財産A、弟Bに財産Bをそれぞれ承継します。(ここまではOKですね)

2.マンションと土地と借入金について

これまでの経験から申し上げると土地・建物の所有権は一本化した方が宜しいです。(つまり、マンションの土地・建物を父の所有に一本化する)

その理由としては土地・建物を別の所有者とすると
・将来の売却する場合に障害になる可能性
(建物・土地単独では売却が難しい)
・次世代への相続時に話が面倒になる
・借地料支払の請求、借地権の発生・・・等
後々トラブルが発生しやすい状況になるからです。

次にその方法についてですが

借入金6,000万の連帯債務については、父だけではなく、弟Aも弟Bもその相続分に応じて負担する義務が発生します。つまり、仮に相続人が3人(父、A、B)の場合には、AとBがそれぞれ6,000万×1/3=2,000万、2人合計で4,000万の連帯債務を負担することになるわけです。

そこで父がAとBの債務4,000万を引受けるかわりに、その債務と同額のマンションの土地を引継ぐ事にするのです。(債務と土地が同額なのでプラス・マイナス0)

遺産分割協議でA・Bの債務を父が引受ける事について合意を取り付けるのです。

ただ、その合意は相続人間では有効な契約でありますが、第3者である銀行に対し主張することはできません。(つまり、銀行は相続人それぞれに返済を請求できる)

債権者である銀行にA・Bの債務を免除してもらうには「免責的債務引受」(他の債務者の責任を免除させる債務引受け)を承諾してもらう必要があります。

銀行が承諾するかどうかはここでは判断できかねますが、債務者の1本化、不動産担保力、マンションの収益力、連帯保証人の資力等を総合的に判断して決定されることになります。

(ただ、相続人間の合意は有効であって、要は銀行がどのように回収するかの判断の問題です)

また「マンション収益のある父だけが得だという反発があると思われますが、家賃収益は遺言書に記載された物件から得るもので正当である」についてはその通りですし、その収益からか借入金を返済していく必要があります。また、マンション経営を長期間続けることはそれなりにリスクを負うことになります。

3.200坪の更地について

父がマンション土地・建物・借入金、Aが財産A、Bが財産Bを取得した上で財産全体で各人が1/3取得でるように200坪の土地を分ける。

ただ、前述の通り、不動産の所有権は一本化しておいた方が賢明です。将来売却が確実な場合は共有としていても問題ないですが、それ以外の場合は各々が有効活用や売却しやすいうよいに分筆(分割)して所有しておいた方が宜しいでしょう。もし、分筆が難しいということであれば弟A・Bに代償分割してもらう方法も考えられます。

まとめますと
1.遺言通りに財産を取得
2.父がA・Bの連帯債務を引受けるかわりに、マンションの土地を取得
3.200坪の更地については相続財産が法定相続分の1/3になるように調整して取得

以上はあくまでも経験からの一案です。
参考になれば幸いですが、実際の相談は専門家になさってくださいね。

■[上記案に間違いはあるのでしょうか?]

遺言で指定された以外の財産については、相続人間の遺産分割協議で財産を分割します。

従って、補足された内容が間違いであるかどうかという判断はなく、それが相続人間で[合意]されればOKという話になります。

ただ、法定相続分を考える場合には、総資産(遺言で指定された財産とそれ以外の財産を合計した財産)を前提にして考えます。ですので仮に相続人が父、弟A、弟Bの3人であれば、全体の財産と負債に法定相続分が1/3あるということになります。

...続きを読む

Q95坪のうち、住まいの残り57坪近くのカーポート・エクステリア部分の土地の重機掘削についてお聞きします。

来月、大手のハウスメーカーでの新築着工にとりかかります。見積もりの金額も高く、カーポート・エクステリア部分の契約はしていません。そのせいか土の重機での掘り上げは家の建設部分だけで、そちらはしませんと言われてしまいました。他の専門外構業者に設計図を見てもらい、そちらの方が見積もりもかなり安価だったのです。雑草取りなど毎日が大変な労力で、瓦礫や根も深く、個人では到底無理があると思い、重機の件を質問すると、1m2あたり2万になると聞き、びっくりしています。田舎なのにそんなにかかるものなのでしょうか?着工時に、作業担当者の方又は現場監督に直接交渉してみてはいけないのでしょうか?それとも高くてもハウスメーカーに頼んだ方がよいのでしょうか?金額の用意に不安があるのです。得策があれば同じ経験、もしくは専門の方にお聞きしたいのです。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

