「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

カメラ自体の質問ではないのですが、写真のことなのでこちらのカテに投稿します。

普通のL版プリント写真は外側に白い枠をつけるときとつけないときがありますが、フチがあるかないかで印象が違うのは分かるのですが、客観的・テクニック的にどのような効果が出せるか、知りたいです。

またあなたはプリントするときにフチをつける派ですか、つけない派ですか、あわせてお答えいただけると参考になります。

(注意:デジカメプリントの場合は画面比率の関係で余白をつけざるを得ないことがありますが、そのような事情は抜きにして、純粋に枠のあるなしの効果についてお尋ねします)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

白縁の起源は、すでにでているようにら引き延ばし機で引き延ばす際に、イーゼルマスクで印画紙を押さえていたためです。

大判縁なしなどの場合、縁ありで焼いてから、押し切りで落としていました。

最近の写真用アルバムではほとんど無くなりましたが、元々は、アルバムというのは、厚紙に写真を糊で貼って整理していたのが、写真の四隅を挟むシールが出来、これを使うとしゃしんの差し替えが可能と言うことで一時期はこのタイプが主流になりました。その後、ナカバヤシのフエルアルバムや写真展でくれるフィルムに挟む形が主流になり、現在に至ります。

この四隅を押さえる場合、フィルムに枠があると便利でした、また、昔は写真はそれなりに高価なもの(ラボ普及前は写真店で引き延ばしていたので、サービスサイズでも一枚100円くらいした)だったので、縁を持つことによって印画面に指紋を付けないなどの取り扱いの理由もあったと思います。私の場合、今でも縁ありにする最大の理由はこれですね(貧乏性)。もっとも、最近はPhotoCDにしてしまったり、フィルムスキャナにかけるので、印画自体、特に気にしていないというのが実情です。


写真展にいくとわかると思いますが、通常、展示用写真では、白縁はありませんし、印刷だと、カラーはリバーサル入稿ですから、こちらも枠はあまり関係ありません。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
昔はフチなしだとわざわざ切り落とす作業が必要だったんですね。
また写真の技術や文化が変化してきたこともよくわかりました。
本当に勉強になりっぱなしです。
確かに昔のアルバムは四隅に挟み込む形式だったのを思い出しました。
こうしてみると、自分が予想していた視覚的効果のためというより
実用的な理由で枠があるべくしてあった、みたいな流れがあるのですね。
今のところ3人の方に回答いただきましたが、
フチありなしの選択はそれぞれに違う理由があるというのがおもしろいです。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/07/12 12:43

昔は技術上の関係で、白縁があって当然であった...ということは既に述べられていますね。



同じサイズなら少しでも画像が大きかった方が、一般受けが良かろう...と、縁なしでプリントできる機械が技術開発されました。

ただ、縁なしプリントにすると、フィルム上の情報全てを印画紙に再現しているわけでなく、
周辺情報の何%かが欠けてしまいますので、趣味でやっている人達からは敬遠されがちでした。

最終的に作品とする場合は、縁を残すことはあまりしません。
というか、どのような形態で、どういう印象を狙って展示するかは、また別の話になるので、縁はカットするか隠します。

サービス判やL判,キャビネ判のようなサイズは、最終的な仕上がりではなく、テストプリントに過ぎないのです。
テストプリントで、フィルム上の全情報が印画紙に記録されていないと、都合が悪いではありませんか?

写真を本格的に志す場合、トリミングすればいいや...という意識で写真を撮ると上達しませんし、
仕事で使用する場合、一般の方とは異なり、大きく引き延ばすことだってあるわけです。
35mm判の場合、機動力に富む一方で、画質が犠牲にされていますので、
フィルムの画像情報を余すところなく使う癖を付けなさい、という意味で縁ありでプリントすることが当然でした。
また、一眼レフのファインダー視野率は100%ある機種は少ないのですが、写真を志すなら画像の端々まで気を配りなさい、という理由もありました。

