人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

 7月7日に母が亡くなりました。
 50日祭までの間の供養の仕方や色々なことがわかりません。
 通夜・告別式が済み、家に帰ったらご先祖様のところとは別のところに霊璽・お骨・遺影・お供え等を置くようにと言われ、○○閣でもらってきた台を組み立て飾っています。
 神棚封じというのを聞いたことがあるのですが、今回の場合も何かしないといけませんか?白い紙でご先祖様のところをふたすのですか?お正月に神社でもらってきたお札を入れている神棚のところはどうすればよいのですか?
 私は一人っ子ですが嫁ぎ、主人(仏教)と子どもと自分の親と同居です。
 これからの色んなことがわかりませんが、まずは50日祭までどのように母を供養していったらよいか知りたいのです。
 またこの期間にお墓(私の実家側の神道のお墓)へ行っても問題はないでしょうか?母のお墓はまだ決まっていません。
 よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 まずはお悔やみ申し上げます。

私も実家が神道です。

 今お母様はお骨となられて葬儀屋準備の「後飾り祭壇」と言われる段飾りにお祀りされていらっしゃることと思います。
 道具類はすべてそろっていると思いますので、毎日洗い米、塩、お神酒、榊のお水を取替えて、せめて朝一番だけでもロウソクを灯してお参りなさってください。
 造花の榊もできるならば本物に代えてあげてください。今の時期でも一週間は大丈夫だと思います。

 造花の榊も含めて後飾り祭壇は、50日祭が終われば葬儀屋に連絡をして引き取りにきていただきましょう。

 50日祭が終われば、他の質問にもありました「御霊舎」に霊璽をお祀りします。お骨は納骨までは御霊舎のそばに安置されればいいでしょう。

 神棚ですが、50日祭が終わるまでは「神棚封じ」をします。
 神棚と御霊舎の違い、わかりますよね?今家には両方ありますか?どちらもあるならばどちらも神棚封じが必要です。神棚や御霊舎のちょうど扉がある場所(中には神棚には御札が、御霊舎には先代までの霊璽が入っていますよね)、ここに半紙を貼り中が見えないようにします。
 神棚封じをするということはもちろん今までされていた毎日のお参りもできません。塩なども取り替えません。50日祭が終わるまではお母様のお祀りが中心となり、それまではご先祖さまへのお参りは遠慮しなくてはならないのです。

 50日祭が終われば、半紙をはがして塩などを取替え、無事に50日祭が終わったとお参りします。

 できることならば50日祭が終わるまではお墓参りも遠慮したほうがいいでしょうね。

 後、仏式で言う七日ごとのお勤め十日ごとになります。おそらく葬儀のときに10日祭はおすませでしょうから、20日祭、30日祭、40日祭は身内だけでおこない(もちろん神主さまにはきていただきますが)、50日祭だけ親戚に来ていただきされればいいでしょう。もちろん法要のあとに法宴が必要です。
    • good
    • 20
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます。
 大変よくわかりました。

お礼日時:2006/07/12 10:32

一般に、


死者が出た家族は穢れているという、教えがあります。
神社に参拝するときも、
一年間は、鳥居の下をくぐらず脇を通るようにします。
清めの塩を、家の門をくぐる前に、自分の膝あたりに
パラパラしていれば、とても奥ゆかしくていいです。
このとき、左手でしましょう。右手は不浄の手ですから。

神棚封じは、そんな考えから派生したものでしょうから、
家を祭っている神棚があれば、その前に白い紙を垂らすといいでしょうね。

先祖を祭っている神棚は、新たにお母さんが祭られるのですから、
それをする必要はありません。

霊璽は、
先祖の霊璽を一番上に、一段下にお母さんのをおきましょう。
遺影は、
参拝者のためなので、見やすい位置に置きましょう。
お骨は、
草葉の陰みたいな場所に置きましょう。
お供えは、
果物を中心に豪華に、盛り付けましょう。
途中で食べるときは、有難く頂きながら故人を偲びましょう。

10日間は、お参りの方々が来るので気を抜けません。
玉ぐしには水を欠かさずに新鮮にしておきましょう。

10日が過ぎれば、もう終っていいでしょう。
親戚がしたがるのなら、神主を呼んで、
集まりやすい日に、10日祭、20日祭をしましょう。
しなくても、バチは当たりませんよ。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます。
 ○○閣のセットについていた玉串(榊)は造花です。
 さっそく本物にした方がよいですね。
 造花の方はすぐに捨てても構わないでしょうか?

