沖縄から質問します。
去年の夏から咲いてくれてる我が家のキンギョソウ
冬のあいだも枯れずにずっと咲いてくれてます。
よく見ると根本から小さな枝がでてきてさらに花が咲きそうです。5号鉢に植えていたのですが、底穴から根が大地にしっかりとのびていて、たくましささえ感じます。
このままずっと枯れずに咲き続けるものなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

キンギョソウは数年間咲きつづける事があり、一部では夏越しすることも有りますが、品種によって大きく差が有りますし、2年ぐらいで枯れてしまう事が多いので多年草に分類されることはないと思います。


いつまで咲きつづけるかチャレンジしてみては?

ちなみにサルビアもシソ科の多年草です。(知っていたらすみません)
寒いところでは枯れてしまう事が多いですが、沖縄にお住まいなら育ててみると大きくなることもあると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

taka113さん さっそくの回答ありがとうございます。
本当は新しい花を植えたいので、このキンギョソウをとりたいのですが、かわいそうですね。
ただ沖縄で怖いのは台風でして、一発でやられます。
今年大きな台風がこないように。

お礼日時:2002/02/28 20:39

「園芸植物大事典(

http://www.s-book.com/plsql/sbc_book?isbn=409305 …)」
によると、「厳密に言うと多年草であるが、園芸的には一年草として扱われている」だそうです。
19世紀にヨーロッパで栽培されていた頃は、挿し木による栄養繁殖をしていたようです。
実生系統は、アメリカで20世紀初頭に育成されたそうです。
昨年育てましたが、意外と長持ちしました。いつ頃までだったか覚えていませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そんなすごい事典があったんですね。
欲しいですけど、かなり高そうなので図書館でみてみるか
キンギョソウってもっと見直したい花だと思います。

お礼日時:2002/03/03 11:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今年初めてブドウ(ナイヤガラ)の枝が枯れて実もダメになってしまいました。 枝の中に虫がいるようなので

今年初めてブドウ(ナイヤガラ)の枝が枯れて実もダメになってしまいました。
枝の中に虫がいるようなのですがどんな殺虫剤をつかえばよいのでしょいか?
まだ元気な枝も沢山あるので今のうちに退治したいです。
写真は葉に付いていたフンです。

Aベストアンサー

カミキリムシの幼虫が枝の中に居ます
鉄砲むしとも言われています
枝の先の方はダメになるでしょう
もとの方が助かればいいですが

キンチョールで巣穴に吹き付ければ死ぬようです
下記を参考にしてください
http://www.sc-engei.co.jp/navi/gaichu08.html

Qローズマリーが枯れました 5年程育てていたローズマリーが、葉が灰色になり枯れたようにみえます。 鉢

ローズマリーが枯れました

5年程育てていたローズマリーが、葉が灰色になり枯れたようにみえます。
鉢植えで、マンションのベランダに置いています。
今年買ったばかりのローズマリーの苗も直射日光に当たるところに置いてたら枯れてしまいました。

今年の夏は暑買ったため、枯れたのでしょうか?
ローズマリーは暑さに弱い?

考えられる原因があれば教えてください。
水は他の植物より間隔をあけて与えています。

よろしくお願いします

Aベストアンサー

ローズマリーは日なたが好きということですが、半日蔭でも良いです
それより風通しの良い所が好きみたいです
枯れたようになっていても根がしっかりしていたらまた生えてくるかもしれません
汚い葉を取り除いて切り戻して、半日蔭の風通しの良い場所に置いてみてください
或いはまだ綺麗な枝を一枝挿し木されておくのも良いかと(数日花瓶に挿してから日陰管理)

Q西洋朝顔のつぼみが咲かずにしおれて枯れてしまいますが原因は?

西洋朝顔のつぼみが咲かずにしおれて枯れてしまいますが原因は?

ヘブンリーブルーを育てています。8月に入り、つぼみが付き始め、開花をとっても楽しみにしているのですが、どのつぼみも開花直前くらいまで育って(ぐるぐると渦巻状に5センチくらいの大きさに)そのまましおれて枯れてしまいます。つぼみが付き始めたころは水色の花色を予感させる色なのですが、だんだん赤紫色になり、明日あたり咲くかなぁ、と思っているとたいていはそのまましおれて開花せずに枯れてしまいます。原因はなんでしょうか?

しばらくハダニにやられていたのですが、最近は葉水と、とうがらし水湿布でハダニはだいぶ居なくなりました。葉は元気ですが、ハダニと思われる影響が多少残っています。水遣りは、朝9時くらいと午後3時半ごろに葉水と鉢に水遣りをたっぷりしています。日照は日の出から午前10時くらいまで朝日があたるところで、午後の日照がないところです。種はいただきものなので、2世代、3世代くらいは経っている種かもしれません。肥料は有機液体肥料という水で薄めるタイプのものを週に2,3回土に与えています。

種まきから大事に育てている朝顔なので、なんとかきれいな花を咲かせてあげたいと思います。正しいお手入れ方法を教えてください。よろしくお願いします。

西洋朝顔のつぼみが咲かずにしおれて枯れてしまいますが原因は?

ヘブンリーブルーを育てています。8月に入り、つぼみが付き始め、開花をとっても楽しみにしているのですが、どのつぼみも開花直前くらいまで育って(ぐるぐると渦巻状に5センチくらいの大きさに)そのまましおれて枯れてしまいます。つぼみが付き始めたころは水色の花色を予感させる色なのですが、だんだん赤紫色になり、明日あたり咲くかなぁ、と思っているとたいていはそのまましおれて開花せずに枯れてしまいます。原因はなんでしょうか?