特に印刷物では、ネガよりもリバーサルの方が画質が良いため、仕事で入稿する際はリバーサルをフィルムの形態で渡します。
結果としてトリミングされて使用されることになろうとも、元のフィルムに余計なものが写り込んでいれば、ちょっと情けないです。

L判をアルバムに貼り付け、最終形とする...のなら、縁なしでも良いですし、
写真を引き延ばして作品にすることが最終形ならば、L判の段階では縁ありでしょう。

今はデジタルが出てきて、一概に言い切れなくなっていますが、古くから写真をやっている人は、縁ありでプリントされているのではないかと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

お礼が遅くなりました。
丁寧なご回答をありがとうございます。
フチなしだと周辺がいくらか欠けてしまうのはなにもデジカメに限った話ではないのですね。
なるほどL版が最終形の一般人(自分含む)ならともかく、
プロや本格的に趣味にされてる方はチェック用としてはフチありの選択は当然ですね。
すこし勘違いしていたふしがあったので学ばせていただきました。
皆さまに感謝です!
ありがとうございました。

お礼日時:2006/07/18 16:22

元来、「白い枠」は印画紙を平らに保つためにフレームで押さえていたために、出来てしまったものです。

特に視覚的な効果のために作られたものではありません。現在のプリンターでは、枠で抑えず印画紙を保持しているので、「白い枠」をつける必要はなくなっています。「白い枠」をつけるとその分写真が小さくなるので、L版ではあまりつけてもらえない様です。
私の行っているところで、6切/4切ぐらいのプリントを依頼すると、コダックはデジタルプリンターなので枠ナシ、富士はアナログなので枠アリということになっております。

ここから、本題です。
本来は、額縁効果で引き締まって見せるような効果があるのですが、枠の大きさは僅かですのでさほど期待できないではないでしょうか。
この効果は、実際にフレームに入れるとわかりやすいので一度試してみては如何でしょうか。白いフレームが合う写真と、黒やグレーのフレームが合う写真があることがわかると思います。(いつも、白がいいわけではないということです)

そこで、
1.L版で単体もしくはポケットアルバム、マットのないフレームなどに入れるのであれば、写真がいくらかでも大きい「枠ナシ」を
2.マットのついたフレームなどにいれる場合は、マットで隠れる部分がいくらかでも少なくなるように、「枠アリ」をという選択になるのですが、

実際には、上記のような理由から、メーカーによる仕上がりの具合を考えて選択していますので、枠のアリ/ナシは選択していません。

※マットとは、写真をフレーム入れるときに写真の前に入れる厚手の紙のことです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

大変に勉強になりました。
白枠は元々あるべきものとして生まれたのですね。
全く知りませんでした!教えていただき感謝します。
写真をフレームに収めて飾るというのをしたことがないので
是非何色か用意して試してみたいと思います。
そうですね、白ばかりがなにも際立たせるわけでもないのですね。
やはり枠なしだと少しでも写真を大きく見せられるから、
それはそれで利点となるんですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/07/12 12:32

私は自分の写真を発表する際には「ノートリミング」を厳守していますので


そうした事を印象づけるために必ず白フチを付けています。
もちろんそれがノートリミングの証明になるものでもない事は承知ですが
気分的には「この周囲は写っていません」の意思表示を
白フチを付けることでしているつもりです。

一般的な意味での「白フチ」は
受け取る人によって全く評価が違う場合があります。
白フチ印画を「端正」と見る人もいますし
フチなし印画を「迫力がある」と評する人もいて
それを言い換えれば「気取り過ぎ」とか「無頓着」ともなります。
ですので客観的な評価は統一しづらいと思います。
言ってしまえば「自己満足」でしかないかもしれません。