お礼日時:2006/07/11 16:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q神式の50日祭

8月始めに神式の50日祭に伺う予定です。仏教の場合49日にご仏前を持参しますが、神式の場合表書きはなんと記入すればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

「御玉串料」です。他にも「御榊料」もいいでしょう。「御霊前」は、葬儀の際なら使ったりしますけど・・・50日祭なら「御玉串料」が良いでしょうね。
昨年、友人のご主人が亡くなり、そのお宅でも神式でしたので、まちがいないですよ。聞きましたから。

Q神道の50日祭について

先ほど質問させていただいた者ですが、また別の質問をさせていただきます。

神道の父が亡くなり、50日祭をするよう葬儀に来てくれた神主さんに言われました。
(家もお払いした方がいいから、自宅でするように勧められました)

同じ神社でお願いして、自宅でこじんまりとするつもりです。
葬儀も家族葬で、親類12~3名だけで行いました。50日祭はその中でも、父の
兄弟姉妹や父の他の子(私の姉)の5~6人程度で行うつもりです。
その際、お供え(お金)やお返しなどはもう省略したいのですが、どうでしょうか。
みんなで集まって、神主さんに来てもらってお払いしてもらい、みんなで食事に
近くの店に行く、程度で済ませたいのですが。
また、その食事も、来る方にも手ぶらで来てもらって気を使って欲しくないので、
各自で支払いと言う形にしたいのですが、それはありでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

神事などについて地域の風習があるなら、それに従うようにと「神道いろは」には書かれています。

何冊か神社本庁や皇學館大學関連の方の書物などを検索した結果、そのような傾向は書かれていないと思います。
神道における神棚の取り扱いについては既に神主さんに伺っていると思いますので省きます。

五十日祭の対応も統一的ではなく地域毎に特色がある事が神社本庁教学研究所発行の「神道いろは」に書かれています。
神社本庁や神社神道は基本的に神職の神事の際の作法(祭式)を定めており、一般向けの作法は最低限にしています。
神社神道は統一的な方法論や教義はなく、地域の習慣を優先している事が分ります。昭和25年頃より一部に“国家神道”への復古の動きがありますが、基本的には神職の祭式とそれに直接関わる部分の参加者の対応法だけを示しています。
従って、霊前祭や祖霊祭の後の直会(食事)の式次第も特に定めていません。

なので、予め参加者に祭事の方法、直会の方法や費用の扱いなどを文書で知らせれば(必要なら重ねて電話で確認しておく)よろしいのではないでしょうか。

中にはそれでも金品を持ってくる方がいらっしゃいます。
その場合は、神社に直接奉納して頂くように言えば問題ないと思います。

神事などについて地域の風習があるなら、それに従うようにと「神道いろは」には書かれています。

何冊か神社本庁や皇學館大學関連の方の書物などを検索した結果、そのような傾向は書かれていないと思います。
神道における神棚の取り扱いについては既に神主さんに伺っていると思いますので省きます。

五十日祭の対応も統一的ではなく地域毎に特色がある事が神社本庁教学研究所発行の「神道いろは」に書かれています。
神社本庁や神社神道は基本的に神職の神事の際の作法(祭式)を定めており、一般向けの作法は...続きを読む

Q五十日祭(神式)を兼ねた納骨式に招かれた時の服装は?

実母の姉の夫、
私から見て義理の叔父が亡くなり、
前夜祭(通夜)葬儀、斎場までいき
お骨も拾い、その後の初七日にあたる儀式と
会食にも参列しました。(夫婦で)

さて四十九日にあたる、五十日祭と納骨式に招かれております。
それには夫は欠席し、私のみで参列します。

服装ですが、葬儀の時は洋装喪服を着用しました。
靴は革、ノーアクセント。かばんは布製のものを使いました。
今度も同じでいいのでしょうか?

かばんを皮製の少し格が落ちるタイプにし
葬儀につけた黒真珠を、普通の白いパールにして
一粒パールのピアスはどうでしょうか?

また黒真珠の一粒だけのネックレスは変ですか?
(鎖は銀色です。ダイヤなどはついていません。)

施主よりも少し格を落とした服にしないと失礼になると聞き、心配になっています。

可愛がってくれた叔父なので、心を込めてきちんとしていきたいです。

母と妹も共に参列しますので、代表してお尋ねします。

Aベストアンサー

>服装ですが、葬儀の時は洋装喪服を着用しました。
靴は革、ノーアクセント。かばんは布製のものを使いました。
今度も同じでいいのでしょうか?