私はそのような仕事をしています
掘削作業は地形、場所、取付道路などにより重機やダンプの大きさなどを決めます。
私は東京ですので残土処分は高く付きますが
地方であれば無料とか考えられます。

残土の量を計算してみて下さい
57坪に深さを掛ければ発生土量が決まります。
@\6,000~\10,000ぐらい考えられます。

草取りなどはしなくていいです。

Q家屋・土地相続の時の評価額について

兄弟2人で家と土地を相続するとなり
長男が家屋と土地を受け継ぎ名義変更を行い
次男には家屋と土地の半分に対応する金額を
長男からもらう形で相続を済ませようとする場合
一般的には土地と家屋の評価額はどうやって出すのでしょうか?
ご教授ください。

Aベストアンサー

不動産の価格について、同意に至らず、遺産分割審判(裁判)になった場合は、不動産鑑定士に鑑定評価を依頼して決めることになります。また、複数の相続人が、違う不動産鑑定士に依頼して、複数の鑑定結果が出た場合は、最終的には審判官(裁判官)が、その見識に基づいて、妥当な価格を決定します。

審判に至らない場合、世間一般では、どうやって価格を決めているかというのは、難しい質問です。

というのも、円満な遺産分割であれば、不動産の価格は、厳密に算定する必要がないことがほとんどだからです。

例えば、兄が「大体この辺は、坪××円くらいだから、この土地が○○円くらいかなぁ。じゃあ、半額の△△円を渡すということでいいだろうか?」といえば、弟が「まあ、そんなものだろう。」と答えて、遺産分割が終わるなんていうのがよくあります。

このとき、坪××円に何か根拠があるかというと、兄の地域住民として、見聞きした経験上の相場など、ほとんど根拠がないことが多いです。しかし、仲の良い兄弟であれば、あまり細かいことは言いません。

また、兄が不動産の半額を支払うだけの預貯金を持っていないことも多く、兄が支払える範囲で、弟が手を打つというのも普通のことです。こうなると、不動産の厳密な価格を調べるということに、ほとんど意味がありません。

厳密に決めるのであれば、不動産鑑定士に鑑定を依頼することになりますが、数十万円の単位で費用もかかります。当事者が納得できるのであれば、どのように決めてもかまいません。公示地価や路線価を調べ、兄弟二人がそれをベースに、話し合い、価格を決めるということも、あると思います。

不動産の価格について、同意に至らず、遺産分割審判(裁判)になった場合は、不動産鑑定士に鑑定評価を依頼して決めることになります。また、複数の相続人が、違う不動産鑑定士に依頼して、複数の鑑定結果が出た場合は、最終的には審判官(裁判官)が、その見識に基づいて、妥当な価格を決定します。

審判に至らない場合、世間一般では、どうやって価格を決めているかというのは、難しい質問です。

というのも、円満な遺産分割であれば、不動産の価格は、厳密に算定する必要がないことがほとんどだからです...続きを読む

Q土地の件なんですけど、 30歳になる夫婦なんですが、 主人の実家に土地(農地300坪ぐらい)があり、

土地の件なんですけど、
30歳になる夫婦なんですが、
主人の実家に土地(農地300坪ぐらい)があり、そこで家を建てようかという話になっているのですが、先日調べたら、土地が青地でした。農地転用に時間がかかるのはわかっています。
水道は土地の前の道路に通ってるので、そこから敷地内に引き込む工事が必要だったりもします。また地盤も弱い所なので多少なり深めに杭を入れる必要がある場所です。ちゃんと地盤調査をしたわけではないので、どれくらいかかるかは、不明です。

