はじめにお断りしておきますが、埼玉には10年以上住んでまして、大好きな町です。
で、「ださい」の語源なんですが、「だって埼玉だもん」でしょうか?「だから埼玉は」でしょうか?
そりゃ、死語に等しい言葉ですから、どっちでもいいのかもしれませんけど、数日前から気になってしょうがないんです。

A 回答 (4件)

    • good
    • 0
この回答へのお礼

み、見事に混沌としてしまいました。タモリ起源説を否定するお話は私もどこかで聞いたことがありますが、「惰性」説は初めて知りましたし・・・。
深いぞ「ださい」

お礼日時:2002/02/28 20:13

埼玉が発祥とはぜんぜん関係なくて


「鈍くさい(どんくさい)」が変化したもの、とどこかで聞いた事があるけどね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

え?すると関西弁だったんですか?関西を離れて20年。コトバは進化するなぁ。

お礼日時:2002/03/03 06:44

僕も生まれてこの方、埼玉在住です(現在20代)。



GOOGLEで「ダサい 語源」で検索するといくつかヒットします。決まった語源はないようですね。

でも、「ダサイタマ」って呼ばれることは知ってるけど、「ダサい」っていう言葉自体が埼玉を起源としてる説があるなんて初めて知って驚きました。(「だって埼玉だもん」説も知りませんでした)


「ダサい」のが埼玉県民のいいところなんですよね~(^∇^)僕も埼玉大好き~


「ダサい」って言葉を使ってること自体「ダサ」く、「オシャレ」という言葉自体「オシャレ」でないこの矛盾・・・

哲学的だと思いません??(爆)

では。クレフ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>「ダサい」のが埼玉県民のいいところなんですよね~(^∇^)僕も埼玉大好き~
うむ、開き直れますからね。「ダサい?そ、ダサいのよあたしゃ。だって埼玉だもん。ほっといて」なんてね。

お礼日時:2002/02/28 20:16

 20年以上前ですが、当時の女子学生から「だって埼玉だもん」が語源だと聞きました。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「死語にしたくない日本語」

いつも方言のことで、日本語を見直すのですが、今、ラジオ局のサイトでタイトルの言葉を見つけ、「どんなものがあるだろう」とふと思いました。
皆さんいろいろとあると思いますが、教えていただきたいと思います。

Aベストアンサー

意図から外れてしまったらごめんなさい。

私が残したい日本語・・・それは絶対、各地の方言です。
その地方その地方で、その土地に根付いた素朴な言葉があるのに、最近では標準語に圧されて若い人はあまり使わなくなってきた事が淋しく思えますね。
どの土地に移ろうと、生まれ育って血肉となった言葉には愛おしさを感じます。私の場合は博多の人間ですが、愛の言葉一つにしても、どんなに美辞麗句を並べ立てるより一言、「好いとう」と言われた方が涙が出るほど嬉しいですね。そんな各地域の「文化」がさびれていくのは悲しい気がします。

あとは、「自然」に根付いた言葉でしょうか。
日本は自然を愛で、自然と共に生きてきた民族だから、調べると本当に沢山の自然を著す言葉があります。

夕暮れの薄暗い時間は「かわたれ時(彼は誰時)」
初恋は「恋の初風」
雪の積もった山から降ってくる雪片は「風花」
夕暮れ時の、あの妙にセンチメンタルな気分は「夕轟(ゆうとどろき)」・・・・

とても美しい言葉ばかりなのに、人が自然から離れて生きて行くようになった現代、こんな美しい言葉も廃れていっているような気がします。

スローフードが流行の昨今、スローランゲージ(?笑)にも目を向ける余裕が、日本人にも持てると良いんですけどね・・・

意図から外れてしまったらごめんなさい。

私が残したい日本語・・・それは絶対、各地の方言です。
その地方その地方で、その土地に根付いた素朴な言葉があるのに、最近では標準語に圧されて若い人はあまり使わなくなってきた事が淋しく思えますね。
どの土地に移ろうと、生まれ育って血肉となった言葉には愛おしさを感じます。私の場合は博多の人間ですが、愛の言葉一つにしても、どんなに美辞麗句を並べ立てるより一言、「好いとう」と言われた方が涙が出るほど嬉しいですね。そんな各地域の「文化」がさび...続きを読む

Q死語について

さいきん、時代の変化が激しくて、もう、何が死語(これも、死語?)なのか解らないんです。
だれか、1年前までは大丈夫だったけど、いまはもう、使っちゃ駄目。というような言葉を教えてください。

たとえば、
厨房とか消防とか教えて君とかって、ちょっと前までは使っていた人いたみたいですが、もう、だめ?
「告る」って、まだ使っている人いるみたいですが、もう、だめ?