テクニック的な部分では、周囲に白が来ることで
現実の周囲と写真の中の絵柄を分離させられますから
「写真」としての印象がより強められると思います。

同様にして、白フチがあることで発色を際立たせる効果もあります。

私の場合では、空を写した場合に、敢えて雲を濃いめに焼いて、
周囲の白フチと対比させる事で「雲の白」を際立たせるようにしています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
ノートリミングの意思表示とは目からうろこでした。
確かに気分的なものではあっても不思議と説得力がありますね。
評価は各人それぞれということも分かりました。
自分では気付かない見方もありました。
早速、興味深い回答を得られたので思わずほ~っとうなってしまいました。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/07/12 12:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフォトコンテストの余白

フォトコンテストでは余白、余黒がない作品はあまり入賞されないのでしょうか?
(インクジェットプリンタにおいて)
今まで、余白、余黒がない作品で入賞した事が無く、聞いた話ではフチなしの写真はどんどん落とされるらしいです。

私としてはそんなことはないだろう。なんて思ってますが、実際どうなんでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

フィルムのプリントの場合、手焼きプリントはイーゼルマスクで印画紙の四方を押さえ固定して行います。
イーゼルマスクが押さえた部分には光りが当たらないのでネガフィルムなら余白に
ポジフィルムなら余黒になります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%82%BC%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%AF

フィルム全盛期のコンテストに出展するマニアのほとんどはポジフィルムで手焼きプリントで余黒があるプリントがほとんどでした。
余黒のある写真はポジフィルム、手焼きプリント、マニアの写真と連想されます。
デジカメでもあえて余黒を付けるのはそのなごりでしょう。
そんなことで惑わされる審査員のコンテストでは問題ですね。

しかし、審査員の好みが審査に影響することは確かです。
絵画のコンテスト、音楽のコンクールと同じです。
マニア、ハイアマチュアの集まるカメラ店の親父さんは審査員の好みを知っているようです。
カメラ店で写真の題材、写し方、写真の選択、トリミングなどなどアドバイスをしている光景を目にすることがありますよ。

フィルムのプリントの場合、手焼きプリントはイーゼルマスクで印画紙の四方を押さえ固定して行います。
イーゼルマスクが押さえた部分には光りが当たらないのでネガフィルムなら余白に
ポジフィルムなら余黒になります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%82%BC%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%AF

フィルム全盛期のコンテストに出展するマニアのほとんどはポジフィルムで手焼きプリントで余黒があるプリントがほとんどでした。
余黒のある写真はポジフィルム、手焼きプリント、マニアの写...続きを読む

Qデジカメ写真に白フチをつけたいのですが

一眼レフを使用しています。
プリントするにあたって昔のような白フチ(白枠?)のついた写真にしたいのですが、ネットで探してみるとなかなか見つかりません。
L版ならいくつかあったのですがLWサイズのものが見当たりませんでした。

写真屋に持っていって注文すればできるものなのでしょうか?
それとも自分で編集してプリントアウトするしかないのでしょうか。
大したプリンターを持っていないので難しいのですが・・・。

できればネットで注文できるものなら手軽で便利だなぁと思っています。

ご教授いただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

https://www.fdinet.fujifilm.co.jp/fdinet/faq/faqaction.do?action=linkTitle&qaId=9

フジ系(キタムラなど)のネットプリントでは「フチあり」を選べます。
上記の例のように画像と用紙のアスペクト比(タテヨコ比)によっては、不均等なふちになりますので、一般的なデジカメなら「DSC」サイズ(4:3)、一眼レフなら「はがき(KG)」サイズ(3:2)が最適です。

ほかのサイズで均等なふちにするには、事前に用紙サイズと同じ比率に加工しておく必要があります。

Qフチあり印刷フチなし印刷

プリントするとき、フチあり印刷フチなし印刷ってありますが、これってどちらにした方がいいんでしょうか?デザインの問題だと思ってたんですが、他にメリットデメリット、違いはあるんでしょうか?分かる方いらしたら教えて下さい。

Aベストアンサー

ただ 四角で囲まれるかそうじゃないかだけでしょ、
メリットは 黒インクが減るか減らないか。印刷コストを考えると、ページとかフチとかは 印刷しなくても
問題ないと思いま~~~~す。