私としてはそこに正直住みたくありません。理由としては、不便な所、回りも農地で、分家で住む人ぐらいで、若い人はほとんどいません。 今その地域には子供は一人だけ。主人の実家から歩いて3分ぐらいの土地(関係は可もなく不可もなく、普通に話してますが、私としては苦手なタイプで、両親二人とも早期退職して自宅にいます。)

土地代がかからない方が勿論いいに決まってるのもわかりますが、
あまりに実家に近い、駅から遠い、回りに何も無さすぎ、(中学は歩いて20分ぐらいの距離です。小学校はもう少し距離はあります。)
主人は私が妥協してそこでもいいよという感じは知ってます。

先日別の土地だけを不動産巡って見てきたら、とてもいい土地がありました。
主人の希望の100坪以上(その土地は200坪ありました)私の希望の駅までさほど距離はなく、お互いの職場にも近い。
水道は通ってるので工事の必要はない。
隣は2世帯の同じ年代の夫婦が二階に住む事になってて、小学校、中学ともに2キロ圏内
土地代で800万です。

皆様ならどちらを選びますか?

主人は1年以上かかってもいいんじゃ?
青地だって多分通るでしょ
妥協した土地に住みたくない(田舎に住んできた人なので、土地は広くて当たり前、窓空けたら隣の窓がすぐあるような所は無理。実家に近いんだから、子供出来たら、小さいうちは預ければ保育園代かからない等言ってます)
因みにいいなと思った土地から実家までは車で30分ぐらいです。

色々書いて読みづらくて申し訳ありません。率直に同じような立場だった方とかの意見を聞かせてもらえればと思ってます

土地の件なんですけど、
30歳になる夫婦なんですが、
主人の実家に土地(農地300坪ぐらい)があり、そこで家を建てようかという話になっているのですが、先日調べたら、土地が青地でした。農地転用に時間がかかるのはわかっています。
水道は土地の前の道路に通ってるので、そこから敷地内に引き込む工事が必要だったりもします。また地盤も弱い所なので多少なり深めに杭を入れる必要がある場所です。ちゃんと地盤調査をしたわけではないので、どれくらいかかるかは、不明です。

私としてはそこに正直住みたくあり...続きを読む

Aベストアンサー

その土地の周囲は農地なのですか?
世代交代しても農地のままかどうか・・・
私が現在住んでいる地域は、歩いて数分で畑地・農地、車で十分で山があります。
その随所でソーラーパネルがどんどん増えています。
地面に手を加えた形跡がないので、雑草が生え放題の場所が多いです。
太陽光発電の有用性は理解しているつもりですが、屋根の上なら平気でも、自分の家が将来的にあのパネルに囲まれるかもしれないと思うだけでゾッとします。

800万の負担が減るのは魅力です。
でも、その土地の地盤が、杭を深く打ち込むだけで何とかなるものなのか。

私は夫の実家の敷地内に家を建てました。
夫は長男だし、他に義父母の面倒を見られるような兄弟がいないからです。
でも、夫と前妻の子供を引き取ることになって、その子供のアレコレが原因で夫と義母が大喧嘩をして、「出て行け」と言われたので経てて3年ほどのその家を捨てました。
絶縁状態から5年経ち、今では義実家に夫も継子も私も行くようになりましたが、我が家を直視することはできません。
今の中古の家のローンを返済する条件に、「その(捨てた)家を借家にして家賃収入を得るのならローンは組めません」と言われました。
当然のことだし、夫の兄弟に貸すというのもなんとなくイヤだったので、その条件は即座に飲みましたが、気分的には落ち込みました。
やり直しの難しさを実感したわけです。

ご主人の実家の敷地内でなければ、こんなことにはならないでしょうが、もしどうしてもそこに建てるのであれば、少なくとも、土地の名義はご主人に変更してもらわないと。
(生前贈与ではなく相続時精算課税制度を使った方がいいかもしれません)