 私なら同じにします。黒と白のパールはどちらでもいいと思います。ただし、鎖がシルバーの一粒の黒真珠はダメだと思います。

>施主よりも少し格を落とした服にしないと失礼になると聞き、心配になっています。

 施主はお母様のお姉さまでしょうか?心配ならどのような服装になさるかお聞きになられてはいかがでしょうか?それで合わせるのが一番かと。

 ご存知とは思いますがお供えは「御玉串料」です。

Q神式の五十日祭の数え方。

神式の法要として、
十日祭、二十日祭、五十日祭などがあると思うのですが、


これを調べてみると(例:五十日祭の場合)

亡くなった日から50日目に行うもの。

と書いてありました。

これは、亡くなった当日を含めて(亡くなった日を1日目と数えて)のことなのでしょうか?
それとも、亡くなった日の翌日から数えるのでしょうか。

ご存知の方、教えてくださいませ。

Aベストアンサー

こんばんは!祖父が宮司です。

通常、霊前祭は個人の亡くなられた日から数えて行うの者なので、亡くなった日を一日目と数えます。(因みに翌日は翌日祭と言うのがあります)

五十日祭なのですか?禊払いの大きなお祭りですので、ご用意も大変でしょうね。頑張ってくださいませ。

ご参考になれば幸いです。

Q神道の周年祭時のお礼料の仕方(御玉串料で宮司さんにお渡しすればいいのでしょう...

神道の周年祭時のお礼料の仕方(御玉串料で宮司さんにお渡しすればいいのでしょうか?)

先祖は神道だったようなんですが、私自身は関わった事もなく恥ずかしながら神道をよく知りません。
神社の方にお願いをして来週に周年祭(神道)を行ってもらうのですが、その時のお礼料をどの袋で包めばよいのかわかりません。
いろいろなサイトで検索してみましたが、どれも探しているものとは違うようで困っています。どうか宜しくお願いします。できまたしら、袋の詳細を教えて頂けると助かります。

Aベストアンサー

年祭の時は、黄色と白の水引の袋で良いです。
他に白や銀のものもあります。
また表書きは御玉串料で良いですよ。
http://www.phoenix-c.or.jp/~jinjya/sub2/tamagushi.html

Q神道 50日祭がもうすぐです、教えて下さい!

 香典返し(偲び草?)は告別式のとき、即日返し(半分返し)で済ませたのですが・・(○○閣準備の金額別カタログをお待ち帰りいただきました)
 今度その中の数軒の方に50日祭に来ていただきますが、その際法宴(直会?)をしますが、何かお品も準備しなくてはいけませんか?
 準備するとすれば熨斗は何とすればよいですか?それは50日祭のとき渡していいですか?日を改めて渡すものですか?
 それから50日祭には来ていただきませんが、告別式に来ていただいた方には50日祭が無事済んだという挨拶状だけだすだけでよいでしょうか?こちらも何かお品が必要ですか?
 粗供養(仏教の用語?)という言葉を聞いたことがあるのですが・・それが今回のお品にあたるものでしょうか?
 よろしくお願いいたします。
 

Aベストアンサー

>今度その中の数軒の方に50日祭に来ていただきますが、その際法宴(直会?)をしますが、何かお品も準備しなくてはいけませんか?
 準備するとすれば熨斗は何とすればよいですか?それは50日祭のとき渡していいですか?日を改めて渡すものですか?

 お品も準備します。これが粗供養です。一人一つではなく一家庭に一つです。水引きは「志」。もちろん当日にお渡しします。お参りだけで帰る方がいないなら法宴後に渡すほうがいいでしょうね。もし先に帰る人がいるならその方にはお帰りになるときに忘れずにお渡しします。祭主さん(祖霊社)にも一つお渡しします。

>それから50日祭には来ていただきませんが、告別式に来ていただいた方には50日祭が無事済んだという挨拶状だけだすだけでよいでしょうか?こちらも何かお品が必要ですか?