Q印刷用紙で光沢紙とマット紙って何がどう違うの。どっちがいいの。

プリンタで写真入りのカレンダーを作成したいのですが、印刷用紙の光沢紙とマット紙ってどう違うのですか。詳しく教えてください。どっちがいいのですか。ちなみにプリンタはキャノンのIP7100を使用しています。

光沢紙は○○だけど、マット紙は××だよなどの回答を希望。

Aベストアンサー

光沢紙よりマット紙の方が、文字を書き込んだりするのには向いています。
光沢紙はボールペンでうまく書いたりできない場合があります。
大きいカレンダーで書き込んだり出来る実用的なものは、マット紙か上質紙ですし。

デザイン性を重視するなら、高級感がある光沢紙の方が良いかと思います。

Q「コルク半」がなぜいきがってる事になるんですか?

10年ぐらい前にコルク狩りというのがあったと聞きました。
なんでもコルク半というものをかぶっていたら狩られるらしいですね。

しかし、どれだけアウトローなヘルメットなのかと検索かけてみると、その辺のオッサンが原付に乗る時にかぶってるような半キャップが出てきました。
正直、なんでこれをかぶっていたらいきがることになるのかが全く分かりません。
それ以前に「コルク」がメーカーなのか種類なのかも分からないです。

コルクと言うメーカーの物がアウトローご用達のものでダメなのか、この形がダメなのか・・・?
見た目は単なるつばのついた半キャップですよね?
普通二輪以上のバイクでこれをかぶってるとダメとか?

いったい何が狩人たちの気に触ったんでしょう?

Aベストアンサー

>それ以前に「コルク」がメーカーなのか種類なのかも分からないです。

 あっはっは~あまりレースには興味がない方ですか?それでは仕方がないですが、『コルク半』と言うネーミングは、史上初めてレースの世界で使用される様になったヘルメットの形状に由来しています。

 第二次大戦前まではヘルメットというモノは無く、クルマやバイクのレーサー達は布や革で出来た『ボマーキャップ』(戦闘機乗りや爆撃機の乗員が被っていた、短いツバとしっかりしたアゴヒモが付いていて耳までカバーする帽子)や、ハンティングで使うディアストーカーキャップやハンチング(これらは乗馬用ですね)などを被っていました。当然、頭部を保護する機能はほぼ皆無に近いので、クラッシュ≒頭部外傷で死亡 というケースがすごく多かったのです。

 戦後はさすがにコレはマズいということになり、ヘルメットが登場します。
 それが後に『コルク半』と呼ばれる様になる、オワン型のハーフキャップヘルメットのシリーズです。
 4輪のレースでは'50年代に一斉に普及し、フォン・M・ファンジオやスターリング・モス、マイク・ホーソーンなどレース史に名を残すトップドライバー達が、長いツバのついた半キャップ型(ミミまでカバーしない形状)のヘルメットをかぶっていました。
 2輪もこの頃ヘルメットが普及しますが、4輪との違いはツバが無いという点です(レース用バイクは当時既に極端な前傾姿勢だったので、ツバがあると前が見えません。)

 この時代のヘルメットは、衝撃吸収材にコルク(ワインの栓に使う、あのコルク)が使われていました。これは当時、効果的に衝撃を吸収出来る発泡高分子材が入手出来なかったからですが、故に今日のヘルメットに比べズッシリと重く、またあまり衝撃を吸収してくれないので危険でもあります。
 この時代の代表的ヘルメットブランドは、まだアライもショウエイもなく『クロムウェル』と言う英国のメーカで、コルクと革で出来ていました。ドイツのUVEXも有名で、こちらは結構最近までコルク製ヘルメットを作っていた様です。(ツバのない半キャップを『クロムウェル』などと呼ぶ年寄りがいますが、クロムウェルというネーミングがツバなし半キャップの代名詞として長いこと使われていたからです。)
 この後、'50年代終わりごろからブッコやエバオーク、ベルなどスチロールやウレタンの発泡材でジェット型ヘルメット(ミミの部分まで帽体を伸ばしたデザイン)を作るメーカが登場し、この時帽体がミミの上までしかないヘルメットをハーフキャップ(半キャップ)と呼んで分類する様になりました。