私だったら、その土地の地盤調査をお金を払ってでもすると思います。
それか、3分も3秒も変わりないと思うので、白地にするか。
でも・・・
私はカエルの声を聞きながら、虫や蛇に囲まれながら育ったし、小学校の同級生が30分以上かけて通学していましたし、私自身は中学まで15分以上徒歩で、それが当たり前だったので、特段不便だとは思いませんが、高校卒業後は都会暮らしが長く、久々に故郷に帰って市街地に住むようになったら、やっぱり便利です。
自分自身が高齢になった時のことを考えても、スーパーやコンビニ、ドラッグストアに診療所が徒歩圏内にあるのは、心強いですよ。

あなたが見つけた土地なら、将来的にご主人の親御さんを引き取れる家も建てられますよね。
私たち夫婦が建てた家は、義実家の敷地内にもかかわらず、義父母が寝たきりになったことを想定して私が設計しました。
(夫の前妻が不慮の事故などで他界することも想定して子供部屋も)
私は病院でバイトをしたことがあり、介護をするなら同じ屋根の下でないと負担が大き過ぎると実感したからです。
事実、後年実母が要介護になった時も、車で15分弱でも、かなりきつかったですよ。

いくら隣でも、玄関でサンダルをはいて一日に何度も行き来するのは結構な負担です。
療養食を勝手の違う義実家で作るのも大変だし、自分のキッチンで作って運ぶのも面倒です。
そこに夜間のおむつ替えなどが加わったら、自分もダウンするのが目に見えています。
(ご主人もあなたと同等には介護する義務があると私は思います。
 いえ、ご主人が率先してやるべきです。
 あなたも稼いでいるのに「嫁がやって当たり前」は通用させてはダメだと思います)

「私があなたのご両親の介護もするから」ではなく、「介護がどうしても必要になる可能性もあるし、それなら尚更、病院が近いとか救急車がすぐに来てくれる場所の方がいいと思うんだよね。」と、ご主人に言ってみてはどうでしょうか。

それでもご主人がその土地に固執するなら、決める前に地盤調査はしておいた方がいいと思います。
その結果次第ですが、800万あれば、お子さん二人を私大に行かせられますしね・・・

その土地の周囲は農地なのですか?
世代交代しても農地のままかどうか・・・
私が現在住んでいる地域は、歩いて数分で畑地・農地、車で十分で山があります。
その随所でソーラーパネルがどんどん増えています。
地面に手を加えた形跡がないので、雑草が生え放題の場所が多いです。
太陽光発電の有用性は理解しているつもりですが、屋根の上なら平気でも、自分の家が将来的にあのパネルに囲まれるかもしれないと思うだけでゾッとします。

800万の負担が減るのは魅力です。
でも、その土地の地盤が、杭を深く打...続きを読む

Q使用貸借の土地を相続する際の価格評価は?

母名義の土地に父名義のアパートを建ててある場合について質問です。父が地代を払っているわけではないので使用貸借ということになるかと思いますが、母が先になくなった際に、その土地を相続する場合、その土地の評価額というのは、貸家建付地としての評価をしてもらえるのでしょうか。また、父が相続した場合と子が相続した場合にその評価に違いはありますか。  高齢の父母が心配しています。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

地代の収受があれば貸地評価をすることが出来るかもしれませんが、ご質問の場合、使用貸借のため自用地としての評価になり、借地権割合等の減額はないものと思われます。

ちなみに、建物とその敷地の用に供されている土地の両方を所有している場合にのみ、貸家建付地の評価になります。

Q義理の母と完全分離型の2世帯住宅を建てます

妻が買ったマンションに妻と義理の母が住んでたのですが、そこに妻と僕が結婚して3人で同居するようになりました(マスオさん状態です)。しかし手狭なので僕たち夫婦がアパートを借り、義理の母はそのままマンションに残って別々に住んでます。
2重家賃なので、少しでも今払っている(ローン+家賃)を減らすために完全分離型の2世帯住宅を土地から購入して建てようと計画してます。妻は、僕と義理の母に挟まれるのは精神的に厳しいので完全分離型を検討中です。