 告別式の日に当日返しをされているなら今回は何も品物はいりません。丁寧な方は挨拶状を出されますが、それも出されない場合もありますから。
 粗供養は法事当日にお渡しする品ですから、この場合は違います。

Q神道での「お線香をあげたい」に変わる言葉

親友の親の訃報が届きました。遠方のため葬儀に参列することが出来ません。
ご霊前はお悔やみ状と供に現金書留で送ります。
葬儀から一週間後くらいに連休が取れるため、お花とお菓子を持って仏式で言う「お線香をあげさせてもらいたい」と思っています。
しかし、友人家は神道で葬儀をされます。上記の「お線香をあげさせてもらいたい」を神道で言うとどうなりますでしょうか?「玉串をあげさせてもらいたい」で良いのでしょうか?その場合玉串はこちらが持っていくのですか?それとも、あちらに用意してあるのでしょうか?
また、御参りの仕方は2拝2拍手1拝(忍び手)でよいですか?
判らないことばかりなので、ご存知の方おられましたらよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 「お参りさせてください」が無難でしょう。

 実家が神道です。神棚封じはされていますし、祖霊舎(仏式でいういわゆるお仏壇)も扉は閉められています。50日祭が終わるまでは後祭壇がありますので、そちらにお骨や霊璽(いわゆる位牌)がお祀りされています。お参りされるのはその後祭壇にします。
 本来は玉串を奉天できればいちばんいいのでしょうが、玉串を用意しているのは神社が来るときだけです。普段は準備されていません。ならばどうするのか?訪問者が持参するなんてことはしません(って、一本だけどうやって買い求める?)。普通に忍び手で2礼2拍手1礼です。そこにはお線香も玉串も、またお数珠も必要ありません。

 また#2の回答にある服喪期間ですが、正式にはそうでしょうがきっちり守っていたのでは生活できませんので普通に生活しています。雨戸も朝には開け夜には閉めますし、お買いものや仕事にも行きます。家に訪問者もありますので、もちろんきちんと挨拶もしますしお参りに来られたのであればあがっていただきます。ただ派手なことは一切しませんが。
 またお線香ですが、失礼にはならないでしょうけど使うことは一切ありませんのでいただいても困るだけです。もちろん過去にお供えとしていただいたことは一度もありません。たいがいお花かお菓子や果物をお供えとしていただきます。お花は仏式用のお花ではなく洋花のアレンジが多いです。

 参考になりましたら。

 「お参りさせてください」が無難でしょう。

 実家が神道です。神棚封じはされていますし、祖霊舎(仏式でいういわゆるお仏壇)も扉は閉められています。50日祭が終わるまでは後祭壇がありますので、そちらにお骨や霊璽(いわゆる位牌)がお祀りされています。お参りされるのはその後祭壇にします。
 本来は玉串を奉天できればいちばんいいのでしょうが、玉串を用意しているのは神社が来るときだけです。普段は準備されていません。ならばどうするのか?訪問者が持参するなんてことはしません(って、一本...続きを読む

Q初盆のお参り 神道の場合ののしの書き方 

初盆のお参りに行きます。
先方は、神道なのですが、持参する『御仏前』は、何と記入すればよいのでしょうか?
色々と調べたのですが、大体、神道には『初盆』がないとか・・・で、はっきり分かりません。
母は『御霊前』と言うのですが、これでよいのでしょうか?
明日行く為、急いでおります。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

神道は、仏教と違い確かに「お盆」という考え方はありません。
しかし、神道の家でも「初盆」ということで祖先をまつる家が多いですね。

その家は初盆をやるということですから、盆の供養で「盆供」でいいでしょう。
「御霊前」は香典には使いますが、お盆では使いません。
ただし、不祝儀袋は「はすの花」の絵がついていないものを使ってください。

Q神式の葬儀後の法事のお礼は?

神式で葬儀をしましたが、納骨まで10日ごとの法事があります。
二十日祭、三十日祭、四十日祭と続きますが、近い者たちを
呼んで、神官を呼ばなくてもよいのか、呼ぶ必要があるのか
分かりません。呼んだ場合のお礼の相場等お教えください。

Aベストアンサー

うちは、10日ごとの法事はしませんでしたよ。
霊璽に魂をうつす儀式を最初にやった時に神主さんをよんで
やっていただきますよね。
(仏教でいう通夜~お葬式当日に当たるんでしょうか?)

そのあとは、普通に50日祭だけでした。
その、霊璽の魂入れと、50日祭だけが一番重要ですと
神主さんからも説明を受けています。
(経済状態によっては、ぜんぶお坊さんを呼ぶ仏教のように、
頻繁に呼んでもいいのでしょうが)

相場は、どうでしょう. . .
御神前、御初穂料が10万くらいだったかも。でもひょっとしてお金が厳しかったときだったから、
中途半端な金額であったかも。相場、10~15万ほどかもしれません。
(5万~7万くらいと車で来ていただいた交通費として2~3万)
というのは、御神前、御初穂料は神社に収めるものなので、神主さん自身に渡らないという
こともあって、車代を別にしたような. . . ちょっと前なので忘れてしまいました、すみません。

50日祭のほうは、5万くらいだったと思いますが、3万にしたってひともいて、
その辺はあくまで、出せると思った分を余分に出してもよいと思います。
仏教よりはかなりそれでも、明朗で低価格だと思ってます。

うちは、10日ごとの法事はしませんでしたよ。
霊璽に魂をうつす儀式を最初にやった時に神主さんをよんで
やっていただきますよね。
(仏教でいう通夜~お葬式当日に当たるんでしょうか?)