 で、コルク製の半キャップなので、日本ではこの手のヘルメットを(今やコルクなど使っていませんが)『コルク半』と呼ぶ様になったワケです。
 今日では特に、長いツバ付きの『スターリング・モス・スタイル』の半キャップを『コルク半』と呼ぶ様ですね。今のセンスでは安全性が低く決してカッコよくもなく、要するにハンパなヘルメットに過ぎませんが、実は由緒正しい?レーシングヘルメットが元ネタだった、という話です。

>いったい何が狩人たちの気に触ったんでしょう?

 長くなるので細かい説明はしませんが・・・・元々、日本の暴走族のスタイルは、'60年代に公道最速を誇ったバイク便集団、『プレスライダー』から来ています。(フロントの旗竿、極端に絞った鬼ハン、ウインドスクリーンを前に倒すなどのスタイルは、全てプレスライダーの流行を拡大解釈して取り入れたモノです。実際暴走族だったヒト達で、それらの由来を知っているヒトなんて今はいないでしょうが。)
 彼らはヘルメットが義務化される'74年以前から走っていましたが、ヘルメット義務化でシブシブヘルメットをかぶる様になり、その時のヘルメットが『ツバ付き半キャップ』でした。バイクではツバなしクロムウェル型の方が有名でしたが、恐らく豪雨の中でも全開で飛ばさなければならない彼らにとって(彼らはレッキとした職業ライダーであり、『走れ』と言われればどんな天候でもプロの意地をかけて走ります)、長いツバは顔に吹き付ける雨をよける為に有効だったんでしょう。(前走車の巻きあげるドロをよけなければならないモトクロスのヘルメットのツバが長いのと同じ理由です。)
 そしてやがて、ツバ付き半キャップも暴走族のアイコンと化したワケです。

 今日でもツバ付き半キャップは往年の暴走族のイメージがあり、ロクデナシ、更には安全に気が回らぬバカ者、などという印象を持つヒトがいるのは事実です。勿論、半キャップでもSGマークが付いている限りバイク乗車用ヘルメットとして完全に合法ですが、20年前のレース専用ヘルメットを凌駕するほどの安全性を有したフルフェイスが自由に買える今日、敢えて半キャップを被るのは暴走族的、或いは単に『イキがっている』と見られても仕方のないことかもしれません。
 そうなると、ツバ付き半キャップは暴走族とみなされる可能性もあり、族同士の抗争かもしれませんし、或いはもっと単純に『バカは路上から排除する』という世直し的発想かもしれませんが、何れにしろ襲撃の対象となってしまったのではないか?と思われます。

 自分が生まれる以前の古いレースまで守備範囲の『レースヲタク』であるワタシから見ると、金色のツバ付き半キャップなどは『ランチア時代のファンジオだ!カッコぇぇ~』などと思ってしまいますが、ま、殆どのヒトはそれよりも『ガラが悪い』と思ってしまう様です。

>それ以前に「コルク」がメーカーなのか種類なのかも分からないです。

 あっはっは~あまりレースには興味がない方ですか?それでは仕方がないですが、『コルク半』と言うネーミングは、史上初めてレースの世界で使用される様になったヘルメットの形状に由来しています。

 第二次大戦前まではヘルメットというモノは無く、クルマやバイクのレーサー達は布や革で出来た『ボマーキャップ』(戦闘機乗りや爆撃機の乗員が被っていた、短いツバとしっかりしたアゴヒモが付いていて耳までカバーする帽子)や、ハンテ...続きを読む

Q写真は自宅で印刷した方が安い?

いまプリンターを購入するか迷っています。写真を印刷するコストは自宅で焼いた方が安いのでしょうか?