そこで費用負担の面で揉めているので皆さんのご意見をお聞かせください。
妻には兄(長男)がいるのですが、少し離れたところに住んでおり(夫婦2人、子供1人)、お金が無いから家の購入についてはもちろん、今後の義理の母にかかる生活費等は一切出せないと言ってます。現在も義理の母の生活費等は僕たち夫婦で全て負担してます。
義理の母もお金が無いといって2百万くらいしか出せないと言ってます。(現在年金は7万円くらいと聞いてます。)

僕(長男です)の両親に相談したところ、妻の家に入ったわけではないから僕たち夫婦が全額負担することないと言います。僕の両親からしたら、義理の母を面倒見るために自分たちの生活を切り詰めてまで苦労すること無いと言うのです。夫婦二人で幸せに暮らして欲しいというのが僕の両親の願いで、僕の両親は子供たちには迷惑をかけたくないというのがポリシーのようです。長男が母の面倒を見るべきという古い考え方なので。

やはり家を建てるのは僕たちなので家の費用は僕たちで全額負担するのは仕方ないのでしょうか?
まだそれは解るのですが、義理の母の生活費等を長男から少しでももらおうと考えるのは間違っているのでしょうか?

皆様の貴重なご意見よろしくお願いします。

妻が買ったマンションに妻と義理の母が住んでたのですが、そこに妻と僕が結婚して3人で同居するようになりました(マスオさん状態です)。しかし手狭なので僕たち夫婦がアパートを借り、義理の母はそのままマンションに残って別々に住んでます。
2重家賃なので、少しでも今払っている(ローン+家賃)を減らすために完全分離型の2世帯住宅を土地から購入して建てようと計画してます。妻は、僕と義理の母に挟まれるのは精神的に厳しいので完全分離型を検討中です。

そこで費用負担の面で揉めているので皆さんの...続きを読む

Aベストアンサー

家の建築と義理親の生活を見るのは別問題です。

親の面倒をみる際におかねが必要なら、それは兄弟で分担するべきです。
同じ額ということはなく、財産のあるなし、所得によっても違うでしょう。
ただ、家の建築でおかねを出せというのはないです。

あくまでこの建築の名義は御夫婦のはず。
生活についてはいくらかかるので、これくらいは出してほしいと訴えることは出来ますよ。
調停で呼び出すとか弁護士を入れてもいいです。

Q相続税の評価で土地の評価方法を教えて下さい

相続の土地評価方法がわからず大変悩んでいます。画像の黄色が母名義(被相続人)の土地で緑が私名義(相続人)の土地です。
黄色部分の土地をどのように評価すべきかわからず困っています。

手前の大きな道路は路線価20000がついています。
後方は私道で路線価がついていません。
路線価のついている道路に接している部分は間口が0.54mで隣人と境界でもめたため境界用に購入した細長い土地(10m2)で入り口とはなっていません。
黄色部分は400m2で緑部分は200m2です。間口は18m、奥行きは32mです。
黄色と緑の両方の土地の上に店舗兼居宅の母名義の家屋が建っておりずっと同居しておりましたので
出入りは正面からも裏面からもできます。
ただし正面は店舗の入り口となっております。
裏面は道路北側の隣人の所有で以前は通行しないように言われたこともありますが現在は通行可となっています。

評価方法をご教示ください。

Aベストアンサー

初めまして

大変ですね
詳しくは、下記の参考URL等を参照して下さい

一般的には、路線価で評価すれば、税務署には通ると思います
ただし、
>黄色と緑の両方の土地の上に店舗兼居宅の母名義の家屋が建っておりずっと同居~
とあるので、

1.小規模宅地等の特例
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4124.htm
の対象になると思います(8割引き評価、または5割引き評価が可能)
これは別途、計算しないといけません