おばたりあんとか、明らかに死語だと思われるものよりも、微妙な線のものを教えていただけると、うれしいです。
死語サイトには、明らかに死語だよねえ。と思われるものしか置いてないみたいなんで。

Aベストアンサー

>厨房とか消防とか教えて君
発祥の地(w)2chなんかではいまだに使われますよ。

今の一押しは「珍走族」らしいですが…

そういえばガングロとかゴングロとかヤマンバとかはどこ行ったんでしょうかねぇ。(一発で変換できるATOKが悲しい(^^:)今は美白ブームですし。(ちなみに僕は白い方がお好み)

参考URL:http://www.2ch.net

Q声に出して読みたい「死語」

美しい日本語だけでなく、
イカす死語も大事にしたいこのごろです。
(「死語」という言葉自体も死語だと思いますが)
たとえば・・・

●「とっちめてやる!」
→暴力的な意味なのに、濁音ナシでやさしげ。

●「ズッコケ」
→ズルッ!コケッ! 
 すぐに絵が浮かんでしまう素晴らしい表現です。

●「イカレポンチ」
→なんとなく語感がすごい。とくに“ポンチ”。
 意味はよく知りません。


「あまり使われなくなったけどお気に入り」という
言葉がありましたら、教えてください。

Aベストアンサー

おもしろいので参加させてください。私も『死語メモ』を作っていたので,引っ張り出してみました。

~としゃれこみました
はて,面妖な
やぼ
おてんば
名無しの権兵衛
おつだね
とくとご覧ください
うつけ者!
のっぴきならない
~しませんこと?
よろしくってよ

以前,明治生まれの方が,お電話の最後に「これは失敬しました」と
おっしゃったのを聞いて,カッコいいなと思いました。

Q日本語の音って125音だっていうけど?

何かで読んだんですけど、日本語の音は125あるんだそうです。で、数えたんですけど、「あいうえお」なんかで44、「がぎぐげご・ぱぴぷぺぽ」なんかで30(鼻濁音も含めて)「きゃきゅきょ」なんかを数えていっても36、「ん」を足しても全部で111にしかなりません。根本的に数え方間違ってるのかなあ?

Aベストアンサー

 たまたま最近読んだ本の中に、お尋ねについての疑問がのっておりましたのでご紹介しましね。

 日本語の発音の単位については、いろいろな基準があり、音で捉える、拍で読む、音素で切るなどと聞きます。お尋ねの「音」に関しては50音に基づく分類かと思いますが、金田一晴彦著「日本語」(上巻/岩波新書)によると112あるとされます。また、井上ひさし著「日本語相談」(朝日文芸文庫)によると104個プラスアルファとされています。

 50音も実は変則的なところがありまして、例えば「たちつてと」ですがタ行の「タ/ティ/トゥ/テ/ト」、チャ行の「チャ/チ/チュ/チェ/チョ」ツァ行の「ツァ/ツィ/ツ/ツェ/ツォ」の3つの行からの音を組み合わせでできています。また、明治以降にはいってきた外来語の影響で、「カントゥリー」の「トゥ」、「リアリティ」の「ティ」、「オフィス」の「フィ」などを日本語の音として認知するかどうかの議論もあるそうです。これらのうちどこまでを日本語の音として認めるかによって音の数は変わってくるのだと思います。(先ほどのプラスアルファはこの部分です。)

 蛇足ですが、どんな外来語の発音がはいってきても、だいたい表記できてしまう日本語の柔軟性には驚くばかりです。(RとLの区別などが例外でしょうか)

 日本語は時代によって大きな変遷を遂げてきました。大野晋著「日本語相談」(朝日文芸文庫)によると奈良時代から母音の数は4,8,5,6,5個と変化してきたそうです。ガ行の音も鼻音をその前にともなう鼻濁音を伴っていた時期もあったとかで、地方には方言として各時代の発音を残している場所も少なくないそうです。(いまでも鼻濁音と濁音を区別して発音する人もいます。)

 なお、質問の中で数えられている方法ですが。
「あいうえお」などで44個
「がぎぐげご」などで18個(di,duとzi,zuを同一視するため)
「ぱぴぷぺぽ」で5個
鼻濁音で5個(これは認めない人もいるとか)
「キャキュキョ」で36個
はねる音(ン)、詰める音(ッ)、引く音(ー)で3個
これに「クヮ」とか「ディ」とかの発音(20個弱)でだいたい125という数にはなります。

 たまたま最近読んだ本の中に、お尋ねについての疑問がのっておりましたのでご紹介しましね。

 日本語の発音の単位については、いろいろな基準があり、音で捉える、拍で読む、音素で切るなどと聞きます。お尋ねの「音」に関しては50音に基づく分類かと思いますが、金田一晴彦著「日本語」(上巻/岩波新書)によると112あるとされます。また、井上ひさし著「日本語相談」(朝日文芸文庫)によると104個プラスアルファとされています。

 50音も実は変則的なところがありまして、例えば「たちつ...続きを読む

Q「へべれけ」が女神ヘーベーからだってほんと?

ある豆知識の本で「へべれけ」の語源について読みました。
ギリシャの女神「ヘーベー」のお酌(ヘーベー・エリエーケー)が語源だとか・・
笑えるがゆえに、かなり嘘くさい・・と思い、あちこちのサイトや図書館の辞典で調べてみました。
ネットの中ではいくつもこの話が紹介されていました。このページでも以前同じ話が紹介されているのを読みました。ただ、大きな辞典では語源を書いているものは発見できませんでした。
この語源の出典を知っている方がいたら教えてください。

ちなみに、女神ヘーベー(ヘベ)は確かにいるようです。

私としては、「ぐっすり眠る」の「ぐっすり」が「good sleep」である、といったたぐいのネタ話のような気がするのですが・・・

Aベストアンサー

「世界○ごと!超雑学おもしろ講座」に出ていますね!
http://www.johos.com/omoshiro/bucknum/20000616A.html

戦前の旧制高校の学生・・・一高、三高とかのバンカラ書生は、このような言葉を好んで使いました。

「メッチェンに振られて飲みすぎ、ガンツ酔っ払ってへべれけになった」など、習いたてのドイツ語を入れて学生言葉にして

いたのです。。。意味は「女に振られて飲みすぎすごく酔っ払ってヘベレケになった」というようなことです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報