子供が生まれるので写真を沢山コレから撮る予定です。教えて下さい。

Aベストアンサー

L版1枚のコスト
写真屋での現像(印刷):5~40円
インクジェットプリンタ:約25円
昇華型フォトプリンタ:約26円

町にある店鋪(コンビニやクリーニング店での取り次ぎ)で現像を頼むと20円くらいでできるから、店の方が安いです。
時間や店まで行く手間はかかるけど。
SDカードとかを持ち込んで店頭の機械で必要な画像を選ぶだけです。
枚数が増えれば更に安くなる。
ネット注文なら数円台や広告付きなら0円とかもあります。(送料別)
耐久性にしても店の銀塩プリントの方が上です。

プリンターの場合は本体の価格こそ数千円~2万円程度ですけど、
インク代や紙代がかかり、これが結構バカになりません。
L版で1枚25円と分かっていても、インク1本800円とかで、全色買うと4000~6000円くらいはかかるので躊躇していしまいます。
かといって安い詰め替えインクとか使うとトラブルの原因になりやすいし。
問題なく使えている人もいるけど、長い目で見ると耐久性や色合いが悪かったりとか。

プリンターは写真以外にも年賀状とか書類とかの印刷にも使えるから買っても損はしないでしょうけど、写真の印刷は店の方がいいですよ。
私はA4とかの大きなのや急ぎのだけ自宅のプリンターで印刷しています。

印刷物の方が誰でも直ぐに見れるという利点があるけど、これからの時代なら全て印刷しないでも、フォトフレームやタブレット端末、TVとかでも見れるからデータの保存だけはしっかりするようにしておけばいいでしょう。
撮影したらSDカードにそのままじゃなくて、HDDを2台に同じデータをコピーしておくとか。

L版1枚のコスト
写真屋での現像(印刷):5~40円
インクジェットプリンタ:約25円
昇華型フォトプリンタ:約26円

町にある店鋪(コンビニやクリーニング店での取り次ぎ)で現像を頼むと20円くらいでできるから、店の方が安いです。
時間や店まで行く手間はかかるけど。
SDカードとかを持ち込んで店頭の機械で必要な画像を選ぶだけです。
枚数が増えれば更に安くなる。
ネット注文なら数円台や広告付きなら0円とかもあります。(送料別)
耐久性にしても店の銀塩プリントの方が上です。

プリンターの場合は本体の...続きを読む

Q写真のフチ有り印刷のやり方

フチ有りで写真を印刷したいのですが、上部と右のフチが大きくなってしまいます。
どのような設定をすれば四方均一なフチ有り印刷ができるでしょうか?
よろしくお願いします。

windows8.1
プリンター キャノンMG7100
用紙 写真用2L(富士フィルム)

フォトショップエレメンツで画像を2Lのアスペクト比に切り取り。
そのままフォトショップからプリント選択
プリンタ設定を
用紙 写真用紙 光沢
画質 高
トレイ カセット
用紙サイズ 2L版
画像横向き
個別プリント
プリントサイズ 12.7x17.8
プリントサイズに合わせて切り抜くチェックを外す
位置 画像を中央配置にチェック

この設定でプリントしました。

Aベストアンサー

私は下記リンクのやり方でやっています。
余黒で説明していますが、色は自由自在です。
http://challe-con.net/yoguroprint2.html

プリンターの設定でどうにかするのではなく、最初からフチのついた画像として出力するということです。
リンクはたまたまPhotoshop Elements 9で説明していますが、他のソフトでも応用できます。
シンプルに全面をプリントすればいいので、プリントしてから「しまったぁ…」となる可能性が低いですし、元画像とは別に新たなjpeg画像として保存すれば、好みのフチをつけたデータとしてそのままショップのプリントに出すことも可能です。(フチの有無は選べても、フチの幅は決められないショップも多い)

どの方法を用いるにしても、四方均一のフチ(幅が四方同一)にするためには、用紙と元画像の縦横比が同一でないといけないです。
用紙と元画像の縦横比が違う場合は、元画像をトリミングして縦横比を合わせるか、上下もしくは左右のフチのどちらかが広くなったり狭くなったりするのを甘受するかの選択になります。

Q「看護士」?「看護師」?