2.
以下、土地の評価ですが、
http://www.nta.go.jp/taxanswer/hyoka/4604.htm
には、
「Q2 間口が狭小な宅地の評価」などありますが、
「奥行価格補正率表」、「間口狭小補正率表」など、
ご自身でやるなら、計算がややこしいと思います


なので、結論から言うと
補正率評価で計算した後の価格 < 路線価
だと思うので、高い方の路線価で申請すれば、
税務署は何も言わないと思います

また
>細長い土地(10m2)
は、「建物を建てる事が出来ない土地」なので、
路線価の1/2で評価しても大丈夫だと思います
税務署の判断は、「建物を建てる事が出来ない土地」なら、
私道、として見てくれるようです


なお、道路北側から(他人の私道を使って)出入り可能なので、
本来であれば、これも考慮するよう、言われるかもしれません

なので、黄色い土地を「高い方の路線価で申請」をオススメします

また、店舗兼住宅の評価は、お近くの地方税事務所で固定資産税の評価証明をもらい、
そのままの評価額で通ると思います

1.(小規模宅地等の特例)を使うのであれば、
 税務署に相続の書類を提出しなければなりません
 税務署に行けば、「相続の手引き」をもらえます

あくまで、個人的な推測ですが、他に多額の現金や不動産が無いなら、
基礎控除プラス相続人(1人1千万円)の、範囲内で収まりそうな気がします

なお、税務署に書類提出をしない場合は、1.の小規模宅地等の特例を使えません
と同時に、不動産の評価は(割引ナシの)路線価での評価となります
>細長い土地(10m2)
も、路線価での評価となります

心配であれば、プロ(税理士等)に相談することをオススメします


以上、あくまで、個人的なアドバイスです
どうか、頑張ってください

初めまして

大変ですね
詳しくは、下記の参考URL等を参照して下さい

一般的には、路線価で評価すれば、税務署には通ると思います
ただし、
>黄色と緑の両方の土地の上に店舗兼居宅の母名義の家屋が建っておりずっと同居~
とあるので、

1.小規模宅地等の特例
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4124.htm
の対象になると思います(8割引き評価、または5割引き評価が可能)
これは別途、計算しないといけません


2.
以下、土地の評価ですが、
http://www.nta.go.jp/taxanswer/hyoka/4604.htm
に...続きを読む

Q土地25坪。2階建にするか3階建か?3階建は価値が下がる?

25坪の土地に家を建てます。
今のままの間取りで建てると、駐車スペースが2台分。
1階に14畳のLDK、風呂、トイレ、洗面スペース。
2階に6畳が2部屋と、5.5畳が一部屋。それぞれにクローゼットと一つはウォークインクローゼットです。
それぞれの部屋を広くして部屋数を減らして、3階建にした方が良いのではと思うのですが、不動産屋さんや母などは『3階建ては止めたほうが良い』と口を揃えて言います。理由は、売るときに売りにくいと言うことと、階段がキツイ。とのことでした。
階段がキツイのは良いとして、本当に3階建にしたら次に売るときに売りにくくなるのでしょうか・・・。

Aベストアンサー

本当に売りにくくなるかどうかはわからないのですが、
3階建てには結構問題があるようです。

まず、3Fには水道水があがりにくくなります。
また、階段によるデッドスペースが出るので、
広さも単純に5割増にはなりません。
階段を上がるのも大変です。

そして、一番の問題、それは耐久性でしょう。
2階建てが3階建てになるから、強度を5割増 って,考えて施工している工務店が多いようなのですが、実際は風による基部へ掛かる力は倍になります。地震も同じです。
(モーメントを計算してみるとすぐにわかります。
 屋根を無視すると3倍!)
このため、最初は良いけれど....と、なってしまうのです。

軽量鉄骨を使うと耐久性は向上しますが、軽量鉄骨はねじれを生じるので、家がフラフラとしている感じになります。この揺れも2Fに比べて3Fでは倍、もしくはそれ以上になります。
(床面の地面からの距離が倍になる為、倍になり、更に鉄骨のねじれ分が足される)
以前、軽量鉄骨のアパートの3Fに住んでいて経験しました。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報