し...続きを読む

Aベストアンサー

ヘブンリーブルーは短日性なので外灯などで夜も明るくなるような場所に植えると
花付が悪くなる・または咲かないという事が起こります。
昼の明るさよりも夜の暗い時間も長く必要とする植物なので
夜間の明るさ、に思い当たる節があればそれが原因になります。

また、野菜用などの窒素系の多い肥料を与えるとつるばかり伸びて
花付が悪くなる・又は蕾が付かない、咲かないという現象も起こります。
現在与えている肥料の窒素配合率を見て高ければそれが原因の可能性もあります。

今年は猛暑なのでダニの影響、高温多湿による根の弱体など
その他の可能性も十分考えられますが
ヘブンリーブルーの特徴として思い当たるとすれば短日性で
夜はしっかり暗くしないと花を咲かせないという事ぐらいですね。
その辺はどうでしょうか?

Q駄温鉢と素焼鉢とテラコッタ鉢のちがい

駄温鉢と素焼鉢とテラコッタ鉢のちがいを教えてください。
また、それぞれの鉢の長所、短所も教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

テラコッタ(の鉢)というと、元々はイタリア産の赤い素焼きの焼きものをさすはずですが、厳密な定義はないようなので、素焼きと同じという理解で良いと思います。

素焼き鉢は、比較的低温で釉薬をかけずに焼かれます。駄温鉢は、素焼き鉢の一種ですが、高温で焼かれていて、鉢の上部に釉薬が掛けてあるものもあります。
素焼き鉢と駄温鉢を比べると、高温で焼きしめている駄温鉢のほうが強度がある代わりに、通気性や透過性がおとりますが、プラスチック鉢のように通気性が全くない訳ではなく、あくまで素焼き鉢と比べたら少ないというだけです。
逆に素焼き鉢は、強度が弱い代わりに通気性や透過性が大変良いです。しかし、通気性や透過性が良いということは、水がすくに蒸発してしまうという事でもありますので、水の管理が大変です。真冬などにしみこんだ水が凍って膨張し、割れてしまうこともあります。

駄温鉢はどこにでもある見慣れた形で外見に面白みはないのですが、植物の生育には最適な鉢だと思います。室内や玄関先などをおしゃれに飾りたい場合はデザイン性に富んだ素焼き鉢から選び、植物の生長を重視する場合は駄温鉢を使うという使い分けをすると良いと思います。

テラコッタ(の鉢)というと、元々はイタリア産の赤い素焼きの焼きものをさすはずですが、厳密な定義はないようなので、素焼きと同じという理解で良いと思います。

素焼き鉢は、比較的低温で釉薬をかけずに焼かれます。駄温鉢は、素焼き鉢の一種ですが、高温で焼かれていて、鉢の上部に釉薬が掛けてあるものもあります。
素焼き鉢と駄温鉢を比べると、高温で焼きしめている駄温鉢のほうが強度がある代わりに、通気性や透過性がおとりますが、プラスチック鉢のように通気性が全くない訳ではなく、あくまで素焼き鉢...続きを読む

Qゴーヤの葉が根本が白くなって枯れる

毎年ゴーヤを植えています。
これまであまり肥料をやらなかった結果実の成長がいまいちだったため今年は化成肥料(8-8-8)と記載のあるものを月に一度くらいやりました。
その結果途中までは好調だったのですが、ここ1、2週間くらいで葉が枯れてきました。
最初は、台風やここ最近の猛暑のせいかと思ってあきらめていましたが、葉をよく見てみると不自然な枯れ方のため育て方に問題があるのではと思いました。(写真添付)
環境は、20lくらいのプランターに二株づつ、水は結構まめにやっています。(雨が降らない限りは1から2日に1回)
原因、および対処法がわかるかたご教示ください。

Aベストアンサー

考えられる原因としては、1ヶ月に1回化成肥料を施された事が考えられます。
基本としては結実し出してから1ヶ月に1~2回施しますが、この時に施す量を
間違うと肥料負けを起こして葉が枯れてしまいます。
化成肥料は根に触れると根枯れを起こさせるので、施す時は根に触れないように
根元から離して施すようにします。施す量は1平米当り30gが限度です。

病害虫の発生が少ない作物ですが、夏場の乾燥時期にはアブラムシが多発する事
があります。水遣りの際は根元だけ散水せず、葉にも十分散水する事が必要です。
雨が降らない日は1~2日に1回では完全に水不足です。雨の降らない日は朝夕
に1回づつ散水する事が必要です。散水は太陽が昇る涼しい時間帯と、日が沈ん
でから散水するようにします。間違っても日中に散水してはいけません。
根が蒸れて傷んでしまい、結実さえしなくなります。

毎年植えているようですが、ゴーヤの場合は連作障害を受けやすいので、3年~
4年は同じ場所に植えないようにします。畑の場合は地表から1mまでの土と、
2mまでの土を入れ替える作業をすれば同じ場所で栽培が可能です。
これを天地返しと言います。
プランターの場合は年毎に土を新しく新調する事で連作障害を受けにくくする事
が出来ます。

画像の状態から考えると、水不足、肥料負けによる根枯れ、連作障害が考えられ
ます。

考えられる原因としては、1ヶ月に1回化成肥料を施された事が考えられます。
基本としては結実し出してから1ヶ月に1~2回施しますが、この時に施す量を
間違うと肥料負けを起こして葉が枯れてしまいます。
化成肥料は根に触れると根枯れを起こさせるので、施す時は根に触れないように
根元から離して施すようにします。施す量は1平米当り30gが限度です。

病害虫の発生が少ない作物ですが、夏場の乾燥時期にはアブラムシが多発する事
があります。水遣りの際は根元だけ散水せず、葉にも十分散水する事が必...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報