「看護婦」を「かんごし」と呼ぶようになりましたが、漢字で書く場合は「看護士」「看護師」どちらが正しいのでしょうか?
私はこれまで、「看護婦」と呼んでいた時代に、男性看護職の方を「看護士」とするものだと思っていましたが、最近、男性、女性に限らず看護職の方を「看護士」としている表現を多く目にします。
正しいのはどちらでしょうか?

Aベストアンサー

看護婦(女性)、看護士(男性)と言う名称は廃止され、看護師(男女)と言う名称に統一されました。

したがって看護師(と言うのが正しい呼び方です。

参考URL:http://www.city.kyoto.jp/hokenfukushi/siritubyoin/event/kangoshi/kangoshi.html

Qセール品の返品について(^-^;

バーゲンの時期ですね。
だんだん選び方がうまくなってきたぞ~
と思った矢先に、衝動買いをしてしまいました。(^-^;

最近金欠なので、返品できればしたいのです。
たぶんセール品なので返品不可っていわれると思いますが、
そこをなんとか切り抜けるウラ技や話術の
いいアイディアありませんでしょうか?(>_<)

勉強代にする覚悟はできつつありますが、
だめもとで質問してみます!
なにかあったらアドバイスください、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以前洋服の販売員を経験した者です。

セール品の返品はお断りすることがルールだったのですが、一度だけ返品させて頂いたことがあります。

それはとても忙しく、混雑している時間帯でした。一人のお客様が『このお店の照明の具合で、思っていた色の物ではなかった。』と返金を求められました。サイズもデザインも気にいったのだが、色が違う。このお店の照明のせいで好みの色に見えたと・・。そして何やらムッとしておいででした・・。

一向に引く気配を見せないお客様に忙しくて人手が足りない時間帯であった私は返金して差し上げました。

100%販売員をガッカリさせるヤクザな方法ですが、参考になれば・・・。

Q写真データを永年保存するのは、CD_R、DVD_Rどちらがいいですか?

タイトルの通りです。
デジカメのデータが多くなってきたので、CD_RかDVD_Rに保存しようと考えているのですが、永年保存(20年以上)するには、どちらがいいのでしょうか?
お勧めのメーカー等あれば、教えてください。
また、永年保存は難しい場合は、どれくらいで、書き換えればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

光メディアの保存性能は、規格そのものよりも製品性能及び保存環境の影響を大きく受けます。

書き込み型DVDに関しては加速劣化試験による寿命推定値の報告書というものが存在します。
# http://www.dcaj.org/h17opt/17opt_youshi.pdf

報告書を見て頂ければ分かると思いますが、銘柄によってバラツキが大きいんですよね。
海外製のディスクの中には寿命推定値0年というものすら存在しています。

ただ国産ディスクの寿命推定値に関してはDVD±Rが34~69年、±RWが約400年、
RAMで78~117年程度(温度30℃,湿度85%R.H.)となっているようです。

また太陽誘電のHPでは、100年後の寿命予測で生存確率99%以上(温度25℃,湿度50%,暗所)と
いった結果が得られていることが書かれています。
# http://startlab.co.jp/support/thats_05.html#000107

信頼できるメディアを選び、しっかりした保存環境と保てれば、決して寿命は短いものでは
ないそうですので、まずはそうしたところに注意されると良いのではないでしょうか。

光メディアの保存性能は、規格そのものよりも製品性能及び保存環境の影響を大きく受けます。

書き込み型DVDに関しては加速劣化試験による寿命推定値の報告書というものが存在します。
# http://www.dcaj.org/h17opt/17opt_youshi.pdf

報告書を見て頂ければ分かると思いますが、銘柄によってバラツキが大きいんですよね。
海外製のディスクの中には寿命推定値0年というものすら存在しています。

ただ国産ディスクの寿命推定値に関してはDVD±Rが34~69年、±RWが約400年、
RAMで78~117年程度(温度30...続きを読む


人気Q&Aランキング