シンセサイザー、キーボードを購入してみようと思うのですが、色々ありすぎてよくわかりません。。。自分は鍵盤が光って弾くところを教えてくれる機能とか、レッスン機能、将来作曲もしてみたいので録音機能、インターネットから曲のデータをダウンロードしたりする機能やフロッピーに曲データを書き込んでそのデータによって弾くやつとか、そんな感じのシンセサイザー、キーボードを探しています。。。こんな条件に当てはまるようなものはないでしょうか?価格はできれば5万円前後でお願いできたらと思います。またこんなのもどう?っというのがあれば紹介してください。メーカーはできれば世間で知られているようなのでお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

シンセサイザーだと、だいたい20万の上になるし、ご希望の機能は付いてません。


価格、機能からしてポータブル・キーボードとか光ナビゲーションキーボード
といったものになります。
多分今のところ2社しか出てないと思います。
お勧めの2機種を下のHPからみてください。
定価は高めですが、売値は下がると思います。
http://www.casio.co.jp/emi/key_lighting/lk250it. …

参考URL:http://www.yamaha.co.jp/product/pk/products/j51/ …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバンドで打ち込み、とかシンセサイザーとか

こんにちは。
音楽を聴くのは好きですが、実際に自分が音楽を作る、演奏する側には全く回ったことのない質問者です。

バンドが演奏する音楽で、どうやって音を出しているのか分からない音が多々あります。
明らかにバンドの楽器の音ではない音です。たとえば流行りのラッドウィンプスだとかです。
ストレイテナー、レミオロメンなどもそういう曲があると思います。
私から見てしまうとボーカルしかいらないじゃん。という曲ばかりです。
友達に聞いてみると「打ち込み系だろ」とか「シンセ使っているんだよ」と教えてくれたのですが、正直よく分かりませんでした。

バンドなのにバンド楽器では出せない音で演奏するバンド(打ち込み系?)はどうやってその音を作るのでしょうか?
またどうやって演奏しているのでしょうか?
一度作っちゃえばあとは流すだけなので本番は弾くマネでもいいのでは??

実際にバンドをされている方には失礼があるかもしれませんが、
お答えください。お願い致します。

Aベストアンサー

まぁバンドによっても、同じバンドでもアルバムによって、曲によって…いろいろなので、一概には言えませんし、ごく一面だけしか言えませんが…

>どうやって音を出しているのか分からない音が多々あります。
例えば、ボーカル、ギター、ベース、ドラム各1人なのに、どう考えても人数分以上の音が重なってる曲は、CD等のアルバムベース(つまり録音作品)では、確かに多々あります。
これについては、
・ギターが複数台分でも、一人のギタリストが何度も重ねて録音している。
・メンバーの誰かがキーボード等の別の楽器を演奏した物を重ねている。
等、「数が合わなくて」も、間違いなく自分たちで演奏しているケースと、おっしゃるとおり打ち込みの専門家が介在して、打ち込みベースで曲を作ったものに、メンバーがチョコチョコと自分の音を足しただけで作っているケース…の両方があります。
(なんか2択的に書きましたが、バシッと2つに別れているというわけではなく、前者寄り、後者寄りとさまざまですが…)

ただ、打ち込みの専門家…が、他ならぬメンバー自身という事だって有りますから、打ち込みだったらバンドメンバーのオリジナル性が損なわれていると解釈出来るのか? という点では、私的には切り分けは難しいと思ってます。

と、上はあくまでも「録音作品」の場合で、ライブをするとなるとまた話は違います。

「録音作品」で、メンバーがその場で出せる以外の音が多用されているものをライブ演奏する場合は、これもざっくりですが
・出せない音はバックにエキストラメンバーに来て貰って弾いて貰う。
・ライブで再現可能な範囲に音数を減らしたアレンジで演奏する。
と、あくまでも可能な限りのリアル演奏に拘るケースと
・一部の音は打ち込みサウンドを流して、それに合わせて演奏する。
という、やむをえず一種妥協するケースと
・オール打ち込みで弾いたフリだけ
のケースがあります。

ただ、一応はライブツアーを大々的にやっている(それも、全国大小様々な会場をびっちり回っている)バンドであれば、やむなく一部打ち込み活用はあるかもですが、ライブ全体としては、エキストラメンバー参加も含めて「その時のリアル演奏」を目指すバンドが普通だと思います。

ライブといっても大仕掛けの大型会場オンリーで、歌主体ユニットで売っていて、なおかつ録音作品がやたら音数が多いバンド(ユニット)などは、ライブはあくまでファンへの顔見せで、演奏自体は重視せず、一種の「カラオケ状態」でライブしているものも結構あるようですが…

曲がりなりにも、本来的には「アルバムはともかくもライブではリアル演奏で聞かせる」主義のバンドでも、テレビ番組などでは局側の時間と準備の都合で、歌番組で演奏シーンを撮影してても、実は電波に乗っているのはカラオケ…というケースは多々あります。
これは、バンドが好むと好まざると関わらず、所属事務所との契約上、テレビ出演ざるを得なかったらやむを得ないことはあります。

ただ、
>一度作っちゃえばあとは流すだけなので本番は弾くマネでもいいのでは??
については、前述の様にテレビ出演時にはやりたくなくてもそうせざるを得ないこともあるわけですが、これは楽器演奏経験のない方にはわかんなくて当然ですが、「楽器をカラオケに合わせて弾くフリする」(「当て振り」と言います)のは、結構高等テクニックがいります。
少なくとも、元曲がスラスラ弾けるだけの腕がないと到底できません。ハッキリ言って、カラオケで歌うボーカルより数十倍は難しいです(^^ゞ
なので、まともなバンドマンなら、
「当て振りするくらいなら、きちんと自分で弾く方がよっぽどマシ!」
と、少なくとも本音では本気で思ってるものですよ。

まぁ十分な回答ではないですが、他にもいろいろフォロー意見もあると思うので(^^ゞ

まぁバンドによっても、同じバンドでもアルバムによって、曲によって…いろいろなので、一概には言えませんし、ごく一面だけしか言えませんが…

>どうやって音を出しているのか分からない音が多々あります。
例えば、ボーカル、ギター、ベース、ドラム各1人なのに、どう考えても人数分以上の音が重なってる曲は、CD等のアルバムベース(つまり録音作品)では、確かに多々あります。
これについては、
・ギターが複数台分でも、一人のギタリストが何度も重ねて録音している。
・メンバーの誰かがキーボード...続きを読む

Q電子ピアノとシンセサイザーの鍵盤の違いについて

ピアノタッチの鍵盤と、シンセサイザーのような軽いタッチの鍵盤とどちらを買おうか迷っています。

音楽制作のソフトにも接続したり、ゆくゆくはライブにも使えるようなものを希望です。

ピアノタッチの鍵盤があったほうが良い点や、長く使うのに良いのはどちらかなどあったら教えてください。

Aベストアンサー

今後、グランドピアノなどを弾くことがないなら、
タッチの軽いキーボードでよいと思います。

重い鍵盤を弾いている人は、
軽い鍵盤に慣れるのも早いですが、

軽い鍵盤に慣れた人が
重い鍵盤を弾けることはありませんので、
(低いレベルでなら問題ありませんが)

将来的に、どういう形でありたいのか、
によって決めればよいと思います。

重い鍵盤はシンプルな機能であっても
それなりの金額がしますので、
そのあたりも勘案して決められたらと思います。

Q鍵盤を見て弾いてはいけないのでしょうか

 ピアノを始めて独学十か月の初心者です。
 ピアノ関連の本(角聖子先生等)には、ブラインドタッチというものが
とても素晴らしいもののように書いてあり、自分も挑戦してみましたが、
あまりの難しさに意気消沈しています。

 隣り合った鍵盤、あるいは二つ隣位までなら、何てことはありません。
 しかし「レ」にある小指を、一オクターブ下の「ソ」に、瞬時に運ばなくてはならない、
こんなパートが続くとお手上げです。離れた和音の連続になるとさらに、何倍も難しいです。
 これまで両手が離れているパートは、片手は見ないで弾いてきました。
しかし最初から最後まで、両手とも見ないブラインドタッチを今から自分がマスターするには、途
方もない時間と労力がかかることは間違いありません。出来るという自信もありません。

 本やピアノ系サイトには、ブラインドタッチはピアニストの基本技能である、的に書いてあります。
 鍵盤を見なくても済むので、目・首腰が鍵盤から解放されるともあります。
 しかしそこでまた疑問に思いました。
 もしブラインドタッチがピアニストの基本技能で、体も目も楽になり、優雅にも見え、鍵盤も楽に
見つかり、初見にも必須で、表現も豊かになり・・・とにかくそれほど素晴らしいものなら、プロや上級者の方々は皆ブラインドタッチで弾いていないと、あるいは弾けていないと、論理的におかしくないでしょうか。
 しかし実際にプロの演奏(生・動画で)を見ると、ブライドタッチで弾けているプロの方は、
名前の通った高名な方でも非常に少ないです。
 ほとんどの方は、最初から最後まで鍵盤を見てるし、楽譜を使う方は、パッセージを覚えてから
鍵盤に目をやって、弾くべき鍵盤を見つけるという動作を繰り返して演奏しています。
 ナチュラルポジションで弾ける時は、見ていなくても、飛躍をする難しい箇所は、いずれにしてもしっかり首を動かして、弾くべきパセッジの鍵盤のある部分を、ゆるやかに、しかし確実に視界に入れ続けています。 これは今の自分の弾き方と全く同じです。
 
 姿勢も、教本にあるような脱力して首背中がまっすぐな姿勢という方はまれで、猫背や首猫背の
プロの方が大勢いらっしゃいます。
 にもかかわらず、ものすごくうまく聴こえるし、表現も十分にされていて、素人ながら
とても素晴らしい演奏だと感じます。
 完全なブラインドタッチを推奨される方は、鍵盤を見ていては
やがて限界に行き詰ると言いますが、はたしてそうでしょうか。
 私が見た超絶技巧曲を弾くプロの方々は、むしろ最初に手元をみて弾くべき鍵盤の位置を確認しているからこそ、速やかに鍵盤の上に手を運べて、正確に弾けているようにしか見えませんでした。
 
 
 
 
 他の楽器は手元を見ないのだから、ピアノも見るべきでない、と言う方もいらっしゃいます。
 しかし打楽器、弦楽器、管楽器を、ブラインドタッチの難易度の点で、ピアノと同列に語るのは無茶苦茶な話だと思います。ピアノは鍵盤が八十八鍵もあり、手を伸ばしきっても、七オクターブのうち、指の届くのは、せいぜい一オクターブです。その上、両手を離して一人で主旋律と伴奏までこなさなくてはいけないからです。


 以上の事から、鍵盤を見て弾く演奏法は悪くも誤りでもなく、正常で必要なことであり、とがめられることではなく、鍵盤楽器の基本スタイルであるように思います。
 確かに完全なブラインドタッチので弾かれる方もいらっしゃいますし、優雅に見え、メリットはあるでしょうが、目で瞬時に、正確に鍵盤の位置をとらえて弾くことが、鍵盤幅間隔を覚えて弾く弾き方より、メリットの点で劣っているようには、どうしても思えません。
 目で鍵盤をとらえた方が、絶対に精度が高いです。不安を感じながら空中に手を漂わせなくても済みます。一曲の習得時間も、全く見ない場合より短くて済むと思います。
 
 ピアノはブラインドタッチで弾かなければならないという、呪縛(?)から、適切に解放されたいと
思っています。
  鍵盤楽器で言うブラインドタッチとは通常、他の楽器とは違い、片手だけを見ないこと、あるいは距離の近い鍵盤だけを見ないという、部分的なブラインドタッチと言うべきものではないでしょうか。
 鍵盤楽器歴の長い方のご意見をいただければ幸いです。
 

 
 
 

 ピアノを始めて独学十か月の初心者です。
 ピアノ関連の本(角聖子先生等)には、ブラインドタッチというものが
とても素晴らしいもののように書いてあり、自分も挑戦してみましたが、
あまりの難しさに意気消沈しています。

 隣り合った鍵盤、あるいは二つ隣位までなら、何てことはありません。
 しかし「レ」にある小指を、一オクターブ下の「ソ」に、瞬時に運ばなくてはならない、
こんなパートが続くとお手上げです。離れた和音の連続になるとさらに、何倍も難しいです。
 これまで両手が離れているパ...続きを読む

Aベストアンサー

別に鍵盤見てもいいですよ。ようは、弾ければよい。
ただ、まあ、恐ろしく動体視力がある超人じゃない限り、ある程度鍵盤見ないでも弾けないとなかなか普通の曲は弾けないような気もしますが。

否定的な意見もでていますが、私は、せっかく大人になってからピアノを始めたわけで、ピアノにまつわるウンチクを一緒に覚えるのは良いことだと思いますよ。単に何かするだけではなくて、それにまつわる知識を蓄えてウンチク語りするってのは、大人の趣味の重要な要素だと思います。

Q鍵盤を弾きながら楽譜を書いたりするとき、ムリの少ない方法

特に、作曲や編曲をされている方にお聞きしたいと思います。

鍵盤を弾きながら楽譜を書いたりするとき、ムリの少ない方法はありますか?

今の環境は電子ピアノで、弾いたり書いたりしているとどうも姿勢にムリがあって肩や腰に負担がでます。と思って、別にキーボードを買って、テーブル(座卓)の横に置いて使ったのですが、一週間ほどで手首を傷めてしまう始末。

スペースに余裕があれば、電子ピアノの横に机を置いたりいろいろできるのでしょうが、私の場合にはその余裕がありません。キーボードもできれば処分したいです(使わないときは壁に立てかけてますが、不要なものなら邪魔なだけですし)。狭い部屋とは言え、電子ピアノとテーブル(座卓)を往復するのもどうかと思いますし、何か良い方法があれば。

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
キーボードとテーブルでやるならば書見台をお勧めします。
この位の大きい物がいいです。
http://www.rakuten.co.jp/e-lifeseed/478465/480763/478971/

キーボードの幅がそれほどでもなければキーボードの向こう側に台を置いて、幅があるならばゴム足などを付けて鍵盤は出るようにしてキーボードの上におきます。
するとピアノの譜面台と同じ感覚で使えます。

あとコツは、筆記具で、フェルトペン(楽譜用のマジック)が楽器屋さんで大抵置いてますので、あれが結構使い易いです。
鉛筆やボールペンは筆圧が必要で使いにくいし、手をいためます。
不安定な所で書くので、筆圧が必要な物は適しません。

それから重要なのは台上で書くのはメモみたいな物、下書きで、清書は別にやる事です。

これでずいぶん違うはずですが。

QMステでくるりが弾いていたシンセサイザー

9月9日のMステを見ました。そこには僕が大好きなくるりが出ていました!
そこで新曲「赤い電車」を演奏していました。
その演奏中にギターの大村さんがシンセサイザーを弾いていて、ギターぶら下げながらシンセを弾く姿が斬新でした。

ところで、大村さんが弾いていたシンセサイザーはどこのメーカーでどんなシンセなのでしょうか?
もし分かる人がいたら返事お願いします。

Aベストアンサー

こんにちわ!赤いやつですよね??
おそらくClaviaのnordleadっていうシンセだと思います。プロの方が良く使われる有名なシンセです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報