そのあとは、普通に50日祭だけでした。
その、霊璽の魂入れと、50日祭だけが一番重要ですと
神主さんからも説明を受けています。
(経済状態によっては、ぜんぶお坊さんを呼ぶ仏教のように、
頻繁に呼んでもいいのでしょうが)

相場は、どうでしょう. . .
御神前、御初穂料が10万くらいだったかも。でもひょっとしてお金...続きを読む

Q喪中にしてはいけないこと

こんにちは。
喪中にしてはいけない事といえば
1.年賀状のやりとり、年賀の挨拶、初詣
2.神前結婚式への参加(場合によって披露宴の参加)
3.その他、婚約、結婚などおおめでたい事?
などくらいしか思いつかなかったのですが…。

最近、神社へのお参り、神社系のお祭参加もダメだと知りました。
実は、知らずに観光地の神社に行ってしまいました。(冷汗)
それで、他にも何かありましたら教えてください。
また、
しめ縄や正月かざりしないほうが良いですか?
喪中は、一年間ですか?
神社系は年が明ければよいという人もいますが、本当でしょうか?

Aベストアンサー

 「喪」というのは,先祖崇拝や先祖供養を説いた儒教に基づくもので,実の親が亡くなった時の服喪期間は,元々3年でした。儒教が色濃く残っている朝鮮半島では今もそうですね。金正日氏が朝鮮労働党総書記に就いたのは,実父の金日成主席の死から3年後でした。
 日本では,「3年も喪に服されちゃ困っちゃうよ」ってことで,江戸時代に13ヶ月に縮められています。亡くなられた月を1ヶ月目と数えますから,No.3の方の回答にあるとおり,今年の1月に実の親が亡くなったのであれば,来年の1月末までが服喪期間となります。
 服喪期間は,慶事を控えるというのが習わしですので,注連飾りなどはしないものです。
 
 さて,申し上げましたとおり,「喪」は儒教に基づくものでして、神社神道では期間が異なります。
 神社神道では,実の親が亡くなってから50日を忌服期間としています(仏教ですと49日です)。
 神社神道では,死を穢れと捉えれていますから,忌服期間は神社へのお参り,神社の祭りへの参加はダメです。神社に祀られている神様が「あんた,忌中で穢れてるから来ちゃダメ。」と言っているわけですが,物理的に忌中の方が神社に来るのを排除できませんから,お参りする側が遠慮する習わしになっているのです。
 よく「鳥居をくぐっちゃダメ」と言いますが,これは,鳥居をくぐらなければ良いという意味ではありません。
 神社は,柵や植栽や構造物によって囲まれています。結界と呼ばれるもので,結界の内側は,神様の領域です。その神様の領域に出入りすることが許される所に鳥居があるわけで,「鳥居をくぐる」とは「神様の領域に入る」ということを意味します。ですので,鳥居をくぐらず脇から入るというのは,他人の家を訪問するのに,玄関から入らず,垣根の隙間から入るのと同じことです。
 実の親が亡くなってから50日以上経過していれば,神社に詣でて良いので,お間違いなく。

 また,浄土真宗・真宗には「忌」という概念がありませんから,浄土真宗・真宗の門徒さんであれば,喪に服することも忌服することもありませんので,喪中葉書も出されません。

 「喪」というのは,先祖崇拝や先祖供養を説いた儒教に基づくもので,実の親が亡くなった時の服喪期間は,元々3年でした。儒教が色濃く残っている朝鮮半島では今もそうですね。金正日氏が朝鮮労働党総書記に就いたのは,実父の金日成主席の死から3年後でした。
 日本では,「3年も喪に服されちゃ困っちゃうよ」ってことで,江戸時代に13ヶ月に縮められています。亡くなられた月を1ヶ月目と数えますから,No.3の方の回答にあるとおり,今年の1月に実の親が亡くなったのであれば,来年の1月末までが服喪...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング