高額療養費の申請をして保険課のほうより通知がきました。
支払った金額は1083970円で、その内食事療養費が17160円
保険外費用は0円でした。(平成13年10月分)
この場合1066810円が高額医療費の適用になると思います。
所得水準は一般の区分です。
この場合63600円プラスα(318000円を超えた額の1%)以外
高額療養費としてかえってくると思うのです。
計算上970830円(高額療養費計算フォーム使用)でした。
しかし通知には支給額876097円自己負担限度額92714円となっています。

63600円という額と318000円を超えた1%という額が変更になったのでしょうか?
いろいろと自分でも調べてみたのですがわかりませんでした。
今まで10回程高額医療費の申請をしているのですが今回のような事は初めてです。
また11月分の申請もしたのですがこちらも計算上と通知の額に差があります。
どなたかご存知のかた教えていただけませんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 No1です。

事情がわかりました。であれば、減点された分に対しても3割を支払っていますので、減点点数の3割相当額は医療機関から返してもらえます。約9万7千円程度ですね。役所の国保担当の方も、減点の説明と医療機関への直接請求について、説明があっても良かったと思います。国保は、一定点数以上の減点の場合には、被保険者にお知らせして医療機関に請求するようになっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
今回はよい勉強になりました。
一度医療機関で問い合わせしてみます。

お礼日時:2002/03/02 17:25

減点ですか・・・ややこしいですね。


実際に治療はしてあるし額が大きいから、病院側もその分の残り7割支払ってもらわなければ困るでしょう。
国保連合に再審査で出す可能性が大きいと思います。
そうするとまた点数が変わる可能性がありますので、病院の医事課に言って話し合って下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/02 17:22

 高額療養費の算定に使う、318,000円を超えた場合の1%加算は、支払った医療費の318,000円を超えた分ではなくて、かかった医療費の318,000円を超えた分から差し引きます。

したがって、2割なり3割の自己負担分が318,000円を超えた分ではなくて、医療費の総額が318,000円を超えた場合の差し引き計算です。

 加入されている医療保険が国保かと思われます。支払った医療費から食事療養費を差し引いた額が、総医療費の3割ですので、逆算すると総医療費は3,556,033円程度かと思われます。その額から318,000円を差し引き1%相当額を63,600円に加算すると95,980円となります。この額が自己負担限度額となりますが、保険課の通知額と3千円程度の差がありますので、保険適用外の部分があつたのかと推測されます。詳細は、領収書の医療費の明細を確認されて、保険課に確認をしてみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
質問の意図が伝わらなかったようで申し訳ないです。
私の書き方が悪かったです。
10回程経験していると記載したのでわかってもらえるかと思ったのですが
高額療養費の算定の仕方は知っていたのです。(1%加算)
丁寧なご説明とわざわざ計算までしていただきありがとうございました。

私の場合ですが(国保)・・・
普通は高額療養支給額+自己負担額=【診療点数×10の3割】となりますよね。
支給されるはずの額と実際の支給ではかなりのひらき(約10万円)があり
その事を教えていただきたかったのでした。


実際に病院から出された診療点数は355604点
(診療点数に食事療養費・保険適用外は除く事は知っています)
国保連合の審査後(レセ後)の点数は322937点
この点数の差(違い)がわかりませんでした。
保険課で問い合わせたら32667点減点されてるということでした。
(326670円は保険ではカットされたということですね)
この326670円の3割は現在自己負担、計算どおり約10万少なかったわけでした。

こんなややこしい事、額が大きいだけに説明があってもいいのでは?
と思ってしまいました。

お礼日時:2002/03/02 00:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高額療養費の限度額申請

高額療養費の限度額申請

上記について質問です。
母が卵巣ガンとなり先月から3月初頭まで抗がん剤治療と腫瘍摘出手術のため入院しておりました。

母は国民健康保険で非課税です。入院が決まりすぐに市役所に相談し、限度額適用の手続きをしました。

限度額適用認定証はその月の1日~末日までの支払った医療費が一定となり、非課税は「35400円」と聞きました。

今月一時退院をし、その退院時に2月分と3月分の入院費を支払いました。

すでに3月分の支払いで限度額分を払っています。
※ベット代は療養費対象外なのは認識済みです。

母は3週間感覚で抗がん剤を打ち、抗がん剤治療をする日は短期入院予定です。
今回再度抗がん剤のため3月半ばに入院予定ですが、この費用も限度額の「35400円」になるんでしょうか?

それでも今月すでに一度限度額まで払っているので支払い無し、もしくは高額療養費のように後から返金手続きとなるんでしょうか?
解り辛くて申し訳ありませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

既に支払っている3月分の一部負担金が35400円に達しているのであれば
3月に同じ医療機関に再入院した際の医療費の負担はありません。

ただし、食費や室料差額などや保険対象外の分については、
負担が発生します。

Q高額療養費申請時の医療費控除の計算

高額療養費と医療費控除を、同じ年に利用する場合についての質問です。

歯科治療で通院中。入院・手術の予定です(医師の診断のおりた「治療」なので3割負担です)。
金額は全て計算しやすいよう、『仮定の金額』で書いています。

【前提】
通院(2013年1月~12月 毎月9,000円)合計108,000円
入院・手術(2013年12月予定)300,000円

・手術をする病院で、事前に高額療養費制度を申請します( 限度額適用認定)。
・個人で加入している医療保険から入院、手術分として、125,000円ほどおりる予定です。
・国税庁のHPに「保険金などで補てんされる金額は、その給付の目的となった医療費の金額を限度として差し引きますので、引ききれない金額が生じた場合であっても他の医療費からは差し引きません。」と記載されていました。

【相談】
先の話ですが「2013年に掛かった医療費を、2014年に控除申請する」時、通院と、入院・手術(高額療養費と医療保険を利用)は分けて考えて良いのでしょうか。

入院・手術の300,000円から食事等を引き、医療費としての実際の支払いが(高額療養費制度使用後)44,400円ほどと仮定すると、そこから個人の医療保険125,000円を差し引き、ゼロ円。
通院時の費用108,000円と、歯科以外で医者にかかった費用(風邪で内科に通院等、20,000円)の合算(128,000円)に対して、医療費控除を申請する……という考え方で合っていますでしょうか。

その場合、医療費控除の計算ですが、
「支払済み医療費-保険など補填金額-10万円」と仮定すると、
128,000円-0円-100,000円=28,000円
医療費控除対象額が「28,000円」のとき、自分の「所得税が10%」とすると、
28,000円×10%=2,800円

結論として、「2014年に医療費控除申請をすると、2,800円が戻ってくる」ということでしょうか。

「医療費控除を申請するぞ!」と意気込んでいたのですが、実際に計算した金額にちょっとびっくりしています……計算違い、考え違いの部分がありましたら、ご助言頂ければ幸いです。

高額療養費と医療費控除を、同じ年に利用する場合についての質問です。

歯科治療で通院中。入院・手術の予定です(医師の診断のおりた「治療」なので3割負担です)。
金額は全て計算しやすいよう、『仮定の金額』で書いています。

【前提】
通院(2013年1月~12月 毎月9,000円)合計108,000円
入院・手術(2013年12月予定)300,000円

・手術をする病院で、事前に高額療養費制度を申請します( 限度額適用認定)。
・個人で加入している医療保険から入院、手術分として、125,000円ほどおりる予定です。
・国税...続きを読む

Aベストアンサー

お答えします。
>「2014年に医療費控除申請をすると、2,800円が戻ってくる」
これが正しい。
ちなみに・・・
医療費より美味しい「交通費」も加算できるよ。
例えば・・・(片道200円と想定)
>通院(2013年1月~12月 毎月9,000円)合計108,000円
>入院・手術(2013年12月予定)300,000円
1ヶ月400円×12ヶ月=4,800円
入院時の交通費 400円
その他(風邪で内科に通院等)で6回として
200円×2×6回=2,400円
4,800円+400円+2,400円=7,600円
28,000円+7,600円=35,600円
35,600円×10%=3,560円
3,560円ー2,800円=760円も余分に貰える計算

>実際に計算した金額にちょっとびっくりしています……
何に対して「びっくり」してるの?
少なすぎることかな?

まさか・・・
108,000円+300,000円+20,000円=428,000円
428,000円ー125,000円ー100,000円=203,000円
203,000円×10%=20,300円
と思ってたのですか?

お答えします。
>「2014年に医療費控除申請をすると、2,800円が戻ってくる」
これが正しい。
ちなみに・・・
医療費より美味しい「交通費」も加算できるよ。
例えば・・・(片道200円と想定)
>通院(2013年1月~12月 毎月9,000円)合計108,000円
>入院・手術(2013年12月予定)300,000円
1ヶ月400円×12ヶ月=4,800円
入院時の交通費 400円
その他(風邪で内科に通院等)で6回として
200円×2×6回=2,400円
4,800円+400円+2,400円=7,600円
28,000円+7,600円=35,600円
35,600円×10%=3,560円
3,560円ー2,...続きを読む

Q高額療養費と高額医療費

この二つの違いを教えて下さい。
法律や政令など、根拠となるものが
ありましたら大変うれしいのですが・・・

Aベストアンサー

 健康保険法で「療養」と呼んでいるものを、老人保健法では「医療」と呼んでいます。
 つまり、健康保険証だけで病院にかかっている人の場合は「高額療養費」、健康保険証+老人保健受給者証で病院にかかっている人の場合は「高額医療費」となります。

Q高額療養費(高額医療費貸付金)の多数該当について

2009年3月に1回、2009年4月に1回、そして2009年5月に1回と計3回高額療養費(高額医療費貸付金)の支給申請をしてその3回とも何の問題もなくなく支給されてきました。

先日請求書の整理をしていたところ、2009年2月の請求書の請求金額が多数該当の条件となる金額(44400円)を超えていました。

通常の高額療養費の申請条件では2009年2月の請求分は対象外になります。しかし遡って請求すると4回目の請求となり対象となります。

遡って2009年2月分の請求分を4回目として申請する事は可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

残念ながら無理です。
仮に2009年2月分が通常の高額療養費に該当していてまだ支給申請していないのであれば、申請することで2009年5月分から多数該当になりますが、通常の高額療養費に該当していないのであれば2009年6月分以降からしか4回目として認められません。

参考URL:http://www.sia.go.jp/seido/iryo/kyufu/kyufu06.htm

Q高額療養費の自己負担限度額について 教えてください

高額療養費の自己負担限度額について 教えてください
一般の70歳未満で 
「同一人が同一月に2つ以上の医療機関にかかり、それぞれ21,000 円以上になった場合」
とは以下の場合該当するのでしょうか

11月 1日~6日 A眼科 入院 46,790円
11月 8日    A眼科 外来  1,550円
11月13日    A眼科 外来  1,210円
11月 9日    B総合病院 消化器科 外来  10,010円
11月13日    B総合病院 消化器科 外来  12,630円
11月18日~20日 B総合病院 消化器科 入院  40,510円

役場に行きましたが 出来ないと言われ 困っています よろしくお願いします

Aベストアンサー

質問者様がおっしゃっている
>「同一人が同一月に2つ以上の医療機関にかかり、それぞれ21,000 円以上になった場合」
とは、医療費を「合算する」為の条件ではないですか?

だとすれば、合算する場合は病院ごとに「入院」と「外来」に分け
そのそれぞれが21,000円以上であれば条件を満たしているのではと思います。
質問者様の場合、眼科の外来が合算条件を満たしていません。
他は条件を満たしているようですが、入院の際の食事代など
実費となるもの(保険がかからないもの)については含む事が出来ないので注意です。

ちなみに、ご自分の自己負担限度額はどれ位かご存知でしょうか?
合算条件を満たしていたとしても、全ての合計が
自己負担限度額以下であれば請求しても意味はありません。

自分が加入している国保を基準にして話をしましたが…。
場所によって条件などが違ってくる場合もありますので
請求が出来ない理由やご自分の自己負担限度額など
制度について役所に聞いてみた方がいいかと思います。
その方が納得のいく答えをいただけるのではないでしょうか。

質問者様がおっしゃっている
>「同一人が同一月に2つ以上の医療機関にかかり、それぞれ21,000 円以上になった場合」
とは、医療費を「合算する」為の条件ではないですか?

だとすれば、合算する場合は病院ごとに「入院」と「外来」に分け
そのそれぞれが21,000円以上であれば条件を満たしているのではと思います。
質問者様の場合、眼科の外来が合算条件を満たしていません。
他は条件を満たしているようですが、入院の際の食事代など
実費となるもの(保険がかからないもの)については含む事が出来ない...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報